スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶滅危惧種「ヒメコウホネ」を見よう

7月13日(日)雨

岐阜県ウオーキング協会・例会

金華山 達目洞(だちぼくぼら)の湧水”逆川(さかしまがわ)”に自生する
『絶滅危惧種「ヒメコウホネ」を見よう』(500選:岐阜-04)

距離:16km

GWA例会 GWA例会(GW)

コース:清水緑地公園→木ノ下公園→岩戸公園→ヒメコウホネ→鵜飼い大橋→うかいミュージアム
     →白木公園→溝旗公園

歩いた時間:6時間44分
距離:18.3km(上り:3.3km 下り:4.1km 平坦:10.9km)

久しぶりに地元を歩いて来ました(^o^)/
今回は、岐阜県ウオーキング協会の例会に参加です。
伊勢志摩ツーデーの時に、岐阜の協会の方に「7月の例会は良いから」とお誘いを受けてました。

DSCN8896.jpg

今回の集合は、岐阜駅南にある清水緑地公園です。
7時半集合だから、地元とは言え、何気に早い。
久々に岐阜の協会の方々にお会い出来ました。
ナント!!大会で良く見かける愛知のすごく足の早い女性の方もいらっしゃってました。

DSCN8898.jpg

出発前の説明、ストレッチの後、スタートです。
お天気は、微妙。
天気予報では、お昼から雨との事ですが、今にも降りだしそうです。

DSCN8905.jpg

公園の川沿いを歩いて行きます。
この道は、初めて歩きましたが、岐阜の中心街を流れているのに、水がメッチャ綺麗で、小魚がいっぱい泳いでました。

DSCN8910.jpg

中山道を歩いて行きます。
やはり雨が降って来ましたので、雨具を装着します。

DSCN8909.jpg DSCN89091.jpg

この道標は、江戸中期に建てられたみたいです。
加納宿は、江戸から53番目の宿場町です。

DSCN8913.jpg

こんな道標もありました。

DSCN8915.jpg

川を渡って、中山道を歩いて行きます。

DSCN8918.jpg

こんな古そうな道標もありました。

DSCN8919.jpg DSCN8920.jpg

DSCN8921.jpg

細畑の一里塚。
道の両脇に綺麗に残っていましたが、こんな風に左右に綺麗に残っている一里塚は珍しいのでは…

DSCN8922.jpg

黒壁の蔵が並んでいて、今でも街道の雰囲気が残っています。
ここから中山道を離れ、金華山方面に向かいます。

DSCN8926.jpg

木ノ下公園で小休止しました。
今回の参加者は97名とか…

DSCN8928.jpg

木ノ下公園から、しばらく歩き、岩戸公園です。
ちょうど長良川ツーデーの会場だった岐阜公園の、山を隔てた裏側って感じかな。
ここで激しく雨が降ってきた。
これから峠越えなのに…
このままコース変更かと思われましたが、予定通りのコースに進むみたいです。

DSCN8929.jpg

いよいよ峠越えなのですが、意外と軽装備の人も居ました。
中には雨具持ってきてなかった人も…
これだけの雨ですから、傘を差しての峠越えも、あまりよろしくないかと思うのですけどね。

DSCN8930.jpg

いよいよ登山道に入ります。
山を下りてくるハイカーさんに挨拶しながら、登って行きます。

DSCN8932.jpg

足元に気を付けながら、登って行きます。
それほど険しい坂ではなかったので、良かった。

DSCN8935.jpg

程なく妙見峠。
ここからは下りです。
岩が多く、滑りやすいので、気を付けて下ります。

DSCN8942.jpg DSCN8943.jpg

下りきった所が、ヒメコウホネの保全地区でした。
長良川と反対の方向に流れている「逆川」に自生しているという「ヒメコウホネ」
どれだろ???

