スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高雄・清滝紅葉ウォーク

11月30日(土)晴れ
京都府ウォーキング協会 11月例会
『高雄・清滝紅葉ウォーク』
歩行距離:18km(団体歩行)

KWA例会・高雄・清滝紅葉W

KWA例会・高雄・清滝紅葉W(GE)

コース:常盤野児童公園(JR太秦駅)→広沢池児童公園→広沢池→後宇多天皇陵→直指庵→京見峠
    →菖蒲谷池→高雄→清滝→落合→JR保津峡駅

歩いた距離:15.5km(上がり:5.2km 下り:6.1km 平坦:4.3km)
平均速度:2.69km/h 走行速度:3.67km/h
掛かった時間:5時間45分(9:26~15:11) 走行時間:4時間20分

久々の例会参加です。
京都府ウォーキング協会の例会は、4回目かな?
ここの例会は、とてもオープンで、ビジターも多く参加しているので、とても参加しやすいし、
いつも見所いっぱいのコースを歩くので、好きです。
スタッフの方々も、いつも参加者が2・3百人いると思うのですが、列さばきなど、とても慣れてて、
団体歩行ですが、ほとんどストレスを感じる事無く歩く事が出来ます。

岐阜を出発する時は、雨が降ってて、心配でしたが、京都は、快晴でした。
しかし…寒いっ(*_*;

CIMG7807.jpg

本日の集合場所はJR太秦駅から、しばらく歩いた所にある常盤野児童公園でした。
紅葉が綺麗ですね~
本日の参加者は、370名位だったかな?
紅葉ウォークと言う事で、参加者が多めでした。
大阪や滋賀の協会の方もいらしゃいました。

コース説明やストレッチをして、いざ出発です。
かなりの大人数。
すれ違う人は、ビックリですよね~

いつものようにアンカーさんの、少し前を歩いて行きます。

CIMG7818.jpg

竹林を抜けて行きます。

CIMG7822.jpg

見事な紅葉です。
この道、京都五山送り火Wの時に、通った道です。
あの時は、仁和寺に向かって歩いてました。

CIMG7828.jpg

広沢池です。
五山Wの時は、メッチャ暑くて、バテバテで歩いていたわ。
広沢池児童公園でかき氷食べてたんだっけ。

CIMG7833.jpg

田園風景の中を歩いて行き、後宇多天皇陵です。
先頭はかなりのスピードで歩いているのか、かなり列が長くなって、自由歩行状態。
快適に歩けました。

CIMG7835.jpg

直指庵。
1646年(正保3)隠元禅師の高弟独照性円禅師が草庵を結んだのが起こり。
直指人心の黄檗の正統を守り寺号をつけず直指庵とした。

ここから京見峠まで、急坂が続くらしい。

CIMG7841.jpg

すっかり大渋滞。。。(^_^;)
坂が続くから、上着脱いだのだけど、これじゃ寒いよ。。。

CIMG7844.jpg

急坂の手前には、石仏がありました。

CIMG7847.jpg

ゆっくり坂を上って行きます。
自分一人だったら、全然早く上れるだろうけど、例会はいろんなレベルの人と一緒に歩きますから…
前を歩いていたおじいちゃん、結構しんどそうだったなぁ。

CIMG7850.jpg

京見峠からの眺め。
なかなか素晴らしい眺めです。
先ほど歩いてきた広沢池も見えています。

今度は下り。
長良川ツーデのめい想の小路を彷彿とさせるような坂もあり、団体歩行は度々大渋滞でした。

CIMG7852.jpg

突如現れた菖蒲谷池。
この先の、菖蒲谷池駐車場で、昼食休憩でございます。

さて、リスタートです。
ここから東海自然遊歩道を通って、高雄に向かいます。

CIMG7866.jpg

なかなか気持ちの良い道でしたが、アップダウンが続くみたいで、またまた大渋滞。

CIMG7870.jpg

かなりの急坂もあり、上がったり、下がったり、かなり歩き甲斐のある道でした。

CIMG7878.jpg

高雄到着。
あれ?前に来た事あるわ。
2010年の夏に来てました→
出発時のコース説明で、高雄の紅葉のピークは残念ながら終わってますと聞いてました。
やはりその通りでしたが、紅葉の絨緞が、とても良い感じで、これはこれで良かったです。

CIMG7887.jpg

CIMG7888.jpg

CIMG7890.jpg

清滝川の流れを見ながら歩いて行きます。
紅葉のピークは過ぎていますが、なかなか美しい風景です。
流れる川の水は、とても綺麗でした。

CIMG7893.jpg

歩きやすい道だったので、少しスピードアップして歩いて行きます。

CIMG7918.jpg

CIMG7925_20131130230303bce.jpg

しばらく行くと、川沿いのごつごつした、アップダウンの激しい道です。
川の流れを聞きながら、足を踏み外さないように、歩いて行きます。

CIMG7934.jpg

CIMG7938.jpg

CIMG7940.jpg

清滝到着。
滝があるかと思ったら、地名なんですね~

CIMG7949.jpg

またまた川沿いのアップダウンの多い、ごつごつした道を進んで行きます。
この道かなり長かったし、アップダウンも多く、足を踏み外さないように歩かなければならなかったので、
大変でしたが、ここ最近の大会で鍛えられたせいか、全然大丈夫でした。

CIMG7954.jpg

やっと舗装された道路に出たのだけど、今度はずっと緩やかな上りでした。
電車の音が聞こえてきたから、もう保津峡駅は近いです。

CIMG7956.jpg

橋の上が保津峡駅でした。
こんな所に駅があるんですね~(@_@;)

保津峡駅にてゴール☆

随分端折り、手抜きレポですみません(^^ゞ

今回のKWAの例会。
いつもは神社仏閣満載のコースなのですが、今回は思いっきり自然の中を歩かせて頂き、
歩き応えのあるコースで、すごく良かったです。
紅葉は、ピークを過ぎていたけど、楽しめましたしね~
いつもとは違う京都を楽しめました。

大人数の団体歩行故の、険しい道での大渋滞は、ちょっと辛かったですが、
いろんなレベルの人が、同じコースを歩くので、それは仕方ないし、
参加した人、すべてが楽しく歩けるのが例会だと思うので、これからも機会があれば、
参加したいなって思います。

大人数をお世話くださった、スタッフの皆さま、ありがとうございました♪
楽しい1日が過ごせました(^o^)/
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

初氷

今日は冷え込んでましね~

毎朝5時起きですからね。
まだ暗いし、起きるのが辛い。。。(_ _)ヾ(‘ロ')ペチペチ 起きろ~

外の気温は氷点下でした。

DSCN4557.jpg

外は、霜で真っ白。
車のフロントガラスは、ガチガチに凍ってました。

DSCN4558.jpg

氷も張ってましたね~チョイピンボケです(^^ゞ

少し前まで、半袖でしたのに…秋はどこ行ったσ( ̄、 ̄=)ンート・・・

DSCN4556.jpg

2日ほど前は、近くの山もうっすら雪化粧。
たぶん年内には、こっちでも雪降るんやろな。
そろそろスタッドレスタイヤにしんといかんやろな~

今年の冬は厳しいらしい。
寒いの苦手だから、ちょっと憂鬱です(_ _,)/~~

氷と言えば…「氷点下の森
2年前に行った時の写真です。

DSC_0011_201311292050262a3.jpg

DSC_0034_20131129205027a54.jpg

DSC_0068_20131129205028878.jpg

とても幻想的で美しかったです。

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

ウォーキングの年齢分布

前回行った「中川アルプス展望さわやかウォーク」
特別な大会誌は無く、A3サイズ両面にプログラムと事前申し込み参加者名簿が印刷されてました。
普段の参加者名簿は県別に名前が書いてあるのだが、今回は申し込み順に名前が書いてあるだけでした。

面白いなぁ~って思ったのが、都府県別参加者数、年代別参加者数が集計してあった。

圧倒的多いのが、長野県の参加者、約57%。
愛知の約22%、岐阜の約6%と続く。
結構遠くから参加されていると思ったけど、ほとんど近隣の方が多いですね。

興味深いのが、年代別参加者数。
60歳以上が半分以上で、一番多い年代が60歳代。
いろんなウォーキングイベントや大会や例会に行っても、やはり平均年齢高めな感じしますもんね~
私達の年代は、いつ行っても少数派なので、もっと増えると良いなぁと思いますが…

この間病院に行きましたが、病院に来てる方とウォーキングしている方って、年代被ってるなぁ~って思った。
でもウォーキングされている方々は、ホントお元気。
「なんでこの距離を、こんなスピードで移動し続けるんだ。。。(゚ロ゚;)エェッ!?」
いつも凄いなぁ~って思う。

たぶん歩く事は、簡単で単純な事だけど、とても心と体に良い作用をもたらしているんですね。
歳をとっても元気って言うのは、ホント素晴らしい事だと思います。

私の歩きは、まだまだ諸先輩方の足元にも及びませんが…
今の歳から、ずっとウォーキング続けていたら、パワフルバーバになれるかな~♪(* ̄ー ̄)v

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

陣馬形山からの眺望

11月24日(日)
中川アルプス展望さわやかウォーク2日目を歩き終わったのが、ちょうどお昼でした。
8時にスタートして、20km歩いただけなので、終わるのも早いですよね~
大会のコース案内に『陣馬形山』の紹介が載っていました。

『陣馬形山』(じんばがたやま)は村の北東に位置し、村のシンボルとして村民から愛されています。
伊那山脈の中で最も西に位置し、標高は1445mとそれほど高くありませんが、天竜川を眼下に望み
伊那谷全域を見渡す事ができる伊那地方随一の眺望が優れた山です。
中央アルプス、南アルプスも目の前に広がり、その素晴らしさに誰もが感動します。
山頂までマイカーで行く事ができますので、ウォーキングの前後にぜひ行ってみてください。


早く歩き終わったから、行ってみる事にしました。
簡単に行けるかと思いきや、山頂までの道は舗装はしてあるけど、車のすれ違いが難しい細い道でした。

CIMG7779.jpg

山頂の駐車場からの眺め。
中央アルプスが、目の前に見えます。

CIMG7784.jpg

飯田方面は、曇ってて、良く見えませんでした。
肉眼では、天竜川が見えたのですが…

CIMG7786.jpg

山の下の方に見える白い建物が、たぶん前の日に行った養命酒駒ヶ根工場。
山の凹凸が、とてもリアルに見えます。

5分ほど歩いて、山頂に行ってみる。
視界が開けました。

CIMG7801.jpg

中央アルプスと伊那谷。
伊那谷の地形の特徴の段丘が、はっきり分かりますね~
素晴らしい眺望です°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪

CIMG7791.jpg

後ろを振り返れば、南アルプス。

CIMG7800.jpg

ホント!!伊那地方随一の眺望ですね☆
山頂には、無料のキャンプ場もあり、ここから満天の星を眺めたら…
とても素晴らしいでしょうね~~~

山頂には、山登りの団体さんや、キャンプを楽しんでる人達、ツーリングの人達、
歩き終わったウォーカーさん達も居ました。

お天気に恵まれ、素晴らしい景色の中で過ごした中川村での2日間。
とても楽しかった♪♪
またこの景色に会いに行きたいです。

帰りは、飯田経由で帰った。
思い出いっぱいのやまびこマーチの会場の前も通った。
街中にあったりんご並木。
やまびこマーチの時は、りんごの花が満開だった。

CIMG7803.jpg

いっぱいりんごの実が付いてました。

とても自然豊かで、住んでる人々もとっても温かい伊那地方。
今回の大会参加で、益々ファンになりました。
また歩きに行きたいです\(o⌒∇⌒o)/

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

第14回中川アルプス展望さわやかウォーク・2日目

11月24日(日)晴れ
 
『第14回中川アルプス展望さわやかウォーク・2日目』
コース:A アルプス展望天竜・里山コース 20km
    B アルプス展望里山コース 12km
    C ファミリーお散歩コース 6km

歩いたコース:A アルプス展望天竜・里山コース 20km

第14回中川アルプス展望さわやかウォーク・2日目

第14回中川アルプス展望さわやかウォーク(GE)・2日目

コース説明:天竜川の東地域は中央アルプスが一望でき、コース途中には、懐かしい農道あり、
      山道あり、里山を満喫できます。

歩いた距離:18.4km(上り:6.4km 下り:6.5km 平坦:5.5km)
平均速度:4.74km/h 走行速度:5.09km/h
掛かった時間:3時間52分(8:04~11:56) 走行時間:3時間37分

中川アルプス展望さわやかウォーク、2日目です。
この日も快晴。
今回の大会は、頑張れば通える距離でしたが、駒ヶ根に宿泊してました。
朝、外に出てみると、メッチャ寒い(((p(>◇<)q)))

CIMG7714.jpg

車のフロントガラスが、ガチガチに凍ってました。
しみるね~~~(寒いね~~~)

CIMG7717.jpg

朝日が雪山を赤く染めています。
とても美しい。

CIMG7720.jpg

前日と同じサンアリーナで、出発式です。

さて、一斉に出発です。

CIMG7721.jpg

中央アルプスが綺麗に見えています。
↑この写真を撮る時に、うっかり道に飛び出し、車にひかれそうになったのは、私です。
周りのおじさん達に、メッチャ怒られた。。。以後、気をつけます。。。ヾ(_ _。)ハンセイ…


CIMG7725.jpg

すぐにB・Cコースの人と分かれ、上り坂です。
結構しんどい。。。(@_@;)

CIMG7729.jpg

最初のチェックポイントは、大草城址公園。
ショートカットしてやってきたB・Cコースの人も一緒です。
B・Cコースの人は、大方通り過ぎたと思うのですが、結構にぎわってました。

CIMG7728.jpg

こちらでは蕎麦が頂けました。
りんごやお漬物の振る舞いもあり、本日のおもてなしも豪華です。
温かいお蕎麦、寒かったので、とても有難かったです。
御馳走さまでした。

CIMG7732.jpg

中央アルプスを眺めながら、アップダウン。
里山を歩いて行きます。

CIMG7734.jpg

途中のりんご畑では、農家の方が、少しキズもののりんごをサンテナに入れて、
道端に出しておいてくださって、自由に頂く事が出来ました。

CIMG7742.jpg

農家の軒先には、干し柿がいっぱい吊るしてありました。
市田柿だそうだ。
うちの住んでる所も、富有柿の産地なので、柿自体は全然珍しくないのだが、
この干し柿は、見事だな~
お家の方に、ひとつ頂き、試食しましたが、とても美味しかったです(#^.^#)

CIMG7747.jpg

アルプスを眺めながら、どんどん進んで行きます。

CIMG7750.jpg

こうしてみると、意外と高い所まで上って来てたんだ。

CIMG7751.jpg

どこまでも続く、のどかな風景です。
しばらく行くと…

CIMG7755.jpg

りんごのもぎ取りコーナーです。

CIMG7758.jpg

真っ赤なりんご。
この日も、高い所にある赤そうなのを選んで、取ってもらった。

CIMG7760.jpg

長い坂を下り、左手に中央アルプスを眺めながら、田園風景の中を歩いて行きます。

CIMG7769.jpg

しばらく行くと、天竜川。
前日も通った道です。

CIMG7771.jpg

河川敷では、犬の競技大会?が行われていました。
フリスビーを見事にキャッチするワンちゃん。
凄いなぁ~~~

CIMG7772.jpg

前日も歩いた、最後の「心臓破りの坂」
12kmコースのアンカーさんが、前を歩いていました。

CIMG7774.jpg

サンアリーナにて、ゴール☆
ちょうどお昼でした。
今回、随分端折って書きました(^^ゞ

CIMG7776.jpg

会場で、豚汁頂きました。
具だくさんで美味しかったです。

無題

抽選会や養命酒駒ヶ根工場でゲットした飲み物。

DSCN4552.jpg

中川村のりんご。
実際にりんごが実っている所が見れて、すごく良かったです。

DSCN4554.jpg

大会記念バッチです。

中川アルプス展望さわやかウォーク。
お天気に恵まれ、アルプスをばっちり見ながら歩く事が出来ましたし、
りんごのもぎ取りが出来、豊かな自然を歩き、とても良かったです。
ただ距離が短めなので、いつもの大会みたいな「しっかり歩きました」感が無く、
少し物足りないかな?


中川村の方々は、気軽に声掛けてくださって、飯田やまびこマーチ同様、
とてもハートフルでした。
おもてなしも、たくさんのりんごや野沢菜やお漬物、りんごジュースetc.
想像以上の手厚いおもてなしでした。
スタッフの方も、熱心にお世話してくださり、凄く良い大会だな~と思います。
二つのアルプスが望める中川村は、メッチャ良い所です。
また機会があれば、りんごに会いにいきたいです(#^.^#)

実行委員会を始めとする皆さま、おもてなしをしてくださった皆様、
本当にありがとうございました♪♪


私自身の歩きの反省としては、上手くスピードに乗る事が出来ませんでした。
たぶん時速5キロ弱が、本来の私の歩くスピードなんでしょうね~
気を抜くと、全然速く歩けない。。。
やはりウォーキングは、場所とか、周りを歩いている人によって、随分変わるなぁ~って思います。
まだまだ新参者なので、周りに流され、自分のペースがつかめてないですね~(^_^;)
次回の長距離ウォークは、上手くスピードに乗れると良いな。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第14回中川アルプス展望さわやかウォーク・1日

11月23日(土)晴れ

『第14回中川アルプス展望さわやかウォーク・1日』
コース:アルプス展望 りんご街道コース 12km (500選:長野-7)

中川アルプス展望さわやかウォーク・1日目

中川アルプス展望さわやかウォーク(GE)・1日目

コース説明:天竜川西地区果樹栽培の盛んな所で、南・中央アルプスを東西に眺めながら歩きます。
      伊那谷の地形の特徴でもある段丘を上下する起伏に富んだコース。

歩いた距離:13.2km(上り:4.5km 下り:4.9km 平坦:3.8km)
平均速度:5.04km/h 走行速度:5.15km/h
掛かった時間:2時間37分(13:20~15:57) 走行時間:2時間33分

中川アルプス展望さわやかウォーク・1日目です。

信州伊那谷中川村は、中央アルプスと南アルプスに囲まれ、
天竜川の流れの両側に広がるのどかな自然あふれる村です。
「日本で最も美しい村」連合にも加盟しています。

本日のコースは、12kmの1コースのみで、スタートは13時。
遠くの人も、前泊せずに参加出来ます。

CIMG7624.jpg

会場は中川村サンアリーナです。

CIMG7629.jpg

大会としては、マイナーなのですが、大盛況です。
岐阜の協会の方や、いつも大会で見掛ける方も、何人かいらっしゃいました。
結構遠くの方も、いらっしゃってましたよ。
この大会は、景色が良いもありますが、コース途中で、りんごのもぎ取りが出来るのと、
手厚い接待が人気のようです。
いつもの大会とかなり雰囲気が違います。
普段の大会では見掛けないようなおばあちゃん達・女性陣が多かった。
いつも出場している大会は、おじさん比率高いですからね~

食べ物

会場では、いろんなブースが出てて、出発前に時間があったので、五平餅やアップルパイを食べた。
特産品のリンゴで作ったアップルパイは、とても美味しかった。

CIMG7631.jpg

さて出発です。
まずは、長い上り坂。。。(@_@;)
でも先週の「おわせ」に比べたら、可愛いもんだわ。

CIMG7640.jpg

左手には、南アルプス。
メッチャ素晴らしい景色。

CIMG7641.jpg

とても素晴らしい景色の中、どんどん進んで行った。

CIMG7642.jpg

りんご畑や~~~\(^o^)/
りんごが実っている所、初めて見たわ。
こんなにたわわに実っているんですね~

おもてなし

4km地点の、横前アップルランドでおもてなし。
りんごや野沢菜・おつけもの等々。
とても美味しかった~~~

CIMG7650.jpg

右手に中央アルプスを眺めながら、しばらく進んで行くと…

CIMG7652.jpg

お待ちかね「りんごのもぎ取り」です。

りんご

日光をたくさん浴びているのが、美味しいんですって!!
手が不自由なので、取ってもらった。
とても大きくて、良い香り(#^.^#)

おもてなし2

こちらでもおもてなしがあった。
煮リンゴが、すごく美味しかった。
ホントに、御馳走さまでした。

CIMG7658.jpg

りんごの収穫、真っ最中で、ボクちゃんもお手伝いしていましたよ。

アップダウンを繰り返しながら、進んで行きます。

CIMG7672.jpg

正面に南アルプスと、眼下には立派なハウス。
「何作っているんやろな?」
作物のシルエットをみると、トマトっぽいかな?

