スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒部ダム湖畔遊歩道を歩く

8月6日(土)晴れ
名鉄バスハイキング
真夏でも涼しい!黒部ダム湖畔遊歩道を歩く   距離:5.0㎞

弾丸ツアーで黒部ダムまで行って来ました(^O^)/

DSCN3806_20160809202106924.jpg 

バスの車窓から、木曽駒ヶ岳。

DSC_0006_2016080920210721f.jpg 

お天気に恵まれ、美しいアルプスを眺めながら、進んで行きます。

DSC_0015_20160809202229e15.jpg 

立山黒部アルペンルートの扇沢駅に到着。
名古屋から4時間半ほど、遠かった。

DSC_0016_20160809202231b92.jpg 

こちらからトロリーバスに乗って黒部ダムに向かいます。
往復運賃は2,570円です。

DSC_0023 (2) 

扇沢駅の名物駅員さんの中里さん。
トロリーバスの待ち時間、楽しいトークで和ませて頂きました。
日本でトロリーバスが走っているのは、唯一ここだけだそうです。
トロリーバスは赤沢岳を貫くトンネルを進んで行きます。
扇沢駅から16分。黒部ダム駅に到着です。

DSC_0027_2016080920223451a.jpg 

黒部ダムのマスコット「くろにょん」

黒部ダム駅から220段の階段を上がって展望台へ向かいます。

DSC_0037_20160809203031007.jpg 

立山連峰がドーンと見えています。

DSC_0046_20160809203035c70.jpg 

美しい山々。

DSC_0039_20160809203032f9d.jpg 

迫力ある観光放水。

DSC_0043_201608092030338a8.jpg 

黒部湖。

DSC_0062_201608092030365a5.jpg 

階段を下って、新展望台からは放水を間近で見る事が出来ました。

DSC_0070.jpg 

DSC_0071.jpg 

ダムに関する展示もありました。
黒部ダムって、ホント壮大な計画で、それを実現したって言うのが凄い。

DSC_0076_20160809203358129.jpg 

ダムのえん堤に向かって歩いて行きます。
今日の立山は最高でしょうね~

DSC_0079_20160809203400e20.jpg 

えん堤の上は日差しが強く、意外と暑い。。。

DSC_0088_2016080920361539c.jpg 

DSC_0097_20160809203616387.jpg 

下をのぞき込むと、綺麗な虹が見えました。

DSC_0101_20160809203618f4e.jpg 

ケーブルカーの黒部湖駅を通過し、湖畔遊歩道に向かいます。

DSC_0112.jpg 

カンパ谷の吊り橋を渡ります。

DSC_0118_20160809203621ebf.jpg 

黒部湖沿いの気持ちの良い遊歩道。

DSC_0127_20160809203839b5b.jpg 

ブナの原生林を歩いて行きます。

DSC_0132.jpg 

巨木「クロベ」

DSC_0140_20160809203842621.jpg 

カンパ谷の吊り橋に戻って来ました。

DSC_0142_20160809203844bb6.jpg 

針ノ木岳、スバリ岳が綺麗に見えています。

DSC_0160.jpg 

レストハウスまで戻ってきました。

DSC_0159_20160809203845242.jpg 

最初登った展望台。
階段の上り下りが、結構大変でした。

DSCN3823_201608092041110b3.jpg 

お約束のソフトクリームを頂きます。

DSCN3824.jpg 

ハサイダー。
北アルプスの地下にある破砕帯から湧き出た天然水で作ったサイダー。

DSC_0171.jpg 

黒部ダム駅にあった模型。

DSCN3832_201608092041148de.jpg 

再びトロリーバスに乗って、扇沢駅に戻って来ました。

行ったのは土曜日でしたが、お盆休み前だった為か、意外と空いている黒部ダムでした。
扇沢駅の駅員さん曰く、ピークの時はチケット買うのに1時間。トロリーバスに乗るのに1時間だそうですよ。
もっと涼しいと思ったのだけど、意外と暑かったです。
弾丸ツアーで滞在時間は短ったのですが、お天気に恵まれ、楽しく黒部ダムを散策出来ました。
次回はゆっくり立山黒部アルペンルートを通り抜けしてみたいなぁ。

スクリーンショット (57) 

コース:扇沢駅→(トロリーバス)→黒部ダム駅→ダム展望台→黒部湖駅→カンパ谷の吊り橋→湖畔遊歩道→黒部ダム駅→(トロリーバス)→扇沢駅

歩いた時間:1時間24分(12:53~14:17) 
歩いた距離:4.2㎞ 平均時速:3.0km/h
高低差:92m 累積標高上り:197m 累積標高下り:269m

スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

雲上の楽園・乗鞍岳満喫!

