スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本山から賤ヶ岳への縦走

6月28日(日)曇り時々雨

山本山から賤ヶ岳への縦走

山本山~賤ヶ岳

山本山から賤ヶ岳 山本山~賤ヶ岳(GE) 


コース:山本山登山口→山本山(標高:324m)→近江湖の辺の道→賤ヶ岳(標高:427m)→余呉湖→JR余呉駅

歩いた時間:4時間50分(8:55~13:45) 走行時間:4時間08分
歩いた距離:13.0㎞(上り:4.6㎞ 下り:4.8㎞ 平坦:3.6㎞)
獲得標高: +815m -666m

山本山から賤ヶ岳への縦走して来ました(^O^)/
この日の天気は、北陸方面は雨模様でしたので、余呉湖方面の天気は微妙だなと思いましたが、賤ヶ岳でヤマノススメのスタンプラリーのスタンプをゲットしたいなぁと思い、今回は賤ヶ岳に登る事にしました。
今回の山行は賤ヶ岳ピストンは面白くないので、山本山から賤ヶ岳への縦走です。
以前浪速歩けの例会で、余呉~賤ヶ岳~山本山のコースは歩いたので、今回はその逆走になります。

CIMG2281.jpg

JR河毛駅にやって来ました。
先日登った小谷山が見えています。
この日は「姉川の合戦史跡巡るウォーク」が行われるみたいで、受付の準備がされていました。

CIMG2282.jpg

8時半発のコミュニティバスに乗って、山本山登山口に向かいます。
8人乗りの可愛らしいバス。
運賃は200円でした。

CIMG2285.jpg

山本山登山口のある宇賀神社です。
小雨がぱらついてきましたが、とりあえず歩き始めます。

CIMG2287.jpg

登山口は神社の石段を上った奥にあります。
縦走路は近江湖の辺の道として整備されています。
近江湖の辺の道は、琵琶湖一周の時も、かなり歩いた道です。

CIMG2290.jpg

CIMG2291.jpg

山本山の山頂に向けてGO!

CIMG2293.jpg

柵を通過します。

CIMG2296.jpg

結構な傾斜の上り坂ですが、序盤なので、良いペースで上がって行きます。

CIMG2300.jpg

竹生島が見えています。

CIMG2301.jpg

CIMG2305.jpg

30分弱で山頂に到着です。

CIMG2309.jpg

平安末期の近江源氏、山本義定・義経親子の居城だったと伝えられる山本城跡です。

CIMG2311.jpg

歩きやすい尾根道を歩いて行きます。
琵琶湖からの風は、結構キツイ。

CIMG2312.jpg

これは熊の爪痕かな⁇

CIMG2316.jpg

CIMG2320.jpg

お天気は、日が差したり、小雨が降ったり、目まぐるしく変わり、不思議な天気。
良く整備された道なのだが、倒木が多かった。
短い足で乗り越えて行きます。

CIMG2323.jpg

CIMG2322.jpg

湖岸の片山集落と田園地帯の熊野を結ぶ「熊野越」。

CIMG2325.jpg

CIMG2329.jpg

CIMG2331.jpg

約140基の古墳が一列に並ぶとされる古保利古墳群。
何故ここにたくさんの古墳があるのか不思議ですね。

CIMG2333.jpg

アップダウンを繰り返しながら尾根道を歩いて行きます。

CIMG2334.jpg

後ろを振り返るとスタートした山本山が見えた。
かなり歩いて来ましたが、まだ半分位かな?

CIMG2335.jpg

大きなこぶのある木。
なんか不思議。

CIMG2338.jpg

CIMG2340.jpg

かなりの勢いで下って行きます。

CIMG2343.jpg

大きな鉄塔のそばを通ります。

CIMG2345.jpg

奥琵琶湖方面。
曇っていて良く見えません。

CIMG2347.jpg

賤ヶ岳への最後の登りかな?
アップダウンの繰り返しで、前日熊野古道歩いていますし、かなり疲労が蓄積してきた。
はやく賤ヶ岳の山頂に到着したいなぁ。

CIMG2348.jpg

木之本方面が見えていますが、曇っていて良く見えません。

CIMG2349.jpg

辺りも曇っています。
雲の中にいるのかな?

CIMG2350.jpg

賤ヶ岳リフトの山頂駅に到着です。
ヤマノススメのスタンプゲットしました。

CIMG2351.jpg

CIMG2352.jpg

山頂まで300m。
雨が強くなってきましたが、ここまで来たら、山頂まで向かいます。

CIMG2355.jpg

山頂の東屋に到着。
ここで休憩されていた団体さん、程なくスタートされて行きました。
山本山に向かわれるそうだ。
奥琵琶湖方面は、全然見えません。。。(^-^;
ここでちょうど12時で、雨宿りをしながら、持ってきたおにぎりを食べました。
雨と汗で濡れていたし、風も吹いていたので、体が冷えてきました。
持っていたレインウェアを羽織ります。
予定では、余呉湖の東側の大岩山も縦走して、江土登山口に降りるつもりでしたが、体も冷えて来ましたし、天気も不安定でしたので、国民宿舎余呉湖荘方面、余呉湖へ降りるショートコースで下山する事にしました。
下山する前に、しばし山頂を散策。

CIMG2366.jpg

CIMG2362.jpg

余呉湖も良く見えませんね。

CIMG2361.jpg

CIMG2358.jpg

CIMG2359.jpg

CIMG2360.jpg

CIMG2368.jpg

下山します。

CIMG2369.jpg

CIMG2370.jpg

CIMG2371.jpg

CIMG2373.jpg

CIMG2374.jpg

CIMG2377.jpg

余呉湖まで下りて来ました。
左に行くと、余呉湖あじさい園に行けるはずなのですが『通行止』
ぬわんですと。。。(;´∀`)
家に帰ってから調べてみたらHPには
「4月13日~7月末間、国民宿舎余呉湖荘から川並集落までの間拡張工事の為、通行止めになります。
 今年は余呉湖あじさい園が観賞できません。」
お天気も回復してきたし、やはり大岩山方面に縦走すれば良かったorz

CIMG2380.jpg

右回りで余呉湖をぐるっと歩き、余呉駅を目指します。
余呉湖は1周6.8㎞。
1時間も歩けば駅に到着するでしょう。

CIMG2382.jpg

CIMG2384.jpg

途中にも登山口があったけど、今更上る気になれず。。。

CIMG2386.jpg

お天気回復して来ましたね。

CIMG2393.jpg

余呉駅には、しっかり通行止めの案内がしてありました。

CIMG2392.jpg

CIMG2394.jpg

今回は、予定通り歩けませんでしたが、今度またお天気の良い時にリベンジしようと思います。

CIMG2395.jpg

14時10分の電車に乗り、河毛駅に向かいます。
電車からは、歩いてきた山本山から賤ヶ岳の稜線が見えた。
かなりの距離のアップダウン。良く歩いたなぁと思いました。

CIMG2399.jpg

河毛駅に戻って来ました。
着替えをして、車にて賤ヶ岳リフトの山麓駅に向かいます。

CIMG2401.jpg

賤ヶ岳リフトにやって来ました。
天気がイマイチなのにも関わらず、そこそこ観光客の車があった。

CIMG2406.jpg

CIMG2404.jpg

ヤマノススメのスタンプラリー。
「ヤマノススメ」に滋賀の山が取り上げられた記念にスタンプラリーが開催されています。
伊吹山・賤ヶ岳・八幡山の三カ所のうちの二カ所のスタンプを集めるとプレゼントがもらえます。

CIMG2413.jpg

伊吹山と賤ヶ岳のスタンプゲットできたので、プレゼントを頂いてきました。
プレゼントはエコバックでした。
スタンプラリーには必要ないけど、せっかくなので八幡山にも登って、スタンプゲットしたいな。

CIMG2409.jpg

帰り道の伊吹山。
この日の伊吹山の山頂は雲の中でした。

山本山から賤ヶ岳への縦走。
距離も長く、結構大変でしたが、道や標識もしっかり整備されていて、歩きやすい道でした。
琵琶湖から吹いてくる風も気持ちよかったです。
夏歩くには、とても良いコースだなと思いました。
家から比較的近いですし、また歩きに行きたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ツヅラト峠を歩く

6月27日(土)曇り

語り部さんと一緒に歩く熊野古道(伊勢路)
ツヅラト峠     距離:約10㎞

ツヅラト峠

ツヅラト峠(GE)

コース:梅ケ谷バス停→ロッジやまびこ→ツヅラト峠登り口石碑→ツヅラト峠→志子川砂防ダム→花広場→R422合流地点→紀伊長島駅→道の駅紀伊長島マンボウバス停

歩いた時間:5時間08分(11:06~16:14) 走行時間:3時間40分
歩いた距離:11.5㎞(上り:2.3㎞ 下り:3.0㎞ 平坦:6.2㎞)
獲得標高: +199m -550m

