スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回一宮七夕ウオーク・3日目

7月26日(日)

第16回一宮七夕ウォーク・3日目

美濃路コース Dコース 20km(ショートコース:12km)
花咲く乙女コース Eコース 8㎞

歩いたコース 美濃路コース Dコース 20km

七夕ウオーク

一宮七夕ウオーク

コース:尾張一宮駅シビックテラス→妙興寺→美濃路富田一里塚→湊屋邸→三岸美術館→尾張一宮駅東口

歩いた時間:3時間32分(8:52~12:24) 走行時間:3時間24分
歩いた距離:19.4km(上り:1.2㎞ 下り:1.3㎞ 平坦:16.9km)

CIMG2653.jpg

一宮七夕ウオーク・3日目です。
尾張一宮駅にやって来ました。

CIMG2654.jpg

駅ビルの東口前にて受付を済ませます。
本日もギラギラ太陽。
暑いです。
このような暑さの中、町中を長距離歩くのは、今年初です。
完歩出来るかしら。。。(@_@。

CIMG2658.jpg

出発式会場の駅ビル3階のシビックテラスにやって来ました。
七夕飾りがザワザワと音を立てて、風にそよいでいました。

CIMG2662.jpg

出発式では、パパイヤ鈴木考案の『キンコンカン体操』をしました。

CIMG2663.jpg

エイエイオーの後、スタートです。
エスカレーターを降りねばならず大混雑、ほぼラストからスタートしました。

CIMG2664.jpg

ぼんぼりウオークで歩いた梅ヶ枝公園を通過します。

CIMG2667.jpg

しばらくは木陰の道を歩きます。
暑かったですが、結構良いペースで歩いて行けました。

CIMG2670.jpg

妙興寺を通過します。

CIMG2674.jpg

七つ石。
日本武尊がこの石で剣を研いだという伝説から「剣研石」とも言われる。

CIMG2677.jpg

笠懸けの松。
日本武尊が笠を懸けて小休止した跡と言われる。

このコース、一昨年はコースが違っていましたし、昨年は歩いていないので、七つ石や笠懸けの松は初めて見ました。
この辺りにも日本武尊の足跡があるのですね~

CIMG2683.jpg

CIMG2684.jpg

暑いのですが、一昨年よりも暑くないので、思ったより楽に歩いて行けます。

CIMG2688.jpg

大きな木が見えた。

CIMG2689.jpg

富田一里塚。

CIMG2690.jpg

美濃路で唯一道の両側に一里塚が存在しています。

CIMG2691.jpg

一里塚で水分補給をして、先に進みます。

CIMG2697.jpg

尾西のマンホール。
中央に市の花・サツキ、周囲に市の木であるカシの葉と実が描かれています。

CIMG2699.jpg

湊屋邸到着。
ショートコースは、ここでゴールになりますが、先に進みます。

CIMG2703.jpg

単調な道が続きます。
標識には、一宮駅5kmと書いてありました。
後1時間くらいか。

CIMG2705.jpg

木陰があると、ちょっと楽ですね~

CIMG2708.jpg

そのうちに木陰も無くなり、強い日差しの中を、ひたすら尾張一宮駅に向かって歩いて行きます。

CIMG2711.jpg

やっと尾張一宮駅に到着です。
ずっと真正面に見えていたけど、遠く感じました。

CIMG2712.jpg

駅の中の喧騒を通り抜けます。

CIMG2713.jpg

CIMG2714.jpg

駅ビル東口にてゴールでした。
4時間位掛るかとおもったのだが、3時間半程で完歩出来ました。

ゴールでしばらく誰か来ないかな~と待っていたのですが、残念ながらブロ友さん達には会えませんでした。
皆さん先にゴールされたのでしょうね~
またどこかでお会いできるのが楽しみです(#^^#)

2年前の美濃路コースは26㎞コースで、国府宮神社まで行かねばならなかったし、コース上には、自販機やコンビニなど全然無くて、大変な思いで歩きました。今年より暑かったですしね~
去年から20kmコースに短縮され、コース上に意外と自販機やコンビニがあり、かなり難易度が下がったなぁと思いました。
かなり気温が高かったので心配でしたが、距離も短かったですし、意外と歩けました。
来年は、是非3日間完歩したいです。
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第16回一宮七夕ウオーク・2日目

7月25日(土)晴れ

第16回一宮七夕ウォーク・2日目

美しい道500選ウォーク(500選:愛知-02)
清流コース Bコース 23km Cコース 16km

コース:犬山城前広場→扶桑緑道→くすり博物館→138タワーパーク(Cコースゴール)→真清田神社・大宮公園(Bコースゴール)