DSCN8944.jpg

案内看板を見ると、黄色い花を咲かせているらしい。

DSCN8950.jpg

逆川沿いを歩いてみると、可愛らしい花が、顔を覗かせていました。

DSCN8954.jpg

井ノ口トンネルを抜けて行きます。
トンネル内は暗いけど、雨が落ちてこないので、しばしホッとしました。

DSCN8957.jpg

トンネルを抜けると、鵜飼い大橋です。

DSCN8958.jpg

やっと長良川に到着です。

DSCN8961.jpg

堤防を歩いて行きます。
曇っていますが、岐阜城も見えています。

DSCN8965.jpg

うかいミュージアムの四阿(あずまや)にて昼食休憩でした。

DSCN8969.jpg

昼食後に、うかいミュージアム見学です。
ここは初めて入りましたが、平成24年8月に出来たばかりの新しい施設です。
鵜飼いに関する、いろんな展示がありましたが、とても冷房が効いていて、雨と汗で濡れた体には、
とても寒くて、長居は出来ませんでした。

DSCN8970.jpg

鵜飼ミュージアムに、海鵜が居ましたが、想像していたよりも、大きかったので、ちょっとビックリでした。

DSCN8972.jpg

鵜飼ミュージアムを後にして、手前に見えている長良橋を渡ります。

DSCN8978.jpg

うかいのりば。

DSCN8980.jpg

風情のある河原町を歩いて行きます。

DSCN8984.jpg

うだつのあがる町並みです。

DSCN8986.jpg

人形屋さんの倉庫には、こんな可愛い人形が付いてました。

DSCN8987.jpg DSCN8989.jpg

御鮨街道を歩いて行きます。
江戸時代に、長良川鵜飼などで獲れた鮎を鮎寿司にして、江戸に運んだそうです。

DSCN8990.jpg

街道の風情が残っています。

DSCN8992.jpg

御鮨街道を歩き、溝旗公園にてゴールでした。
たくさん見所はあったのですが、雨の中、長時間の団体歩行。
自分のペースで歩けないので、非常に疲れましたが、久々に地元を歩く事が出来、良かったです。
GWAの皆さま、ありがとうございました<(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

歴史ロマン街道と河川環境楽園を訪ねる

2月9日(日)晴れ

岐阜県ウォーキング協会例会
『歴史ロマン街道と河川環境楽園を訪ねる』
距離:15km

GWA.jpg

GWA(GE).jpg

コース:笠松駅→笠松競馬場西→木曽川右岸河川敷→トンボ天国→河川環境楽園→飯沼勘平長資の墓
    →エノキお囲い堤→岐信グランド駐車場→伏屋城跡→岐阜市長森コミュニティセンター

歩いた距離:14.9km(上り:749m 下り:973m 平坦:13.2km)
平均速度:3.20km/h 走行速度:4.00km/h
掛かった時間:4時間39分(8:24~13:03) 走行時間:3時間43分

寒い日が続きますね~(*_*;
土曜は全国的に大雪でビックリでした。
翌日曜は晴れましたので、久々にGWAの例会に参加しました。
候補としては滋賀ありましたが、雪が心配でしたのでパスしました。
何やかやと歩きに行けず、今回が2月になって初のウォーキング参加です。

DSCN5132.jpg

集合は笠松駅でした。
いつもJRに乗っていますので、名鉄の駅はあまりなじみが無く、新鮮です。
こちらで開会式をして、ストレッチをしたのですが、上を見上げる動作の時に、
「お~良い天気やな~」と皆さんが揃って言っていたので、笑えました(*^_^*)