CIMG7673.jpg

やっぱりトマトで正解、「GOKOとまとむら」でした。

CIMG7677.jpg

どんどん進んで行くと…

CIMG7676.jpg

JR飯田線・伊那田島駅です。
珍しい車両が停まってました。
この車両、線路も道路も走れます。

CIMG7683.jpg

アルプスを眺めながら、どんどん進んで行きます。
いつもの大会だと、矢貼りが貼ってあるのですが、今回は誘導の人もたくさん居たし、
道路に直接白線で矢印が書いてあり、分かりやすかった。

CIMG7691.jpg

天竜川沿いを歩きます。
ゴールは、もう近いです。

CIMG7693.jpg

随分影が長くなってきました。

CIMG7697.jpg

最後の上り坂の手前で、温かいおもてなし、ホントありがとうございます(#^.^#)

CIMG7698.jpg

梨を頂き、元気百倍☆

CIMG7699.jpg

飯田やまびこマーチの時もそうだったけど、なんで最後に「心臓破りの坂」なんですかね~(T_T)

CIMG7703.jpg

坂の途中から天竜川を望む。
もうすぐ日没です。

CIMG7708.jpg

何とか坂を上りきり、サンアリーナにてゴール。

CIMG7706.jpg

コース途中には、へっつきぼぼがいっぱいやった(>_<)

中川は、それなりに寒かったけど、歩いている時は、それほど気になりませんでした。
日陰に入ると、寒かったですけどね。
今の時期、ホント服装に悩みますよね~

第1日目、お天気に恵まれ、南アルプス・中央アルプスが、バッチリ見れました。
素晴らしい風景で、歩きながら、ずっと見惚れてました。
りんごのもぎ取り体験も、まぁ実際には自分でもぎ取れてませんが…
とても良かったです。

おもてなしで、りんごをいっぱい頂きましたが、
中川のりんごは蜜がいっぱいで、とても美味しかったです。

2日目には、どんな景色に会えるでしょうか(^o^)/

2日目のレポに続きます。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

養命酒健康の森を散策

11月23日(土)晴れ
お天気に恵まれた土日。
信州に行って参りました(^o^)/

まだ暗いうちに信州に向け出発したのですが、
晴れていた筈が、途中のサービスエリアでは…

CIMG7543.jpg

曇っているんですけど…(?_?)
曇っていると思ったのは、朝もやだったのか、目的地に到着の頃には、
すっかり青空が広がっていました。

CIMG7544.jpg

中央アルプスも、綺麗に見えています。
信州は、何度も来ていますが、こんなにアルプスが綺麗に見えるのは、初めてです\(^o^)/

まずは、ずっと行きたいと思っていた「養命酒駒ヶ根工場」に向かいます。

工場見学や、敷地内にある森が散策出来ます。
いつも近くまで行っておきながら、なかなか立ち寄る機会が無かったんですよね~
やっと今回行く事が出来ました。

養命酒駒ヶ根工場は、中央アルプスを望む自然豊かな、とても環境の良い場所あります。
養命酒を製造する為の、美味しい水を求めて、この場所に移転したんだとか…

敷地内の健康の森を散策します。

CIMG7580.jpg

CIMG7583.jpg

こんな可愛い看板が立てられていて、いろんな散策コースがありましたが、
この日は作業していて、奥の方には、行く事が出来ませんでした。
ちょっと残念…

CIMG7595.jpg

CIMG7564.jpg

美しい川の流れ。

CIMG7577.jpg

CIMG7556.jpg

上を見上げれば、覆いかぶさるように見事な紅葉。

CIMG7572.jpg

とても美しいですなぁ~~~(#^.^#)

季節によって表情が変わるので、また別の季節に行ってみたいなぁ~

すっかり冷えたので、敷地内のカフェでお茶しました。

CIMG7604.jpg

おススメの駒ヶ根工場スペシャルゼリーと至福茶。
ゼリーは、ハーブ(桂皮、烏樟、丁子)エキス入りの黒豆茶・黒糖入りで、
とっても体に良さそうな味でした。
至福茶は、生姜・胡桃・陳皮・クコの実・黒豆・黒砂糖入りで、優しい味でした。
お湯の中の素材は食べられるとの事でしたが、あまり美味しくなかった(^_^;)

工場見学は、土曜日の為、ラインは動いていませんでしたが、映像などで説明してもらえ、
どんな風に養命酒が作られているのかが、良く分かった。
全国で売られている養命酒は、すべて駒ヶ根工場で生産さてれいるそうですよ~
凄いですね~
養命酒の試飲などもさせてもらえて、なかなか面白かったです。

CIMG7600.jpg

さて、次の目的地に向かいます。
行く道すがらの景色は、とても素晴らしかった☆

CIMG7618.jpg

中央アルプス。

CIMG7617.jpg

南アルプス。

両方のアルプスが望めました。
ずっと見てても飽きませんね~

今回の信州行き。
毎度の事ながら、ウォーキングイベント参加の為です。

今回は「中川アルプス展望さやわかウォーク」です。
何とかリーグ公式大会でもなく、ちょっとマイナーな大会ですが、
景色が素晴らしいとの事で、参加を決めました。
前評判通り、景色は素晴らしかったです。
初日のスタートは、変則的で昼からでしたので、午前中に周辺散策を楽しみました。

大会レポは、明日以降にアップの予定でござりまする。
今日の所は、この辺で。。。。
お天気に恵まれ、楽しい2日間でした(*^^)v

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ひさびさのんびり~

今日は毎月恒例の病院デー。
いつもは午前中仕事に行くのですが、本日は診察の都合上、1日お休み~~~\(^o^)/
次の出勤日に、仕事がたんまり残ってそうですが…

8時前に病院に到着したのだが、すでに50人以上待っていた。
皆さん、お早い事で。。。(^_^;)
いつもモーニング食べていた病院内の喫茶店は、無くなってて、TULLY'Sが出来ていた。

いつものように化学療法室で点滴を受ける。
退屈な時間。

DSCN4530.jpg

窓から見える山も、随分色づいてきています。
病院自体も混んでいたのか、診察やら検査やらで、結局すべてのメニューが終わったのは、昼過ぎでした。
毎年冬は、調子が悪くなるので、これからの季節、十分気を付けていきたい。
この治療が受けれるようになってから、随分元気になりましたけどね~
今となっては、仕事にウォーキングに大忙しで、普通の人よりもタフで元気かも。。。(^^ゞ
過信は禁物ですね。

DSCN4531.jpg

病院で見掛けた連結バス。
超ロングっしょ!!
たまに走っている所、見掛けます。
クリスマス柄でした。

病院からの帰り道、ショッピングモールに寄ったりして、久々にのんびり過ごした。
平日は仕事してるし、休日は、いつも歩いているから、ゆっくりお買いものなんぞは、
ホント久しぶり~~~
大きなクリスマスツリーとか飾ってあって、もうすぐ年末だなって…
以前に勤めていたお店にも立ち寄って、久々皆に会えて嬉しかったな~(#^.^#)

DSCN4534.jpg

銀杏並木も、ここ最近の寒さで随分色付いてきました。

DSCN4539.jpg

季節外れの桜も咲いてました。
ここの木、毎年この時期に咲いているから、そういう品種なのかな?

DSCN4542.jpg

まさしく桜ですよね。
寒さに負けず咲いている桜、なんか健気だな~

今の時期咲く桜として、豊田の小原の四季桜が、今の時期咲いているんじゃないかな?
ここ桜は、紅葉と一緒に見れる桜なんですよ~

DSC_0009_201311222211201c4.jpg

小原の四季桜。
こんな風に、山が霞がかったように見えます。

DSC_0012_20131122221141241.jpg

以前行った時の日記のリンク貼っておきます。
よろしければ、ごらんください。

小原の四季桜&香嵐渓の紅葉
桜と紅葉

四季桜、また見に行きたいなぁ~

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

おわせを歩き終わって…

11月16・17日「おわせ海・山ツーデーウォーク」が、今年最後の東海北陸マーチングリーグ公式大会でした。

今年の3月に大会デビューして、いろんな認定がある事を知って、東海北陸マーチングリーグの
パスポートを手にしたのが、5月の若狭・三方五湖2DMでした。

今年は公式大会が、11大会あったのだが、その内の7大会歩いた。
三方五湖・長良川・立山・神岡・越前・氷見・尾鷲。
結構雨に降られたりとか、行くのが大変だったりとかあったけど、
それぞれ特色があって、それぞれに楽しかったです。

来年、まぁ予定ですが…(^_^;)
愛知と静岡・石川の公式大会を歩けば、マスターウォーカー賞達成です。
そんなに上手く行くのかなぁ~

来年の大会の予定が、そろそろ出始めているんだけど、
行きたい大会の日程が、結構被っているんですよね~
悩ましいなぁ~~~(-_-;)


今年も、なんやかやと残り僅か。
参加出来る大会も、少なくなってきました。
毎週土日は、晴れてくれると良いなぁ~

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク・2日目

11月17日(日)曇り
第10回おわせツーデーウォーク・2日目

コース:Dコース 世界遺産 熊野古道 馬越峠・猪ノ鼻水平道満喫コース 25km 標高325m (500選:三重‐11)
    Eコース 天満みかんの丘眺望コース  13km
特別記念コース 三木浦を歩く!! 三木埼灯台~元盛松散策コース 9km【団体歩行・事前申込先着100名】

歩いたコース:Dコース 世界遺産 熊野古道 馬越峠・猪ノ鼻水平道満喫コース 25km

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク・2日目

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク(GE)・2日目

コース:熊野古道センター→黒の浜→八幡神社→北浦児童公園→馬越公園→馬越峠→道の駅みやま
    →小山浦野菜市場→猪ノ鼻水平道→天満みかん園開拓農道→天満会館→北浦児童公園
    →まちかどHOTセンター→林町→袖片橋→やのはま道→矢の川橋→熊野古道センター

歩いた距離:22.2km(上り:6.1km 下り:7.3km 平坦:8.8km)
累積標高:+589m / -563m
平均速度:3.40km/h 走行速度:3.92km/h
掛かった時間:6時間30分(8:24~14:54) 走行時間:5時間38分

おわせ海・山ツーデーウォーク・2日目です。

CIMG7441.jpg

とりあえずお天気は良さそうです。
前日は八鬼山で、へとへとに疲れ、歩き終わった後は、軽くご飯を食べて、お風呂に入り、
速攻寝てしまった。
せっかくの尾鷲の夜なのに…全然満喫出来なかった。。。(^_^;)
足の調子は、昨日あれだけ酷使したので、駄目そうなら、短い距離に変更も考えていたのですが、
意外と大丈夫(?_?)
予定通り25kmコースを歩く事にしました。

CIMG7442.jpg

会場では、前日もあったのですが、杖の貸出がありました。
やはり杖は必須ですね~

さて出発です。

CIMG7447.jpg

しばらくは、海沿いの街中を歩きます。
13kmは地元の小学生も参加してて、途中まで同じ道でしたので、とても賑やかでした。

CIMG7450.jpg

いよいよ馬越峠に向かって歩いていきます。
何気に険しい坂道。

CIMG7451.jpg

馬越峠。
思ったより険しい上り坂。
すぐに汗が噴き出てきます。
前日に八鬼山登って、翌日に馬越峠を歩こうとしている私。
そりゃハードだわ。。。
冷静に考えると、普通じゃないですよね~
前日の八鬼山より、登り坂キツイかも。
すぐに息が切れて、休憩しつつ、少しづつ上っていった。
「リタイヤしたいなぁ~(_ _,)/~~ 」
そんな思いが、何度も頭の中を過りました。

