スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬山の紅葉名所を満喫

12月5日(土)晴れ時々曇り

名鉄ハイキング
『深紅の鮮烈‼犬山の紅葉名所を満喫』   距離:7.5㎞

犬山
 
犬山3 犬山2

コース:名鉄・善師野駅→熊野神社→大洞池→東海自然歩道→大平林道→不老滝→寂光院→(継鹿尾山)→名鉄犬山ホテル

歩いた時間:2時間31分(9:05~11:36) 走行時間:2時間20分
歩いた距離:10.1㎞(上り:4.3㎞ 下り:4.2km 平坦:1.6㎞)

名鉄ハイキングに参加して来ました(^O^)/
今回は犬山の紅葉名所を訪ねます。

CIMG4942_20151206183508f3e.jpg

スタートは名鉄善師野駅。
受付開始は8時半からなので、混雑を避けて、少し遅めに到着するように来たのだが、読み違いで、ホームには参加者が溢れんばかりでした。
やはり鉄道系ハイキングは人気ありますね。

CIMG4943.jpg

CIMG4944.jpg

行列の最後からマップをもらってスタートです。

CIMG4949.jpg

てくてく歩いて1㎞程で、熊野神社。
階段を上がってお参りします。
階段は108段あり、お参りすると108の煩悩が取り祓われると伝えられています。

CIMG4953.jpg

紅葉が綺麗でした。

CIMG4962.jpg

CIMG4968_20151206184203905.jpg

峠を越えて行きます。
この道は東海自然歩道で、歩きやすかった。

CIMG4975.jpg

CIMG4973.jpg

エメラルドグリーンの水色の大洞池。
江戸時代に造られたため池だそうだ。

CIMG4978.jpg

気持ちの良い地道が続きます。

CIMG4982.jpg

ここからは大平林道を進みます。

CIMG4986.jpg

途中今年の春に登った鳩吹山への登山口もありました。

CIMG4988.jpg

林道を進んで行きます。

CIMG4993_201512061846412a7.jpg

林道の左手には沢が流れていました。

CIMG5001.jpg

所々紅葉が綺麗。

CIMG5007.jpg

CIMG5009.jpg

CIMG5015_2015120618495317c.jpg

どんどん歩いて行くと林道は終点で、自動車道に出た。
この辺り、紅葉が多く綺麗でした。

CIMG5016.jpg

道路脇には不老滝がありました。

CIMG5019.jpg

いよいよ本日のメイン。
寂光院に向かいます。

CIMG5023_2015120618532782e.jpg

CIMG5024_201512061853289ee.jpg

寂光院は、かつて霊山の呼ばれていた継鹿尾山に建つ山寺です。
本堂は長い階段の奥になります。

CIMG5025.jpg

紅葉が綺麗な階段を登って行きます。

CIMG5028.jpg

やっと着いたと思ったら、階段はまだまだ上に続いています。

CIMG5031_201512061853331e3.jpg

CIMG5032.jpg

CIMG5034.jpg

こんな感じで、ながいながい階段を登りました。

CIMG5037.jpg

本堂でお参りをしました。

CIMG5041.jpg

尾張のもみじ寺というだけあって、紅葉は綺麗でした。

CIMG5051.jpg

眺めもなかなか良かったです。

CIMG5059.jpg

さらに奥の方にも行ってみます。

CIMG5062.jpg

CIMG5064.jpg

脇には継鹿尾山三角点への道標。
0.8㎞約30分。
せっかくなので、コースアウトして三角点に行ってみます(^O^)/

CIMG5065.jpg

CIMG5069_201512061906469a3.jpg

険しい上り坂が続きます。

CIMG5070.jpg

鳥居をくぐります。

CIMG5072.jpg

しばらくは平坦な道。
「三角点はまだかな」

CIMG5073.jpg

この階段を登った先が三角点でした。