第16回一宮七夕ウオークの出発の見送りに行きました。
本来は参加を予定していたのですが、どうしても時間の調整が付かず、出発式のお見送りだけ行きました。
せめて138タワーまでのCコース歩きたかったな。

CIMG2613.jpg

名鉄犬山遊園駅から木曽川沿いを歩き、会場の犬山城前広間を目指します。
良いお天気と言うか、めっちゃ暑い(@_@)
今年は結構涼しかったように思いましたが、一宮七夕ウオークに合わせるかのように、暑さがやって来た。
汗がダラダラ出てきます。

CIMG2617.jpg

国宝犬山城。
犬山城前広場に行くには、ちょっとした坂を上ります。

CIMG2620.jpg

犬山城前広場に到着。

CIMG2625.jpg

6月の堺以来か、久々にブロ友さんや知り合いさんに会えて、嬉しかった。
ブログを読んで頂いている方にもお声掛け頂きました。
ありがとうございます<(_ _)>
この暑いのに、参加者は多いですね~
皆さん、アル中ですね。
立っているだけで、暑さでクラクラしてきますが、本日は歩きませんので、ちょっと気が楽。。。(^^ゞ

CIMG2627.jpg

時間になり、皆さん元気にスタートされて行きました。
無事完歩されてくださいね(^O^)/

CIMG2636.jpg

来た道を戻ります。
なぜか駅に向かうウォーカーさんも、チョイチョイ見掛けた。
一宮七夕ウオーク名物、刺繍ゼッケン目当ての方もいらっしゃるようだ。

CIMG2638.jpg

CIMG2644.jpg

木曽川では、ワンちゃんが水浴びしていました。
気持ちよさそう。

CIMG2647.jpg

帰りは犬山橋を渡り、JR鵜沼駅より帰路に着きました。

CIMG2651.jpg

今年は、犬山から真清田神社コースを歩けなくて、とても残念でした。
来年は是非歩きたいと思います。

翌日の美濃路コースは、灼熱地獄の中、歩きました。
3日目のレポに続く。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

一宮七夕ぼんぼりウオーク

7月24日(金)晴れ

第16回一宮七夕ウオーク・1日目
『一宮七夕ぼんぼりウオーク』     距離:5㎞

ぼんぼりウオーク 

一宮七夕ぼんぼりウオーク

コース:尾張一宮駅→梅ヶ枝公園→大江川緑道→大乗公園→大宮公園(真清田神社)

歩いた時間:1時間01分(18:02~19:03) 走行時間:56分
歩いた距離:4.3km(上り:49m 下り:107m 平坦:4.1km)

CIMG2611.jpg

仕事帰りに、一宮七夕ぼんぼりウオークを歩いて来ました。
一宮七夕ウオークの1日目になります。

CIMG2570.jpg

本日は定時退社日ですし、定時に仕事を終え、尾張一宮駅で途中下車しました。
名古屋から尾張一宮までは、JRで10分弱かな。
尾張一宮駅は、昨日から七夕祭りが開催されているので、かなりの賑わっていました。

CIMG2576.jpg

マップを頂き、華やかな七夕飾りの下を歩き始めます。
本日のウオークは、参加費無料です。

CIMG2579.jpg

このコースを歩くのは3度目ですし、途中ぼんぼりがありますので、マップが無くても、迷う事はありません。
梅ヶ枝公園に到着です。
こちらでアイスモナカとうちわを頂きました。
かなり暑かったので、頂いたうちわは重宝しました。

CIMG2580.jpg

「あっ!いつものワンちゃん(^O^)/」
本日は、知った方にお会いする事はないと思っていたのですが、237さんにお会い出来ました。
しばしお話をして、先に進みます。
かなり暑かったけど、無事ゴールされたかな?