名古屋から出ている熊野古道シャトルバスを利用して、熊野古道・伊勢路のツヅラト峠を歩いて来ました。
シャトルバスは往復5,000円で、コースと日にちが決まっていますが、+500円で語り部さんと歩くコースも設定されています。
今回私は語り部さんと歩くツヅラト峠コースに参加しました。
いろんな説明が聞けますし、道迷いの心配がありませんからね~
名古屋発の熊も古道シャトルバスは、結構座席が埋まっていました。
この日は天気予報では、ずっと雨でしたが、何とかお天気持ちそうです。

DSCN8290_20150629205336cb9.jpg

名古屋を出てから2時間ほどで梅ケ谷バス停到着です。
ツヅラト峠コースはここからスタートになります。
このバス停で降りたのは、私を含め6名でした。
本日の同じコースを歩かれる方々です。
もっと人数多いかと思ったのですが、意外と少ないんですね~
語り部さんは、バス停にいらっしゃいました。

DSCN8294.jpg

2時間に1本ほどしか電車が通過しない梅ケ谷駅を潜ります。

DSCN8295.jpg

近くの公園でトイレ休憩。
アジサイが綺麗に咲いています。

DSCN8438.jpg DSCN8439_2015062921005476f.jpg

語り部さんに、本日のお守りという事で頂きました(^O^)/

DSCN8297_2015062920534125b.jpg

準備を整え、ツヅラト峠に向かって出発です。
峠の入り口まで1時間ほど歩かなければならないそうで、本日のコースは、蛭が出るそうだ。。。(^-^;

DSCN8299.jpg

古そうな道標がありましたが、区画整備などで移動されて、元々の場所が分からなくなっているそうです。

DSCN8305_20150629210533ad3.jpg

DSCN8306_20150629210534749.jpg

都を追われ、熊野詣の旅に出た花山法皇の遥拝所跡。

DSCN8309.jpg

遥拝所跡近くに、西国三十三所の観音石像が安置されてました。

DSCN8314_20150629210537b09.jpg

DSCN8317.jpg

栃古川沿いを歩いて行きます。
水はきれいだけど、蛭が出そうな雰囲気だなぁ。

DSCN8318.jpg

雰囲気がある林道を歩いて行きます。

DSCN8334 (2)

いよいよツヅラト峠の入り口です。
ツヅラト峠は、かつて「伊勢の国」と「紀伊の国」の国境だった峠です。
江戸時代以降、荷坂峠道が正式な紀州の玄関口となってからも、昭和初期まで生活道として使われました。
ツヅラトとは九十九折のことで、カーブが連続しますが、石畳や石垣もよく保存されています。

DSCN8342_2015062921135016d.jpg

語り部さんを先頭に、ゆっくり上がって行きます。
ツヅラト峠まで600mです。
鳥たちの鳴き声が聞こえ、川のせせらぎが聞こえ、沢蟹が道を横切って行った。
マイナスイオンたっぷりな感じです。
曇っていたし、うっそうとしていたので、上手く写真が写せず、ほとんど写真はありません。
言われていた通り、やはり蛭も出た。
誰にも被害は出ませんでしたが…
静かに忍び寄る蛭。怖いですよね~

DSCN8349.jpg

DSCN8346_20150629211352266.jpg

標高357mのツヅラト峠に到着。
登り口の標高もそこそこ高いので、多分200m弱の登りでした。
この場所は、伊勢から熊野三山を目指す巡礼者が、初めて熊野の海を目にした場所ですが、曇っていて、あまり見えませんね~
こちらで昼食休憩でした。

DSCN8441_201506292128332f0.jpg

スタンプラリーのスタンプもゲット‼

DSCN8359.jpg

リスタートです。
さらに上の見晴らし台を目指します。

DSCN8363.jpg

DSCN8365_20150629212939606.jpg

さっきより晴れましたね。
熊野の海が良く見えています。
ぽこんと浮かんでいる島は大島だそうです。

DSCN8373.jpg

紀伊長島方面に下って行きます。
スタート地点より海に近いので、標高が低く、下りの方が長くなります。
「ツヅラト」の名前通り九十九折れの下り坂を、滑らないように慎重に歩いて行きます。

DSCN8381_20150629212942f4b.jpg

野面乱層積みの石垣。
谷に面して数ヶ所にある石垣は、いにしえから長い風雪に耐え道を護ってきました。

DSCN8383.jpg

右手は崖。
慎重に歩いて行きます。

DSCN8388_20150629213754543.jpg

山の神。

DSCN8392.jpg

DSCN8394.jpg

炭焼き釜跡。

DSCN8395.jpg

濡れている石畳の上は滑りますので、慎重に歩きます。
下草はシダが生い茂っています。
そうだおわせツーデーで熊野古道歩いていた時も、こんな感じでシダが生い茂っていたっけ。
そんな事をふっと思い出していた。

DSCN8396.jpg

突如道が無くなり、沢を渡り始める語り部さん。
え~~~(@_@。
ここ行くのですか。。。
何とか慎重に渡りクリア。

DSCN8400.jpg

最後の石畳も滑らないように慎重に歩いて、ツヅラト峠クリア☆

DSCN8402.jpg

…と思ったのだが、最後の沢渡り。
動揺したのか、この後スッテンコロリン。
沢渡りの手前の石畳で転んでしまった。

最後の沢渡りも慎重に渡ってと思ったのだが…
最後の1歩で足が滑り、転んでしまって、川に落ちてしまい、語り部さんに助けてもらいました。
悲劇。。。(T_T)/~~~
幸いケガもなく、それほど濡れませんでしたので、不幸中の幸いでしたが、超恥ずかしかった。
増水していたり、寒い時期だったらと思うと、ぞっとします。

DSCN8404.jpg

DSCN8407_2015062921450886a.jpg

後ろを振り返ると、越えてきた山が見えています。

DSCN8408.jpg

最後の最後で大失敗してしまったけど、無事ツヅラト峠越えが出来ました。
語り部さんに最初にもらったお守りのおかげかな。

DSCN8413_20150629215729855.jpg

ゴールの道の駅紀伊長島マンボウに向かって歩いて行きます。
1時間ほど歩かねばならないらしい。
志子川沿いのアジサイが綺麗に咲いていました。

DSCN8415.jpg

峠から見えていた大島が見えています。

DSCN8416.jpg

道沿いには、こんなアートが並んでいました。

DSCN8418_20150629215734547.jpg

紀伊長島駅。

DSCN8421.jpg

片上池。

DSCN8423_2015062922030179e.jpg

ゴールの道の駅マンボウは池沿いにありました。
峠歩き終わってから、結構遠かったな。

バスの出発時間まで1時間ほどあったので、着替えてから、しばし道の駅をブラブラ。

DSCN8429.jpg

ここの名物は、マンボウの串焼きだそうです。

DSCN8426_201506292203034d7.jpg

食べてみましたが、なんか鶏肉っぽい感じでした。

DSCN8433.jpg

名物めはり寿司。
高菜の浅漬けの葉でくるんだおにぎりみたいなものです。
このひとつひとつの大きさのため、目をカッ!と見張るほど口を大きくして食べたからとか、目を見張るほど美味しいからといったことが名前の由来だと言うことです。
時間が遅かった為か、半額でゲット出来ましたのでラッキーでした。

帰りのバスが到着したので、バスに乗り込み、帰路に着きました。

今回の熊野古道。
思い付きで行ったのですが、少人数で語り部さんの話を聞きながら、歩く事が出来、なかなか良かったです。
アクシデントもありましたが。。。(^^ゞ
夏はイベントが少ないので、また違うコース歩きに行きたいなぁと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

2015年5月月間歩行記録

□■5月の歩行記録■□

5月2日 JRさわやかウォーキング 岡崎     6.8km
5月3日 琵琶湖一周10回割ウオーク・第4回     22.0km
5月5日 春の菰野富士チャレンジハイキング     8.0㎞
5月9日 第23回びわ湖長浜ツーデーマーチ     16.0km
5月10日 第23回びわ湖長浜ツーデーマーチ     20.0km
5月16日 第24回若狭・三方五湖ツーデーマーチ     23.0km
5月17日 第24回若狭・三方五湖ツーデーマーチ     40.0km
5月23日 第4回きのくに歩っとウオーク     15.0km 
5月24日 第4回きのくに歩っとウオーク     25.0㎞
5月30日 歩いて巡拝知多四国・第6回     10.0km
5月31日 繖山三角点をめぐるハイキング     14.0km
  