15分程で登って来れました。

CIMG5082_20151206191209caa.jpg

CIMG5079.jpg

展望台があり、なかなか素晴らしい眺めでした。
小さくですが犬山城も見えていました。

CIMG5086.jpg

三角点にタッチ☆

CIMG5087.jpg

鳩吹山への縦走路もありましたが、鳩吹山へはまだまだ距離がありそうでしたので、下山します。

CIMG5088.jpg

CIMG5092.jpg

先ほど居た山頂を振り返って撮りました。

CIMG5093_20151206191636cb1.jpg

鳥居を通過。

CIMG5094.jpg

CIMG5097.jpg

CIMG5099.jpg

下山しました。
往復30分程の道草でした。
多くのハイカーとすれ違ったので、このルート、結構歩かれているようです。
いつか継鹿尾山から鳩吹山への縦走してみようと思います。

CIMG5100.jpg

先ほどより参拝客が増えたみたいです。

CIMG5101_20151206191929a48.jpg

CIMG5103.jpg

CIMG5106_201512061924459d7.jpg

CIMG5107.jpg

元来た階段を下って行きました。

CIMG5112.jpg

見上げると覆いかぶさるような紅葉。
とても素晴らしかったです。

CIMG5123_20151206192442fe4.jpg

最後は木曽川沿いを歩いて行きます。
この岩、山頂から見えていました。

CIMG5128.jpg

ちょうど電車が通過していきました。

CIMG5133.jpg

CIMG5138.jpg

犬山城が見えています。

CIMG5140_2015120619285575d.jpg

わん丸君のお出迎え。

CIMG5142_20151206192856c7b.jpg

名鉄犬山駅ホテルにてゴールでした。

CIMG5146.jpg

CIMG5155.jpg

時間があったので、犬山の城下町を散策し、味噌煮込みうどんを食べました。

CIMG5157.jpg

名鉄犬山駅から帰りました。

今回は、犬山観光や継鹿尾山登りもしたので、実際のコースより余分に歩きました。
コースも良いコースでしたし、紅葉も楽しめて良かった。
勝手にオプションの継鹿尾山も、登りやすい山で、標高273mの低山ながらも、眺めは良かったです。

12月にもなってくると、なかなかウォーキングイベントが無く、どこ歩こうか悩みますが、春になるまで、ぼちぼち歩いて行きたいと思っています(#^^#)
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コスモス畑と円空仏

10月17日(土)晴れ

名鉄ハイキング
『魅惑のパステルカラー‼
 羽島で見渡す限りのコスモス畑に感動』   距離:11.5㎞

羽島コスモス

羽島コスモス2

コース:新羽島駅→神宮神社→桑原川沿い→いちのえだ田園フラワーフェスタコスモス2015会場→市之枝駅跡地→中観音堂・羽島円空資料館→行基塚→新羽島駅

歩いた時間:2時間9分(8:32~10:41) 走行時間:2時間3分
歩いた距離:11.6㎞(上り:1.1㎞ 下り:377m 平坦:10.0㎞)

秋のツーデー目白押しですが、この週は用事があった為、土曜はお気軽に近場の鉄道系ウォークに出掛けた。
朝、なかなか起きれなくて、行こうか、止めようか、家でうだうだしていたのだけど、せっかくのお天気なので、行く事にしました。

CIMG3371.jpg

8時半受付開始だったのだけど、8時10分位に新羽島駅に到着した。
すでに100名位に人達が並んでいたので、岐阜羽島駅内の喫茶店で時間を潰し、8時半すぎてから、新羽島駅に向かった。
すんなりマップゲットして、スタートです。

CIMG3374.jpg

岐阜羽島駅を通過します。
新幹線乗る時は、名古屋か米原で、JRと連絡していない岐阜羽島駅は、あまり利用しません。
通勤の時に在来線が止まってしまった時に利用するくらいかな?

