スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回飛騨神岡ツーデーウオーク・2日目

8月23日(日)曇り

第13回飛騨神岡ツーデーウオーク・2日目     コース:20(500選:岐阜-11)・12・6㎞

歩いたコース:数河高原清涼コース     20㎞(500選:岐阜-11)

2日目ログ
 
2日目高低差 飛騨神岡2DW・2日目

コース:流葉温泉Mプラザ→倉野神社→大黒寺→西養鱒場→ドライブイン数河→数河別荘地→下数河水屋→数河グラウンド下→マセド林道入口→林道中間地点→マセド頂上→流葉温泉Mプラザ

掛かった時間:3時間30分(7:56~11:26) 走行時間:3時間29分
歩いた距離:18.1km(上り:8.1km 下り:7.4km 平坦:2.6km)
獲得標高 +552m -500m

飛騨神岡ツーデー2日目です。
1日目の夜は、早々に寝てしまったのだが、神岡はとても涼しく、天然のクーラー状態で快適に眠れました。

DSCN9231.jpg

本日の天気は晴れのはずですが…微妙に曇っているみたい。

DSCN9230.jpg DSCN9228.jpg

お待ちかねの朝食は、飛騨名物棒葉味噌もあったりして、がっつり食べました。
とっても美味しかったけど、ちょっと食べ過ぎだぁ~~~

DSCN9232.jpg

お世話になった宿のワンちゃんにバイバイして、会場に向かいます。

DSCN9234.jpg

すでに多くのウオーカーさんがスタンバイ状態でした。

DSCN9235_201508262047207c6.jpg

前日と同じくストレッチの後、出発式です。

DSCN9237.jpg

流葉山、雲に隠れちゃってますね。
雨は降らないでしょうが、微妙な天気。

DSCN9238.jpg

激の後、20㎞コースからスタートしていきます。
本日も20㎞コースに挑戦です。
スキー場を歩き、一気に下って行きます。

DSCN9242.jpg

途中農家さんからプチトマトの振る舞いがありました。
20㎞コースの皆さんは足早に進まれて行きますが、アップダウンのあるコースなので、マイペースで歩いて行きました。

DSCN9244.jpg

DSCN9247.jpg

前日も通過した大黒寺を通過します。
標高740mの会場から標高698mまで下ってきました。
ここから標高896mの数河峠まで、一気に上ります。

DSCN9248_201508262055358f4.jpg

会場は雲の中ですね。

DSCN9249.jpg

DSCN9252.jpg

DSCN9254.jpg

徐々に上りながら林道を歩いて行きます。
涼しいはずなのだが、前日の雨のせいか蒸し暑く、汗がだらだら出て来ます。
前日の足の疲れもあり、朝食を食べ過ぎで、胃が重く、思ったように歩けません。。。(^-^;

DSCN9256_20150826205921bc6.jpg

国道41号に出て来ました。
12㎞コースのアンカーさんを追い越します。

DSCN9258.jpg

国道をひたすら上って行きます。

DSCN9261 (2) DSCN9259 (2)

数河峠・標高896m。
気温は19度。
雲っていて日差しもなく、かなり涼しいのですが、やはり歩いていると暑かったです。

DSCN9266.jpg

前日食事したドライブイン数河を通過します。
ここで12kmコースと分岐して、20㎞コースは数河別荘地に向かいます。

DSCN9267_20150826210359d51.jpg

別荘地を通過します。

DSCN9270.jpg

再び国道を歩いて行きます。
せっかく上ったのに、かなり下って行きます。
また上らなきゃと思うと、ちょっと気が重い。

DSCN9273 (2) DSCN9276.jpg

道路沿いには、ヒマワリやコスモスが咲いていました。

DSCN9278.jpg

下数河水屋が折り返し地点、トマトポイントでした。
標高780mなので、数河峠から標高100m以上下ってきた事になります。
トマトを頂き、先に進みます。

DSCN9279_201508262108178d6.jpg

DSCN9280.jpg

国道の1本奥の道を歩いて行きます。

DSCN9281_20150826210821e84.jpg

棚田が綺麗。
下に見えているのが、先ほど歩いていた国道です。

DSCN9282.jpg

一旦国道に合流します。
こちらで20㎞コースのアンカーさんとすれちがいました。

DSCN9285_20150826211537417.jpg

DSCN9283_20150826210823b75.jpg

再び国道の1本奥の道を歩いて行きます。
蕎麦の花が咲いていました。
次回参加予定の越前でも蕎麦の花が見れるかな?

DSCN9286_201508262115392fa.jpg

道端には栗が落ちていました。
前を歩いているウォーカーさんが、スタッフさんに聞いていました。
「まだ上りありますか?」
「あとは林道を少し歩くだけです。」
このコース、去年の逆回りなので、去年の序盤に歩いた林道は、そんなに大した事なかった記憶があるから、林道といっても、ちょっと上がって、ちょっと下るだけなんだろうなぁと思った。
大きな勘違と後でわかるのだが…(;´∀`)