歩行距離:199.8km     2015年累計歩行距離:764.3km  
IVV距離:161.0km       2015年度累計IVV距離:511.0km

6月も3分の2過ぎていますが、5月の歩行記録です。
5月はツーデー参加が多く、あっという間に過ぎてしまった。
GWもあったので、結構歩いた気がします。

ツーデーが連発すると、仕事を持っている身としては、なかなか辛いものがあったりしますが、普段会えない方ブロ友さんとかに会えるが楽しいです。
5月は毎週のようにお会いしていた方も。。。
住んでる所は違うのに、毎週同じ場所で集合って、ウォーキングの世界って、不思議と言うか面白いなぁって思う。
普通じゃ知りえない地方の方とかと知り合いになれたりしますからね。
ウォーキングを通じて輪が広がっていくのが凄いなぁって。。。

梅雨が終わると夏本番。
だんだんウォーキングイベントも少なくなってきます。
春は「どこ行こう」って、イベントが被りまくりで困ったのに、今度は無さ過ぎて「どこ行こう」です。
これからは暑い中平地を歩くのは辛いので、山歩きが多くなりそうな予感がしています。
去年の夏は、土日の度に雨が多かったので、今年は晴れて欲しいなぁ~

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

小谷城を巡る(脇坂甚内コース)

6月20日(土)曇りのち晴れ

JRふれあいハイキング
奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催
『語り部と歩く小谷城シリーズ
 小谷城を巡る(脇坂甚内コース)』     距離:約10㎞

小谷山

小谷山ログ 小谷城を巡る

コース:河毛駅→戦国歴史資料館→間柄峠→望笙峠→番所→小谷城本丸→山王丸→六坊→大獄→脇坂甚内屋敷跡→河毛駅

歩いた時間:6時間12分(10:12~16:24) 走行時間:3時間30分
歩いた距離:10.8㎞(上り:3.7㎞ 下り:3.0㎞ 平坦:4.0㎞)
獲得標高: +461m -434m

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催の「小谷城を巡る」に参加しました。
浅井三姉妹街道ウオークの時に、30㎞のチェックポイントになっている戦国ガイドステーションには立ち寄った事がありますが、小谷城は、まだ行った事がありませんでした。
小谷城は日本五大山城のひとつです。
この間行った安土の観音寺城も五大山城のひとつです。
どちらも日本100名城に入っています。

一度小谷山登ってみたかったのですよね~

CIMG2067.jpg

集合は、北陸線河毛駅。
駅前には無料駐車場も完備されているので、今回は車で向かいました。
1時間ほどで到着しました。

CIMG2076.jpg

CIMG2075.jpg

駅前には、浅井長政とお市の方の像。

CIMG2080.jpg CIMG2068.jpg

浅井三姉妹の縁の地なので、駅には三姉妹グッズがありました。

CIMG2072.jpg CIMG2073.jpg

小谷城に関する展示などもありましたし、書籍などの販売もありました。

CIMG2079.jpg

コミュニティバスは8人乗りで可愛らしい。
そんなに本数はないみたいですが、停留所以外でも乗り降りできるらしいですよ。

CIMG2081.jpg

ガイドさんの挨拶と今回のコースの説明があり、いよいよスタートです。
今回の参加者は、確か14名だったと思います。

CIMG2083.jpg

小谷山。
ピークが2カ所あります。
今回は低い方のピークを通過し、一番高い所・大獄(おおづく)に向かいます。
お天気はイマイチですが、雨が降りませんように…

CIMG2084.jpg

虎御前山。
小谷城の戦いで、信長は小谷城の目と鼻の先に在る虎御前山に本陣を布きました。
この山も、今度登ってみたいなぁ。
高速道路脇では、工事が行われていて、平成27年に小谷城インターが出来るそうです。

CIMG2092.jpg

北国街道。
街道の風情が残っています。

CIMG2095.jpg

CIMG2094.jpg

浅井氏の滅んだ後、小谷城は廃城にした上で戦功のあった秀吉に与えられました。
その後秀吉は長浜城を築いた時に、この辺りは城下町だったそうですが、住民ごと長浜に移動させたため、長浜の街には、こちらと同じ地名の場所が多くあるそうです。

CIMG2093 (2)

この神社では、NHK大河ドラマの江の撮影が行われたそうです。

CIMG2101.jpg

小谷城歴史資料館にてトイレ休憩。
こちらで100名城のスタンプも頂きました。

CIMG2096.jpg

CIMG2106.jpg

いよいよ小谷山に向かいます。

CIMG2108.jpg

所々でガイドさんの説明を聞きながら進んで行きます。

CIMG2110.jpg

草むらには獣道。
何か動物が行き来した足跡がありました。

CIMG2111.jpg

いよいよ山に入ります。
前日の雨で、土の香りが漂っています。

CIMG2114.jpg

ずっと上りが続きます。
前回の繖山よりは、角度が緩やかでしたので、休まずに上がって行けましたが、結構大変でした。

CIMG2116.jpg

間柄峠。
数名遅れた方を待ちます。

CIMG2119.jpg

望笙峠到着。
200名程の中学生と保護者の団体もいて大賑わいでした。
こちらからは山本山や竹生島が見えていました。
しばし休憩の後、リスタートです。

CIMG2122.jpg

まだまだ上ります。

CIMG2133.jpg

虎御前山。

CIMG2142.jpg

CIMG2143.jpg

御茶屋跡。
西側のすみには庭があったそうです。

CIMG2147.jpg

御馬屋跡。
三方を高い土塁に囲まれています。
馬小屋があったかどうかは不明。

CIMG2149.jpg

御馬屋跡には二層の井戸もありました。

CIMG2148.jpg

CIMG2158.jpg

CIMG2159.jpg

首据石。

CIMG2161.jpg

CIMG2163.jpg

桜馬場。

CIMG2167.jpg

こちらでも江の撮影が行われたそうです。

CIMG2169.jpg

CIMG2173.jpg

桜馬場からの眺めです。

CIMG2179.jpg

黒金御門跡。
秀吉が、二度と使えないようにと壊した“破城”の跡が残っています。

CIMG2185.jpg

大広間跡。
お江が生まれたとされる曲輪跡。
場内最大級の曲輪跡です。

CIMG2175.jpg

建物の柱を支えた敷石も見られました。

CIMG2190.jpg

CIMG2192.jpg

いよいよ本丸跡に向かいます。

CIMG2193.jpg

本丸跡。
天守など、城の中心となった建物があったと推定されています。
北側には大堀切がありました。

CIMG2198.jpg

大堀切の下に降りて来ました。

CIMG2201.jpg

奥に進んで行くと、上から赤尾屋敷跡が見えました。

CIMG2202.jpg

赤尾屋敷は、浅井長政が自刃した場所です。
享年29歳。若いです。

CIMG2205.jpg

CIMG2208.jpg

京極丸。
浅井氏の主人、京極氏が住まいしていた所と言われています。

CIMG2210.jpg

小丸跡。
浅井長政の父、久政が自刃した場所です。

CIMG2211.jpg

山王丸跡に進んで行きます。
こちらの石垣も破城により、中央が壊されていました。

CIMG2213.jpg

CIMG2214.jpg

山王丸跡に行く手前を右奥に進むと、当時のままの石垣が残っている場所がありました。

CIMG2216.jpg

山王丸跡。
山王神社が祀られていたそうです。

こちらにて20分程の昼食休憩でした。

CIMG2218.jpg

山王丸跡からも竹生島が見えていました。

CIMG2221.jpg

リスタートです。
山王丸が低い方のピークでしたので、一旦六坊跡まで下り、小谷山の山頂・大獄を目指すことになります。

いきなり岩場下りになります。
金華山のめい想の小径みたいです。
慎重に降りて行きますが、何名かの方は、尻もちをついたみたいです。

CIMG2222.jpg

CIMG2224.jpg

六坊跡。
軍務や政務を司る6つの寺院を、ここに集めたとされています。

CIMG2227.jpg

さあいよいよ山頂に向けての上りが始まります。
標高差にして100m、距離は600m。
もうひと踏ん張りです。

CIMG2228.jpg

熊のひっかき傷の付いた木。
この辺りも熊がいるそうです。
三重県内で捕獲された熊を無断で滋賀県内に放したと問題になっていましたが…

CIMG2230.jpg

伊吹山は、まだ雲の中。

CIMG2233.jpg

CIMG2236.jpg

大獄到着です。
小谷山の最高所495mに位置しています。
初代城主浅井亮政が最初に築いた城跡です。

CIMG2235.jpg

三角点もありましたよ。

CIMG2237.jpg CIMG2238.jpg 

下山開始です。

CIMG2241.jpg

尾根分かれ道を通過し、福寿丸跡に立ち寄りました。
小谷山には、無数の曲輪があり、すごく巨大な山城だったんだなと実感しました。
今回説明を受けながら巡りましたが、城を守る為に、色んな工夫がされているのも知りました。