7月31日(日)晴れ
名鉄バスハイキング
雲上の楽園・絶景!乗鞍岳満喫!    距離:6.0㎞

乗鞍岳(長野県松本市・岐阜県高山市)
 剣ヶ峰  標高:3,026m(乗鞍岳の最高峰)
 蚕玉岳  標高:2,979m
 富士見岳  標高:2,817m

バスハイキングで乗鞍岳に行って来ました。
お天気が心配でしたが、てんきとくらすでは山指数A。
登山日和のようです。

DSCN3622_201608042010342a3.jpg 

途中に立ち寄ったひるがの高原SAからは、6月に登った大日ヶ岳が綺麗に見えていました。
あの稜線を歩いていたんだなぁ~
白山や別山もちょこんと頭が見えていましたよ。

DSCN3629_2016080420103614f.jpg 

名古屋から4時間ほどで、標高2,702mの畳平駐車場に到着。
美しい山々、テンションが上がります(^O^)/
標高が高いから、たぶん15℃位で、とても涼しい。
乗鞍岳には剣ヶ峰や富士見岳、23の山があり、そのうちの6つの山に登る事が出来ます。

DSCN3630.jpg 

乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰を目指します。

DSCN3636.jpg 

畳平駐車場と鶴ヶ池。

DSCN3637_201608042018123a9.jpg 

富士見岳の登山口。
とりあえずスルー。

DSCN3642_20160804201814605.jpg 

畳平駐車場したのお花畑の木道が見えています。

DSCN3649.jpg 

不消ヶ池。
今年は雪が少ないです。

DSCN3651.jpg 

コマクサがいっぱい咲いていました。

DSCN3654.jpg 

目指す剣ヶ峰が見えて来ました。
多くの人がアリンコのように行列をなして歩いているのが見えます。
この先の摩利支天岳にコロナ観測所があるので、そこまでのトレイルは、車が通行できる道になっています。

DSCN3660.jpg 

肩の小屋に到着。

DSCN3665.jpg 

いよいよ剣ヶ峰に向かって登って行きますよ。

DSCN3666.jpg 

岩がゴロゴロしたトレイルを歩いて行きます。
多くの人が歩いているので、ゆっくりペースで進んで行きます。

DSCN3668.jpg 

登りの人、下りの人、大勢いて、道を譲りあいながら、進んで行きます。

DSCN3671_20160804202253653.jpg 

蚕玉岳・標高2,979mに到着。
混雑していたので、先に剣ヶ峰を目指します。
登っている間にガスってきちゃった。

DSCN3673_20160804202900477.jpg 

頑張って登って行きますよ。

DSCN3677_201608042029023ec.jpg 

随分登って来ました。
足元に見えているのが山頂小屋で、去年来た時は立て直していましたが、今年は完成していました。

20160801_193048.jpg 

山頂小屋でバッチ購入。

DSCN3679.jpg 

岩場を登って、山頂到着。

DSCN3681_20160804202905b1f.jpg 

剣ヶ峰。標高3,026m。
初心者でも登りやすい3,000m級の山ですね。

DSCN3685.jpg 

神秘的な権現池。

DSCN3686.jpg 

狭い山頂は人がいっぱいで、すぐに下山開始。
岩場にビビりながら下ります。

DSCN3688.jpg 

蚕玉岳まで戻って来ました。
剣ヶ峰方面、ガスちゃっていますね。

DSCN3694_20160804203258913.jpg 

岩ゴロゴロの道を慎重に下山しています。

DSCN3698.jpg 

正面に見えているのが摩利支天岳。
コロナ観測所が見えています。

DSCN3701_20160804203600735.jpg 

肩の小屋まで戻って来ました。
お約束のソフトを頂く。
歩いていて暑かったけど、やはり気温が低いので、そのうちに寒くなってきました。
頑張って歩こう(^O^)/

DSCN3699.jpg 

DSCN3705.jpg 

DSCN3709.jpg 

DSCN3710_20160804203604856.jpg 

DSCN3711.jpg 

花を愛でながら進んで行きます。
花の名前、全然分からないので、ちょっと覚えたいなと思いました。

DSCN3716.jpg 

剣ヶ峰方面。
山頂はすっかり隠れちゃっています。

DSCN3720_20160804203911bed.jpg 

不消ヶ池。
何とも神秘的な風景。

DSCN3725_2016080420391313e.jpg 

到着した時には見えてなかった山々が姿を現しました。
松本方面になるのかな?