DSCN9289.jpg

再びドライブイン数河に戻ってきました。
ドライブイン前の神社には、大きなお狐様が鎮座しています。

DSCN9294_20150826211542919.jpg

マセド林道を歩いて行きます。

DSCN9295_20150826211543ade.jpg

前方に見えている軽トラが、林道中間地点のトマトポイント。
こちらでもトマトを頂き、進んで行きます。

DSCN9296_20150826212657895.jpg

意外と上りが続きます。
去年こんな道通ったっけ⁇
再び12㎞コースのアンカーさんを追い越します。

DSCN9300.jpg

未舗装の道に進んで行きます。

DSCN9302.jpg

マセド頂上・標高960mを通過すると、今度は激下り。。。(^-^;
前を行くウォーカーさんが小さく見えています。

DSCN9304_20150826212701427.jpg

草を刈りこんだ坂道。
気を付けて歩かないと、滑って転びそうでした。
「この道は、去年歩いてないな。。。」

DSCN9307_201508262127022a4.jpg

最後の最後、激しいアップダウンで、足が思うように動かなかったけど、頑張って歩いて行った。
未舗装の道は、歩き辛かったけど、神岡らしい気持ちの良い道でした。

DSCN9310.jpg

気が付くと見覚えのある風景。
ゴールは近いヽ(^。^)ノ

DSCN9311.jpg

スキー場を歩き、

DSCN9313.jpg

ゴール☆
毎回の事ですが、岐阜の協会の会長さんが、一人一人に声を掛けて、お出迎えしてくださってました。
いつもありがとうございます(^O^)/
無事20㎞コース完歩です。
晴れかと思っていたら、意外と曇っていて、日差しが無く、歩きやすかったが、下って上って、下って上って、前日より、アップダウンが激しくて、かなり疲れました。
家に帰ってから、去年のマップと比べてみたら、去年はマセド林道を歩いておらず、もう少し平坦な道を歩いていたので、今年の方が難易度アップしていました。
マセド林道は最後の最後で、少し大変でしたが、神岡らしいコースで良かったと思いました。

DSCN9316_20150826213628f9d.jpg

ゴールでトマトを頂き、着替えをして、会場を後にします。

DSCN9323.jpg

東海北陸自動車道で帰ったのですが、途中の休憩は松ノ木峠SA。

DSCN9325.jpg

神岡は曇っていたけど、下界は晴れていたのか?
良いお天気です。
こちらでソフトクリームを食べました。

昼位に神岡を出発し、昼食を食べつつ帰ったのですが、16時には家に到着出来ました。
神岡は20度位で快適でしたが、下界は30度越えで、やはり暑かった。。。(^-^;

DSCN9332_20150826214935f8d.jpg

飛騨土産は、蓬莱のお酒。
春に下呂で買った限定酒が美味しかったので、夏バージョンの限定酒を買いました。

DSCN9330.jpg

大会記念バッチです。
3回目の飛騨神岡ツーデー。
最初の年は、ウォーキング始めたばかりで、とても歩けなかったし、上り坂も下り坂も、全然歩けなかった。
上り坂を、皆さんスタスタ歩かれているので、凄いなぁと。。。
3回目の今年は、以前よりは歩けるようになったなぁと実感出来ました。
今年はコンスタントに歩けてないからか、翌日は、ちょっと筋肉痛でしたが。。。
神岡の大会はこじんまり大会ですが、矢貼りはしっかりしていあるし、誘導もちゃんとしていて、主催者側の熱意を感じられる良い大会です。
涼しい真夏の高地で、大自然の中歩けるのも良いですよね。
神岡ツーデーの関係者の方々、大変お世話になり、ありがとうございました。
来年もまた都合が合えば参加して、美味しいトマト食べたいなぁ。

今回の大会も、多くのブロ友さんや知り合いさんにお会い出来ました。
あまりお話出来ませんでしたが、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています(#^^#)
次回は越前日本海に参加予定です。
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第13回飛騨神岡ツーデーウオーク・1日目

8月22日(土)雨のち曇り

第13回飛騨神岡ツーデーウオーク・1日目     コース:20・14・6㎞(500選:岐阜-11)

歩いたコース:山田川清流コース     20㎞(500選:岐阜-11)

1日目ログ

1日目高低差 飛騨神岡2DW・1日目

コース:流葉温泉Mプラザ→伏方薬師堂→寺林公民館→飛騨地鶏牧場→上山田公民館→山田湖堰堤(ダム一周)→大国寺→流葉温泉Mプラザ

掛かった時間:3時間16分(7:54~11:10) 走行時間:3時間12分
歩いた距離:18.1km(上り:6.7km 下り:6.4km 平坦:5.0km)
獲得標高 +335m -397m

飛騨神岡ツーデーウオークに参加しました。
3年連続、3回目の参加です。
神岡は岐阜と言っても、岐阜県の端なので、家から車で3時間ほど掛ります。
前日の22時に家を出て、深夜1時位に会場の流葉温泉Mプラザに到着。
朝まで車の中で仮眠しました。

DSCN9112.jpg

1週間ほどから天気予報は気にしていて、傘なしで歩けそうだなと思っていたのですが、天気悪いじゃん(゚д゚)!
過去2回も1日は雨でしたので、2日間ともお天気に恵まれる事は難しいかも。

DSCN9113_20150824203350b22.jpg

DSCN9114.jpg

流葉交流センターMプラザを拠点に、飛騨の奥深い自然の魅力を満喫するウオーキングコース「飛騨流葉カントリーウオーク」。
奥飛騨数河流葉県立自然公園を歩く日本ウオーキング協会公認の常設コースは、総距離5kmから19kmまで6つあります。

DSCN9117_20150824203352d72.jpg

神岡のマンホールはカジカがデザインされています。

DSCN9122_20150824204147afd.jpg

出発式の時間を待ちますが、霧が出てきた。
幟には「宇宙にいちばん近い夢の郷ツーデーウオーク」と書かれています。
神岡町には「スーパーカミオカンデ」という宇宙素粒子観測施設があり、東京大学名誉教授の小柴昌俊先生がノーベル物理学賞を受賞されたことで一躍有名になりました。
このことから神岡町は「星の便りの届く町」「宇宙に一番近い夢の郷」などがキャッチフレーズになっています。