イザ出発です。

DSCN5137.jpg

前日の雪が残っています。

DSCN5140.jpg

名鉄電車のすぐ脇を歩いて行きます。

DSCN5145.jpg

笠松競馬場です。
オグリキャップって、ここ出身なんですってね。知りませんでした。

DSCN5146.jpg

木曽川の堤防に出ました。
遠くに138タワーも見えています。
七夕ウォークの時には、あの辺りを歩いていたんですね~

DSCN5149.jpg

遠くに見えている雪山は御嶽山です。
冬は空気が澄んでいるので、よく見えますね。

DSCN5154.jpg

木曽川の河川敷に下りて行きます。

DSCN5158.jpg

この道、なかなかの悪路で、輪だちに水は溜まっているし、ぐちゃぐちゃでした。
ゴアテのウォーキングシューズ履いてて良かった~

DSCN5161.jpg

足元は悪いが、天気も良く、なかなか気持ちの良い道です。

DSCN5163.jpg

綺麗な雪景色です。

DSCN5165.jpg

ここには6つの池があり、岐阜県下最大のビオトープ。
トンボ池には、多くのトンボが生息しているそうです。

DSCN5167.jpg

河川環境楽園に到着。
水辺の自然共生型テーマパークです。

DSCN5179.jpg

オアシスパークで小休憩。

DSCN5180.jpg

お店など改装中でしたので、コンビニも移動販売車でした。

DSCN5177.jpg

こちらには「アクア・トトぎふ」という淡水魚の水族館があります。
淡水魚の水族館は珍しいですよね。

リスタートです。

DSCN5188.jpg

飯沼勘平長資の墓。
関ケ原の戦いの前哨戦である米野の戦いで西軍の一員として参加し、手柄を立てたが、その後東軍の池田長吉との
一騎討ちに敗れたそうだ。

岐信グランド駐車場で昼食休憩の後、再び歩き始めます。

DSCN5194.jpg

伏屋城跡。
織田信長が木下藤吉郎に造らせた城の跡だそうだ。
木曽川の上流から木材を筏にして運び、わずかな時間で砦を造った為「一夜城」とも「太閤城」とも言われたそうだ。

この辺りもいろんな史跡があるんですね~

DSCN5198.jpg

岐阜市長森コミュニティセンターにてゴールです。
この後、会員の方は総会があったみたいです。

私はそのまま1K程歩き、名鉄切通駅から岐阜まで戻ってきました。

DSCN5203.jpg

岐阜駅前の金ピカ信長様です。
あまりセンスよろしくないと思うのですが…(^_^;)

2月は、なかなか歩けるイベントに参加出来ず、やっと15km歩けました\(^o^)/
それなりに寒い日でしたが、晴れてましたし、歩いていると体が温まってきますし、
やはり定期的に歩いていきたいです。

GWAの例会は月に1度しかなく、大会と被るので、なかなか参加出来ませんが、
また機会があれば参加したいと思います。
GWAのスタッフの皆さま、ありがとうございました♪

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ビールで乾杯ウォーク

9月8日(日)のち
岐阜県ウォーキング協会9月例会
アサヒビール”スーパードライ”で乾杯!ウォーク
『尾張四観音「龍泉寺」と小幡緑地散策コース』
歩行距離:13km(団体歩行)

無題

9月8日岐阜例会 アサヒビールグーグルアース

コース:JR勝川駅・松新公園~道風記念館~龍泉寺~小幡緑地(本園)~小幡緑地(西縁)
    ~川田公園~アサヒビール名古屋工場~JR新守山駅

歩いた距離:12.6km 平均速度:2.29km/h 走行速度:3.76km/h
掛かった時間:5時間30分(9:00~14:30) 走行時間:3時間20分
高低差:116m (54m~170m)
(↑アサヒビールまで計測)

岐阜県ウォーキング協会の9月例会に参加した。
この日は雨。。。
どうしよっかな~って思ったのですが、ビール工場が見学で試飲できると言う事で、参加してみようと思いました(^^ゞ

DSCN3449.jpg

JR勝川駅です。
雨だし、岐阜から少し距離があるので、参加少ないのかなと思いきや、100名近くの参加があった。
雨装備、どうしようかと思ったのですが、レインウェア着ても、汗ビッチャになるし、今回は街歩きだろうからゴアテのトレッキングシューズにモンベルのトレッキング用傘で行く事にしました。
モンベルの傘、またちゃんと使用した事なかったんですよね~
試すには良いチャンスです☆