DSCN3726_20160804203914119.jpg 

富士見岳に向かいます。


DSCN3729.jpg 

DSCN3732.jpg 

こちらもお花がいっぱい。

DSCN3733.jpg 

富士見岳の山頂、見えているのだけど、なかなか足が進まない(;´д`)

DSCN3734.jpg 

不消ヶ池を上から見る。

DSCN3737.jpg 

富士見岳・標高:2,817mの山頂に到着です。

DSCN3739.jpg 

少し曇ってはいるけど、良い眺めです。
山座同定も出来るようになりたいな。

DSCN3745.jpg 

下山します。
駐車場が箱庭のよう。
右に見えているのが大黒岳で左が魔王岳。
どちらも登れるのだけど、スタミナ切れで、今回はパスしました。

DSCN3751_20160804204635647.jpg 

DSCN3752.jpg 

DSCN3753_20160804204638845.jpg 

DSCN3754.jpg 

駐車場方面に向かいます。

DSCN3759_20160804204908f1d.jpg 

駐車場からお花畑方面に向かいます。

DSCN3764_2016080420491008a.jpg 

DSCN3767_20160804204911a4a.jpg 

DSCN3769_201608042049132fb.jpg 

DSCN3772_201608042050448fb.jpg 

正面に見えているのが、先ほど登った富士見岳ですね。

DSCN3777.jpg 

お花畑を、ぐるっと1周歩いて、駐車場に戻ります。

DSCN3781.jpg 

駐車場に戻って来ました。
楽しい時間も終わりです。
1年振りの乗鞍岳、お天気も恵まれ、とても楽しかったです。
標高3,000mの世界は別世界ですね。
とても素晴らしい景色に癒されました。

DSCN3786_2016080420504977b.jpg 

バスの車窓から。
この景色も見納めです。
又来るよ~~~(T_T)/~~~

下界に降りると、道がかなり濡れていた。
どうやらかなり雨が降ったみたいですが、乗鞍岳の山頂は雨雲の上だったみたいです。
雨に降られなくて、良かったです。

DSCN3790 (2) 

バスから見た夕日。

DSCN3791_201608042057197d7.jpg 

前日歩いた138タワーの脇を通過し、帰路に着きます。
帰りは渋滞につかまり、名古屋まで5時間ほど掛りました。
行き帰りの時間は掛りますが、日帰りでアルプスが楽しめて、非常に充実した1日でした(#^^#)

スクリーンショット (56) 

コース:畳平駐車場→肩の小屋→剣ヶ峰→蚕玉岳→肩の小屋→富士見岳→お花畑→畳平駐車場

乗鞍岳乗鞍岳高低差 

歩いた時間:3時間12分(10:44~13:56) 
歩いた時間:6.9㎞ 平均時速:2.2㎞/h 
高低差:360m 累積標高上り:534m 累積標高下り:545m

コースタイム 
10:44 スタート
11:07 肩の小屋
11:11 剣ヶ峰口
11:42 蚕玉岳
11:52 剣ヶ峰
12:03 蚕玉岳
12:33 肩の小屋
12:59 富士見岳口
13:07 富士見岳
13:32 お花畑
13:56 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

高安山から信貴山へ

7月9日(土)雨

名鉄バスハイキング
高安山から大和の名刹・信貴山へ   距離:7.5㎞

高安山(大阪市八尾市・奈良県生駒郡)   標高:488m
信貴山(奈良県生駒郡)   標高:437m

高安山から信貴山 

コース:信貴山のどか村→高安山→信貴山→信貴山朝護孫子寺→信貴山観光ホテル→信貴山バス駐車場

高安山から信貴山へ歩いて来ました。
天気予報を見ながら、何とか曇りの中歩けるかなと思っていたけど、どんどん天気予報が変化していって、この日は雨。。。前回の奈良も雨だったのですが、梅雨だから仕方ないですね。。。