DSCN9124.jpg

先ほどの霧はあっという間に晴れました。
会場には、知り合いの方がチラホラ。
1週間前に京都五山で会った方も、何名かいらっしゃいました。
この時期に開催されるツーデーが少ない為か、交通の便があまり良くない場所での開催なのだが、遠くからの参加者も、結構多かったように思います。

DSCN9127.jpg

雨の中ストレッチの後、出発式。
ここはなぜかストレッチを先にやります。
東海北陸マーチングリーグの表彰もあり、激の後、20㎞コースから順番にスタートです。

DSCN9130_2015082420415264a.jpg

カラフルな雨具の中を歩いて行きます。
私は雨が上がるのを信じて、最低限の荷物をナップザックに詰め、レインウェアの上着を羽織っただけで、歩き始めました。
雨だから6㎞コースでも良いかなと思ったりもしましたが、早く歩き終わった所でする事もないので、覚悟を決めて20㎞コースを歩く事にしました。
コースは、去年歩いたコースの逆回りみたいでした。

DSCN9132_20150824204153f16.jpg

最初はぐんぐん下りです。
標高740mのMプラザから標高540mの寺林公民館まで下って行きます。
去年は逆回りだったので、最後の最後、延々と続く上りが大変でした。

DSCN9141.jpg

下りでスピードを上げたくなるけど、マイペースで進んで行きました。

DSCN9142_201508242059489f6.jpg

ハウスの中は、神岡の名産品トマトが実っていました。

DSCN9144_20150824205949a3c.jpg

DSCN9145_2015082420595173b.jpg

寺林公民館に到着。
最初のトマトポイントです。
良く冷えた美味しいトマトを頂き、進んで行きます。

DSCN9148_20150824205952e22.jpg

スタッフさんに「ここから先は、ずっと上りです。」と言われましたが、それほど厳しい上り坂ではないので、難なく歩いて行きます。

DSCN9154.jpg

幻想的な山田川。
雨が降っていても清らかな水です。

DSCN9156_2015082421042225e.jpg

41号線に出ました。
左手に流れているのが山田川です。
川の流れる音を聞きながら進んで行きます。

DSCN9161.jpg

国道から外れ、飛騨地鶏養鶏場。

DSCN9164.jpg

ウッドチップが引いてあるフカフカな道でしたが、上り坂では、ウッドチップが滑って、歩き辛かった。

DSCN9168.jpg

DSCN9170_20150824210909dd8.jpg

なんとなく明るくなってきたような気がしますが、雨は止まず。

DSCN9174_2015082421091130b.jpg

DSCN9175_20150824210912d26.jpg

DSCN9176_20150824210914757.jpg

上山田公民館が2度目のトマトポイントでした。
良く冷えたトマトを頂き、コースに戻ります。

DSCN9177.jpg

山田湖に向かって歩いて行きます。
サルスベリが鮮やかに咲いていました。

DSCN9180.jpg

この橋を渡って、左に行けば、いよいよ山田湖です。
すでに山田湖を周回した方達が通り過ぎて来ます。
「あれ、私めっちゃ遅れてるかな。。。(;´∀`)」と焦ったのですが、よく考えたら、先行していたほとんどの方が14㎞コースの方達でした。

DSCN9182_2015082421122195b.jpg

山田湖が見えた。

DSCN9184_20150824211222fbd.jpg

あの階段を上がって、山田湖をぐるっと1周歩きます。
去年は、この階段上がるのが大変で、息が止まりそうな位苦しかったのですが、今年は楽々と一気に上がれた。
やはり日頃の山登りの成果ですかね。

DSCN9187_20150824211224010.jpg

山田湖の周りを歩いて行きます。

DSCN9190_201508242112253b7.jpg

この湖、形がいびつで、1周歩くのに、結構距離がありました。
対岸を歩いている人が見えていましたが、そこにたどり着くまでは、湖をぐるっと歩かねばなりませんでした。

DSCN9193.jpg

DSCN9194.jpg

山田湖を歩き終わり、再び階段を下って、元来た道を戻ります。

DSCN9197_20150824212039169.jpg

先ほどの小橋の所で、山田湖に向かわれる20㎞コースのアンカーさんに出会い、しばらく歩いて行くと、14㎞コースのアンカーさんがいて、追い越しました。
ここらで雨も止んできたので、レインウェアを脱ぎました。

DSCN9199_20150824212041b2d.jpg

道路脇には綺麗な花が咲いていました。

DSCN9201.jpg

大国寺を通過。
ゴールのMプラザも見えていす。
Mプラザまでは上りになりますが、最後の力を振り絞って歩いて行きます。

DSCN9205_201508242125210e6.jpg

流葉スキー場の入り口までやってきました。

DSCN9209_20150824212523905.jpg

ゴール☆
12時位のゴールかと思っていましたが、11時10分にゴール出来ました。
雨もそれほどひどくなく、日差しもなく、涼しかったので、多少のアップダウンはありましたが、良いペースで歩けました。
もう少しアップダウンがあっても良かったかなと思いました。

歩き終わってから、ドライブイン数河で昼食を食べました。

DSCN9213_2015082421252625e.jpg

五平餅と

DSCN9214.jpg

飛騨地鶏丼を食べました。
この鶏肉って、今回コース途中にあった養鶏場の子からしらね。。。
なかなか美味しかったです。

その後は古川の町まで買出しに行き、宿のチェックインまで時間があったので、参加特典で割引券を頂いていたので、Mプラザの温泉に行きました。
丁度空いている時間で、のんびりお湯に浸かる事が出来ました。

DSCN9216.jpg

歩き終わった後に青空。
良くあるパターンです。。。(^-^;

宿泊は、会場近くの宿。
去年もお世話になりました。

DSCN9218.jpg

DSCN9223_2015082421372976c.jpg

お楽しみの夕食は、いっぱいあって、お腹いっぱいになりました。
歩いた疲れもあったのか、1日目は早々に休みました。

1日目は雨だったけど、いい感じで歩けた。
2日目は晴れるかな?