あまりにもふらふら歩いていたのか、知らないウォーカーさんが、「お疲れ!」って、
私にみかんをくださいました。
頂いたみかんを食べて、元気百倍と言いたい所ですが、みかんを食べて歩き始めても、
元気に歩けるのは、50m程でしたね~(^_^;)

CIMG7454.jpg

こちらの石畳の道は、パンフにも使われる場所だそうです。
とても素晴らしい景色です。

上りは、しんどくて余裕が無かったみたいで、後で見たら、驚く位写真撮ってませんでした。

CIMG7455.jpg

馬越峠の一番高い場所・標高325mに、何とか到着しました。
曇ってますが、尾鷲の街が見えています。
この日も、こちらで靴を縛る、滑り止め用の縄を頂きました。
またまた滑る石畳の下りですか。。。(^_^;)

CIMG7459.jpg

とても雰囲気のある道。

CIMG7461.jpg

木々の根っこの張り具合が、凄いな~

CIMG7462.jpg

下りの石畳は、前日晴れていたので、随分乾いていて、それほど滑りませんでしたが、
綺麗に舗装された道ではないので、足への負担が大きかった。

CIMG7465.jpg

所々で見る水の流れは、とても美しかったです。

CIMG7467.jpg

CIMG7470_201311192118018b5.jpg

延々と続く石畳。
歩くのは大変でしたが、目に飛び込んでくる風景は、ホント!素晴らしい。
遥々尾鷲まで来て良かったです。

CIMG7471.jpg

CIMG7475.jpg

馬越峠を抜けました。
しんどかったけど、頑張った\(^o^)/

CIMG7477.jpg

道の駅みやまで、しばし休憩して、再び歩き始めます。
まだ距離で言ったら半分も歩いてないけど、後は平坦な筈。
疲れた足をクールダウンしながら歩こう。

しかし…それはコースの読み違えでした。

CIMG7481.jpg

しばらく歩いて行くと、ちょっと怪しげな林道に入って行きます。

CIMG7483.jpg

またまた上りです。
じぇじぇ(@_@;)
峠越えで疲れた足に応えます。

CIMG7484.jpg

またまた上っています。

CIMG7485.jpg

しばらくは舗装された道路を歩いて行きます。
山の木々は、シダが生い茂り、青々としてて、前の週に行った下呂の山々は紅葉し始めてましたが、
全く雰囲気が違いました。
尾鷲は、暖かいんですね。

CIMG7491.jpg

海を眺めながら歩いて行きます。
快晴ならば、もっと景色は良かったのでしょうが…

CIMG7495.jpg

どんどん進んで行きます。

CIMG7497.jpg

とても景色の良い海沿いの道です。
舗装された道路は、途中で行き止まりになってました。

CIMG7501.jpg

その先には、けもの道のような道。
猪ノ鼻水平道。
明治時代に整備された道で、大八車が通行していたそうです。

CIMG7502.jpg

海を見ながら、歩いて行きます。

CIMG7504.jpg

この道、かなりの悪路で、台風の影響か、崖崩れが所々あったり、

CIMG7511.jpg

道のすぐ脇は、崖になっていて、落ちそうで怖かったりとか…

CIMG7512.jpg

手作りの橋が、十か所位あったのですが、壊れてて、通れなくなっているのとかあったり…

CIMG7509.jpg

次々変わる海の風景は美しかったのですが、大変な道でした。

CIMG7513.jpg

やっと舗装された道路に出た。
馬越峠と猪ノ鼻水平道で、グッタリ状態です。。。orz

CIMG7516.jpg

やっと対岸に熊野古道センターが見えてきた。

CIMG7518.jpg

天満みかん園で、甘夏ジュースを頂く。
美味しかった。
後7km位かな?頑張るぞ!!

CIMG7520.jpg

CIMG7523.jpg

みかん園から、尾鷲の町に向かって歩いて行きます。
この辺りは甘夏の産地みたいですね。

CIMG7526.jpg

途中こんな張り紙があったりして、嬉しいですよね~(#^.^#)

CIMG7528.jpg

尾鷲漁港。

CIMG7529.jpg

CIMG7530.jpg
 
CIMG7531.jpg

熊野街道。

CIMG7532.jpg

ゴールまで2km地点にあったおもてなし処では、善哉を頂いた。
コースよりちょっと入った場所で、後2km地点なので、立ち寄る人が少なかったのか、
善哉がたくさん余っていたので、おかわりまで頂いてしまいました。
御馳走さまでした。

CIMG7533.jpg

前日八鬼山から降りてきた辺り、見覚えのある風景です。
もうゴールは近いです。

CIMG7535.jpg

熊野古道センターにて、ゴール。
こちらの坂道は、熊野古道を模した石畳です。
16時ゴール締め切りでしたので、かなり遅めのゴールでした。

CIMG7537.jpg

会場では、鯛のお味噌汁を頂きました。

今回は峠さえ越えれば楽勝だと思ってましたが、その後もアップダウンがあり、
しかも舗装されてない道…かなり大変でした。
最後の方は、朦朧としながら歩いてましたね~
でも何とか2日とも完歩出来て良かったです。

DSCN4528.jpg

大会記念バッチです。

おわせツーデー。
いつものウォーキング大会とは、毛色の違ったコースを歩かせて頂き、
とても思い出深い大会になりました。
メッチャハードでしたね~
でも素晴らしい景色の中を歩けて、すごく良かったです。

実行委員会を始めとするスタッフの方々や、おもてなしをしてくださった皆様、
大変お世話になり、ありがとうございました♪

またいつか尾鷲歩きに行きたいです。

今回は、2日とも歩きだけで体力消耗してしまい、尾鷲まで行っておきながら、
恒例のアフターウォークはございません。週休3日なら良いのになぁ~~~
かなり足を酷使した2日間でしたが、恐れていた筋肉痛は、ほとんどなく、
月曜に若干太ももが痛かった位かな~
神岡や立山の後、数日は、ロボットみたいにしか動けんかったのに…
随分脚力が付いたのかな~(^^ゞ

なんか上手くまとめられず、長々と書いてしまいました。
読んで頂き、ありがとうございます♪

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク・1日目

11月16日(土)晴れ
第10回おわせツーデーウォーク・1日目

コース:Aコース 世界遺産 熊野古道 八鬼山 全踏破コース【登山タイプ・健脚向け】 13km
    Bコース 世界遺産 熊野古道 八鬼山林道・みかん道コース【家族向け】 10km
    Cコース 世界遺産 熊野古道 八鬼山中腹~県道778号コース【登山タイプ:標高522m】 23km

歩いたコース:Aコース 世界遺産 熊野古道 八鬼山 全踏破コース 13km

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク・1日目

第10回おわせ海・山ツーデーウォーク(GE)・1日目

コース:熊野古道センター→JR大曽根浦駅→≪電車移動≫→JR三木里駅→広小路通り→海岸通り(三木里町)
    →名柄八鬼山登り口→八鬼山江戸道→さくらの森→九木峠→七曲→向井八鬼山登り口→熊野古道センター

歩いた距離:11.7km(上り:5.3km 下り:5.0km 平坦:1.4km)
累積標高:+711m / -673m
平均速度:2.43km/h 走行速度:2.99km/h
掛かった時間:4時間49分(9:23~14:12) 走行時間:3時間55分

おわせ海・山ツーデーウォークに参加してきました。
まずは、第1日目。

尾鷲は、隣の県ですが、かなり遠いので、金曜日の深夜に出発しました。

CIMG7315.jpg

心配していたお天気は晴れ\(^o^)/

1日目の歩くコース、距離は短いが、西国一の難所と言われていた八鬼山(標高627m)を越えるAコースか、
距離は長いが、八鬼山の中腹を県道778号でぐるっと歩くCコースか迷っていましたが…
お天気が良いですし、尾鷲自体、そんなに来れる場所ではないので、アップダウンが苦手ですが、
Aコースに挑戦する事にしました。

受付で、「CからAコースに変更します。」と言いましたら、
「Aコースは、かなり大変ですよ」と言われた。
大丈夫だろうか。。。(^_^;)

CIMG7314.jpg

和太鼓の演奏があり、出発式が始まった。
出発式でも、「Aコースはかなり大変ですから、皆さん気を付けて、無事に帰ってきてください。」的な事を
何度も言われた。
(そんなに大変なのか…大丈夫かな…)

とりあえず今回は、歩く速度にはこだわらず、完歩する事を第一に考える事にしました。

いざ!出発です。

CIMG7317.jpg

たくさんのカメラマンに撮影されてました。

CIMG7321.jpg

今回まずは、最寄りの大曽根浦駅まで行き、電車移動です。
乗る電車の時間も、2時間に1本ほどのローカル線で、決まっていますので、
皆で揃って団体歩行です。

CIMG7336.jpg

やってきた2両のワンマン電車に乗り込みます。

CIMG7337.jpg

2駅先の三木里駅に到着。

CIMG7347.jpg

三木里海岸までは、道が入り組んでいるのもあって団体歩行でした。

CIMG7349.jpg

いよいよ八鬼山に向けて歩き始めます。
どんな過酷なコースなのでしょうか??

CIMG7351.jpg

石畳の熊野古道っぽい感じになってきました。
なかなか雰囲気ありますね。
しかし、いつもの舗装してある道と違って、歩き辛い。

CIMG7360.jpg

ひたすら登って行きます。
途中「世界遺産反対」などと、ペイントした木々があったりして、ちょっとビックリ。
いろんな事情があるとは、思いますが、これはちょっと…ね。。。(^_^;)

CIMG7363.jpg

上っても、上がっても、ずっと続く上がり坂。
汗はダラダラ、息が切れてくるし、しかも風邪が完全に治ってなくて、鼻水出てくるし…
何度も何度も立ち止まって休憩しながら、上っていった。
「私、登りきれるんやろか??」
何度もくじけそうになりました。
今までのウォーキング大会とは、全然違う。
そもそも、これってウォーキング大会ちゃうやん。

少しつづだが、着実に上がってきて、空気がひんやりしてきて、見上げていた山々が、隣に見えるようになって、
「もう少しで頂上だ。頑張ろう。」
自分で自分を励ましながら、歩き続けた。

CIMG7366.jpg

上がり坂が終わって、尾根伝いに歩く。
もうすぐ頂上です。

さくらの森に到着。
ここが一番最高点。
やっとの思いで到着しました\(^o^)/

CIMG7372.jpg

こちらからの眺めは、最高でした。
Aコースしか、この景色見れないですからね~
頑張って登ってきた甲斐がありました。

頑張って歩いてきたから、汗びっしょりだったのですが、頂上にしばらく居ると、
汗が冷えて寒くなってきました。
尾鷲に向かって、山を下って行きます。

CIMG7379.jpg

下りは楽勝かな?