P7090004.jpg 

信貴山のどか村から歩き始めます。
雨は降っていますが、気温もそれなりに高いし、今回のコースはそれほど高低差もなさそうなので、とりあえず雨装備はザックカバーにスパッツに傘です。

P7090006.jpg 

舗装路から地道に進みます。

P7090011.jpg 

結構草ぼうぼうの道。
濡れた草が足や腕にまとわりつきます。
今回は日差しがないから半そでにきちゃったけど、失敗しちゃった。

P7090014.jpg 

霊園の脇を地味に登って行きます。

P7090016.jpg 

ちょっとガスっていますね。

P7090017.jpg 

展望台があったけど。。。

P7090018.jpg 

ハイ!残念!見えません。

P7090019.jpg 

アザミ。

P7090022.jpg 

ネムの木の花かな?

P7090021.jpg 

「この道で合っているよね。」
若干不安になりながら、歩いて行きました。

P7090029.jpg 

ケーブル高安山駅に到着しました。
こちらは晴れていれば眺望が良いらしいのですが、何も見えないので、早々に通過します。

P7090034.jpg 

ケーブル駅の脇から、さらに登って行きます。

P7090037.jpg 

赤い橋を渡ります。

P7090039.jpg 

橋の下も登山道になっているようでした。

P7090041.jpg 

生駒縦走歩道の標識。
縦走路が整備されているんですね。

P7090046.jpg 

P7090044.jpg 

しばらく進んで行くと、高安山気象レーダー観測所がありました。

P7090049.jpg 

しばしコースを外れ、高安山の山頂に向かいます。
草が生い茂っていて、ちょっと行くのを戸惑ってしまいました。

P7090052.jpg 

山頂は地味に三角点があるだけで、眺望はありません。

P7090056.jpg 

P7090058.jpg 

高安山のピークを過ぎ下って行きます。

P7090061.jpg 

コースを外れ、高安城倉庫址に向かいます。

P7090065.jpg 

高安城倉庫址も晴れていれば眺望が良いらしいのですが、残念(>_<)

P7090069.jpg 

結構ぬかるんだ道を下って行きます。
雨の日は嫌だけど、雨音や鳥の鳴き声を聞きながら、歩くのも悪くないなぁって思います。
緑も綺麗に見えますしね。

P7090081.jpg 

再び上ります。

P7090086.jpg 

なんか開けてきた。

P7090088.jpg 

信貴山の山頂に到着したようです。

P7090091.jpg 

山頂には信貴山城址の碑がありました。

P7090090.jpg 

P7090093.jpg 

鳥居を潜り、さらに上がって行きます。

P7090096.jpg 

空鉢護法堂。

P7090095.jpg 

晴れていれば、ここからの眺めは最高の筈なんですが、残念(>_<)

P7090099.jpg 

P7090104.jpg 

鳥居を潜りながら、どんどん下って行きます。
これ下から上がってくるのは、かなり大変でしょうね。

P7090108.jpg 

やっと建物が見えてきた。

P7090115.jpg 

本堂に向かいます。
本堂からは激しい読経の声が聞こえいて、ちょっとビックリ。

朝護孫子寺は、信貴山真言宗総本山の寺で。本尊は毘沙門天。
信貴山という名称は、聖徳太子が物部守屋を攻めた時にこの山で毘沙門天が現れ、太子が信ずべし、貴ぶべしといった事に由来すると伝わっています。

P7090124.jpg

 P7090126 (2)

P7090118.jpg

 P7090122.jpg P7090125.jpg

本堂の舞台からの景色は、晴れていれば大和平野が一望で素晴らしいらしいのですが、ほとんど見えず残念でした。

P7090131.jpg 

朝護孫子寺のシンボルの虎。
虎は境内の至る所で見る事が出来ました。

P7090137.jpg 

境内を散策します。
いろんな建物があり、とても広い境内。

P7090141.jpg 

P7090142.jpg 

樹齢1,500年の榧の木。

P7090143.jpg 

聖徳太子像。

P7090159.jpg 

虎のお腹の中に入って行くと四国八十八カ所のお砂踏みが出来ます。

P7090145.jpg 

P7090151.jpg 

巨大な張り子の虎「世界一の福虎」

P7090154.jpg 

P7090164.jpg 

信貴山最古の笑寅。

P7090152.jpg 

山の中腹にある舞台造りの本堂。

P7090156.jpg 

赤門。
朝護孫子寺は、見所がいっぱいでした。

P7090168.jpg 

P7090171.jpg 

開運橋を渡って、朝護孫子寺を後にします。
橋にも虎が描かれていました。

P7090175.jpg 

大門ダム。
信貴山観光ホテルそばの駐車場にてゴール。

P7090187.jpg 

本日のお土産はこんにゃくでした。
いつもはお菓子なんだけどなぁ~

P7090183 (2) 