しばらく行くと…道風記念館。

DSCN3450.jpg

この地(春日井市)は、小野道風の誕生伝説があるそうです。

道風は花札の絵柄になっている人物としても知られている。
道風は、自分の才能のなさに自己嫌悪に陥り、書道をやめようかと真剣に悩んでいる程のスランプに陥っていた時のこと、ある雨の日散歩に出かけていて、柳に蛙が飛びつこうと、何度も挑戦している姿を見て「蛙はバカだ。いくら飛んでも柳に飛びつけるわけないのに」とバカにしていた時、偶然にも強い風が吹き、柳がしなり、見事に飛び移れた。これを見た道風は「バカは自分だ。蛙は一生懸命努力をして偶然を自分のものとしたのに、自分はそれほどの努力をしていない」と目が覚めるような思いをして、血を滲むほどの努力をするきっかけになったという。

う~ん、確かに努力すれば、いつかは努力が報われる日が来るのかも知れない。
でも今のご時世、努力して何かをやるって事、少ないような気がする。。。
でも前に進む事を止めたら、人間おしまいかもしれへんな。
無心に頑張れる事。
私にとって、今はウォーキングかな~
少しづつでも、前を向いて、生きて行けたら、良いよね。

DSCN3457.jpg

庄内川を渡ります。
雨降ってるから、水が濁っています。
遠くにアサヒビールが見えます。
今回のゴールは、あそこやけど、まずは反対方向に向かって歩いていきます。

DSCN3459.jpg

龍泉寺です。
尾張四観音のひとつ。
荒子観音・笠寺観音・甚目寺観音・龍泉寺。
この4つです。
龍泉寺だけは、行った事なかったので、これで4観音すべてお参りしました(^o^)/

DSCN3462.jpg

多宝塔も、なかなか由緒ありそうでした。

DSCN3463.jpg

手洗い場の龍が、なかなか可愛かったです。

雨が結構降っていますが、先に進みます。
小幡緑地は、まるで迷路みたいで、道がいくつにも分かれて、一人だと迷子になりそうでした。
途中お地蔵さんが、並んでいました。

DSCN3466.jpg

頂上と思われる所には、大仏さん。。。
道すがらにあったお地蔵さんも、いくつか首取れていたし、この大仏さんも、手が入れられてないのか、微妙に荒れていて、ちょっと怖い感じがしました。

DSCN3467.jpg

山を下って行きます。
今回は、街歩きだと思っていたのですが、しっかり山歩きもあったんですね~
レインスパッツ持ってこなかったので、靴の中に泥やら枯葉やら入ってきて、ちょっと失敗でした。

DSCN3470.jpg

池に出ました。
天気が良ければ、なかなか気持ちよさそうな所でした。
この先の公園の軒下で、昼食タイム。
ご飯を食べている間に、随分雨が止んできました。

DSCN3477.jpg

川田公園で、閉会式。
この頃には青空が見えてきました。

さあ!
いよいよアサヒビール名古屋工場に向かいます。

DSCN3481.jpg

これ!全部ビールでっせ\(^o^)/

DSCN3489.jpg

工場内には、メダカ池もあって、なかなか環境の良い所でした。

まずは1班2班に分かれて、控室に入りました。
ちょっとした説明の後、工場見学へ。
皆が立った後の乱れた椅子を、ウォーキング協会の会長さんがささっと直していました。
大会の時も、ゴールしたひとりひとりに声掛けてくださるし、ホント素晴らしい方だと思います。

工場見学では、日曜日なんで、機械は動いてなかったけど、いろんな設備見れました。
麦を実際に食べたのですが、メッチャ香ばしくて、美味しかったですよ~

少しでも美味しくなるよう、いろんな工夫がされているんだな~
さすがだと思いました。

いよいよ試飲タイム♪
出来たてのビールが、20分間飲み放題。
一応一人三杯までって言うのは、タテマエだけみたいです。

DSCN3487.jpg

まずはスーパードライ。
う~んメッチャウマい\(^o^)/

DSCN3488.jpg

2杯目は黒。
私、黒の方が好きなんですよね~

まだまだ飲める感はありましたが、前々日に会社の上長に、美味しい焼き肉とビールをゴチになったばかり。
2杯で止めときました。
しかし、ただのビールが飲み放題やなんて、ええとこやわ。