CIMG3378.jpg

少し街路樹も色付き始めています。
この辺りの駐車料金、かなり価格破壊が進んでいますね。
1日150円ってビックリです。

CIMG3383.jpg

名神高速道路を潜ります。

CIMG3385.jpg

JU岐阜羽島オートオークション。
たっくさんの車が並んでいました。

CIMG3386.jpg

神宮神社。
水害が多発したこの地で、宝暦4年(1754年)に薩摩藩のお手伝いによる治水工事を行ったが、その際に、この神社に総奉行らが参拝し、工事の無事、早期完成を祈願した。

CIMG3388.jpg

色付いた街路樹。
とても良いお天気で暑い位です。

CIMG3392.jpg

桑原川沿いを歩いて行きます。

CIMG3393.jpg

右手には伊吹山。
滋賀県側からみる伊吹山の姿より、岐阜県側からみる姿の方がりりしく美しいと思うのは、地元びいきだからか⁇

CIMG3401.jpg

CIMG3403.jpg

CIMG3405.jpg

CIMG3408.jpg

市之枝コスモス畑。
8月下旬から9月上旬の天候不良の為、コスモスの花は、少しまばらでしたが、見渡す限りのコスモス畑、とても素晴らしかった。

CIMG3411.jpg

のどかな田園風景。
牧草ロールが並んでいました。

CIMG3413.jpg

市之枝駅跡地。
昭和4年開業、平成13年廃止されたそうです。
ここを電車が走っていたとは…

CIMG3428.jpg

中観音堂・羽島円空資料館。
ここに来てみたかったんですよね。
円空は羽島に生誕し、その生涯に12万体の仏像を彫刻したといわれています。
12万体って、どんなペースで造り続けていたのでしょう。
想像も出来ない。。。

CIMG3429.jpg

円空仏様がいっぱいです。

CIMG3432.jpg

中観音堂。
中に入らせて頂きました。
本尊の「十一面観音像」(222cm)をはじめ、円空仏17体が安置されているそうだ。
円空仏様を、間近にじっくり見る事が出来ました(^O^)/

CIMG3457.jpg

お土産にストラップを買いました。

CIMG3436.jpg

CIMG3438.jpg

CIMG3439.jpg

行基塚跡。
円空は行基を慕って行者になったって伝えられている。
伊吹山に登った時に、円空が修業したって岩がありましたが、羽島から伊吹山は良く見えていて、ここで修業しようって思ったのかな。

CIMG3441.jpg

東海道新幹線を潜ります。

CIMG3446.jpg

新羽島駅にてゴールでした。

CIMG3450.jpg

岐阜羽島駅の正面には、大きな円空仏がありました。

近場のお気軽ウォーキングでしたが、コスモス畑や行きたかった円空資料館にも行けて、なかなか楽しいウォーキングでした。
とても良いお天気で、暑い位で、今年の秋は、お天気に恵まれていますね。
今後もこの調子で、良いお天気の中、歩きたいです。

いよいよ週末は高野山。
久々に皆さんにお会いできるのが楽しみです。
堺以来の方もいらっしゃいますが、ブログを通してお話していますので、そんなに間が空いたとは思えないです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

木曽川渡し場遊歩道から可憐なカタクリの花を目指して

3月28日(土)晴れ

名鉄ハイキング
魅惑の散歩道
木曽川渡し場遊歩道から
 可憐なカタクリの花を目指して
     距離:8.0㎞



名鉄ハイキング

名鉄ハイキング3

コース:名鉄・日本ライン今渡駅→ふれあいの里弘法堂→木曽渡し場遊歩道(今渡渡し場跡・石畳→化石林→川並番所杭の跡→夜泣き岩)→白髭神社→湯の華アイランド広場→鳩吹山カタクリ群生地(カタクリまつり会場)→(鳩吹山)→日本ライン花木センター→名鉄・可児川駅

歩いた時間:3時間46分(8:44~12:30) 走行時間:2時間51分
歩いた距離:10.7㎞(上り:2.1㎞ 下り:2.2㎞ 平坦:6.5㎞)
獲得標高: 上り:407m 下り:430m
(勝手に鳩吹山登山も含んでいます。)

名鉄ハイキングに参加して来ました。
本日は、他協会の例会にお邪魔しようかなと考えていたのですが、鳩吹山のカタクリが見頃を迎えているとの情報をゲットし、そのカタクリ群生地を訪ねる名鉄ハイキングが本日開催との事で、参加を決めました。