CIMG2581.jpg

線路の高架下を歩いて行きます。

CIMG2582.jpg

ぼんぼりが飾ってありましたが、もう少し暗くなってからの方が雰囲気でますよね。

CIMG2587.jpg

大江川緑道を歩いて行きます。
緑道の先には、138タワーが見えていました。

CIMG2590.jpg

CIMG2591.jpg

CIMG2593.jpg

CIMG2597.jpg

だんだん暗くなってきて、ぼんぼりの暖かい色がゆらゆらと雰囲気出てきました。

CIMG2604.jpg

大乗公園を通過します。

CIMG2605.jpg

この道を進み、ゴールの大宮公園でした。
あすのロングコースも、最後はここを歩きますね。
ゴールにてIVVを頂き、喪中ですので、真清田神社に寄らず、七夕祭りの喧騒を避け、帰路に着きます。

CIMG2608.jpg

メイン通りは、かなりの人通りで、とても賑わっていました。

本日は、一宮七夕ウオークの前夜祭。
夕方でしたが、かなり暑かったです。
でも久々のウォーキングだったのでリフレッシュ出来ました。
3回目のコースなので、かなり端折レポですみません。。。(;´∀`)

明日は、いよいよ七夕ウオークの本番ですね。
今年は涼しいかなと思っていたのですが、ここ最近、急に暑くなって、明日は体温並みの気温になりそうです。
明日歩かれる方は、無事完歩されますように☆
私はショートコースだけでも歩きたいと思っていたのですが、時間の調整が付かず、歩けません。
スタート地点には顔を出す予定ですので、皆さんにお会いできるのが楽しみです♪

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

久々の社会復帰

長い間ブログが更新出来ませんでした。

11日に父が亡くなりました。
全然元気だったのですが、夕方の犬の散歩の途中。
急性の心筋梗塞でした。
前日も実家に行き、普通に話して、日曜(12日)にも約束をしていたのですけどね…
あまりにも突然の事で、未だに現実が呑み込めない状態です。
お葬式やら何やらで、ずっと実家で過ごしていて、なかなかプライベートな時間は取れなかったし、毎日が、食べているのか、寝ているのか…なんか良く分かんないような虚ろな状態で過ごしていました。
やらなきゃいけないことは、いっぱいあるんだけど。。。
しっかりしなくちゃと思うのだけど、突然過ぎてなかなか気持ちの整理が付きません。
今年のGWに父と二人で信州善光寺の御開帳に行ったのが、最後のプチ旅行になってしまった。
次の御開帳も一緒に行けるって思っていたんだけどな…

昨日までで忌引き休暇が明け、今日は12日振り位に出社したのですが、予想通り仕事は一杯溜まってました。
未読のメールが350通とか。。。(;´∀`)
私にも生活があるから、元気を出して、頑張らねばですね。

今年の夏は山を中心に、色々考えていたのですが、少し忙しくなってしまったので、もう一度計画し直しです。
上高地とか行きたかったな~
とりあえず明日からの一宮七夕Wは歩かないにしても、地元なのでスタートには顔を出したいと思っています。
ブログも徐々に更新していく予定ですので、よろしくお願い致します<(_ _)>

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

おしらせ

私のブログを読んで頂きありがとうございます。

11日に身内で不幸があり、しばらくはブログの更新が出来ません。

落ち着きましたら、また再開しますので、よろしくお願い致します。





テーマ : 日記
ジャンル : 日記

高見山登頂

7月5日(日)雨

名鉄バスハイキング
『360度の大パノラマ!高見山登頂』     
  (標高:1,248.4m 奈良県東吉野村)     距離:9.5㎞

高見山

高見山高低差 高見山登頂

コース:高見山登山口バス停→小峠→杉谷平野分岐→高見山山頂(標高:1,248m)→杉谷平野分岐→高見杉→たかすみ温泉

歩いた時間:3時間13分(11:03~14:16) 走行時間:2時間47分
歩いた距離:7.4㎞(上り:3.5㎞ 下り:3.8㎞ 平坦:69m)

名鉄バスハイキングで高見山に登って来ました。

高見山

近畿のマッターホルンともいわれる秀麗な山容を誇る高見山。
関西では冬に霧氷や樹氷を見ることができる山として有名で、冬は多くの登山客で賑わうそうだ。
登山レポをネットで検索しても、冬のレポートばかりでした。

この日の天気は微妙でしたので参加を迷いましたが、少々の雨なら、まっ良いかなと思い、行く事に決めた。
朝、こちらは雨が止んでいましたが、天気予報によると、太平洋に近いほど雨が降るみたいで、奈良は雨のようでした。

名古屋の名鉄バスセンターに向かいます。
参加者ワッペンとマップを頂き、バスに乗り込みます。
今回のハイキングコースはバス1台との事で、座席は半分ほどしか埋まっていませんでした。
8時にバスターミナル出発です。
バスハイキングは、初参加。どんな感じなんでしょうね~

バスの中でうとうとしていたら、伊賀上野SAで小休憩。
外に目をやると、雨が降っています。
あらら。。。(^-^;