CIMG2244.jpg

CIMG2248.jpg

尾根道の分かれ道まで戻り、林道を歩いて行きます。

CIMG2251.jpg

CIMG2253.jpg

脇坂甚内屋敷跡。

CIMG2254.jpg

CIMG2257.jpg

CIMG2258.jpg

CIMG2262.jpg

アジサイが綺麗に咲いていました。

CIMG2266.jpg

CIMG2265.jpg

丁野観音堂。
この辺りの寺院は、すべて信長に焼かれているので、建物は信長以降の物だそうで、観音様は土に埋めたりなどして、住民が守ったそうだ。
こちらの観音様も平安時代の物で、素晴らしいです。

CIMG2267.jpg

小谷山。
一番高い所まで上って来ました。
お天気もすっかり回復ですね(#^^#)

CIMG2268.jpg

ゴールの河毛駅に向かう途中の丁野山(岡山)。

CIMG2271.jpg

こちらを進んで行くと、丁野山城跡と中島城跡に行けるそうです。

CIMG2270 (2)

こちらのアジサイも綺麗でした。

CIMG2274.jpg

河毛駅にてゴールでした。

CIMG2276.jpg

河毛駅からの小谷山。
今回のコースは、健脚コースだったので、ちょっと厳しかった方もおられたみたいで、何度か遅れた方を待ちましたし、中学生の団体と遭遇して、思ったように進めなかったし、各所で説明をじっくり聞きながらでしたので、結構時間が掛りました。
でも個人的に小谷山に登ったとしたら、いろんな事を分からないまま、ただ通過していたと思うので、今回のウォークに参加して、とても勉強になりました。
小谷城は、実際自分の足で歩いてみて、巨大な山城だったんだなと分かりました。
ガイドの先生お二方も説明は、とても分かりやすかったです。
大変ありがとうございました<(_ _)>
このシリーズ、コースを変えて、度々開催されているみたいなので、また今度参加してみたいです。
次回は信長の陣があった虎御前山にも登ってみたいなぁ~

CIMG2277.jpg

帰り道。
朝は隠れていた伊吹山も綺麗に見えていました。

今日(6/21)も少し歩きに行こうと思っていたのですが、朝からひどい雷と雨でしたので、歩きに行くのは止めました。
夏から秋にかけてのウォーキング計画を練ろうかなと思っています。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ハクビシンの子供に遭遇

昨日の帰り、駅から駐車場に向かっている時に、ハクビシンの子供に遭遇しました。

P2015_0615_184354.jpg

携帯で撮ったので、画像はイマイチです。。。(^-^;
場所は住宅地だったのですが、大きな川から、用水沿いに迷い込んできたのでしょうか?



この動画のように、私の後ろをトコトコと付いて来ました。
(動画は、YouTubeにアップされていたものです。)
メッチャ可愛い(#^^#)
野生動物ですから、可哀想だけど、振り切って帰って来ました。
ちゃんと自分の巣に帰れたのかな?

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大垣曽根城公園・花しょうぶまつり

6月14日(日)晴れ

養老鉄道お薦めハイキング
『大垣曽根城公園・花しょうぶまつり』     距離:約7㎞

大垣曽根城公園・花しょうぶ祭

きんてつハイキング 大垣曽根城公園・花しょうぶ祭

コース:養老鉄道・東赤坂駅→中山道→大島堤サイクリングロード→華渓寺→曽根城公園→春日神社→ばら公園いこいの広場→勧学院→養老鉄道・広神戸駅

歩いた時間:1時間30分(9:40~11:10) 走行時間:1時間25分
歩いた距離:7.1㎞(上り:216m 下り:222m 平坦:6.6㎞

養老鉄道お薦めハイキングに参加しました。
この日は、琵琶湖10回割がありましたが、長浜ツーデーで歩いたコースとかなり被っていたし、体調も今一つのような気がして、前日に引き続き休息日としようと思ったのですが、近場でちょうどウォーキングイベントがやっていたので参加しました。

CIMG2006.jpg

養老鉄道に乗って東赤坂駅までやって来ました。
この列車はサイクルトレインでしたので、普通にママチャリとかが一緒に電車に乗っていて、ちょっとビックリする。
自転車の持ち込みは、無料です。

CIMG2015.jpg

CIMG2016.jpg

マップをもらって、中山道を歩いて行きます。
あまり街道の風情はありません。

CIMG2018.jpg

岐阜経済大学前を通過します。

CIMG2019.jpg

階段を上がって、大島堤へ。

CIMG2024.jpg

大島堤は、市内で一番大きな古大垣輪中の一部です。
地域の方が、昭和53年に岐阜経済大学までの約1.6kmに約1,000本のソメイヨシノを、両側合わせて5~6列に植えました。
今では、春になると堤防全体がピンク色に染まり、幾重にも重なった桜が見事なトンネルを作り出します。
ここは桜の時期、ピンクの帯がずっと続いて、とても素晴らしい。
今時期も緑のトンネルが続いて、とても気持ちの良い道です。

CIMG2025.jpg

CIMG2026.jpg

この辺りは大きな川も多く、昔は水害に悩まされてきました。

CIMG2029.jpg

華渓寺にある曽根城跡。
築城主は、西美濃三人衆の一人として活躍した稲葉一鉄。
春日局ゆかりの地でもあります。

CIMG2036.jpg

CIMG2035.jpg

ハリヨの池。
ハリヨは、湧水などの清水でしか生息できず、岐阜県西南濃、滋賀県の東部、三重県の北部のごく限られた一部でしか見ることができない、大変珍しい小型淡水魚です。
ここのハリヨは、人になれているためか、間近に見ることができます。

CIMG2030.jpg

曽根城公園の花菖蒲園。
約3,800平方メートルの花菖蒲池に、約150品種28,000株が植えられれています。
ちょうど花しょうぶ祭が開催中で賑わっていました。

CIMG2042.jpg

曽根城公園を後にします。

CIMG2048.jpg

道端には、綺麗なアジサイが咲いていました。

CIMG2051.jpg

CIMG2052.jpg

頂いたイラストマップは、ちょっとコースが分かり辛かったのですが、土地勘があるので何とか進んで行きます。

CIMG2050.jpg

建設中の東海環状自動車道。
三重、愛知、岐阜の3県をぐるっと周る道路であることから、各県の頭文字を取って「MAGロード(マグロード)」という愛称がつけられています。
この道が完成したらかなり便利になるんだけど。

CIMG2055.jpg

ばら公園いこいの広場。

CIMG2058.jpg

神戸町のマンホール。
町の花・バラと町の木・モチノキと町章。
ハリヨも描かれています。

CIMG2059.jpg

日吉神社の境内を通過して行きます。

CIMG2060.jpg

勧学院。
嵯峨天皇の勅願寺として伝教大師が創建されたもので、仏器や沈金経箱、古文書などを蔵しているそうだ。

CIMG2061.jpg

ここでもアジサイが綺麗に咲いていました。

CIMG2062.jpg

神戸町の駅前通りを歩いて行きます。
日曜なのに寂れています。

CIMG2064.jpg

養老鉄道広神戸駅にてゴールでした。
以前は近鉄で、この駅から高校に通っていた事もあったのだけど、いつの間にか無人駅になっていました。
満員電車が嫌で、途中から自転車通学になりましたが…

CIMG2065.jpg

お楽しみ抽選会では、おおがき茶が当たりました。

今回は、あまり無理せず、地元をさらっと歩きました。
ツーデー続きでしたが、この土日で、しっかり休んだので、次の土日は、どこかへ歩きに行きたいと思っています。
お天気良いと良いのですけどね~

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

再検査

5月初めに健康診断を受け、2週間後位に結果が戻って来ました。
今回、実費のオプション検査で、アレルギー検査とABC健診も受けました。

アレルギー検査は、自覚症状があまりなかったのですが、ヒノキアレルギーがレベル3でスギアレルギーがレベル2でした。
花粉の時期に、結構山に入っていたりしたのですが、それほど不快感は無かったのですけどね~
たまに目が痒くなったりしましたが…
自分がどんなアレルギーを持っているか知る事が出来たので、気を付けたいと思います。

もうひとつ受けたABC健診。
これは胃の検査なんですが、ずっと胃の調子が悪く、受けてみました。
見事『要精密検査』
胃の内視鏡検査確定。
10年以上前に胃の内視鏡検査はした事あるのですが、その時は苦しくて苦しくて…
「もう二度とやるものか‼」
と思ったのですけどね~
最近は楽になったとは聞きますが、どうでしょうね~orz

なるべく設備の良さそうな病院で検査を受ける事にして、覚悟を決めて、先週の金曜日に検査受けて来ました。
ドキドキしながら待っていると、先に検査室に入った方の「ウェ~」という声が聞こえた。。。
大丈夫だろうか。。。(^-^;