                   2日目のレポに続く

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第23回京都五山送り火ウオーク

8月16日(日)晴れ一時雨

京都府ウオーキング協会・特別例会
『第23回京都五山送り火ウオーク』    コース:17・25km(自由歩行)

歩いたコース:17㎞

京都五山

京都五山 (GE)

コース:嵐山中ノ島公園→大覚寺→広沢池→仁和寺→船岡山→北大路通→北大路橋→賀茂川河川敷→鴨川河川敷

歩いた時間:3時間13分(10:59~14:12) 走行時間:3時間01分
歩いた距離:15.9㎞(上り:4.1㎞ 下り:3.6㎞ 平坦:8.2㎞)

毎年恒例の京都五山送り火ウオークに参加してきました。
去年は大雨の為、途中で中止になってしまいましたが、今年の天気は大丈夫そうです。
色々あって参加を迷っていましたが、ブロ友さん達にも会いたいので、1日のみ参加する事にしました。

スタート地点は、嵐山中ノ島公園。
受付開始時間も11時と遅いので、嵐山へは嵐電で向かう事にしました。

DSCN8989_20150818205024c92.jpg

京都駅から地下鉄、阪急と乗り継いで、やって来ました。
四条大宮駅。

DSCN8993.jpg

今回乗った電車は、パトカー柄でした。

DSCN8994_20150818205026c90.jpg

電車は1両で、ワンマンカーです。

DSCN8996.jpg

DSCN8997 (2)

民家のすぐそばを走ったり、道路を走ったり、なかなか面白い。
京都駅から嵐山に向かうには、お金と時間が掛るけど、やっぱ嵐電良いな~(#^^#)

DSCN9001_20150818205728c41.jpg

嵐山駅には足湯もあります。

DSCN9020.jpg

時間があったので、天龍寺辺りをブラブラしました。

DSCN9018_20150818205732099.jpg

蓮の花が綺麗に咲いていました。
歩いているうちに暑くなってきたので、ソフトクリームを食べました。
この暑さの中歩くのは、ちょっと不安です。

DSCN9003.jpg

渡月橋を渡り、中ノ島公園に向かいます。

DSCN9012_20150818205730883.jpg

今日は良い天気です。

DSCN9025.jpg

中ノ島公園で準備をしつつ受付時間を待っていると、ブロ友さん達も現れ始めた。
久々の再開の方もいて、嬉しいですね~
やっぱ来て良かった(#^^#)
なかなかご挨拶出来なかったデコさんにもお会い出来ました。
受付は長蛇の列でしたが、知り合いの方が、皆の分をまとめて受付してくださったので、並ばずに済みました。
ありがとうございました<(_ _)>

DSCN9028.jpg

11時半から出発式との事でしたが、スタートチェックが無いため、受付された方から、どんどんスタートされています。
観光客も多いので、一斉にスタートするより、順次スタートした方が良いですよね。
私も11時に歩き始めました。
中ノ島公園には、まだまだ多くの参加者がいました。
今年はお天気にも恵まれ、盛況ですね。

DSCN9031_20150818210137914.jpg

渡月橋を渡り、多くの観光客が歩く中を縫うように歩いて行きます。

DSCN9034_20150818210138fba.jpg

このお地蔵さん、心が和みますね~

DSCN9038.jpg

嵯峨野の竹林の道を歩いて行きます。
多くの観光客が歩いています。
光が足りなかったせいか、写真ブレブレ(^^ゞ

DSCN9043.jpg

清凉寺を通過します。
去年は、この辺りから、かなりの大雨でした。

DSCN9046.jpg

清凉寺のすぐそばのお豆腐屋さんは、行列が出来ていました。
いつも大人気ですね。

DSCN9047_20150818211306548.jpg

去年中止になって、このバス停から出町柳に向かいました。

DSCN9048.jpg

のどかな田園風景の中を歩いて行きます。

DSCN9049_201508182113093e7.jpg

大覚寺を通過します。

DSCN9051.jpg

大沢池。
蓮がいっぱい咲いていました。

DSCN9056_201508182116505e0.jpg

広沢池前を通過し、きぬかけの路へ進んで行きます。

DSCN9062_20150818211651a8d.jpg

サルスベリが綺麗に咲いていました。

DSCN9064.jpg

仁和寺。

DSCN9066.jpg

きぬかけの路。
金閣寺から仁和寺までの2.5キロ、途中には龍安寺もあります。

DSCN9072.jpg

多少のアップダウンがありますが、見所の多い、歩きやすい道です。
ウオーカー以外にも観光で歩いている人を結構見掛けましたが、外人さんが多かったように思います。

DSCN9074_2015081821241159a.jpg

観光客でごった返す金閣寺前を通過して、しばらく歩いて行くと、左大文字の火床が見えました。

DSCN9077_201508182124138bd.jpg

北大路通りをしばらく歩いて、持っていた水分が切れたので、自販機で買おうかなと思いつつ歩いていたら、船岡山公園に到着で、冷えたスポーツドリンクが頂けました。
今回はショートコースなので、先を急がず、しばし休憩しました。