CIMG7397.jpg

いやいや、下りの道も、かなり険しい。

CIMG7393.jpg

所々お地蔵さんを見掛けました。

CIMG7383.jpg

良く見ると、あっかんべーしています。

CIMG7385.jpg

台風の影響かな?
こんな風に木が倒れてました。

CIMG7388.jpg

CIMG7394.jpg

CIMG7401.jpg

とても味わいのある道です。
しかし前日降った雨で石が濡れていて、とても滑りやすかった。
転ばないよう細心の注意が必要でした。

CIMG7405.jpg

九木峠からの眺め。
随分降りてきました。

CIMG7425.jpg

チェックポイントで縄を頂き、靴に巻き付けます。
こうすると滑り止めになるそうだ。
確かに効果はあるのだが、それでも滑った。

CIMG7408.jpg

ひたすら石畳を下って行きます。
滑らないように歩いているので、足への負担は、かなり大きかった。
「いつまで続くのだろう。。。(^_^;)」
ホント辛かった。

CIMG7410.jpg

途中のチェックポイントでは、ミカンが頂けました。

CIMG7414.jpg

まだまだ下りが続きます。

CIMG7416.jpg

尾鷲の街が随分近づいてきました。

CIMG7419.jpg

八鬼山の反対側の登り口に近づいてきました。
歩いてきた道を、振り返って撮りました。
かなり歩き辛い道でした。

CIMG7422.jpg

八鬼山では、所々水が流れていましたが、とても澄んでいて綺麗な水でした。

CIMG7427.jpg

やっと八鬼山を抜け、後は熊野古道センターに向かうのみです。

CIMG7430.jpg

熊野古道センターにてゴール☆

CIMG7432.jpg

会場では、温かいうどんが頂けました。

Aコースは、かなり大変でしたが、思い切って挑戦してみて良かったです。
しんどかったけど、最高に素晴らしい景色に出会えました。

2日目は峠越えの25km予定。
こんなにへとへとなんですが…歩けるでしょうか?

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

熊野古道歩いてきました(^o^)/

11月16・17日
『おわせツーデーウォーク』に参加してきました。

CIMG7470.jpg

1日目は、世界遺産熊野古道『八鬼山 全踏破コース』
2日目は、世界遺産熊野古道『馬越峠・猪ノ鼻水平道満喫コース』
二日間とも、世界遺産熊野古道を満喫するコースでした。

それはそれは、素晴らしいコースでしたが…
どちらもメッチャ過酷なコースでしたヾ(;´▽`A``
舗装された道路を、ほとんど歩いてない。。。
今まで出た大会の中で、一番過酷でした。
雨じゃなくて、ホント良かったです。

今日の所は、帰りも遅くなりましたし、疲れておりますので、
歩きのレポは、明日以降にアップする予定でございます。
とりあえず帰還報告でした<(_ _)>

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

Winter Lights

ここ数日は、秋をすっ飛ばして冬がやってきたかの様な寒さです。
気温が10℃下回ると、やっぱ寒いなぁ~って感じます。
ここ最近の異常気象・災害etc.
地球は大丈夫なんかと不安になります。

今年も後残り僅か。。。
名駅周辺でも、イルミネーションを見掛けるようになりました。

CIMG7298.jpg

CIMG7302.jpg

CIMG7291.jpg

冬の寒さは苦手だけど、冬のイルミは、あったかい気持ちになります(#^.^#)
今年の冬は寒いみたいだけど、元気に過ごしていきたいな。

予報によると、今度の土日は、寒さも緩んで、久々に雨の降らない土日の模様。
私、晴れ女だって思っていたけど、ここ最近雨に降られてばかりでしたからね~
久々に2日間とも晴れるかな?

ウォーキングを始めてから、遠くの街の土日の天気を気にしたりして…
1年前の私とは、全然違うなぁ~(^^ゞ
今年参加出来る大会も、残り少ないけど、お天気に恵まれると良いなぁ~

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

IVV2歩目

今年の4月の「飯田やまびこマーチ」で、初めて『国際市民スポーツ連盟パスポート』を手にした。
いわゆる「IVVパスポート」ですね~
参加記録証と距離記録証の二冊あります。
世界各国における国際市民スポーツ連盟(IVV)公認大会及び日本ウォーキング協会主催による公認大会、
加盟団体の主催による大会・例会に参加するとそれぞれの番号スタンプをもらえる全国共通パスポートです。

距離記録証の方が、このたび満タンになりましたъ( ゚ー^)イェー♪

DSCN4524.jpg

距離認定は、500km、1000km、1500kmと500kmごとに表彰されます。
500kmは、9月のおごと温泉びわ湖パノラマウォークで達成していたのですが、
パスポートのスタンプ欄の空きがあったので、そのまま申請ぜずにいました。

やまびこマーチから、下呂のツーデー・1日目までで、認定してもらった距離は789kmになりました。
最初は短い距離しか歩けなかったけど、いっぱい歩きました\(^o^)/

そもそも、こういった大会に初参加したのは、今年3月の薄墨桜が初めてで、
薄墨桜の大会も、地元だから、たまたま情報が入っただけで…
2日間も、長距離歩くなんて、とっても考えられなかったし、
全国各地で、このような大会が行われているとも全然知らなかったし、
何とかリーグとか、いろんな認定があるのとかも、意味が分からなかった。

10kmそこそこしか歩いた事ないのに、初めての大会で、ふらふらになりながらも、
『28km歩けた!』って言うのが、大きな喜びと自信になった。

薄墨桜終わってからしばらくは、付けてたゼッケン見てはニヤニヤしてましたもん。
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪←アホ??

またあの達成感が味わいたくて、参加したのが「やまびこマーチ」でした。
やはりしんどかったけど、それ以上に楽しかった。
なんか上手く言葉に表せないけど、なんやろなぁ~~~
「メッチャハマってしまった」って感じかな?

DSCN4526.jpg

大会のゼッケンや記念バッチなど、こんな風に飾ってますが、1年経ってないのに、もういっぱいですね~

最初は、体力も無いし、足も遅いから、ミドルコースしか歩けなくて…
ミドルコース歩いていると、ロングコースの人が、楽々抜いて行く。
「すっごいなぁ~やっぱ長距離歩く人はノリが違うわ~(・.・;)」
そんな風に感じてましたが、私自身もロングコースに、チョイチョイお仲間入りしている。
私もガンガン歩いている人に見えるのかしら???

「デビューして間もないのに、もう40km歩いた。今度は薄墨60kmだね。」
と岐阜の協会の方に言われた。
嬉しいけど、まだまだ自分には、平均時速5キロ以上で12時間歩く自信はございません。
長く歩いていれば、いつか歩ける日が来るかも知れないけど…
私の体力では、今の状態が限界かな~とも思う。
分かんないけど…

なんかくだらん事を長々と書いたけど、歩く事は競う事じゃないから、
これからも自分のペースで、楽しみながら歩いて行けたら良いと思います。

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

下呂アフターウォーキング

11月9日。
下呂里山ツーデーウォークの1日目歩き終わったのは、12時ちょっと前でした。

CIMG7256.jpg

会場の旧湯屋小学校です。
なかなか味わいのある校舎です。
まだゴールした人が、ほとんど居ないので、閑散とした会場です。
建物の中に入ってみました。

CIMG7253.jpg

CIMG7254.jpg

とっても懐かしい感じでした。
私の通っていた小学校も古くて、今となっては珍しい瓦屋根の校舎でした。
まさにこんな感じでした。
そうそう!私の通っていた保育園・小学校・中学校・短大、高校以外は全て、
私が卒業して、すぐに新しく建て替えされたんですよ。。。(^_^;)
まぁ大したことじゃないですが…

さて、お腹も空いたし、撤収する事とします。
ツーデーの参加景品で頂いた入浴無料券があったので、コース途中にあった「ひめしゃがの湯」に行きました。

CIMG7259.jpg

噂には聞いていたので、行ってみたかったんですよね~

CIMG7258.jpg

駐車場には森林鉄道の車両が展示されていました。
赤沢で走っているのを見た事あります。

受付を済ませ、まずは入浴。
ここは日本有数の炭酸源泉です。
お湯の色は赤茶色でした。
なんかとっても効きそう(^o^)/

露天風呂で、ゆったり疲れを癒します。
空いていたので、露天風呂は独り占め状態でした。
山に面した部分は、壁とか無かったので、山からは丸見えなのかな??
まぁそんな事は気にせずに、紅葉を見ながらのんびり過ごました。
とっても気持ち良かったです。

こちらで食事もしました。

CIMG7262.jpg

鉱泉しゃぶしゃぶ定食。
下呂特産「なっとく豚」と天然炭酸泉のコラボレーションしゃぶしゃぶ。
普通のしゃぶしゃぶとの違いは、あまり分からなかったけど、なかなか美味しかったです。

CIMG7260.jpg

ひめしゃがの湯の周りの紅葉も、なかなか綺麗でした。

早朝出発であまり寝て無いので、少し早いですが、本日の宿に向かうとします。

CIMG7272.jpg

明治2年に建てられた飛騨の民家を移築改造した民宿です。

CIMG7289.jpg

囲炉裏もあって、なかなか良い感じでした。

CIMG7270.jpg

飛騨川に面したテラスでは、日除けでキーウィが育てられてました。
今年の収穫は2千個程だったそうです。

CIMG7275.jpg

民宿の裏を流れる飛騨川です。

CIMG7279.jpg

飛騨川に降りる事も出来ましたが、「へっつきぼぼ」がいっぱいで危険でした。
私の所では「へっつきぼぼ」と言うのですが、正式名称はなんでしょう??
こうやって写真に撮ってみると、憎らしい奴だけど、美しいですね~

CIMG7284.jpg

庭にはサザンカ(椿かも?)が咲いていました。

1日目のアフターウォークは、のんびり過ごしました。

2日目はレポの通り、酷い雨。
余裕があれば、下呂の温泉街を散策したかったのですが、びっしょり濡れて、かなりの疲労感。
着替えを済ませ、早々に下呂を退散しましたorz

今回は、下呂に行きましたが、アフターウォークはあまり楽しめませんでした。

帰りは国道41号線、飛騨川沿いを通って帰りました。

DSCN4516.jpg

なかなかの美しい風景でした。

※まとまりの無い文章ですみません(・.・;)

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

第14回下呂里山ツーデーウォーク・2日目

11月10日(日)雨
第14回~清流といで湯の里~
 下呂里山ツーデーウォーク・2日目

距離:20km(雨天の為中止) 11.6km(自由歩行)

歩いたコース:ふるさとコース 11.6km

第14回下呂里山ツーデーウォーク・2日目

第14回下呂里山ツーデーウォーク(GE)・2日目

コース:市役所下呂庁舎→松原通り→白鷺橋→飛騨川河川敷→湯の街通り→阿多野谷通り→合掌村
    →下呂森城址(折り返し)→縄文公園→小川橋→市役所下呂庁舎

歩いた距離:11.7km(上り:5.0km 下り:4.3km 平坦:2.4km)
平均速度:5.10km/h 走行速度:5.29km/h
掛かった時間:2時間17分(9:08~11:25) 走行時間:2時間12分