とうとう私の番がやってきて、検査台に横になり、マウスピースをくわえた後に、鎮静剤を投与されたのですが、その後すぐに記憶が無くなり、気が着いた時には、検査は終わっていました。
記憶が無かったので、全然苦しくなかったです。

2時間程病院のベッドで横になっていて、その後先生のお話を聞いて帰って来ました。
結果は大事なく、通院で良いみたいなので、、良かったです。

かなり疲れたみたいで、翌日の土曜は山に行きたかったのですが、休息日としました。
山は逃げんからね~(#^^#)

検査の前に血液検査もやったのですが、やはりかなりの貧血。
鉄の値の基準値が45~140μg/dlの所、7μg/dl。
ここ最近、疲れやすいし、すぐ息が切れるし、ふらっと倒れそうになることが多々ありましたからね。
激しい運動禁止レベルです。
ツーデーなんかで、一生懸命歩いていると「心不全起こして倒れるんじゃないかな」とふっと思ったりもするので、最近は一生懸命歩かないようにしていますが…
過酷な一宮七夕までには、もう少し数値が良くなるように、しっかり養生したいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

堺市役所21階展望ロビーからの眺め

6月6日(土)晴れ

堺ツーデー1日目を歩き終わった後、堺市役所21階展望ロビーに行きました。
夜9時まで無料開放されているそうです。
百舌鳥古墳群、大きすぎて形が分からなかったので、上から見れば、分かるかな~

DSCN8095.jpg

朝は曇り空でしたが、すっかりお天気は回復して、素晴らしい景色が広がっていました。
奥に見えている山は、金剛山・葛城山ですかね~

DSCN8098_20150614140724c98.jpg

このように綺麗な形の古墳が見れるかと期待していたのですが…

DSCN8096_2015061414072227b.jpg

やはりもっと上空から見ないと、綺麗な形は見る事が出来ないみたいです。。。(^-^;

DSCN8104.jpg

遠くに見えている一番高い建物は、あべのハルカス。
これだけクリアに見えるのは、珍しいのでは…

DSCN8149_20150614141318416.jpg

六甲山の山並みの太陽が落ちていきました。
ギラギラ眩しかった太陽が、赤い光に変わって、幻想的な風景でした。

DSCN8092.jpg

堺市博物館の公式キャラクターのサカイタケルくん。
奈良のせんとくんとそっくりですね。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

第10回堺ツーデーマーチ・2日目

6月7日(日)晴れ

第10回堺ツーデーマーチ・2日目

コース:名所・旧跡コース(500選:大阪-9)     32㎞
     竹内街道と町家コース(500選:大阪-9)    20㎞
     与謝野晶子・千利休コース     10㎞
     大仙公園散策コース     3㎞
     ぐるっと仁徳さんコース     3㎞  

歩いたコース:竹内街道と町家コース(500選:大阪-9)    20㎞

堺2DM2日目ログ

堺2DM・2日目

コース:中央会場→旧堺灯台→さかい利晶の杜→ザビエル公園→浅香山公園→中央会場

歩いた時間:4時間05分(8:01~12:06) 走行時間:3時間55分
歩いた距離:19.8㎞(上り:1.2㎞ 下り:1.3㎞ 平坦:17.3㎞)
平均速度:4.84km/h 走行速度:5.05km/h

堺ツーデーマーチ2日目です。
宿泊していたホテルから会場までは、微妙に距離があり、荷物もありましたので、タクシーで会場に向かいました。
ウォーカーなら歩けって感じですが…(^^ゞ

DSCN8163_2015061021091485f.jpg

近畿マーチングリーグの表彰では、今回知り合いの方が、マスターウオーカー達成で表彰されていました。
おめでとうございますヽ(^。^)ノ

DSCN8180_20150610210917446.jpg

エイエイオーの後、32㎞コースのスタートです。
本日は20㎞コースにエスケープするつもりなので、一番後ろからスタートしました。

DSCN8184.jpg

大仙公園を通過して行きます。
素晴らしいお天気で、暑くなりそう。

DSCN8185.jpg

仁徳天皇陵の正面。

DSCN8186_20150610212056fef.jpg

ニャンコもお見送りしてくれています。

DSCN8188.jpg

何度も信号に止められながら、進んで行きます。

DSCN8192_20150610212059b19.jpg

大浜公園。
花菖蒲が綺麗に咲いていました。

DSCN8195_201506102124264ea.jpg

奥に進んで行くと、一等三角点のある日本一低い山。
蘇鉄山。標高6.97m。

DSCN8198_20150610212428ea8.jpg

DSCN8197.jpg

一等三角点。
堺駅南口側にある神明神社で登山認定証を発行して頂けるそうです。

DSCN8201_20150610212430a60.jpg

DSCN8203.jpg

大浜公園を通過します。

DSCN8207_201506102135191ba.jpg

海が見えた‼

DSCN8208.jpg

港に向かって歩いて行きます。

DSCN8209.jpg

DSCN8211.jpg

お天気が良いので、素晴らしい眺めです。

DSCN8212_20150610213524c96.jpg

旧堺灯台が見えて来ました。

DSCN8216_20150610213717280.jpg

DSCN8218.jpg

旧堺灯台。
明治10年から約一世紀もの間大阪湾を照らし続けた。
当初の場所に現存する日本最古の木造様式灯台です。
タイル貼りの灯台はどこかで見たことがありますが、木造は珍しいなぁと思いました。

DSCN8220.jpg

港沿いを歩いて行きます。

DSCN8224.jpg

龍女神像。

DSCN8225_2015061021372320a.jpg

DSCN8229_20150610214333fb3.jpg

綺麗に整備されていて、なんとなく南国チックな感じがしました。

DSCN8233.jpg

DSCN8235_201506102143364c7.jpg

しばらく進んでいくと、さかい利晶の杜の向かいに千利休の屋敷跡がありました。
椿の炭を沈めた「椿の井戸」と大徳寺山門の古い部材で作られた井戸屋形が残されています。

DSCN8238_20150610214337ba0.jpg

横切ったこの通りはフェニックス通りと言うらしい。

DSCN8240.jpg

しばらく歩いて行くと、与謝野晶子の生家跡がありました。

DSCN8246.jpg

歩いている道と並行して阪堺電車が走っていました。
一度この電車乗ってみたいんですよね~

DSCN8247.jpg

堺市のマンホール。

DSCN8249.jpg

ザビエル公園がチェックポイントになっていました。
歩道はすごく広く、歩きやすかったのですが、何度も信号に止められました。

DSCN8253.jpg

少し細い路地をジグザグと歩いて行きます。
由緒ありそうなお寺が点在していました。

DSCN8254.jpg

DSCN8255_20150610215834424.jpg

山門の額の中の美しい新緑。

DSCN8260.jpg

紀州街道と合流しました。

DSCN8262.jpg

大和川沿いを歩いて行きます。

DSCN8263_20150610215839cda.jpg

日差しが強く、手元の温度計では30度越え。
まるで一宮七夕ウオークの予行練習みたいだ。。。(^-^;
アイス食べたい。。。

DSCN8266.jpg

河で水浴びしている子たちが、たくさん居ました。
気持ちよさそう。

DSCN8268.jpg

DSCN8269_2015061022022761e.jpg

与謝野晶子の歌碑があった。
『大和川 砂にわたせる 板橋を 遠くおもへと 月見草咲く』

DSCN8271_20150610220229ad5.jpg

14.2㎞地点。金岡公園到着。
先行していたブロ友さんもいらっしゃいました。
こちらでチェックを頂き、しばし休憩。

DSCN8274_201506102202301f2.jpg

リスタートです。
この先の信号で、20㎞コースと32㎞コースの分岐です。
32㎞へ行く気力が無かったので、20㎞コースに進みます。

DSCN8276.jpg

「コンビニないかな~」と思いつつ、先に進んで行きます。

DSCN8277_201506102209552fe.jpg

JRを越えます。
いつの間にか10㎞コースと合流してて、ウォーカーの密度が濃くなった。

DSCN8280.jpg

仁徳天皇陵の周りを歩いています。

DSCN8281_2015061022095749f.jpg

1周2,850mもあるんですね。
年末調整ウオーク、ここでも出来そうですね。

DSCN8283.jpg

仁徳天皇陵の周りを歩き、

DSCN8284.jpg

大仙公園に戻って来ました。

DSCN8285.jpg

ゴールしました(^O^)/
暑かったし、信号も多く、休憩もしていたので、平均時速5㎞を割ってしまいました。。。。(;´∀`)

ゴール後は、ブロ友さんや知り合いになった方達と、次に参加するツーデーのお話などして、楽しい時間を過ごしました。
少しつづですが知り合いさんが増えてきて、ツーデーや例会などで、皆さんにお会いできるのが、とても楽しみです。
堺ツーデーで、私の春のツーデー参加は終了で、夏はあまりイベントがありませんので、秋シーズンが待ち遠しいですね。
夏はとりあえず、恒例の一宮七夕と京都五山の予定なので、参加される方には、お会い出来そうですね(#^^#)

DSCN8162.jpg

今回の堺ツーデーの参加で、近畿マスターウォーカーまで、後2大会となりました。
残るは、奈良と高野山です。
何とか今年の秋に参加できると良いなぁと考えています。
今回のKMLのパスポート引換証は、ちょうど1000番でした(゚д゚)!