帰りのバスの車窓から大和平野が見えました。
今回も歩き終わったら、雨が止むパターンでした。。。(^-^;

今回は雨の中、高安山から信貴山へ歩きました。
晴れていれば素晴らしい景色が見れるコースだっただけに、今回の雨はガッカリでした。
しかし世界一の張り子の虎のいる朝護孫子寺にお参り出来たのは、良かったです。
晴れていたら、もっとたくさんの寅さんが発見できたかな?
また機会があれば訪ねてみたいです。

なかなか梅雨が明けないですね。
天気予報を毎日見ていますが、週末の天気がなかなか読めず、週末の計画が立て辛いです。
早く梅雨明けしないかな。

高安山から信貴山2 

歩いた時間:2時間22分(11:31~13:53) 平均時速:2.6km/h
歩いた距離:6.2㎞ 標高差:224m(262m~486m)
累積標高(登り):398m 累積標高(下り):464m

11:31 スタート
12:05 ケーブル高安駅
12:17 高安山山頂
12:25 高安城倉庫址
12:46 信貴山山頂
13:05 朝護孫子寺本堂
13:53 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

槇尾山施福寺へ

7月3日(日)晴れ

名鉄バスハイキング
ダイヤモンドトレールを歩こう!関西の名刹・槇尾山施福寺へ   距離:4.0㎞

スクリーンショット (33) 

コース:槇尾山バス駐車場→槇尾山施福寺→追分→番屋峠→ボテ峠→滝畑湖畔観光駐車場

ダイヤモンドトレールを歩いて来ました。
ダイヤモンドトレールは、金剛葛城山系の稜線を縦走する長距離自然歩道。
奈良県香芝市の屯鶴峯から、大阪府和泉市の槇尾山までのコースで全長約45㎞です。
今回は歩いたのは、槇尾山から滝畑までです。
久しぶりのダイヤモンドトレール、楽しみです(#^^#)

P7030005.jpg 

大阪和泉市までの道のりは遠く、しかも名阪国道でトラック2台の大きな事故があり、通行止めになっていたので、今回は行けないかなと思ったのですが、新名神から迂回し、無事スタート地点の槇尾山に到着しました。
西国三十三カ所4番札所の施福寺の参道を歩いて行きます。
約1㎞の道のりは、「観音八丁」と呼ばれていて、西国三十三カ所の中でも『難関札所』知られています。

P7030013.jpg 

程なく仁王門に到着。

P7030015.jpg 

まだまだ上りは続きます。
この日は、とても暑く、すっかり汗だくです(^-^;

P7030021.jpg 

1丁の丁石がありました。
後もう少し。。。

P7030023.jpg 

和泉の街が見下ろせました。

P7030027.jpg 

本堂下の「愛染堂」
この場所で弘法大師が剃髪し得度したそうです。

P7030028.jpg 

「弘法大師御髪堂」
弘法大師が剃髪した髪が納められているそうです。

P7030036.jpg 

階段を登り切って本堂到着。
ここを訪れるのは2回目であるが、初めて上がってきた時は「いつになったら本堂に着くんやろ。。。」って思いながら歩いていましたが、今回は前回よりも楽に上がれたような気がします。
再び施福寺にお参りが出来て嬉しいです。

P7030030.jpg 

お寺の展望台から岩湧山が見えていました。
去年の秋にダイヤモンドトレールを歩いて岩湧山に登りましたが、一面のススキの平原が素晴らしかった。
また今年も行きたいな。