下呂里山ツーデーウォーク・2日目です。
この日は、予報通り雨。@ノ”@ノ”@ノ”
想像していたよりも、酷い雨。
20kmコースを歩く予定でしたが、マップを見る限り、高低差がかなりあって、アップダウンが激しそう。
次回の大会の山歩きに向けて、少し歩いておきたかったので、雨装備をして会場に向かった。

今回の雨装備は、フル装備でした。
ゴアテのトレッキングシューズに、レインウェアの上下、山歩きで、傘を差したくなかったので、
ポンチョを羽織りました。

この日の会場は、下呂市役所。
やはり地元の人がほとんどで、一般の参加者は少なかった。
前日居た岐阜の協会の方達も、ほとんど居なかった。。。
そりゃ、こんな雨降りに山歩きなんてね。
普通なら嫌ですもん。通いだったら、私もパスしてたかも。。。

DSCN4433.jpg

ボケボケしていたら、いつの間にか始まっていた出発式。
下呂のマスコットは、やはりカエルですよね。
げろげろ~~~
この日の20kmコースは、中止だと発表された。
「なんですと!!(@_@;)」
まぁ雨の山道は危険ですから、仕方ないですよね~

DSCN4435.jpg

さぁ出発です。
最初に御断りしておきますが…
今回は酷い雨と言う事で、防水カメラで撮影していましたが、雨で暗かったのと、
レンズの水滴が拭いきれず、残念な写真しかございません。
とりあえず雰囲気が伝われば良いかな~

DSCN4436.jpg

白鷺橋のチャップリン像。
カップルがチャップリン像をはさんで写真を撮ると結ばれると言う噂もあるんですって!!

DSCN4441.jpg

飛騨川の河川敷を歩きます。
「雨なのに、いっぱい釣り人おるな~」と思ったら、釣り大会開催中でした。
かたや雨の中、歩いている。
世の中何とかバカが多いですね~(^_^;)

DSCN4447.jpg

湯の街通りを歩いて行きます。
この辺りは観光客が散策するスポットなのですが、このような雨だし、まだ朝早い為、閑散としています。

DSCN4451.jpg

阿多野谷の上流に広がる雨情公園。
昭和のはじめ頃、歌謡詩人、野口雨情が下呂の地に来遊した際に作った下呂小唄にちなんで名付けられた公園。

この辺りから、上り坂になって行きます。
風邪が完全に治って無かったし、寒かったので、鼻水が出てきて、呼吸が上手く出来ません(-_-;)
容赦なく降って来る雨と、雨装備の負担が、ずっしり。
どんどん体力が奪われていきました。

DSCN4460.jpg

合掌村。
白川郷などから移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里です。
立ち寄る事も出来たのですが、先を急ぐので、外から眺めただけでした。

DSCN4478.jpg

下呂森城址に向かって、さらに上がって行きます。
紅葉は綺麗だったのだけど、すっかり体力消耗してしまって…(_ _,)/~~
景色を楽しむ余裕もあまりなく、汗だくだくで歩いているんですが、全然スピードが出ません。

DSCN4481.jpg

下呂森城址への道は、結構な悪路で、大きな水たまりとかありました。
ゴアテのトレッキングシューズを履いていたので大丈夫でしたが、靴の中濡れてしまった人、
たくさん居るんじゃないかな?

DSCN4488.jpg

やっとの思いで下呂森城址に到着。
綺麗な紅葉と下呂の街が見えます。
お天気が良かったら、もっと綺麗に見えたでしょうに、残念でした。

ここで折り返し地点。
道を下って行くと、何となく周りが霧っていて、雲の中を歩いているみたいでした。

上がってきた分、下って行きます。
歩きのペースは上がってきたのだが、汗が冷えて寒い。

DSCN4498.jpg

縄文公園の橋のたもとにある下呂石の碑です。
下呂石は、下呂温泉街の南に位置する湯ケ峰で採れるガラス質湯ケ峰流紋岩のこと。
下呂石を割ると、割れ口が刃物のように硬くて鋭いことから、 旧石器時代から矢じりや石槍など
石器の優れた材料として使用されたそうだ。

DSCN4501.jpg

随分下ってきました。

41号線をくぐらなきゃいけない所を、矢貼りを見逃し、横断してしまった(^^ゞ
たまたま前を歩いていたおじさんが「こっちこっち」って、教えてくれたから、すぐにコースに戻れました。

DSCN4504.jpg

しばらく歩いていると見なれた風景。
歩き終われば、あっという間に思えるゴールに到着でした。

DSCN4505.jpg

会場では、暖かいキノコ汁が頂けました。
御馳走さまでした。

雨の中のアップダウンの激しい道は、とても大変でした。
20kmだったら、もっと大変だったろう。。。
平坦地は、そこそこ歩けるようになったけど、アップダウンは、全然ダメ(;-_-) =3
雨装備だと、さらにダメダメ(;-_-) =3 (;-_-) =3
良い歩きが出来なかったので、次回の大会、ますます不安になりました。

レインウェアを脱いでみたら、頭の先からズボンまで、ビッチャビッチャ。
それなりに寒かったから、そんなに汗かかないと思ったのだけど…失敗でした。
雨装備、どうしたら良いのだろう???
やはりゴアテのレインウェアに傘が良いのかなぁ~
傘は、手が少し不自由だし、風の強い時には、凄く負担になりますしね。。。
しばらくは試行錯誤でやって行くしかないですね~

景色が良いと言われている下呂の20kmコース歩けなかったし、
いろいろ課題の残る2日間でした。

DSCN4523.jpg

大会記念バッチです。
今回の大会は、なかなか良い所を歩かせて頂きました。
小坂の滝の美しさ、ホント感動モノでした。
下呂の20kmコースも、チャンスがあれば歩いてみたいです。
実行委員会を始めとするスタッフの皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第14回下呂里山ツーデーウォーク・1日目

11月9日(土)晴れ
第14回~清流といで湯の里~
 下呂里山ツーデーウォーク・1日目

距離:11.6km(自由歩行)

歩いたコース:小坂巌立コース 11.6km

第14回下呂里山ツーデーウォーク・1日目

第14回下呂里山ツーデーウォーク(GE)・1日目

コース:湯屋グラウンド(旧湯屋小学校)→ひめしゃがの湯→がんだて公園→三つ滝→行者橋
    →あかがねとよ(折り返し)→がんだて公園→小坂サイクリングロード→小坂ふれあいの森
    →湯屋グラウンド(旧湯屋小学校)

歩いた距離:12.0km(上り:5.0km 下り:4.9km 平坦:2.1km)
平均速度:4.57km/h 走行速度:5.02km/h
掛かった時間:2時間37分(9:18~11:55) 走行時間:2時間23分

第14回下呂里山ツーデーウォークに参加して来ました(^o^)/

1日目は下呂市小坂町が会場です。
下呂温泉街からは、車で30分ほど奥地になります。

今回は、岐阜の大会なので、早朝出発です。
…と言っても、出発する頃は、まだ真っ暗でしたが…
途中、氷点下の所もあって、やはり飛騨地方は寒いです。

日の出

夜が明けてきました。
朝日が山々をピンク色に染めています。
とっても美しい風景。

CIMG7141.jpg

1日目の会場の湯屋グランドです。
こちらは、2012年3月に廃校になった湯屋小学校の跡地だそうです。

会場には、岐阜ウォーキング協会の顔見知りな方々が、何人かいらっしゃってて、嬉しかったなぁ。
聞いた所によると、この大会の1日目は、その年によって変わるみたいで、小坂が会場になるのは、
5・6年振りみたいです。
小坂の滝、楽しみです(#^.^#)

確かこの大会は、去年まで温泉リーグに加盟してた大会なので、そこそこ大きな大会かと思いきや…
会場は、ほとんどジモティーばかり、一般の参加者はあまり居ないみたい。
地域の行事に紛れ込んじゃった感がありました。

CIMG7142.jpg

いよいよ出発です。
子供たちの波にのまれると速く進めなくなりそうだったので、先頭集団に付いて行きました。

CIMG7146.jpg

小坂川沿いを歩いて行きます。
紅葉がとても綺麗です。

CIMG7154.jpg

日本有数の炭酸源泉・ひめしゃがの湯の前には、飲泉場がありました。
飲みませんでしたが…きっと美味しくはないでしょう。
城崎温泉で飲んだ時、すごく不味かったですもん。

CIMG7155.jpg

いよいよ巌立峡に向かいます。

CIMG7157.jpg

真っ赤な紅葉が美しかった。

CIMG7158.jpg

一の鳥居を抜け、いよいよ山登りです。

CIMG7161.jpg

鳥居の先は、こんな道でした。
え~ここ行くの??って感じでした。

CIMG7164.jpg

山道の木々の隙間から見える紅葉。
凄く美しかった。

CIMG7172.jpg

がんだて公園に到着。
右側に見えている巌立は、約5万4千年前の御嶽山の大噴火によって出来た
高さ72m、幅120mの柱状節理の大岩壁で、県の天然記念物だそうだ。
なかなかの絶景です。

CIMG7185.jpg

先に進んで行きます。

CIMG7186.jpg

透明度の高い、美しい川の流れです。

CIMG7187.jpg

滝が見えてきた。
鉄の遊歩道が濡れていたので、滑りそうで怖かった。

標高3067mの御嶽山の麓に位置する小坂町は、落差5m以上の滝が200カ所以上あるそうだ。
小坂の滝めぐりは岐阜の宝物認定第1号だそうですよ。

CIMG7189.jpg

三ツ滝。
左側にある、鉄の遊歩道を、どんどん上がって行きます。
かなりしんどい(@_@;)

CIMG7193.jpg

なかなかの迫力です。

CIMG7194.jpg

吸い込まれそうな水の色です。

CIMG7203.jpg

さらに上がって行きます。

CIMG7209.jpg

折り返し地点のあかがねとよ。
滝つぼの色はエメラルドグリーンで、なんとも神秘的です。
すぐ側にからたに滝もあったみたいだが…折り返し地点のチェックポイントになっていて、混雑してきて、
早々に退散しちゃったので、見てきませんでした(^_^;)

小坂の滝めぐり、今回は初歩の初歩のコースでしたが、機会があれば奥の方も歩いてみたいなぁと思いました。

さて、来た道を戻ります。
まだまだ上って来る人と、すれ違いながら歩いて行きます。

再びがんだて公園。

CIMG7226.jpg

こちらでは豚汁が頂けました。
歩いていたけど、それなりに寒かったので、とても有難かった。
あったまるぅ~~~(#^.^#)

CIMG7231.jpg

どんどん進んで行きます。
木々が色付いて、パッチワークな山々です。

CIMG7232.jpg

サイクリングロード。
前にも後ろにも誰も見えず、誰も足を踏み入れて無いような道だったので、少し不安になりました。
熊出てきたら、どうしよう。。。(^_^;)