DSCN3491.jpg

すっかり皆さんご機嫌です♪
岐阜ウォーキング協会の人って、なんか控えめのおとなしい方が多いのかなって思ってましたが、いやいや皆さんメッチャ弾けてました。

チョイ酔っ払いながら、皆で新守山駅まで歩き、解散となりました。

この日のメンクイは…

DSCN3492.jpg

カレーうどんでした。
飲んだ後の麺類はウマいですなぁ~~~

とても楽しい例会でした。
またビール工場の例会の時は、是非参加しようと思います(^o^)/

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

「赤沢自然休養林」森林浴ウォーク

8月11日(日)
岐阜県ウォーキング協会8月例会
樹齢300年木曽銘木”檜(ひのき)の巨木”の森 バスハイク
「赤沢自然休養林」森林浴ウォーク

8月11日赤沢

8月11日赤沢グーグル

歩行地:長野県上松町 10km
行程:赤沢自然休養林→赤沢橋→仲立コース→丸葉橋→昭和60年御神木伐採地跡→駒鳥コース
   →呑雲渕→丸山渡停車場→冷沢コース→椹窪→ひのきの大樹→上赤沢コース→森林資料館
歩いた距離:5.0km 
歩いた時間:3時間10分(10:50~14:00)
高低差:65m(1123m~1188m)

岐阜県ウォーキング協会(GWA)の8月例会に参加しました。
今回はバスハイクなので、長野県に遠征です。

8月11日赤沢バスルート

8月11日赤沢バスルートグーグル

バスのルート。
岐阜駅→各務原IC→東海北陸自動車道→美濃JCT→東海環状自動車道→土岐JCT
→中央自動車道→中津川IC→国道19号線→上松町→赤沢自然休養林

CIMG5833.jpg

19号線沿いの道の駅「寝覚めの床」からの風景。
良いお天気です。
川沿いに中央線が走っています。
なかなか良い所ですね~

3時間半ほど掛かって「赤沢自然休養林」に到着。
緑が美しく、水も澄んでいます。
標高が1000m超えているので、下界よりも涼しいです。

CIMG5847.jpg

赤沢橋を渡って、進んで行きます。

CIMG5853.jpg

川では、水遊びしている人達が、たくさん居ました。
とても気持ち良さそ~~~\(^o^)/

CIMG5864.jpg

緑が美しい。木陰はやはり涼しい。

CIMG5868.jpg

今回のコースは、上がったり、下がったりが、何度もあったが、ゆっくり歩いていたし、高低差65mなので、全然しんどくなかった。

CIMG5869.jpg

檜の森に差しこむ太陽。

CIMG5871.jpg

変わった形の切り株がたくさんありました。

CIMG5878.jpg

昭和60年御神木伐採地。
昔ながらの斧で切り倒されたとか。。。

CIMG5887.jpg

森林鉄道。
木材の運搬に使われていたそうです。
当時の面影を残すべく保存されています。
可愛いですね~(#^.^#)

CIMG5898.jpg

道川。
水が澄んでて、とても冷たかった。

CIMG5908.jpg

複雑な木の形。
なんかありのままの自然って感じでした。
このような檜の森を歩いたのは、初めてです。

CIMG5910.jpg

遊歩道には、このようにチップがひいてある場所もあって、とても歩きやすかった。

CIMG5914.jpg

CIMG5917.jpg

CIMG5919.jpg

森林の香り、色、空気、音etc、何もかも素晴らしい。
この日のウォークは、森林浴を満喫出来ました。
やはり大自然の中にいると癒されますね~

赤沢、また行ってみたいな~

帰りのバス。
恵那峡SAに立ち寄りました。

CIMG5934.jpg

栗きんとんアイスを食べました。
美味しかった~~~(#^.^#)