バスの中では、コースの説明や諸注意があり、出発してから3時間ほど、11時前に高見山登山口に到着です。
雨が降っているので、雨装備を整え、スタートです。
雨の中、標高1,000m以上の山に登った事がないので、ちょっと心配ですが、マップには通過時間の目安が書いてあったので、それを目安に歩こうと思います。
山頂は13時30分までに通過とあります。
2時間半で標高1,248mまで行けるかな~

DSCN8444_201507072044551be.jpg

登山道に進んで行きます。
長丁場だから、ペースを上げ過ぎないように。

DSCN8446.jpg

名鉄ハイキングの道標も、結構貼ってあったので、心強かったです。

DSCN8449.jpg

DSCN8450.jpg

石畳の綺麗な道が続きます。
先週熊野古道で滑って転んだ事を思い出しましたが、登りでしたので、滑りませんでした。

DSCN8454.jpg

左右に草が生い茂る道を歩いて行きます。
思ったほど急な坂は無く、むしろ穏やかな道。
「こんな楽でええんかいな。」

DSCN8456_20150707205307048.jpg

雲母曲(きららひじ)。

DSCN8457_20150707205309c99.jpg

つづら折れに登って行きます。

DSCN8458.jpg

おっと通行止め。
迂回路に進みます。

DSCN8459.jpg

見事に崩れていますな。

DSCN8461.jpg

徐々に上がりながら進んで行きます。

DSCN8463.jpg

小峠到着。
マップには12時15分までに通過と書いてありましたが、11時35分通過。
40分貯金が出来ました。

DSCN8465_20150707205729dc5.jpg

小峠からが、激上り。。。(^-^;
急な上りが続きます。

DSCN8468.jpg

流石に足を止めて、水分補給をしました。

DSCN8470.jpg

急な上りの最後は、鎖をつかんで、岩を越えました。

DSCN8474.jpg

杉谷平野分岐に到着です。
ここから山頂までピストンです。

DSCN8477_20150707210346d94.jpg

ひたすら上って行きます。

DSCN8483_20150707210349b2c.jpg

DSCN8481.jpg

国見岩。

DSCN8484_201507072103503d3.jpg

雨が降り続いていますが、緑が綺麗。
辺りはガスっていて見えません。

DSCN8487.jpg

DSCN8488_2015070721072505e.jpg

揺岩。

DSCN8489_20150707210726124.jpg

まだまだ上り。
もうちょっとって思うんだけど、なかなか山頂までたどり着けない。

DSCN8490_201507072107282ca.jpg

平坦な道の先は山頂かなと期待したのですが…

DSCN8491.jpg

笛吹岩。

DSCN8495_201507072112466cd.jpg

絶妙なバランスで石が立ててあった。

DSCN8493.jpg

笛吹岩からの眺め。
雲が下に見えて、素晴らしい眺めです。
山頂はもっと素晴らしいはず。
頑張ろう。

DSCN8498.jpg

周りがガスっています。

DSCN8499.jpg

山頂らしき建物が見えた。

DSCN8502_20150707211252869.jpg

高見山の山頂に到着ですヽ(^。^)ノ
12時40分に到着ですので、約1時間40分で山頂まで来れました。
強弱はあれ、ずっと上りでしたので、結構大変でした。

DSCN8504_20150707211730bcc.jpg

高見山の三角点。

DSCN8507.jpg

DSCN8500.jpg

DSCN8508_20150707211734eda.jpg

DSCN8510.jpg

山頂からの景色は、生憎の天気でしたが、とても素晴らしく、登って来た辛さを忘れるほどでした。
山って、やっぱりいいね(#^^#)

DSCN8514.jpg

下山します。

DSCN8516.jpg

DSCN8517_201507072121521fe.jpg

国見岩まで戻って来ました。

DSCN8521_201507072121533e2.jpg

DSCN8522.jpg

杉谷平野分岐まで戻って来ました。
杉谷方面から来たので、平野方面に向かいます。

DSCN8524.jpg

多少のぬかるみはありましたが、問題なく下って行きます。

DSCN8525.jpg

DSCN8526_2015070721251026a.jpg

途中結構階段があったのだけど、1段1段の段差が大きく、歩き辛かった。

DSCN8527_201507072125128d9.jpg

岩ごろ道も、かなり歩き辛かった。

DSCN8530.jpg

沢渡りが1カ所ありました。
先週ツヅラト峠で失敗しているので、慎重に渡ります。

DSCN8533.jpg

DSCN8539_201507072130125a6.jpg

樹齢700年の高見杉。

DSCN8543.jpg

DSCN8550_20150707213015143.jpg

DSCN8551.jpg

参加者も少なく、ばらけているので、前にも後ろにも誰もおらず、心細くなったりしましたが、名鉄ハイキングの道標もあったりしたので、安心して歩いて行けました。
雨が降っていて、緑が綺麗でしたし、沢のせせらぎが聞こえ、鳥の鳴き声が聞こえ、マイナスイオンたっぷりな、楽しい道でした。
下り道、所々大変な所はありましたが…