CIMG7247.jpg

1.5km程のサイクリングロードを抜けると、竹林があった。

CIMG7246.jpg

上を眺めれば、緑とオレンジのコントラストが美しい。

CIMG7248.jpg

飛騨小坂ふれあいの森を通り過ぎると、あとはゴールへの一本道です。
相変わらず誰も居ない。

CIMG7251.jpg

今の時期、ほおずきは珍しいのでは…

CIMG7252.jpg

なんやかやと、あっという間にゴールです。
距離短いですからね~
会場は、まだゴールした人は、ほとんど居なくて、とても閑散としていました。

今回は、とても紅葉の美しい時期に小坂を歩けて、すごく良かったです。
小坂の滝めぐりは、今まで知りませんでしたし、今回は歩いたのは初級編でしたが、
とても素晴らしく、感動しました。
また訪ねてみたいと思いました。

随分端折って書いてしまいましたが、1日目のレポは終了です。
2日目の天気は、荒れ模様の予報。。。
さてさて、どうなりますか。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

てくてく考

とりあえず歩きレポも無いので、40km歩いていた時に、考えていた事などを、
思いつくままに書いてみようと思う。

40km歩いていて、思った事。
「ウォーキングって、自分自身との戦いだな~」
そう思った。

30km過ぎた辺りから、未知の距離だし、だんだんしんどくなってきて、
「もうここまで歩いたのだから、失速しても良いよね~」
「失速したい。。。」
そんな事ばかり考えてました。

そう思う反面、
「もう少し頑張ろう!!」
と、もくもくと歩き続ける私。

虚弱体質だし、150cm足らずの小さな私にとっては、時速5km以上で、歩き続けると言うことは、結構大変な事。
でも誰に強制されるでもなく、自ら大会に参加して、長時間、自分の限界に挑戦するかのように、歩いている。

最初は、歩くだけなら、私でも出来るし、いろんなものが見れて楽しいし、他のスポーツと違って、競争じゃないし…そんな感じで、歩き始めたと思うのだけど。

いつの間に、このような戦いのような歩きに変わったのかな?

長時間ひたすら歩くのって、かなり忍耐力が要ります。
「なんでそんなにしてまで歩くのか???」
たまに思うけど、ランナーが道があるから走るとか、登山家が山があるから登ると言うのと、
なんら変わりはないと思う。

ゴールした先には、
「やった!私にも出来た!」
という自己満足な達成感。

その為に、心の中の甘いささやきと戦いながら、歩いている。
一番の味方も敵も、自分自身なんですよね~

ウォーキングを始めて、かなり我慢強くなったと思います。

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

くらくら(@_@;)

どうやら土日の寒さで、風邪をひいたみたいだ。
ウォーキングして、汗かいて、すぐに着替えなかったから、冷えたのかなと思う。
この間の大会は、単発だし暑くないから、着替え持って行かなかったんですよね~
失敗でした。。。(^_^;)

熱は無いのだが、喉が痛く、クラクラする。。。(@_@;)
喉弱いから、無理すると、すぐに痛くなっちゃうんですよね~

仕事してても、ぼんやりしてて…
定時で速攻退社して、家の近くのクリニックに行った。
何とか診療時間内に、滑り込む事が出来た。

暖かくして、しっかり休んで、早く治したいと思います。

この間の40kmウォークの時に、手がむくんだ。
ネットで調べてみたら、発汗による脱水症状が原因の一つらしい。
確かに夏ほど暑くないから、あまり水分摂って無かった。
こまめな水分補給は、夏以外でも必要なんですね~

季節が変わると、体調も変化しやすい。
若くないんだし、十分気を付けて、元気に過ごしていきたいものです。

テーマ : たわいもない話
ジャンル : 日記

美濃アフターウォーキング

11月2日(土)曇り
JRさわやかウォーキング『清流長良川が紡ぐうだつの上がる町並みと刃物の町を訪ねて』のゴールは、
長良川鉄道・関駅でした。

この日は車で美濃まで来ていたので、長良川鉄道に乗って、美濃市駅まで戻ります。

長良川鉄道

長良川鉄道って乗るの初めてです。
ワンマンのレールバスで、のんびり進んで行きます。
なかなかのどかで良い感じです。

DSCN4271.jpg

再び美濃市到着☆

DSCN4270.jpg

駅の脇にあった丸いポスト。
美濃の町では、このタイプのポスト、普通に見掛けました。

昼食を食べに、再び古い町並みへ向かいました。

DSCN4286.jpg

うだつの上がる町並み。
「ゆっくりしてってくんせー。えか!」

DSCN4290.jpg

「ようきてくんさったなも。」

DSCN4275.jpg

うだつと屋根神様。

DSCN4273.jpg

マンホールの柄も、うだつですね~

DSCN4274.jpg

可愛らしい雑貨屋さんが並んでいます。

2時位だったので、なかなか食べるお店がなく、やっと見つけたお蕎麦屋さんで食事しました。

美濃食事

本格的な蕎麦屋さんで、なかなか美味しかったです。

DSCN4282.jpg

蕎麦屋さんは、昔ながらの建物で、馬をつなぐ石もそのままありました。

花

深まりつつある秋だけど、美濃散策中には、いろんなお花が咲いてました。

お腹も満足しましたので、そろそろ帰るとします。
その前に、少し時期が早いですが、紅葉の名所「大矢田もみじ谷」に行ってみる事にしました。

大矢田神社を中心にした楓谷には約3,000本のヤマモミジ樹林があり、美しい自然林は国の天然記念物にもなっているそうだ。

DSCN4294.jpg

大矢田神社。
鳥居のむこうに三門って、珍しくないですか~??

DSCN4293.jpg

歴史のありそうな三門。

DSCN4300.jpg

やはり紅葉には、まだ早いですね~
空気がひんやりしてて、凛とした空気が流れています。

DSCN4303.jpg

夫婦杉。

DSCN4307.jpg

本殿は、この階段を上った先です。
次の日、40km歩く予定があったので、上るの止めようかとも思ったのですが、
やっぱり行ってみました。
見た目程しんどくは無かったです。

DSCN4314.jpg

本殿も、こりゃまた立派です。

紅葉の時期には、少し早かったですが、なかなか良い時間を過ごせました。
美濃は、なかなか行く機会がないですが、是非紅葉の時期にも行ってみたいです。
しかし次の日に40km歩くと言うのに、寒さの中、少し歩き過ぎました。。。(^_^;)

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

第5回浅井三姉妹街道ウォーク

11月3日(日)曇り時々雨
第5回浅井三姉妹街道ウォーク
距離:40・14km(自由歩行)

歩いたコース:40km(健脚コース)

第5回浅井三姉妹街道ウォーク

11月3日第5回浅井三姉妹街道ウォーク(GE)

コース:関ケ原和ざみ野広場→妙応寺→勝居神社→グリーンパーク山東→七尾公民館→あざい三方市場
    →実宰院→戦国ガイドステーション→雨森→戦国大河きのもと館→木之本地蔵院

歩いた距離:39.9km 平均速度:5.21km/h 走行速度:5.54km/h
掛かった時間:7時間39分(8:07~15:46) 走行時間:7時間12分
累積標高:+255m / -240m

第5回浅井三姉妹街道ウォークに参加しました。
初の40km挑戦です。

いつかは40km歩きたいとは、思ってましたが、今回の大会は1日だし、約5km間隔でエイドステーションと
おもてなしステーションが設けられているので、40km初挑戦するには、良いかなと思いました。
過去の参加した人のブログを見てみると、制限時間内にゴールするには、休憩を含めると、時速5km以上で
歩かなきゃならないみたい。
40kmと言う長丁場。
この日の天気予報は、雨。
ペースが維持できるか、自信がありませんでした。

集合場所の関ケ原和ざみ野広場に到着。
何とか晴れています。
受付をします。

DSCN4322.jpg

今回のゼッケン。
主催者側は、この番号でどこの誰か把握できるし、チェックポイント通過の時に、この番号もチェックされるので、
誰が、通過してないか分かります。
このシステム、なかなか良いですね~
でも、いつものゼッケンは、都道府県を記入するので、話のネタになるんだけど、これだと分かんないですね~

DSCN4426.jpg

地図のほかに、このチェックを受ける通行手形。

DSCN4427.jpg

距離や目安時間が書いてあったので、とても便利でした。
紐が付いてて、首からぶら下げるようになってましたが、ひもがくるくるして、首が締まりそうでした(^_^;)

出発会場には、浅井縁のゆるキャラ達も来てました。

DSCN4323.jpg

江、疲れてる???

DSCN4343.jpg

とっても自由な感じのゆるキャラ達。。。

DSCN4347.jpg

出発式の後、ゆるキャラさん達に見送られて、出発です。

DSCN4345.jpg

40km参加は、100名程だったらしい。
会場で、顔見知りの岐阜ウォーキング協会のおじさんと、少しお話したのですが…
40kmコースは、ペースがとても速いらしい。。。
私が40km歩くと言うので、すごく驚かれてました。
確かにね~(^_^;)

今回のウォークは、信長の跡目を争い、浅井三姉妹の運命を左右した秀吉と勝家の戦い「賤ヶ岳の合戦.」
戦を分けた秀吉軍の「美濃返し」を辿るウォーキングです。
まぁ実際に秀吉が通った道とは多少違うと思いますが、確か5時間位で戻ってきたんですよね。

DSCN4348.jpg

まずは柏原方面に向かいます。
このコース、岐阜県ウォーキング協会の7月例会で歩きました。
醒ヶ井宿から関ケ原宿へ
中山道を歩きました。

DSCN4352.jpg

関ケ原の峠を越えます。
まだまだ序盤。

DSCN4354.jpg

中山道を歩いて行きます。

DSCN4361.jpg

中山道に別れを告げ、山東町方面へ。
天気はイマイチですが、なんとか伊吹山見えてます。

DSCN4370.jpg

グリーンパーク山東に到着しました。
落ち葉を踏みしめ、歩いて行きます。
この辺りの紅葉は、少し早目です。

DSCN4375.jpg

三島池。
この辺り、JRさわやかウォーキングで歩いたコース。
近江長岡ウォーク①
ブログ読み返してみたら、2月で雪の中歩いてるやん!!
ビックリです。

かなり端折りながら、書いて行きます。
三島池を後にして、進んで行くと…

DSCN4381.jpg

コスモス畑に遭遇。
のどかな風景、和みます(#^.^#)