DSCN9080.jpg

DSCN9081.jpg

船岡山公園からは、大文字の火床と妙法の火床が見えました。

DSCN9084.jpg

船岡山公園を下ると、25㎞コースと17㎞コースの分岐です。
25㎞コースは、去年プライベートウォークで歩いているので、行っても良いかなと思ったのですが、早くゴールしたかったので、17㎞コースに進みます。

DSCN9085.jpg

再び北大路通りを歩いて行きます。

DSCN9087.jpg

北大路橋で凍ったスポーツドリンクを頂きました。
ここからは賀茂川河川敷を歩いて行きます。

DSCN9088_20150818213212f81.jpg

この間登った大文字山。

DSCN9092.jpg

ゴールをめざし歩いて行きます。

DSCN9097_20150818213712549.jpg

いくどとなく歩いた道。

DSCN9102.jpg

DSCN9103_20150818213715edf.jpg

賀茂大橋の先がゴールでした。
時間は2時過ぎ。
ゴール周辺にはウオーカーの姿は、ほとんどなし。
ゴール受付は3時からとの事なので、もっとゆっくり歩けば良かったかな?
ちなみに2年前にも17㎞コースを歩いていますが、ブログを見返したら、5時間近く掛って完歩していました。

ゴール受付まで時間があるので、ブロ友さんと近くのコンビニに行き、時間を潰しました。
コンビニから戻ってみると、ゴール受付は長蛇の列が出来ていました。
ゴールではビールを頂き、抽選は末等のジュースでした。。。
ゴールでは、ブロ友さんや多くの知り合いさんにお会い出来ました。
岐阜の協会も方々もいらっしゃっていて、お声掛け頂きました。
やはり思い切って参加して良かったな~(#^^#)
大会や例会に参加すると、いろんな方にお会いできるので、嬉しい。
とても楽しく歩けました。
この日は送り火でしたが、翌日から通常の勤務でしたので、送り火は見ずに帰路に着きました。

DSCN9107.jpg

参加者数は935人。
凄いですね~

DSCN9108.jpg DSCN9110_2015081821504174c.jpg

参加記念バッチは、今年から提灯型なんですね~
参加記念品は懐中電灯でした。

凄く久しぶりに京都ウオーキング協会の例会に参加し、楽しく歩かせて頂きました。
スタッフの皆様、ありがとうございました。
来年の送り火は火曜日なので、会社が休みかどうか、ちょっと微妙ですが、来年も参加出来たら良いなぁと思います。
3度参加して、1回も本番でロングコース歩いていないので、次回は25㎞コースを完歩したいと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

京都哲学の道~大文字火床を巡る

7月11日(土)晴れ

神戸ウオーキング協会例会

『京都哲学の道~大文字火床を巡る』     距離:10km

大文字火床を巡る

大文字高低差 京都哲学の道~大文字火床を巡る

コース:蹴上駅→南禅寺→永観堂前→哲学の道→大文字火床→大文字山頂(昼食)→七福思案処→日向大神宮→蹴上インクライン→蹴上駅

歩いた時間:4時間23分(10:10~14:33) 走行時間:2時間39分
歩いた距離:8.8㎞(上り:3.5㎞ 下り:3.5㎞ 平坦:1.8㎞)

色々ありまして、1ヵ月以上前の歩きレポです。。。(^-^;

神戸ウオーキング協会の例会に参加しました。
今回のコースに、大文字の火床が入っていましたので、久々に大文字山に登ってみたいなぁと思い、参加を決めました。

DSCN8574.jpg

蹴上駅からねじりマンポを潜り抜け、集合場所の南禅寺を目指します。
この辺りは、何度も来ているので、慣れた道です。

DSCN8579_20150815131147a35.jpg

テクテク南禅寺を目指します。

DSCN8586_201508151311482b7.jpg

南禅寺山門。
「絶景かな、絶景かな」
この言葉は、かの有名な石川五右衛門が歌舞伎「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」の中で南禅寺の三門からの景色を愛でて言った名台詞です。

DSCN8587_20150815131150403.jpg

受付を済ませ、時間があったので、しばし散策。

DSCN8591.jpg

水路閣。
琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。
南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。

DSCN8592.jpg

DSCN8593.jpg

初めて見た時は、立派なお寺の境内に、このような建造物があるのが信じられなかったな~

DSCN8597.jpg

水路閣の上にも上がってみた。
今もたわわに水が流れていて、機能しています。

DSCN8605.jpg

時間になり、出発前の諸注意を聞き、ストレッチを行いました。
暑いのに多くの参加者です。
本日は、大文字火床までと思いきや、山頂まで行くそうだ。
大文字山の山頂は、京都一周トレイル大会で1回だけ行った事があるけど、大変だった気がする。

DSCN8610.jpg

DSCN8614_20150815132726aa8.jpg

DSCN8617_201508151327276cb.jpg

哲学の道を歩いて行きます。
いつ歩いても、気持ちの良い道で、大好きな道です(#^^#)

DSCN8619.jpg

銀閣寺参道の喧騒を通過していきます。

DSCN8621_20150815132730714.jpg

いよいよ大文字山に登ります。
こちらから登った事は、一度ありますが階段が多く、かなり大変だった記憶があります。
どちらかと言えば、蹴上方面から上がった方が、楽だったような気がしますが…