DSCN8555.jpg

登山道を抜け、丹ノ浦橋を渡ります。

DSCN8558.jpg

DSCN8560.jpg

川沿いを歩き、

DSCN8564.jpg

DSCN8565.jpg

たかすみ温泉でゴールでした。
2時15分位に到着でしたので、山頂から1時間35分程掛りました。
下りの方が距離が長かったので、意外と時間が掛りました。

バスの出発は4時なので、たかすみ温泉に行き、汗を流しました。
レインウェアを着ていたので、服はぐっしょり濡れていました。
森林の中を歩いていたので、それほど激しい雨には当たってないのですが、汗はかなりかきましたね。
温泉でさっぱり出来て、とても気持ち良かったです。

たかすみ温泉の駐車場に帰りのバスが待っていたので、ゴール受付をしました。
朝もらった参加者ワッペンの半券をスタッフさんに渡します。
ワッペンには番号が振ってあるので、誰がゴールしたか分かる仕組みです。

DSCN8567.jpg DSCN8569.jpg

ゴールでは、お土産まで頂けましたよ。

雨の中の高見山登頂。
私の脚力では、ちょっと大変で、次の日も微妙に筋肉痛になったりしましたが、山頂の景色も素晴らしかったし、登山道も緑が美しく、良い山だなと思いました。

今回は初めて名鉄ハイキングツアーを利用して遠征登山をしてきましたが、個人的に行くより全然安く早く楽に行けるので、結構使えるなぁと思いました。
初めての山にソロで登るのは、ちょっと勇気が要りますが、これなら道標もありますし、スタッフさんも同じコースを歩いていますしので、安心して歩けます。
ちょっと遠くへ、旅気分が味わえるのも良いなぁと思います。
夏はイベントが少ないので、またプチ遠征したいなぁと思います(^O^)/

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

元亀争乱 虎御前山砦と小谷城跡を巡る

7月4日(土)曇り

JRふれあいハイキング
奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催
『語り部と歩く小谷城シリーズ
 元亀争乱 虎御前山砦と小谷城跡を巡る』     距離:約10㎞

虎御前山砦と小谷城跡

虎御前山砦と小谷城跡高低差 元亀争乱 虎御前山砦と小谷城跡を巡る

コース:河毛駅→虎御前山中央入口→虎御前山砦群(滝川・堀・信長・秀吉・勝家)→戦国歴史資料館→番所跡→小谷城本丸跡→河毛駅

歩いた時間:5時間48分(10:05~15:53) 走行時間:3時間05分
歩いた距離:9.8㎞(上り:3.2㎞ 下り:3.0㎞ 平坦:3.6㎞)
獲得標高: +413m -412m

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催の「虎御前山砦と小谷城跡を巡る」に参加しました。
2週間前に小谷城を巡るコースに参加したばかりですが、今回のコースは信長軍の砦のあった姫御前山もコースに入っていたので参加しました。

今回のコースは「攻める信長、守る長政」。
両軍の城跡を巡り、小谷城攻防戦に一気に迫ります。

CIMG2424.jpg

CIMG2423.jpg

本日もやって来ました河毛駅。
なんやかやで3週連続で来てるなぁ~

CIMG2421.jpg

浅井長政とお市の方の像。
像の後ろにそびえているのが、この間登った小谷山。

10時なり、ガイドさんの挨拶とコース説明があり、出発です。
今回のガイドさんも前回と同じ方でした。
前回参加したので、私の事を覚えていてくださってましたヽ(^。^)ノ
今回の参加者は、確か11名だったかな?
人数は少ないのですが、兵庫県からとか遠方からの参加者もいらっしゃいました。