DSCN4263_2015032822322614b.jpg

本日のスタートは、名鉄日本ライン今渡駅です。
最寄り駅からJRと名鉄を乗り継ぎ、1時間程で到着です。
いつものことながら参加者が多いです。
マップをゲットして、スタートです。

DSCN4267.jpg

木曽川に向かって歩いて行きます。
手前に見えている太田橋の手前で曲がり、木曽川渡し場遊歩道に向かいます。

DSCN4270_20150328223227aa5.jpg

DSCN4271_20150328222748e24.jpg

ふれあいの里弘法堂を通過します。
川から引き揚げられた石地蔵が安置されているそうです。

DSCN4273_20150328222749ca3.jpg

木曽川渡し場遊歩道に入りました。
後ろを振り返ると太田橋が見えています。

DSCN4276.jpg

DSCN4275_20150328223228761.jpg

今渡渡し場跡。
「木曽のかけはし、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」と詠われ、中山道の三大難所のひとつだったそうです。

DSCN4279.jpg

DSCN4280.jpg

河津桜が綺麗に咲いていました。

DSCN4281.jpg

雄大な木曽川の流れを眺めながら歩いて行きます。

DSCN4282_20150328224304937.jpg

コースはどっちに行っても良いみたい。
川沿いを歩く事にしました。

DSCN4283.jpg

お天気も良く、気持ちが良いです。

DSCN4286_20150328224308eb3.jpg

もう一方のコースは、竹林の中を歩く道でした。
鶯の声が聞こえていました。

DSCN4284.jpg

化石林の案内看板。
水面上に飛び石のように点在しているのが、1900万年前の森林が埋没し、1本1本の化石化した木だそうだ。
どれが化石林かよくわかんなかった。。。(^-^;

DSCN4288.jpg

川並番所杭の跡の案内看板。
川並番所は、舟運と材木の監視を行う役所で、1655年に設置されたそうです。
渇水時には、杭穴を見る事が出来るそうだ。

DSCN4291.jpg

DSCN4293_20150328224824460.jpg

DSCN4296.jpg

DSCN4295.jpg

夜泣き岩。
文治元年(1185)の冬、平家の平知盛が壇ノ浦で海に身を投げてから、その妻が悶々として、昔今渡と土田の境に姫が淵と云う底の知れぬ深い淵があり、この淵に身を投じて死んだと伝えられている。しかし現在は川の瀬が変わり、岩は残っているが淵らしいものは見当たらない。
この現在見られる岩を夜泣き岩と云い、伝説によると巨岩で淵の付近にあって、月の澄んだ夜などこの岩の上に幻のような女が白装束に髪を乱して立ってさめざめと泣きその泣き声が川面を流れたと伝えられている。
この幻の女の姿は、平知盛の妻の亡霊であると後の世に伝えられた。以後この岩を夜泣き岩と云っている。(可児町郷土史より)

DSCN4298.jpg

堤防に上がります。

DSCN4297.jpg

堤防に上がる前に、このような看板があった。
こんな広い川なのに、こんなところまで水位が上がったとは、驚きです。

DSCN4301.jpg

カタクリ群生地がある鳩吹山が見えています。

DSCN4305.jpg

DSCN4304.jpg

白髭神社に到着です。

DSCN4303_20150328225712203.jpg

毎年4月の第1日曜に開催される白髭神社大際は、天慶年間、平将門追討の命を受けた平貞盛の戦勝祈願が始まりと言われる神事。

DSCN4306.jpg

DSCN4308.jpg

天満宮前になで牛さま、撫でて来ました(^O^)/

DSCN4312.jpg

白髭神社の参道を歩いて来ます。
中々雰囲気ある道です。
お祭りの時には、ここを流鏑馬の馬が疾走するのかな?