P7030032.jpg 

こっちは金剛山かな?
金剛山もいつか登ってみたい。

P7030037.jpg 

ダイヤモンドトレールに向かいます。

P7030038.jpg 

境内の脇にダイヤモンドトレールの起点の碑があります。
石造りでとても立派です。

P7030039.jpg 

P7030041.jpg 

ダイヤモンドトレールを進んで行きます。

P7030045.jpg 

まずは下って行きます。

P7030048.jpg P7030049.jpg 

どんどん下って行きます。

P7030050.jpgP7030053.jpg 

分岐を通過し、まだまだ下ります。
「また上らなくちゃいけないのに、どんだけ下るんか。。。(^-^;」

P7030054.jpg 

ダイヤモンドトレールの標識は石造りでとても立派です。

P7030059.jpg 

追分を通過し、沢を跨ぎます。
ここで下りは終了。

P7030061.jpg 

険しい登りが始まりました。

P7030066.jpg 

P7030064.jpg 

番屋峠・標高428mに到着です。

P7030067.jpg 

またまた下って行きます。

P7030068.jpg 

丁石地蔵様がいらっしゃいました。
施福寺から十丁なのかな?

P7030072.jpg 

小さな沢を渡渉します。

P7030075.jpg 

再び登ります。

P7030080.jpg 

ダイトレ名物階段が続きます。

P7030084.jpg 

緑眩しい道だけど、この日はとても暑かった。。。

P7030085.jpg 

何とか登り切って。。。

P7030086.jpg 

ボテ峠・標高474mに到着です。

P7030087.jpg 

P7030089.jpg 

あとは滝畑まで下るのみです。

P7030096.jpg P7030101.jpg

沢を渡って進んで行きます。

P7030108.jpg P7030111.jpg

木が付くと針葉樹の森。
下草のシダが神秘的。

P7030113.jpg 

良く掘り込まれた道を進んで行くと、下界の喧騒が聞こえてきました。

P7030114.jpg P7030116.jpg

しばし進み、無事下山して来ました。

P7030120.jpg 

滝畑湖畔観光駐車場の川沿いでは、多くの人が川遊びやバーベキューをして楽しんでいました。

P7030121.jpg 

滝畑の岩湧山の登山口ではあじさいの花が綺麗に咲いていました。
ここから岩湧山へとダイヤモンドトレールは続くのですが、今回はここにてゴールでした。
「もうちっと歩きたかったなぁ~」

P7030127.jpg 

今回のお土産は胡麻豆腐でした。

今回のダイヤモンドトレールは、槇尾山から滝畑まで歩きました。
二つの峠越えがあって、アップダウンがありましたが、コースは整備されていて、とても歩きやすかったです。
距離は4㎞で高低差もそれほどなかったので、もう少し歩きたかったなぁ。
いつか機会があれば、ダイヤモンドトレールを通しで歩いてみたいです。

槇尾山施福寺 

歩いた時間:1時間33分(11:35~13:08) 平均時速:2.6km/h
歩いた距離:4.0㎞ 標高差:231m(264m~495m)
累積標高(登り):619m 累積標高(下り):589m

11:35 スタート
12:01 施福寺本堂
12:17 追分
12:25 番屋峠
12:41 ボテ峠
13:04 下山
13:08 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

新緑の上高地へ

6月28日(火)曇りのち雨

名鉄バスハイキング
「爽やかな大自然に心潤す上高地へ」   距離:14.5㎞

スクリーンショット (29) 

コース:上高地バスターミナル→明神地区→徳沢地区→明神地区→河童橋→上高地バスターミナル

今回は有給休暇を利用して、新緑の上高地に行って来ました(^O^)/
上高地はマイカー規制があるので、岐阜からだと平湯からバスかタクシーに乗り換えになりますが、今回のツアーは、名古屋から上高地バスターミナルまで直行で、しかも6,200円と凄く安かったので、参加を決めました。