DSCN4383.jpg

道端のお地蔵さん。
この辺り、このようなお地蔵さんを、良く見掛けます。

DSCN4389.jpg

北国脇往還。
北国脇往還は戦国時代に重要な役割を果たす。戦国時代の前半、この地域を支配したのは京極氏で、
その本拠は上平寺城であり、脇往還は領国統治の基幹道であった。
戦国時代の後半、この地域を支配した戦国大名浅井氏の本拠である小谷城も、往還沿いの伊部・郡上を
城下町としている。
浅井長政の正室・お市が、織田信長の居城である岐阜から嫁いだのもこの脇往還である。
織田信長や徳川家康はこの街道を辿って近江に攻め込んだ。
小谷落城後、城から脱出したお市と浅井三姉妹が美濃方面に向かった経路もこの街道と考えられる。
さらに、賎ヶ岳合戦時、秀吉が大垣から52Kmを5時間で駆け抜けた「秀吉の大返し」の経路は
北国脇往還そのものであった。

DSCN4384.jpg

街道の風情が残っています。

さぁいよいよ25km地点。昼食会場です。
いつもなら歩いている途中は食べないのですが…
今回の大会は、昼食込みで、参加料2千円でした。
どんなお弁当なのかな?
楽しみでした。

DSCN4387.jpg

こんな感じのお弁当でした。
温かいお味噌汁が、とても美味しかったです。
早々に済ませて、足の遅い私は、先に進みます。

DSCN4393.jpg

実宰院。
実宰院は、浅井三姉妹が、小谷城落城後に逃れたといわれるお寺だそうだ。

DSCN4394.jpg

小谷城跡。
戦国ガイドステーションでチェックを受けます。
ここまでで30km。
後10km、2時間位かな。なんとかお天気もってくれれば良いのですが…

DSCN4398.jpg

雨が降ってきた。。。
とりあえず傘でしのぎます。

DSCN4402.jpg

高時川。

DSCN4401.jpg

高時川の桜並木。
ここもさわやかウォーキングで歩いた道。
高時川河川敷を泳ぐこいのぼりと北国街道木之本宿を散策
ゴールの地蔵院までは、ほぼ同じコースだ。
滋賀は、割りと歩いているので、今回は、歩いた事のある道に何度か遭遇したので、初40kmでしたが、
距離感が分かって良かった。

DSCN4405.jpg

天川命神社。
滋賀県一の大銀杏。
こちらのチェックポイントでは、温かいスープとミカンなどを頂いた。
今回のウォークは、端折って書いてないですが、おもてなしが、すごく良かったです。
初40km完歩するパワーになりました。

DSCN4407.jpg

雨森地区には、水車がたくさんあります。
水もとても澄んでいて綺麗です。

DSCN4411.jpg

雨森観音寺。
さぁゴールは近いです。

DSCN4415.jpg

木之本に向かって歩いていると、地元の方に柿を頂いた。
歩いていると、たまにこういった地元の方とのふれあいがあったりするのが、良いですよね~

DSCN4417.jpg

最後の最後で、矢貼りを1カ所見落として、ゴールの地蔵院には、裏手から到着しました。
あらら(^_^;)
戦国大河きのもと館と木之本宿を通らなかった。
チェックも無かったし、何度か通った道だから良しとします。
正面からだと、ちゃんとお出迎えしてもらえたんだけど…ちょっと残念でした。

道間違えて、少しおまけに歩きましたが、何はともあれ40km完歩です\(^o^)/
100人中、50番目位。ほぼ真ん中位でゴール出来ました。
ツワモノ揃いの中で、なかなかの健闘だったのでは無いかな?

神戸の2日目とかキトキトの2日目よりも、距離は長かったのですが、比較的楽に歩けました。
まぁ確かに40km歩くのは、1日掛かりだし、大変ですが…
暑くなかったのと、比較的平坦な道だったのが、良かったのだと思います。

DSCN4421.jpg

地蔵院を後にします。

DSCN4419.jpg

サラダパンは売り切れてました。残念(T_T)

DSCN4429.jpg

各おもてなしステーションで、いっぱい頂きました。
食べちゃった分もありますが…(^^ゞ

今回の大会は、素晴らしいサポートがあったので、初めて40km歩けました(*^^)v
実行委員会の方々、地元のボランティアの方々、すべてのスタッフの方々、
本当にありがとうございました<(_ _)>

寒い中、長い時間歩いていたので、喉がちょっと痛い。
4日は幸い会社が休みなので、のんびり過ごしたいと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

清流長良川が紡ぐうだつの上がる町並みと刃物の町を訪ねて

11月2日(土)曇り
JRさわやかウォーキング
『清流長良川が紡ぐうだつの上がる町並みと刃物の町を訪ねて』
距離:13.2km

11月2日JR(美濃市駅~関駅)

11月2日JR(美濃市駅~関駅)GE

コース:長良川鉄道・美濃市駅→うだつの上がる町並み→長良川堤防道路→長良川サービスエリア
    →関市文化会館→関鍛冶伝承館→春日神社→フェザーミュージアム→関善光寺
    →長良川鉄道・関駅

歩いた距離:15.4km 平均速度:3.72km/h 走行速度:4.57km/h
掛かった時間:4時間08分(8:58~13:06) 走行時間:3時間22分

JRさわやかウォーキングに参加してきました。
本日のスタート地点は、美濃。
この辺りは、同じ岐阜でありながら、なかなか行かない場所なので、楽しみです。

DSCN4128.jpg

長良川鉄道の美濃市駅をスタートです。
大きなススキが、秋を感じます。
美濃と言えば、和紙とうだつが有名ですよね~
まずはうだつの上がる町並み向けて、進んで行きます。

DSCN4123.jpg

旧名鉄美濃駅。
今は廃線になっています。

DSCN4121.jpg

懐かしい~~~
当時の電車が展示されていました。
以前は、岐阜の町にも路面電車が走っていました。

うだつのあがる町並みです。

DSCN4145.jpg

なかなか風情があります。

DSCN4134.jpg

お肉屋さんのコロッケを食しました。
アツアツで美味しい~(#^.^#)

DSCN4159.jpg

国の伝統的建造物群保存地区に選定されたうだつの町並み。
「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、
裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・
うだつが上がらない」の言葉もできました。

DSCN4158.jpg

うだつと屋根神様。

DSCN4151.jpg

美濃和紙あかりアート展が行われていて、和紙で作られたあかりアートが、たくさん並べられていました。
光が入ったら、幻想的でしょうね~

DSCN4148.jpg

うだつの上がる町並みは、とても味わいがあって、所々にさりげなく飾られているオブジェも味わいがありました。
ホント!素晴らしいなぁ~

DSCN4169.jpg

和紙を通しての光は、優しくて良いですね~

DSCN4175.jpg

てくてく、関に向けて歩いて行きます。
見えてる山が、とっても岐阜らしい山々。
岐阜の山って、ごつごつした岩山が多いんですよね~

DSCN4179.jpg

街路樹も色付き始めてます。

DSCN4184.jpg

長良川に出ました。
長良川堤防道路を歩いて行きます。
気持ち良い道だったので、速歩で歩きました。
やはり歩くと、体が温まってきて、暑くなってきますね~

DSCN4195.jpg

長良川サービスエリアを経て、関市に突入。

DSCN4197.jpg

マンホールの柄は、鵜飼と鍛冶ですね。

DSCN4201.jpg

関鍛冶伝承館。

DSCN4225.jpg

古式日本刀鍛冶の実演が見れました。
迫力ありました。

DSCN4230.jpg

関鍛冶伝承館のお隣は、春日神社でした。
とっても大きな木があって、なかなか立派な神社でした。

DSCN4235.jpg

フェザーミュージアムです。

DSCN4232.jpg

キンモクセイ、盛りは過ぎてましたが、咲いていました。
秋になると、どこからともなく香ってくるキンモクセイの香り。
あの香り、私好きです。

DSCN4236.jpg

DSCN4238.jpg

フェザーミュージアムでは、さまざまな展示があって、なかなか興味深かったです。
関と言えば、刃物の町ですもんね~
こちらで爪切りを購入しました。
切れ味良さそう。

DSCN4247.jpg

最後の立ち寄り場所は、関善光寺です。
すっかり忘れてましたが、私、2009年の御開帳の時に来ましたわ。

善光寺の御開帳は、7年に1度。
丑年と未年に行われるそうで、2009年の時は、信州善光寺御開帳に合わせて甲斐善光寺、元善光寺、
祖父江善光寺東海別院、関善光寺、岐阜善光寺の六善光寺で同時に御開帳が行われ、それは史上初の
事だったそうです。
私は、御開帳の時に、甲斐以外は、行ったんですよね。
その時の日記→

DSCN4249.jpg

関善光寺は、少し小高い所にあって、関の町が見降ろせました。
久々に訪ねる事が出来て、良かったです。

DSCN4257.jpg

長良川鉄道・関駅でゴール。
今回は、ゆっくりいろんな所を見て回りながら、歩いた。
大会じゃ、こんなのんびり歩けないですもんね~
歩いた感は、少ないですが、たまには良いかな~って思います。
ずっと行きたいと思っていた「美濃のうだつの上がる町並み」を歩く事が出来て良かったです。

DSCN4317.jpg

フェザーミュージアムで頂いたお土産と購入した爪切り。

DSCN4319.jpg

今回のウォーキングで頂いた景品です。
何故にエヴァンゲリヲンと日本刀なのでしょう(?_?)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

2013年10月月間歩行記録

□■10月の歩行記録■□

10月05日 第5回みなと町神戸ツーデーマーチ        35.0km
10月06日 第5回みなと町神戸ツーデーマーチ        31.0km
10月12日 大阪ウォーク2013                 30.0km
10月13日 大阪ウォーク2013                 31.0km
10月19日 LION NAGOYAウォーク・第2回目        13.6km
10月20日 JR 勝川~春日井                 9.5km
10月26日 第10回氷見キトキトウォーキング         30.0km
10月27日 第10回氷見キトキトウォーキング         22.0Km

歩行距離  202.1km   累計距離  1150.1km

大会三昧だった10月、物凄く歩いた。
歩行距離も、200km突破ですね。
9月の越前で初めて30km歩き、30km歩くと言う事にも、少し慣れてきて、ペースがつかめるようになってきた。
しかし暑さとアップダウンは、まだまだ苦手です。
いつも失速ばかり…(^_^;)

しかし歩き始めた頃に比べて、随分速く歩けるようになったし、距離も歩けるようになった。
こんなに歩けるようになるとは、自分の事ながらビックリです。
全くもって運動音痴ですから…(^^ゞ

いよいよ明日から、東松山で日本スリーデーが開催される。
とても大きな大会だって、噂は聞いています。
一番長い距離は、50km。
しかも3日間…(@_@;)
凄いですね~~~
参加される皆さんのレポ、楽しみにしております。
頑張れ~~~~\(^o^)/
私もいつか参加してみたいな。

今日から、11月。
毎週大会参加は、とりあえず一段落かな。
それなりに参加予定はありますが…

9月10月は、速度とか距離を優先に歩いてきましたが、
11月は、紅葉も始まりますし、楽しむウォーキングもしていきたいな~って
思ってます。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。