DSCN8622.jpg

最初の階段が、少し急ですので、いきなり渋滞です。

DSCN8623_2015081513333527f.jpg

千人塚。

DSCN8624.jpg

護摩木を運ぶケーブルの下を潜って行けば、大文字の火床はもうすぐです。
長く続く階段を登りきると、「大」の第一画の起点から火床にたどり着きます。
標高は確か330m。

DSCN8625.jpg

ここからの眺めは、京都の街が見渡せて、とても素晴らしい。
私のお気に入りの京都の風景のひとつです。

DSCN8634.jpg

しばしの休憩の後、「大」の第二画を中心から遡り、大文字の山頂を目指します。
山頂は、標高465mなので、火床から、まだまだ上らなくてはなりません。
山頂から火床へは下りたことがありましたが、上がった事はないですので、ちょっと心配。

DSCN8639.jpg

大文字山頂。
こちらで昼食休憩でした。
山頂までの道のりは、大変かと思いましたが、団体歩行で、スピードも出てないですし、意外と大丈夫でした。
しかし山道を歩きなれていない方々には、少し大変だったみたいで、かなり遅れてしまった方も居たみたいです。

DSCN8643_20150815135120f70.jpg

こちらからの眺めも素晴らしいのですが、私的には、山頂からの眺めの方が好きかな。

DSCN8649_201508151351226cf.jpg

下山します。
下山のコースは、京都トレイルコースでした。
何度も歩き慣れた道ですが、いつもとは逆方向に進んでいるので、ちょっと新鮮です。

下りでいつも思うのだが、
「こんなに登ってきたっけ?」

DSCN8652.jpg

途中視界が開け、山科方面が見えた。
この辺りの坂は、結構急で、気を付けて歩かないと、滑って転びそうでした。

DSCN8655.jpg

木の根の道。

DSCN8656.jpg

天岩戸を通過します。

DSCN8658.jpg

日向大神宮。
やっと下山出来ました。

DSCN8661_20150815155908223.jpg

蹴上のインクラインを歩き、ゴールの蹴上駅でした。

例会としての距離は短かったですが、暑かったですし、アップダウンがしんどかったですが、久々に大文字山に登れて、素晴らしい景色が見れて良かったです。
この日は、長く会ってなかった知り合いさんにも久々にお会い出来ましたし、いつもブログを読ませて頂いている方にも、お会い出来ましたヽ(^。^)ノ
スタッフの皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。
1ヵ月前のレポ、読んで頂き、ありがとうございます。

いよいよ明日は京都五山送り火Wですね~
去年は大雨で大変でしたが、今年は暑そうですね。
参加予定していますので、皆さんにお会いできるのが、楽しみです(#^^#)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

池田山登山

8月11日(火)晴れ

池田山     標高:923.9m(岐阜県揖斐郡池田町)

池田山

池田山高低 池田山GE
 
コース:霞間ヶ渓公園→焼石神社→パラグライダー離陸場 →森の駅→山頂

歩いた時間:4時間59分(11:31~16:30) 走行時間:4時間12分
歩いた距離:10.7㎞(上り:5.0㎞ 下り:5.0㎞ 平坦:680m)

来年から8月11日は山の日という事で、祝日になるそうだ。
お盆休みを利用して、この日はプレ山の日記念で上高地に行く予定でしたが、色々やらねばならないことが多く、時間の調整が出来なかったので、今年の上高地行きは中止しました。
上高地、行きたかったなぁ~~~(;´∀`)

せっかくのプレ山の日という事で、所用を済ませ、地元の山に登って来ました。
池田山は、標高923.9mで伊吹山系の山で、ぎふ百名山のひとつです。
東海地方有数の夜景スポットとしても知られています。

DSCN8882.jpg

登山口は、霞間ヶ渓公園。
日本さくら名所100選の一つで、桜の季節は、かなり賑わいます。

DSCN8883 (2)

DSCN8886.jpg

準備を整え、出発です。
丁度一番暑い時間ですが、頑張って登りたいと思います。
熊注意の看板などが、数多く取り付けられているので、熊鈴を付けて、歩いて行きます。

DSCN8887_2015081218072332b.jpg

眺望のない地味な登山道。

DSCN8888.jpg

フェンスを開けて進んで行きます。

DSCN8889_20150812181419361.jpg

所々木々の隙間から景色が見えましたが、ほとんど眺望がなく、どれくらい上がってきたのか、良く分からない。

DSCN8894.jpg

DSCN8896_20150812181422c72.jpg

地味な登山道の、ひたすらな上り。
息が切れるほどではないが、ずっと上り続けるのは、結構な忍耐で、だんだん足が疲れてきます。

DSCN8900.jpg

歩き始めて、初めての平坦。
なんかほっとする。

DSCN8902.jpg

ここからは自動車道と交差しながら進んで行きます。

DSCN8910_20150812181915f6a.jpg

眺望の無い登山道をずっと上がって行くのは、結構忍耐が必要です。

DSCN8913_20150812181916153.jpg

焼石神社への分岐。
こちらへ進むと焼石神社経由で山頂に向かいます。
忌中なので、神社を通過する道は避け、自動道を歩いて行きます。

DSCN8914.jpg

岩から松が生えていた。
凄い生命力です。

DSCN8915_20150812181919404.jpg

焼石神社の脇を通過していきます。

DSCN8917.jpg

焼石神社からしばらく歩くとパラグライダー離陸場なのですが、山頂はさらに2㎞程奥に行った所らしい。
下から見てると、パラグライダー離陸場から少し上がった所が、ほぼ山頂に見えるのですが、本当の山頂はもっと奥みたいだ。
さらに奥に進みます。

DSCN8921_20150812182557619.jpg

テクテク歩いて行きます。
先に見えている鉄塔が山頂かと思いきや、山頂はもっと奥ですって。。。(^-^;

DSCN8925.jpg

DSCN8927.jpg

DSCN8928_20150812182601a2b.jpg

DSCN8929_20150812182602237.jpg

山頂目指して歩いて行きます。

DSCN8930_20150812182845193.jpg

まだまだ先かぁ~

DSCN8931.jpg

森の駅。
売店みたいですが、営業していませんでした。
今やってないのですから、いつ営業しているのでしょう?