後ビックリと言えば、事前申込者対象の抽選で、我が家に折り畳み自転車が当たりました。
郵送で家に届くそうですが、楽しみです♪

DSCN8166.jpg

堺ツーデーの参加者数。
最終的な参加者数を見てくるのを忘れてしまいましたが、最終的には4,000人位だったのでしょうか?
2日目は暑かったけど、雨に降られることなく歩けたので、良かったです。

DSCN8289_2015061022324709e.jpg DSCN8287.jpg

参加記念バッチと記念品は爪切りでした。

今回初めて堺を歩きました。
堺と言えば刃物のまちというイメージしかなかったのですが、大きな古墳がいっぱいあったり、千利休や与謝野晶子の出身地だったのですね。知りませんでした。
またいつか堺ツーデーに参加したいと思います。
開催日が、他のツーデーと重なりまくりなので、なかなか連続参加は難しそうですが…

2日間楽しく歩かせて頂き、ありがとうございました。

堺ツーデーマーチ

2日間歩いたログです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第10回堺ツーデーマーチ・1日目

6月6日(土)曇りのち晴れ

第10回堺ツーデーマーチ・1日目

コース:旧跡と緑のまちコース(500選:大阪-1)     35㎞
     神社仏閣・遺跡コース     20㎞
     百舌鳥古墳群コース     10㎞
     ぐるっと仁徳さんコース     3㎞
     大仙公園散策コース     3㎞

歩いたコース:旧跡と緑のまちコース(500選:大阪-1)     35㎞

堺2DM・1日目ログ

堺2DM・1日目

コース:中央会場→百舌鳥古墳群→ニサンザイ古墳→西高野街道→狭山池→荒山公園→家原大池公園→中央会場


歩いた時間:6時間46分(8:02~14:48) 走行時間:6時間36分
歩いた距離:35.4㎞(上り:6.0㎞ 下り:6.1㎞ 平坦:23.3㎞)
平均速度:5.22km/h 走行速度:5.36km/h

第10回堺ツーデーマーチに参加して来ました。
この日は各地でツーデーが開催されています。
SUN-IN未来ウオーク、長良川、加賀百万石、つくば、そして堺。
加賀百万石に参加すれば、東海北陸マーチングリーグのダブルマスターウオーカー達成なのですが、今年は近畿マーチングリーグの歩き残している大会を優先しているので、堺に参戦を決めていました。
去年は琵琶湖8回割を優先していたので、近畿マーチングリーグは、あまり参戦できなかったけど、今年は近畿マーチングリーグの大会への参加が多くなりそうです。

いつものように米原始発で向かっても、35㎞コースの出発には間に合わないので、守山駅から始発電車に乗りました。
守山発は4時49分で、守山駅までは車で2時間ほど掛りますので、2時半に家を出ました。
7時位に会場最寄りの百舌鳥駅に到着しました。

DSCN7940.jpg

会場の場所は分からなかったけど、他のウォーカーさん達に付いていって、無事大仙公園に到着しました。

DSCN7942_20150608202443cae.jpg

もうちっと晴れるかと思っていたのですが、意外と曇っています。

DSCN7943.jpg

ブロ友さんや知り合いさんに挨拶して、すでに皆さん並び始めていたので、私も列に加わります。
かなり参加者が多いようです。

DSCN7946_20150608202446bf5.jpg

太鼓の演奏に送られて、いざスタートです。

DSCN7952_2015060820244839d.jpg

大仙公園を通過して行きます。

DSCN7958.jpg

仁徳天皇陵の脇を通過して行きます。
仁徳天皇陵はおおきすぎて、大きな林みたいでした。
綺麗な前方後円墳の形を真上から見てみたいなぁ~

DSCN7960.jpg

堺市のマンホール。

DSCN7961_20150608203031ca5.jpg

JRの踏切に足止めされました。
このコース、めっちゃ信号が多いみたいです。
街歩き、苦手だなぁ~

DSCN7966_20150608203033dec.jpg

DSCN7967.jpg

いたすけ古墳を通過します。

DSCN7974.jpg

御廟山古墳を通過。

DSCN7978.jpg

3.7㎞地点の百舌鳥八幡宮でチェックポイントでした。

DSCN7981.jpg

ニサンザイ古墳を通過。
この辺り、色んなサイズの前方後円墳があるみたいだが、どれがどれかイマイチ良く分からなかった。
古墳の周りの水は、深い緑色をしていました。

DSCN7986.jpg

DSCN7989.jpg

土塔。
堺市出身の行基が、奈良時代に建立したとされる一辺53.1m、高さが8.6m以上もある十三重の仏塔。

DSCN7992.jpg

黄色いゴリラだぁ~~~(@_@)
信号も多く、歩道も狭いので、なんかウンザリしてきた。
20㎞コースにすれば良かったかな~

DSCN7996.jpg

DSCN7995.jpg

西高野街道。

DSCN8000_20150608204351c9a.jpg

狭山市のマンホール。

DSCN8002_20150608204353355.jpg

狭山池に到着。
池の周りをぐるっと歩きます。

DSCN8007.jpg

連凧が上がっていた。
連凧は、お菓子の袋で作られていましたよ。

DSCN8008.jpg

DSCN8010.jpg

DSCN8015.jpg

狭山池の周りは、走っている人や歩いている人が、たくさん居ました。

DSCN8022.jpg

狭山池を半周ほど歩き、街道を歩いて行きます。

DSCN8023.jpg

DSCN8024_20150608205312fa2.jpg

天野街道。

DSCN8029.jpg

DSCN8032.jpg

DSCN8037.jpg

鳥の鳴き声が聞こえ、なかなか気持ちの良い道でした。

DSCN8039_2015060820580100a.jpg

公園内の遊歩道を歩いて行きます。

DSCN8041.jpg

まだまだ雲低いです。

DSCN8042.jpg

DSCN8049.jpg

大連公園の大連池。
この辺りからお天気が回復し、日差しが強くなってきた。
暑くなってきそうです。

DSCN8055.jpg

下を走っているのは泉北高速鉄道。

DSCN8056.jpg

ずっと公園の遊歩道をつないで歩いていたので、どこを歩いているのかが、良く分からなかった。

DSCN8060.jpg

23.8㎞地点の荒山公園を通過しました。
後2時間ほどでゴール出来そうですかね~

DSCN8063_20150608210310432.jpg

DSCN8064.jpg

かなり疲れてきて、暑かったので、途中のファミリーマートで、フラッペを購入。
ちょっとだけ元気復活‼
ファミマのフラッペ、初めて食べましたが、なかなか良いですね。

DSCN8067_2015060821031452d.jpg

DSCN8068.jpg

堺市のマンホール。
狭山市から堺市まで戻ってきたようです。

DSCN8070.jpg

DSCN8072.jpg

家原大池公園を通過します。
池には鯉がいっぱい居ました。

DSCN8073.jpg

JRを潜ります。

DSCN8074.jpg

大鳥神社。
和泉国一の宮だそうで、とても大きな神社でした。
余裕があれば立ち寄りたかった。

DSCN8075.jpg

熊野街道。
この辺りは、いろんな街道があるみたいですね。

DSCN8078_20150608211306e46.jpg

DSCN8082_201506082113078b5.jpg

古墳の脇を歩いています。
とても大きいので仁徳天皇陵かと思ったら、一回り小さい履中天皇陵でした。

DSCN8084_20150608211309a32.jpg

大仙公園内を歩いて行くと…

DSCN8086_20150608211310980.jpg

ゴールでした。
たくさんのスタッフさんがお出迎えしてくださって、とても嬉しかったです。
先にゴールしていたブロ友さん達にも、お会い出来ました。

1日目のコース前半は信号が多く、歩道も狭かったので、とても歩き辛かった。
後半は公園の遊歩道をずっと歩いていて、車とか来ないので、歩きやすかったですが、景色が単調で、どこを歩いているのか良く分からないまま、ひたすらゴール目指して歩いていた感じです。

ここ最近、長距離を歩いておらず心配でしたが、無事完歩出来ました。
目標の3時もクリアできて良かったです。

DSCN8087.jpg

2日目に備え、会場を後にします。

かなり端折レポですが、2日目のレポに続きます。
2日目のレポのアップは、明後日以降になる予定です。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