まずは信長の陣のあった虎御前山に向かって行きます。

CIMG2429.jpg

CIMG2427.jpg

途中には小谷城の裏門と伝えられている門があった。

CIMG2432.jpg

CIMG2433.jpg

小谷山。

CIMG2434.jpg

虎御前山。
右手の山の上に見えている鉄塔まで行きます。

CIMG2441.jpg

虎御前山の中央入口より入山します。
この道はあまり歩かれていないらしく、不鮮明な踏み跡の中を進んで行きます。
一人だったら迷いそうです。

CIMG2448.jpg

一気に山頂まで上がって来ました。
標高は224mで、それほど高くありませんから。
南北にはハイキングコースが整備されていました。

CIMG2450.jpg

CIMG2453.jpg

砦の跡が、色々残されていました。

CIMG2456.jpg

山の上は多くの古墳があった。
山本山から賤ヶ岳に縦走した時も、山頂に古墳がいっぱいあったけど、大昔この辺りには権力者が住んで居たのかな?

CIMG2460.jpg

先ほど見えていた鉄塔の所までやって来ました。
ここでUターン。

CIMG2459.jpg

こちらからハイキングコースを小谷山方面に歩いて行きます。

CIMG2462.jpg

CIMG2464.jpg

古墳の所には、調査の為か、等間隔で紐が張ってありました。

CIMG2466.jpg

CIMG2467.jpg

砦の説明を聞きながら、ハイキングコースを歩いて行きます。

CIMG2472.jpg

CIMG2475.jpg

信長の陣跡。

CIMG2478.jpg

CIMG2480.jpg

曇っているので、見晴らしは良くない。

CIMG2483 (2)

CIMG2488.jpg

秀吉の陣跡。

CIMG2491.jpg

柴田勝家の陣跡。
戦国時代の超有名人達が、ここに陣取っていたんですね~

CIMG2495.jpg

虎御前山のすぐ前に小谷山。
距離にして800m。
約1年間、この距離でにらみ合いが続いたそうだ。

CIMG2498.jpg

CIMG2496.jpg

急な階段を下り、虎御前山を後にします。

CIMG2503.jpg

小谷山に向かいます。

CIMG2507.jpg

小谷山に向かう前に、戦国歴史資料館にて、昼食休憩。

CIMG2506.jpg

リスタートです。
小谷城本丸跡をめざします。

CIMG2505.jpg

CIMG2508.jpg

CIMG2510.jpg

番所跡までが、一番キツイ上り坂です。

CIMG2512.jpg

CIMG2513.jpg

間柄峠。

CIMG2516.jpg

石のゴロゴロした歩き辛い道です。

CIMG2519.jpg

望笙峠。

CIMG2518.jpg

竹生島は、かすかに見えていました。

CIMG2523.jpg

CIMG2524.jpg

番所跡到着です。
ここから先は、少し楽な坂道です。

CIMG2528.jpg

手前に見えているのが、先ほど登った虎御前山。
戦いの時は、火をかけられると燃えてしまうので、木は切ってあったそうで、この距離でしたら、相手の動きが良く見えたでしょう。

CIMG2532.jpg

御茶屋跡。

CIMG2534.jpg

カモシカが居るって。。。(^-^;

CIMG2536.jpg

CIMG2539.jpg

御馬屋跡。

CIMG2550.jpg

桜馬場。
桜馬場には、浅井氏と家臣の供養塔がありました。

CIMG2548.jpg

桜馬場からの眺め。
前回は、竹生島や山本山などが良く見えたのですが、今回は良く見えませんでした。

CIMG2551.jpg

大広間までやって来ました。
ここが一番大きな曲輪跡です。

CIMG2553.jpg

本丸跡に向かいます。
本丸跡の標高は約352m。

CIMG2555.jpg

大堀切。
大した道具もない時代に、よくもまあこんなに掘ったなぁと思います。

こちらにて本日のガイドコースは終了で、元来た道を戻ります。

CIMG2560.jpg

戦国歴史資料館まで、自分のペースで下って行きます。
2度目の道ですし、それほどひどい坂は無いですので、一気に下って行きました。

CIMG2566.jpg

戦国歴史資料館まで戻って来ました。
皆が戻ってくるのを待って、河毛駅までのラストウォークです。

CIMG2568.jpg

河毛駅到着です。

お天気が心配でしたが、雨に降られることなく、歩けました。

「攻める信長、守る長政」。
小谷城攻防戦舞台の小谷山と虎御前山を巡る事が出来、なかなか面白かったです。
実際に現地で聞く説明は、とても分かりやすく、勉強になりました。
また機会があったら、他の砦なども、見に行きたいなぁと思いました。
ガイドの先生、今回も大変お世話になり、ありがとうございました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。