DSCN8936.jpg

森の駅前の広場からは伊吹山が見えました。
滋賀県側から見る伊吹の容姿とは、ずいぶん違って見えます。

DSCN8938.jpg

さらに山頂めざして、上がって行きます。

DSCN8939.jpg

さわやかな風が吹き、気持ちの良い道。

DSCN8945.jpg

やっと山頂到着です(^O^)/
約2時間半掛りました。
ずっと地味な上り坂でしたので、かなり大変でした。

DSCN8946.jpg

三角点。

DSCN8949.jpg

山頂からの眺め。
下界の景色は、かなり霞んでいますが、濃尾平野が見渡せ、素晴らしい景色でした。
標高923.9mから眺めると、金華山は丘のようでした。

DSCN8952.jpg

先ほど見えていた鉄塔。
鉄塔からも、結構歩きました。

山頂は下界より5度程涼しく、吹いてくる風もさわやかでした。
しかし汗だくでしたので、しばらく居たら、汗が冷えて寒い位でした。

DSCN8954_201508121835238fa.jpg

下山します。
来た道とは違う道を進みました。

DSCN8956.jpg

DSCN8962.jpg

DSCN8969_20150812184145478.jpg

DSCN8967.jpg

向かいに見えているのは、先ほどまでいた山頂方面。
一番高い所が山頂でした。

DSCN8970_20150812184146c5d.jpg

鉄塔まで戻って来ました。

DSCN8973.jpg

DSCN8976.jpg

パラグライダー離陸場 。
ここから飛び出すのは、かなり勇気が要りそうです。。。(;´∀`)
ここからの夜景は、かなり綺麗ですよ~
池田山の夜景

DSCN8978_20150812204017f84.jpg

焼石神社を通過して、下山していきます。

DSCN8980_20150812204019808.jpg

延々と続く地味な登山道の下り~~~
意外と急坂もあったし、気を付けて歩かないと、石で滑って転びそうでした。
標高900m位から下るのは、結構下り甲斐があります。
下っても下っても、登山口に到着しません。
結構疲れていたので、思ったようなスピードで歩く事が出来ませんでした。

DSCN8985.jpg

やっと登山口到着です。
約5時間の登山でした。
登山口から8合目付近まで、見晴らしの無い、延々と上り続ける地味な登山道で、何度も心が折れそうになりました。
伊吹山系の山なのですが、百名山の伊吹山の方が、眺望も良いし、登山道も変化があるので、登りやすかったような気がします。
池田山は、地味な山ですが、意外と手ごわかったです。
登っている最中は、かなり暑かったので、汗だくだくでしたが、山頂はやはり涼しく、気持ち良かったです。
またいつか池田山に登りたいなぁと思います。
クマが出そうで、ちょっと怖いですが…

8月11日は、プレ山の日で、地元の山に登りました。
来年の山の日は、どこかの山に登っているかな?

※父が亡くなり、約1ヵ月経ちました。
 この1ヵ月は、色んな事があって、やる事に追われて、なかなか気持ちの整理など出来ていない状態でした。
 まだまだ色々と忙しく、実家の方に行っていることが多いのですが、実家はネット環境が整っていないので、思ったようにブログの更新やコメントの書き込みが出来ず、申し訳ございません。
 徐々に日常を取り戻し、出来る範囲でウオーキングやブログの更新などしていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します<(_ _)>

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

乗鞍岳満喫

8月2日(日)晴れ

名鉄バスハイキング
『雲上の楽園・絶景!乗鞍岳満喫!』
  (剣ヶ峰:標高:3,026m)     距離:6.0㎞

乗鞍

乗鞍高低差 乗鞍岳

コース:畳平駐車場→不消ヶ池→肩の小屋→剣ヶ峰(標高:3,026m)→肩の小屋→不消ヶ池→お花畑→畳平駐車場

歩いた時間:3時間20分(11:10~14:30) 走行時間:2時間28分
歩いた距離:7.2㎞(上り:3.6㎞ 下り:2.7㎞ 平坦:924m)

名鉄バスハイキングで乗鞍岳を歩いて来ました(^O^)/
乗鞍岳は、飛騨山脈南部の長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる剣ヶ峰を主峰とする山々の総称。
山頂部のカルデラを構成する最高峰の剣ヶ峰、朝日岳などの8峰を含め、摩利支天岳、富士見岳など23の峰があり、広大な裾野が広がる。
今回は、乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰(標高3,026m)に登って来ました。
3,000m級の山と言っても、標高2,702mまでバスで上がるので、比較的楽に登れます。
しかし標高3,000mを歩くのは、初めてでしたので、気温とか空気の薄さとか、かなり心配でした。

DSCN8664.jpg

名鉄バスハイキングに参加は2回目です。
前回は、バス1台でも余裕があるくらいでしたが、今回はバス3台で、ほぼ満席でした。
バスに乗る時に、マップと参加者ワッペンを受け取ります。