繖山三角点をめぐるハイキング

5月31日(日)晴れ

安土町観光ボランティアガイド協会主催
『繖山三角点をめぐるハイキング』     距離:約14.0㎞

繖山

繖山高低差 繖山三角点をめぐるハイキング

コース:JR安土駅→桑實寺→観音寺城跡→観音正寺→繖山三角点→瑠璃石(桑實寺奥の院)→繖山稜線→文芸の郷→JR安土駅

歩いた時間:5時間53分(9:43~15:36) 走行時間:3時間32分
歩いた距離:10.4㎞(上り:3.3㎞ 下り:3.2㎞ 平坦:4.0㎞)

安土町観光ボランティアガイド協会主催のハイキングに参加しました。
この日は、琵琶湖10回割ウオークの日でもあり、傘マークが付いていたので、直前まで参加を迷っていたのですが、傘マークが消えたので、琵琶湖10回割をお休みして、こっちに参加する事にしました。

DSCN7710.jpg

9時35分安土駅集合で、9時位に到着しました。

DSCN7717_20150603202712cdb.jpg

駅前には信長像。

DSCN7712.jpg

DSCN7713_201506032027117c6.jpg

駅前をブラブラしていると、徐々に参加者が集まって来ました。

DSCN7720.jpg

時間になり、出発前の説明です。
参加者は35名程ですかね~
長期予報では雨でしたので、ガイドさん曰く「10人参加してくれるかな」と思っていたとの事でした。
傘マーク消えて良かったですね。
いつもの流れなら、説明の後ストレッチですが、「不慣れなので、各自でストレッチしてください」との事でした。

DSCN7725.jpg

安土駅前を出発して、繖山(きぬがさやま)に向かいます。

DSCN7726.jpg

DSCN7736_20150603203418ec9.jpg

安土山です。

DSCN7739_201506032034203a9.jpg

前に見えているのが繖山、432.9m。
貴人にさしかざす衣蓋(きぬがさ)のようにふんわりとした美しい山容から名付けられた。
一説には、西側の中腹にある桑實寺の開祖、定恵和尚(藤原鎌足の長男)が中国から養蚕技術を持ち帰り、広めた事にちなみ、蚕が糸を散らす様から繖山と名付けられたとも伝えられています。
糸を散らすと書いて繖(きぬがさ)。難しい漢字ですよね。

DSCN7743.jpg

DSCN7744_20150603204553abd.jpg

まずは山の中腹にあるという桑實寺を目指します。

DSCN7747_20150603204555f24.jpg

DSCN7750_201506032045561ed.jpg

DSCN7752.jpg

階段が続きます。
やっと山門。

DSCN7757.jpg

DSCN7760.jpg

DSCN7761.jpg

DSCN7762_201506032047258d1.jpg

まだまだ階段は続きます。

DSCN7764_2015060320485911b.jpg

やっと本堂に到着です。

DSCN7766.jpg

近江京の時代、湖国に疫病が流行し、天智天皇の第四皇女阿閇姫も病気にかかり、病床で琵琶湖に瑠璃光の光が輝く夢をみました。この話を聞いた天皇は定恵和尚に法会を営ませると、湖中より生身の薬師如来が現れ大光明がさしました。
この光に当った人は病いが治り、姫の病いも治りました。このことによって、この薬師如来を本尊として創建したのが桑實寺です。
本堂は戦火に巻き込まれていませんので、創建当時(南北朝時代)のまま現在にその姿を伝えています。

こちらの本堂にお参りするには、自動車道は無く、歩いてくるしか無いとの事。
汗をかきかき上がった先にある本堂、なんと有難い事か。。。

ガイドさん曰く「ここまでがウォーミングアップ。ここからが本番です。」

DSCN7769.jpg

DSCN7772.jpg

DSCN7776.jpg

さらに奥の階段を上がって行きますよ~

DSCN7777.jpg

DSCN7780_201506032056142c2.jpg

どんどん階段を上がって行きます。
ずっと上りが続くので、息が切れて、苦しくなってきますが、頑張って上って行きます。

DSCN7783_20150603205615402.jpg

やっと観音寺城跡に到着したみたい。
井戸があった。

DSCN7785_20150603205616e57.jpg

DSCN7786.jpg

観音寺城跡。
日本五大山城の一つに数えられ、室町時代の近江守護・佐々木六角氏の居城として整備された。
安土城以前に石垣を多用した例外的な城としても有名。
1568年に信長が観音寺城を攻めると城主の六角氏は逃亡し無血開城、その後に廃城となった。

DSCN7790.jpg

DSCN7800_2015060321032458f.jpg

DSCN7814_20150603210325939.jpg

DSCN7816.jpg

ガイドさんの説明を聞きながら、観音寺城跡を巡ります。
出発前の説明で「観音寺城を、しっかり巡るなら1日掛ります。」とおっしゃっていたけど、確かにこれはしっかり見ようと思ったら、1日掛ります。

DSCN7817_201506032103284dd.jpg

DSCN7820.jpg

DSCN7821_20150603210922ddb.jpg

DSCN7823.jpg

DSCN7826.jpg

観音正寺に向かいます。
木々の間から、素晴らしい景色が見えていました。

DSCN7830.jpg

観音正寺到着です。
こちらで1時間ほど昼食休憩でした。

DSCN7831.jpg

DSCN7835.jpg

DSCN7844.jpg

DSCN7849.jpg

DSCN7851.jpg

DSCN7854_20150603211438272.jpg

DSCN7856_201506032114405bf.jpg

DSCN7857_201506032114413b5.jpg

DSCN7860.jpg

観音正寺は聖徳太子の開創。
ここには明治15年に彦根城 欅御殿(けやきごてん)を移築した旧本殿が建っていたが、平成5年に失火で御本尊とともに焼失。
現在の本殿は平成16年に再建したもの。御本尊の千手観音坐像はインドより特別に輸入された「白檀」で作られています。

DSCN7862.jpg

表参道の階段。
2年前に観音正寺に来た時は、こちらから上がって来ました。→その時のブログ

DSCN7863.jpg

昼食を終え、リスタートです。
繖山の三角点を目指します。

DSCN7866.jpg

DSCN7869_20150603212335147.jpg

DSCN7872.jpg

DSCN7873_20150603213009b68.jpg

DSCN7874_20150603213040408.jpg

いよいよ三角点を目指します。
またまた階段が続きましたが、前が詰まっていたので、比較的ゆっくり上がる事が出来、楽でした。

DSCN7884.jpg

DSCN7883.jpg

繖山の山頂に到着です。

DSCN7885.jpg

二等三角点にもタッチ☆

DSCN7879_201506032130126a7.jpg

さてここからは下りです。

DSCN7892.jpg

山頂から、しばらく歩くと絶景が。
安土山と西の湖。
その奥には八幡山と長命寺山かな?

DSCN7895.jpg

分岐点。
文芸の郷には、こちらに進むのだが、寄り道して瑠璃石方面へ下って行きます。

DSCN7899_20150603213355e55.jpg

桑實寺奥の院。
瑠璃石。

DSCN7897_20150603213353f18.jpg

馬の蹄の跡とか。。。

ダウンロード

この場所桑實寺起源絵巻に描かれています。

先ほどの分岐へ、上がって行きます。
元来た道を上り返すとは、とほほ。。。(^-^;

DSCN7900_20150603214959b36.jpg

DSCN7902.jpg

途中に西国三十三カ所の石仏がありました。
安土山の東端には、四国八十八カ所の石仏があるそうですよ。
昔は交通機関が発達していないので、このような石仏を建立し、お参りされたようです。

DSCN7903_20150603215002419.jpg

DSCN7905.jpg

下りもずっと階段で、結構足に応えました。

DSCN7907_2015060321500573b.jpg

文芸の郷に到着です。

DSCN7915_20150603215706906.jpg

後続の人がそろうのを待って、駅に向かってのラストウォーク。

DSCN7916_20150603215708abb.jpg

繖山。
上りも下りも階段で、結構大変でした。
階段って、歩幅が合わないので、辛いですよね~

DSCN7920.jpg

DSCN7921.jpg

安土駅にてゴールでした。

今まで観音正寺や観音寺城跡には行った事がありましたが、今回はガイドさんの説明があり、色々知らなかった事を知る事が出来、大変勉強になりました。歩いてしか行けない桑實寺も良かったです。
かなり端折レポですが、繖山は見所いっぱいでした。
また紅葉の頃にも、同じようなハイキングが開催されるようなので、また都合が合えば参加したいなぁと思います。
お天気にも恵まれ、とても有意義な1日でした。
ありがとうございました。