DSCN4314_20150328230639d4a.jpg

国道41号線を歩いて行きます。
鳩吹山が随分近づいて来ました。

DSCN4318.jpg

国道を右折し、湯の華アイランド広場を通過します。
色んな施設があって、1日楽しめそうな感じでした。
ひるがの高原から贈られた雪がありましたよ。

DSCN4319_20150328230641700.jpg

DSCN4321.jpg

カタクリまつり会場に到着です。

DSCN4322_2015032823111938e.jpg

自然薯入りのたこ焼きを食べました。
美味しかった~~~(#^^#)

DSCN4320.jpg

いよいよカタクリ群生地に向かいますが、カタクリまつり会場から下っていけばすぐなのですが、コースはぐるっと迂回していきます。

DSCN4330.jpg

感じの良い林道を歩いて行きます。

DSCN4324.jpg

可児のマンホールです。

DSCN4335.jpg

いよいよカタクリ群生地ですが、先に氷場に行ってみます。

DSCN4336.jpg

DSCN4337.jpg

とてもいい感じの公園でした。
木曽川の水の色は、神秘的な色をしていました。

DSCN4338.jpg

DSC_0003_20150328231606f39.jpg

DSC_0004_201503282316076da.jpg

桜もぽつぽつと咲いていました。

DSCN4343_20150328231938baf.jpg

DSCN4342.jpg

氷場。
古そうな石垣が残っていました。

DSCN4346.jpg

いよいよカタクリ群生地に向かいます。

DSC_0014_20150328231935bed.jpg

DSC_0009_20150328231934b8d.jpg

DSC_0016_20150328232215017.jpg

DSC_0021_201503282322163b6.jpg

一面にカタクリの花が咲いていました。
可憐な紫の妖精が、一面に降り立っているみたい。
とても素晴らしかった。
良い時期に来れて良かったです。

鳩吹山には5つの登山口がありますが、カタクリの群生地にも「カタクリ口」と呼ばれている登山口があります。
ちょうど下山してくる人がいたので、頂上までの時間を聞いてみたら、1時間も掛らずに登れるとの事。
名鉄ハイキング中ですが、ちょっとコースアウトして、カタクリ口から鳩吹山登って来ました(^O^)/
標高313.5mでしたが、眺めも良く、楽しかったです。
鳩吹山のレポは、後日アップします。

DSCN4402_20150328233127731.jpg

鳩吹山から下山して、名鉄ハイキングのコースに戻ります。
元来た道を戻って行きます。
湯の華市場に立ち寄ってみました。
色んな果物や野菜、色んなものが売っていて、お客さんもいっぱいでした。

DSCN4407_20150328233128afd.jpg

コールに向けて歩いて行きます。
モクレンかな?

DSCN4409.jpg

のどかな道を歩いて行きます。

DSCN4410.jpg

鳩吹山です。

DSCN4412.jpg

コブシかな?
ここ最近暖かくなったので、一気に色んなお花が咲き始めていますね。

DSCN4413.jpg

前を歩いているお二人さんのリュック。
イスが付いていて、画期的でした。

DSCN4414_201503282336471a3.jpg

可児川駅にてゴールでした。
とても暖かく、見所いっぱいな、楽しいウォーキングでした。

DSCN4417_20150328233649cb1.jpg

岐阜の名物バス。
岐阜駅のロータリーに植えられている桜も咲いていました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

佐久島ウォーク③

前回の続きです。

大島上陸。
ここには梅林があった。
花は終わってましたが…

佐久島
 
佐久島

ここにもアート作品がありました。

引き潮だったので、岩場に降りてみた。

佐久島

佐久島

なかなかの絶景です。

佐久島

大島には、海釣りセンターもあった。
これは、そこにわたる為の橋です。
こんな所で1日ゆっくり釣りとかしてたいなぁ~~って思いました。

大島を後にし、海沿いを歩きます。

佐久島

佐久島

佐久島

またまたアート作品がありました。

佐久島

斜めの地層が、凄いなぁ~

海沿いを離れ、フラワーロード。

佐久島

ヤギさんがいました。

佐久島

佐久島

佐久島

またまたアート作品がありました。

佐久島

黒壁集落を抜け、弁天サロンでゴール!!