P6280005.jpg 

この日は、あまり天気が良くなったので、途中のひるがの高原SAからは大日ヶ岳や白山は見えませんでした。

P6280007.jpg 

名古屋から4時間ほどで上高地バスターミナルに到着です。

P6280010.jpg 

憧れの上高地。
生憎のお天気ですが、テンションが上がります。

P6280013.jpg 

歩き始めて5分程で、上高地のシンボル的存在の河童橋が見えて来ました。

P6280015.jpg 

晴れていれば、奥に穂高連峰などが見えるのですが、生憎のお天気なので、残念ながら見れませんでした。

P6280022.jpg 

P6280025.jpg 

P6280037.jpg 

P6280047.jpg 

美しい景色を眺めながら、明神地区に向かって歩いて行きます。
心配していた雨ですが、小康状態で、雨具なしに歩いて行けました。

P6280048.jpg 

明神橋への分岐ですが、まずは徳沢地区に向かいます。

P6280055.jpg 

緑が美しい快適な道。

P6280057.jpg 

P6280060.jpg  P6280062.jpg 

小さな沢を渡渉したりもしました。

P6280064.jpg 

P6280071.jpg 

神秘的な風景。

P6280077.jpg 

P6280087.jpg 

梓川沿いをしばし歩きます。

P6280095.jpg 

徳沢地区までやって来ました。

P6280096.jpg 

徳沢園。
こちらで折り返しになります。

P6290271.jpg 

こちらで山バッチを買いました。

P6280097.jpg 

こちらには宿泊施設やテント場があり、このような場所で、のんびり過ごすのも悪くないなぁと思いました。

P6280103.jpg 

P6280105.jpg 

P6280124.jpg 

来た道を戻って行きます。

P6280137.jpg 

明神地区まで戻って来ました。

P6280138.jpg 

明神館。
こちらで何か食べて、しばし休憩をしたかったのだが、今回のスケジュールはタイトで、時間が無かったので、先へ進みます。

P6290272.jpg 

こちらでは記念にバッチだけ買いました。

P6280140.jpg 

P6280144.jpg 

明神橋を渡ります。

P6280152.jpg 

穂高神社奥宮に向かいます。
こちらは今回一番来たかった場所です。

P6280190.jpg 

P6280189.jpg 

穂高神社奥宮。
明神池は、一之池と二之池、大小2つからなる池で、湖畔には穂高神社奥宮が鎮座する聖域です。
拝観料300円を払い、明神池に向かいます。

P6280157.jpg 

明神一之池。

P6280159.jpg 

P6280167.jpg 

二之池。

P6280175.jpg 

P6280176.jpg 

神秘的な素晴らしい景色が広がっていました。
明神池、ずっと来てみたかったので、大満足です。

P6280203.jpg 

さあ時間も押してきていますので、河童橋方面に向かいます。
行きは梓川左岸コースでしたが、帰りは右岸コースです。

P6280206.jpg 

P6280211.jpg 

とても整備されているし、沢が流れていて、とても気持ちの良い道。

P6280234.jpg 

雲っていましたが、少しだけ陽が差してきました。

P6280237.jpg  P6280240.jpg 

P6280253.jpg 

水の透明度が違います。

P6280248.jpg 

P6280255.jpg 

立ち枯れの木が神秘的な湿原の風景。

P6280264.jpg 

河童橋まで戻って来ました。

P6280266.jpg 

穂高連峰が見れなくて、ホント残念です(>_<)

P6290274.jpg 

こちらでも記念にバッチだけ買いました。

ここから5分程歩いて、バスターミナルにてゴール。

P6290276.jpg 

今回のお土産は、さるぼぼのいちごパイでした。

今回小雨の中の上高地でした。
コースはほぼ平坦で整備されていて、観光客が少なく、歩きやすかった。
しっとりと雨に濡れた美しい原生林の中を歩くのは、とても気持ち良かったです。
以前来た時は、王道の大正池から河童橋を歩いたのですが、今回はそれより奥の明神地区や徳沢地区まで行けたのが良かったです。
特にずっと行ってみたかった明神池は、とっても素晴らしかったです。
しばし現実を忘れ、楽しい時間を過ごせました。
でも生憎のお天気で穂高連峰など見る事が出来なかったし、散策時間も短かったので、お買い物する時間や、美味しい物を食べる時間が無かったです。
帝国ホテルでケーキセット食べたかった。。。
次回は是非晴れの上高地に行って、ゆっくりとした時間を過ごしたいです。
そうなると1泊かな。
お天気には恵まれませんでしたが、美しい上高地で、有意義な時間を過ごせて、良かったです(#^.^#)

スクリーンショット (30) 

歩いた時間:3時間37分(11:16~14:53) 平均時速:4.0km/h
歩いた距離:14.6㎞ 標高差:95m(1,474m~1,569m)
累積標高(登り):579m 累積標高(下り):575m

11:16 スタート
11:21 河童橋
11:55 明神地区
12:34 徳沢地区
13:21 明神地区
14:48 河童橋
14:53 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。