DSCN7924.jpg

DSCN7926_20150603220731fd7.jpg

駅近くの安土城城郭資料館にも行きました。
20分の1の安土城のひな形があります。
安土城、現存していたら良かったのになぁ~

DSCN7932_2015060322073236b.jpg

DSCN7935.jpg

DSCN7937.jpg

来週は信長まつりだそうで、安土城址は無料開放らしいですよ。
私はツーデー参加ですので行けませんが、そのうち安土山にも行きたいですね。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

歩いて巡拝知多四国・第6回

5月30日(土)晴れ

『歩いて巡拝知多四国・第6回』
距離:約10.0㎞

知多四国・第6回

歩いて巡拝知多四国・第6回

コース:名鉄・巽ヶ丘駅→モンマルシェ巽ヶ丘駅前(スタート)→如意寺(第76番)→密厳寺(第74番)→誕生堂(第75番)→正法院(第73番)→浄蓮堂(第77番)→栖光院(第80番)→龍蔵寺(第81番)→名鉄・寺本駅

歩いた距離:8.3㎞(上り:1.3㎞ 下り:2.1㎞ 平坦:4.9㎞)
歩いた時間:1時間46分(8:17~10:03) 走行時間:1時間37分
(スタートして15分程、ログが拾えていません。実際のスタートは8時)

歩いて巡拝知多四国の6回目参加して来ました。
今回のスタートは、名鉄巽ヶ丘駅近くのモンマルシェ。
受付開始が、8時からなのですが、順調に来れたので、7時半位に到着しました。
30分程受付開始を待ちましたが、日差しが強く暑い。。。

DSCN7640.jpg

8時にマップを頂きスタートです。
知多四国を歩く日は、いつも良いお天気。
弘法様のお力ですかね~

DSCN7648.jpg

微妙にアップダウンのある道を進んで行きます。
今回は、最初のお寺までは4.9㎞程あり、1時間ほど歩かねば到着しません。
汗をかきかき歩いて行きます。

DSCN7650.jpg

七曲公園通過。
日差しが強く、なんかクラクラして来ます。

DSCN7653.jpg

DSCN7654.jpg

池が見えてきた。
梅の名所の佐布里池らしい。

DSCN7658.jpg

道路沿いには梅の木が植えられていて、実をつけていました。
ここ最近、三方五湖、和歌山と梅の名所に縁がありますね~

DSCN7662.jpg

佐布里池周辺は、綺麗に整備されていました。

DSCN7663.jpg

マンホールの柄は、やはり梅。

DSCN7666_20150602211357098.jpg

丁石発見。
1時間ほど歩いて、やっとお寺に到着な気配。

DSCN7667_20150602211357c29.jpg

76番如意寺。

DSCN7669.jpg

74番密厳寺。

DSCN7673.jpg

75番誕生堂。

DSCN7675_20150602211401e76.jpg

73番正法院。

DSCN7678.jpg

77番浄蓮堂。

佐布里5カ寺。
まとまった場所にありましたので、順番にお参りをして、ご朱印を頂きました。
先に五円玉がつけられている紐が、お堂の前にぶら下がっていましたが、ご縁を結ぶという意味があるのでしょうか?

DSCN7679.jpg

先に進みます。

DSCN7680.jpg

DSCN7682.jpg

佐布里パークロードを歩いて行きます。
木陰があって、気持ちの良い道です。

DSCN7683_201506022117242d3.jpg

色んな木が植えてあったけど、これは何の実?

DSCN7684.jpg

ヘルメット、気になります。

DSCN7688.jpg

エリアごとに、色んな木が植えられているらしく、ふだんあまり見かけないような木もありました。

DSCN7692_201506022122118b6.jpg

こんなアーチもあったりして、なかなか歩きやすい道でした。

DSCN7694.jpg

佐布里パークロードから外れ、歩いて行きます。

DSCN7697.jpg

80番栖光院に到着。

DSCN7698_20150602212702c37.jpg

大きな楠がありました。

DSCN7699.jpg

DSCN7700.jpg

本堂と弘法堂にお参りして、次に進みます。

DSCN7703.jpg

DSCN7704_20150602212707809.jpg

名鉄を横断します。

DSCN7705.jpg

81番龍蔵寺です。

DSCN7706.jpg

大きな草鞋には、いっぱいお金がはさんでありました。

かなり端折レポですが、これにて本日の寺めぐりは終了です。
かなり日差しが強く、暑い日でしたが、本日も無事7寺巡る事が出来ました。

DSCN7708.jpg

名鉄寺本駅にてゴールでした。
10時過ぎに歩き終わりましたので、もう一丁と行きたい所ですが、毎週のツーデー疲れか、体調がイマイチでしたので、そのまま家に帰り、休息日としました。
翌日は、雨予報が晴れのようなので、山歩きに行きましたが…(^^ゞ
レポは後日アップします。

《おまけ》

JR名古屋高島屋で先行限定販売のスイーツ買いました。

DSCN1335.jpg DSCN1333_20150602213744665.jpg

〈小樽洋菓子舗ルタオ〉×大徳さんコラボレーションのミルクケーキ。
ジャージー牛乳とマスカルポーネを使用したミルキーなムースをベースにつぶつぶタピオカ入りのミルクソースをトッピングされています。

あまりスイーツとか食べない系なのですが、これはめっちゃ美味しかったです(#^^#)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

粉河寺

5月23日(土)曇り

きのくに海南歩っとウオークのウオークの1日目を歩き終わったのが昼過ぎでした。
時間がかなりあったので、紀の川市まで足を伸ばし、西国三十三カ所の第三番札所の『風猛山粉河寺』に行きました。
2年前にわかやまツーデーに参加した時に立ち寄りたかったのですが、微妙に遠くて立ち寄れなかったんですよね~

海南駅から電車に乗り、和歌山駅で和歌山線に乗り換えます。
和歌山線は、かなりローカル線みたい。
ワンマン電車で、電車もガッタンゴットン、かなり揺れました(@_@。
1時時間ほどの電車旅で粉河駅に到着しました。
駅には駅員さんらしき人は居なく、もちろん自動改札もなく、切符を改札の所にある箱に入れるだけでした。
「切符は目的地まで正しく買いましょう。」って、電車の中でアナウンスされていた意味が、ようやく分かりました。

DSCN7432_2015060119584763e.jpg

DSCN7435.jpg

粉河寺は駅前の道を、ずっと1200mほど進んで行けばあるみたいです。
昼食食べそびれていたので、良い所があれば、食べようかなと思っていたのですが、外食出来そうなお店は無かったです。

DSCN7436.jpg

歩いている途中に「ニラ苗あげます」と、コンテナにニラ苗が置いてあった。

DSCN7441_2015060119585345b.jpg

大門に到着。

DSCN7443_20150601200346f35.jpg

DSCN7445_201506012003474f6.jpg

大門を潜り、進んで行きます。

DSCN7449_20150601200348886.jpg

仏足石。
釈尊の足形を石に刻んだものであり、その大きさは偉大な人徳を表しているという。

DSCN7454_20150601200350c90.jpg

中門に到着。
門には四天王が安置されてします。

DSCN7458_201506012003512ea.jpg

本堂到着です。
こちらでご朱印を頂きました。

DSCN7464_20150601200837a38.jpg

DSCN7467.jpg

本堂の東側には、立派な楠がありました。

DSCN7461_20150601200836f2e.jpg

本堂前の石段の西側に粉河寺庭園がありました。

DSCN7473_2015060120084024a.jpg

中門を潜って帰るとします。
四天王様が安置されているのは、珍しいなぁと思いました。

DSCN7437.jpg

DSCN7476.jpg

粉河寺のすぐそばにある神社にも、大きな楠があり、両手で触って、パワー頂いて来ました。

粉河駅から電車に乗り、宿泊先の和歌山駅まで向かいます。
帰りの電車もワンマン電車。
ワンマン電車は、無人駅では、乗車口でお金を払うか、切符を渡しておりるシステムみたいだが、乗車口からお金を払わずに降りていく人を3人も見たので、ちょっと驚きでした。
キセルが横行しているのかなと思いました。
たまにローカル線乗りますが、乗る時に検札とかも無くて、結構適当な感じな所ありますからね。。。(^-^;

DSCN7483_20150601202743ae5.jpg

海南歩っとウオークの、アフターウォーキングは、いつものようにお寺巡りでした。
和歌山は遠いので、なかなか行く事が出来ませんので、粉河寺を訪ねる事が出来て、良かったです。

西国三十三カ所巡りも、行った先々でご朱印を頂いておりますが、やっと18カ所位で、折り返しかな?
ウオーキングの遠征ついでに巡っていますが、そろそろ行けない場所には行けないので、ウォーキングのオフシーズンに休みを利用して、寺巡りしたいなぁと考えています。
ねらい目は、秋休みの5連休かな?

ブログのアップが遅れていますが、5月最後の土日の記事は、明日以降アップの予定です。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。