岐阜に帰ったら、やはりこの日は猛暑だったみたいで、超暑い(^_^;)
赤沢は、とても自然は気持ちよくて、快適だった。

岐阜県ウォーキング協会の皆さま、お世話になりました<(_ _)>
良い1日が過ごせました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

醒ヶ井宿から関ケ原宿へ

7月14日(日)曇り時々雨
岐阜ウォーキング協会例会
『醒ヶ井宿から関ケ原宿へ』
コース:醒ヶ井駅前→地蔵川/加茂神社→柏原宿(柏原歴史館)→寝物語の里(県境)→妙応寺
    →常盤御前の墓→不破の関守跡→八幡神社→JR関ヶ原駅
歩いた距離:16キロ
歩いた時間:9:40~14:55 5時間15分

6月初めの長良川ツーデーの時に、今回の例会の案内をもらったので、お試しで地元のウォーキング協会の例会に参加してみました。
今回のコースは、中山道を歩くコースで、なかなか興味深い。

集合場所の醒ヶ井駅に到着すると、すでに何人かのウォーキング協会の方が居ました。
当日申し込みをして、ウォーキング協会の方々と一緒に歩きます。
今回は、100名近くの参加があったみたいです。

私の年代は、一人も居なくて、皆年上の方ばかり。。。(^_^;)
いかにも歩くぞ的な格好の私は、ちょっと目立ってました。

GWA

駅近くのお店では、綺麗な水が湧いてました。
さすが醒ヶ井ですね~

開会式の後、ストレッチをして、スタートです。
まず向かうは、醒ヶ井宿。

醒ヶ井宿を流れる地蔵川では、バイカモの花が見ごろを迎えているとの事で、観光バスが何台か来ていました。

GWA

明治時代の醒ヶ井小学校の玄関。
昔の建物って、なんか味わいがあって良いですね~

GWA

地蔵川。
とても清らかな川の流れです。

GWA

バイカモはキンポウゲ科の水生多年草で、清流にしか育ちません。

GWA

7~8月頃に、梅の花に似た白い小花を咲かせる事から「梅花藻(バイカモ)」の名が付きました。
とても小さな白い花が、いっぱい咲いてました。

GWA

居醒の清水。
醒井の地名の由来であると言われています。
日本武尊が伊吹山の大蛇を退治した時に、その毒で高熱を出したのを、この清水で冷やした所から、この名が付いたという。
今でも水が湧き出ていて、地蔵川は、ここから突然現れています。
清水にしか住まないハリヨも、ここには居るみたいです。

GWA

日本武尊像もありました。

GWA

今回のウォーキングでは、このようにお地蔵さんが一か所に集められているのを、たまに見掛けました。
とても古そうなものに見えるのですが…

梅花藻は、有名で知ってはいたのですが、今回初めて見れたので良かったです。
醒ヶ井の水の美しさには、ホント感動しました。

GWA

お天気が心配でしたが、良い天気です。

GWA

6.3km程歩き、柏原宿に到着しました。
この日は、蒸し暑かったので、スタッフの方々の、細やかな気遣いで、何度も水分補給の休憩がありました。
しかし暑い中、歩き慣れてない方は、かなりしんどそうでした。

GWA

柏原宿歴史館見学と昼食で、1時間ほどのフリータイムがありました。

GWA

柏原宿は、規模が大きく、こちらの看板は、「伊吹もぐさ」の老舗伊吹堂です。
建物も、当時のままだそうです。
江戸時代、かなり賑わっていたのでしょうね~~~

リスタートです。
一部の方は、ここで終了。柏原駅から、帰宅されました。
かなり暑かったですもんね~

この辺りから、雨がパラパラ。
雷も鳴り始めました。。。
あ~ぁ、降ってきちゃったよ(^_^;)

しばらく行くと、県境。

GWA

寝物語の里。
美濃の国と近江の国の国境の小さな溝を隔てて建つ、両国の旅籠の泊り客同士が寝ながら話が出来た事から付いた呼称です。
滋賀には良く行くけど、歩いて県境を越えたのは、初めてかも??