佐久島

鯉のぼりが泳いでいました。

佐久島

珍しい色のあじさいが咲いていました。

ゴールしたものの、帰るのはフェリーに乗らないと帰れません。
本数も少ないので、乗れる時間は限られています。
私が乗ろうと思っていたのは、15時前のフェリー。
また2時間ほどありました。
もう少し島を散策する事にしました。

一番人気のアート作品・おひるねハウスに行ってみる事にしました。

佐久島

またまた黒壁集落を歩きます。
藤が咲いていました。

佐久島

熊蜂。
佐久島では、たくさん見掛けました。

おひるねハウスの先に、古墳があるようだったので、行ってみる事に。。。
林の中を進んで行ったのですが、なかなか見当たらず、ホントにあるのかなって心配になりましたが、ありました。

佐久島

古墳から海岸に出る事が出来ました。

佐久島

遠くに私の目指していたおひるねハウスが見えたので、海岸沿いを歩いて行った。

佐久島

これこれ!佐久島のパンフとかで見たことあります。

随分歩いて疲れたので、後1時間ほど時間がありましたが、港で向かいました。

一緒に島を歩いていた人や、地元の人達、朝の定期船で一緒に島に渡ってきた小学生・中学生達もいました。
一色から船に乗って、佐久島の学校に通っている子たちが居たのは、ちょっと驚きでした。

佐久島

帰りの船も、朝と同じ船「第三さちかぜ」でした。
たくさん乗客がいたので、デッキの上まで混雑していました。

佐久島

名残惜しいですが、佐久島とお別れです。
タイル張りの灯台が見えてました。

随分端折って書いてしまいましたが…(^_^;)
佐久島ウォーキング、お天気にも恵まれ、メッチャ満喫致しました。

佐久島は、南国気分も味わえるし、素朴でのんびりできる場所だなって思いました。
でも定期船で、たくさんの荷物を抱えて乗っている住民を見てると、遊びに行くには良い島だけど、実際に暮らすには、買い物とかも苦労しそうだし、大変でしょうね~~~

また佐久島に行けたら良いなぁ~と思ってます。
とても楽しい1日でした。

お・し・ま・い(^o^)/

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

佐久島ウォーク②

前回の続きです。

展望台から、しばらく歩くと…人が住んでいる気配。
島の西側は、ハイキングの人以外は見掛けませんでしたからね~

佐久島

八劔神社(はっけんじんじゃ)

佐久島

八劔神社を抜けていきます。

佐久島

正念寺。

佐久島

ここにもアート作品。「海神さま」釣りの神様だそうだ。

佐久島

ここらのお寺の屋根瓦には、このような飾りが付いてました。

佐久島

次の目的地は、オプションコースの大島なんですが…
せっかくなので、手前にある筒島にも行ってみる事にした。

佐久島

筒島手前の岬からの眺め~
色っぽい花は、ハマダイコン。

佐久島

ここにもアート作品が…

佐久島

筒島です。
海が荒れていたら、行くの怖いかも。。。

DSCN0125.jpg

筒島では、弁天様が祀られていました。

DSCN0126.jpg

兜岩。
武田信玄が、兜を掛けたと言われています。
信玄も、佐久島に来た事あるんですね~

DSCN0131.jpg

願い岩。
平らな石に願いをかいて、奉納します。
願いが叶ったら、お礼岩を捧げるそうです。

DSCN0129.jpg

この島には、竹林があります。
佐久島は南国チックな木々ばかりだったので、竹林があるのは驚きでした。

DSCN0136_20130420214635.jpg

筒島を後にします。

DSCN0135.jpg

この辺りの海が、特に綺麗に感じました。

正規ルートに戻ります。

DSCN0105.jpg

DSCN0139.jpg

花がいっぱい咲いています。

DSCN0140.jpg

DSCN0142.jpg

阿弥陀寺。
弘法様が安置してあります。

DSCN0143.jpg

ここの瓦屋根にも、飾りが付いていました。

大島に向かいます。

DSCN0146.jpg

大島桟橋にも、アート作品「イーストハウス」です。

いよいよ大島上陸です。

随分端折って書いてますが、上手くまとめられず…(^_^;)
次回に続きます<(_ _)>

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。