DSCN8666.jpg

DSCN8668_2015080422061329f.jpg

途中に立ち寄ったひるがのSA。
大日岳が綺麗に見えています。
良いお天気です。

DSCN8682_201508042206151ba.jpg

DSCN8689_201508042206164ef.jpg

バスの中では、ハイキングのコース説明や諸注意がありました。
乗鞍スカイラインを進んで行くと、どんどん標高が上がって行き、美しい山々が見えてきました。
テンション上がりますね~(#^^#)

DSCN8694.jpg

4時間ほどで、標高2,702mの畳平駐車場に到着です。
乗鞍スカイラインは、マイカー規制が行われいて、バスかタクシーでしか行く事が出来ませんので、バスツアーは結構便利です。

DSCN8696.jpg

気温は19℃。
下界は38℃とかの猛暑でしたのに、かなり涼しくて気持ち良い。

DSCN8701.jpg

準備を整え、歩き始めます。
ハイカーさんがいっぱいです。

DSCN8706_20150804221644a83.jpg

鶴ヶ池。
奥に見えている建物が、畳平駐車場です。

DSCN8707_20150804221645457.jpg

富士見岳・標高2,817m。
こちらには向かわず、最高峰の剣ヶ峰を目指します。

DSCN8709.jpg

駐車場から緩やかに上がって来ました。
しかし標高が高いからか、空気が薄い気がする。
標高2,000m位から高山病にかかる事もあるらしいので、無理せず、歩いて行こうと思います。

DSCN8722.jpg

目の前の雪の斜面ではスキーを楽しんでいる人達が見えました。

DSCN8723.jpg

素晴らしい風景です。

DSCN8727_20150804222521d13.jpg

目を凝らすと稜線を人が歩いている。
目指す剣ヶ峰は、一番左の山みたいです。
あそこまで行くのか~(^-^;

DSCN8732.jpg

肩の茶屋到着。
ここからが本格的な上りになります。

DSCN8733.jpg

摩利支天岳・標高2,872mのコロナ観測所が見えています。

DSCN8735.jpg

いよいよ剣ヶ峰に向かってGO!
ここからはガレ場が続きます。

DSCN8739.jpg

DSCN8740_20150804223047d88.jpg

かなり滑りやすい岩ごろ道。

DSCN8742_201508042234337e5.jpg

DSCN8743_20150804223435441.jpg

DSCN8745.jpg

DSCN8746_20150804223437260.jpg

登山道も狭く、登山者も多いので、道を譲り合いながら、慎重に進んで行きます。
この道、帰り嫌だな~

DSCN8748.jpg

権現池。

DSCN8752.jpg

目指す剣ヶ峰。

DSCN8756_20150804223845421.jpg

DSCN8758.jpg

山頂小屋は建て直し中でした。

DSCN8757.jpg

DSCN8765_201508042242135b5.jpg

剣ヶ峰・標高3,026m。
山頂到着です。

DSCN8766_20150804224215eec.jpg

頂上には神社がありました。

DSCN8767_20150804224217e52.jpg

DSCN8768.jpg

岩場がかなり大変でしたが、素晴らしい眺めですね~~~

DSCN8771.jpg

山頂からの下りは、結構な岩場で、かなり怖かった。

DSCN8775.jpg

剣ヶ峰の手前の蚕玉岳(こだまだけ・標高2,979m)

DSCN8777.jpg

下山します。

DSCN8779_2015080422460119e.jpg

ガレ場で滑って、2回尻もちを付いたし、何度も転びそうになりました(;´∀`)

DSCN8780_20150804224602fb5.jpg

肩の小屋まで戻って来ました。

DSCN8782_20150804224603980.jpg

DSCN8783.jpg

肩の小屋でソフトクリームタイムです。

DSCN8791.jpg

あそこの一番高い所まで登って来ました。

DSCN8792.jpg

駐車場に向かって歩いて行くと、雲が出てきて、不思議な風景でした。

DSCN8798.jpg

不消ヶ池。

DSCN8802_20150804225105af2.jpg

富士見岳の山頂にいる人達が見える。

DSCN8803.jpg

富士見岳の辺りには、コマクサがいっぱい咲いていました。

DSCN8810_20150804225507164.jpg

お花畑に向かいます。
石がゴロゴロしていて、歩き辛い道。

DSCN8811.jpg

DSCN8812_20150804225510177.jpg

クマよけの鐘が何カ所かあった。
この辺りは、毎日のようにクマが目撃されているらしい。
鐘をもったパトロールの人もいました。

DSCN8820.jpg

DSCN8832.jpg

お花畑の遊歩道をぐるっと歩きます。

DSCN8814.jpg

色んな高山植物が咲いているけど、名前が分からない。。。(^-^;

DSCN8836.jpg

DSCN8846.jpg

天然のクーラーの中、素晴らしい景色を堪能して、畳平駐車場に向かいます。

DSCN8852.jpg

駐車場には、郵便局や、

DSCN8853.jpg

乗鞍本宮がありました。

DSCN8872_20150804230325698.jpg

ゴールでは、雷鳥サブレのお土産が頂けました。
帰りは、夏休みの日曜の東海北陸自動車道が渋滞していて、ちょっと時間が掛りました。
東海北陸自動車道は、片側1車線の区間がありますからね~

いろんな事があって、行くのを迷っていたけど、思い切って行ってみて良かったです。
行く季節とかお天気によっても印象は違うかと思うけど、乗鞍岳とても良かったです。
また行きたいなぁ~
あんまり飛ばして歩いてないのですが、今回久々に筋肉痛になりました。
空気が薄かったからかな~

DSCN8877.jpg DSCN8878.jpg

今回ゲットした山バッチ。
日本百名山も2座目です。
3座目は何処になるかな?

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。