狭い道を進んで行き、青坂神社の境内に出た。

GWA

徳川家康腰掛石。
家康は石田三成の居城のある近江佐和山へと軍を進めているが、その途中、今須宿の伊藤家で休憩した。
その際、庭にあった石に腰掛けたといい、のちに本陣の指定を受けた伊藤家では江戸時代を通じてその石を大事に保存してきたといわれる。
明治 3年(1870)に本陣が廃止されると、大石は今須の青坂神社の境内に移され、「徳川家康腰掛石」として公開展示保存されることとなり、現在に至っている。

GWA

たぶん今須峠あたりかな?
あじさいが綺麗に咲いていました。

GWA

常盤地蔵。
しばらく行くと、常盤御前の墓。

GWA

都で一番の美女と言われ、十六歳で義朝の愛妾となった常盤御前。
義朝が平治の乱で敗退すると、敵将清盛の威嚇で常盤御前は今若、乙若、牛若の三児と別れ、一時期は清盛の愛妾にもなります。
伝説では、東国に走った牛若の行方を案じ、乳母の千種とあとを追ってきた常盤御前は、山賊に襲われて息を引き取ります。
哀れに思った山中の里人が、ここに葬り塚を築いたと伝えられています。

常盤御前の人生は、なんか悲しいですね。。。

GWA

黒血川。
黒血川という名前は壬申の乱の際,この川の水が戦った兵士の血で黒く濁ったことからつけられているらしい。
黒血川を挟んで西に若宮八幡社があり、大友皇子が祀られている。
東に井上神社があり、天武天皇が祀られている。

大津市にある三井寺(園城寺)近くに大友皇子の陵があり、大友皇子たちは大津京を眼下にして自害したと思われる。

つい前日に三井寺行ったばかりです。
なにか縁がありますね~

GWA

藤古川。
672年、大友皇子(弘文天皇)と大海人皇子(天武天皇)が関ヶ原で戦った壬申の乱では、藤古川をはさんで両軍が対峙したと言われている。

関ケ原と言えば、1600年の天下分け目の戦いが思い浮かびますが、大昔にも天下分け目の戦いが行われたのですね。

GWA

不破の関跡。
壬申の乱の翌年、天武天皇はこの場所に不破関を設置し、天下の変乱に備えるために通行人たちを取り締まりました。「不破関」は、越前の「愛発関」、伊勢の「鈴鹿関」と並んで日本三関のひとつと呼ばれています。中央には東山道(のちの中山道)が通り、通行人は目的地や携帯品などを書いた証明書を見せて通らなければなりませんでした。関所は、延暦8年に世の中が静まり、その必要性がなくなったため取り壊されたそうです。この不破関を境に関東・関西の呼称が使われるようになったともいわれています。

ちょっと盛り盛りで、全部書き切れませんでしたが、たくさんの興味深い史跡がいっぱいあり、今回のウォーキングは、なかなか勉強になった。
関ケ原に、これほどまでに壬申の乱の史跡が残っているとは、知りませんでした。
常盤御前のお墓も、初めて知りました。

関ケ原駅でゴール。

岐阜ウォーキング協会の例会は、とても歩きやすかったし、要所要所で、その場所の説明とかもしてくれて、ちょっと大人の遠足風で楽しかったです。
皆のペースを見ながら歩いてくれていたので、とても楽に歩けましたしね~
また機会があれば、岐阜ウォーキング協会の例会に参加したいと思います。

GWA

関ケ原駅。
らしいでしょ(*^_^*)

GWA

雨は上がりましたが、伊吹山は綺麗に見えず、残念でした。
ウォーキングの時って、あまり綺麗に見えたことないんですよね~(^_^;)
今年の夏は、伊吹山頂に行きたいなぁ~~~

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。