スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山観光

10月23日(金)晴れ

10月24・25日高野山ツーデー参加の為、23日お休みを頂き、岐阜から移動と少し高野山の観光をしました。
当初の予定は電車で高野山に向かうつもりだったけど、あまり交通の便がよくなさそうだし、前日に向かうので車で行く事にしました。
出来るだけ高速道路は使わずに向かったので、高野山ツーデーの1日目のスタート地点高野山の麓の九度山に到着したのは昼過ぎでした。
朝7時に出発したので、約5時間位掛りました。

CIMG3466.jpg

道の駅柿の郷九度山に到着しました。
良くツーデーでお会いする石川のウォーカーにお会いしました。

CIMG3468.jpg CIMG3467.jpg

道の駅で柿の葉寿司を買って腹ごしらえ。

CIMG3493.jpg

ミカンも買いました。280円は安いですね。

CIMG3460.jpg

CIMG3461.jpg

九度山は真田幸村縁の地だそうで、来年の大河が『真田丸』
真田幸村に関する展示がありました。
来年は真田効果で盛り上がりそうですね。

CIMG3464.jpg

町石道に関する展示もありましたよ。

CIMG3462.jpg

昔の高野山詣での復元模型もありました。

CIMG3476.jpg

CIMG3490.jpg

道の駅の程近くの慈尊院に向かいました。
一時空海のお母さまが住まわれて居た場所。
空海は月に九度の頻度でここを訪れていたとか。
九度山の地名は、そこから付いたものらしい。

CIMG3472.jpg

CIMG3474_2015103021063139f.jpg

CIMG3479.jpg

明日のウォークは、空海が母を訪ねるために歩いた道をたどります。
ご本尊様に明日の無事完歩を祈ります。

CIMG3481_20151030211656399.jpg

慈尊院から長い階段を上がると、丹生官省符神社。

CIMG3482_20151030211658d4f.jpg

長い階段の途中には180町石があります。

DSC_0006_20151030212626abe.jpg

丹生官省符神社。

CIMG3488.jpg

明日は町石道を歩きます。
どのようなコースなのか、楽しみではありましたが、ちゃんと高野山まで行けるのか、不安な気持ちもありました。

CIMG3489.jpg

登って来た階段を下り、次の目的地に向かいます。

DSC_0013_201510302126275f0.jpg

車を走らせ到着したのは「丹生都比売神社」
紀伊国一之宮です。
鳥居の奥の太鼓橋は修理中でした。

DSC_0016_20151030213404768.jpg

DSC_0019_20151030213405ca0.jpg

重要文化財の楼門。
本殿四殿も見たかったのだが、拝殿より奥には行けませんでした。

下見も兼ねて高野山へ。
今年は開創1200年の記念の年だそうで、観光客でごった返していました。
メインストリートの辺りは混み混みで駐車できる状態ではなかったので、弘法大師御廟のある奥之院に。

DSC_0022_20151030213407370.jpg

左右には諸大名墓石群。
歴史上の有名人の墓標がありました。

DSC_0023_20151030213408876.jpg

武田信玄墓所。

DSC_0027_20151030213410668.jpg

DSC_0034_201510302146524ae.jpg

織田信長墓所。
お墓に囲まれた場所を歩くのは、普通なら、ちょっと怖い感じなのですが、ここには神聖な空気が流れていて、怖さは無かったです。

DSC_0036_20151030214654a98.jpg

DSC_0037_2015103021465594e.jpg

弘法大師御廟に向かいますが、この橋から先は、撮影禁止の神聖な場所です。
お参りを済ませ、元来た道を戻ります。

DSC_0042_201510302146579da.jpg

オレンジの衣をまとった異国の方々もいらっしゃっていました。

DSC_0051_20151030214658359.jpg

灯篭に光が灯りました。
昼間は、この辺りもごった返しているんでしょうが、時間が遅かったので、空いていました。

DSC_0056_2015103021522881f.jpg

最後に金剛峯寺に立ち寄ってみましたが、すでに閉っていましたし、日が暮れ始めていたので、これにて高野山観光は終了しました。
山上の紅葉は、かなり進んでいて、とても綺麗でした。

高野山は初めて行きましたが、想像以上の規模で、天空の都市のようでした。
あまりゆっくり観光は出来ませんでしたが、多分ツーデー参加が無かったら、行く事は無かった場所だと思いますので、1200年の記念の年に行けて良かったです。
またいつか訪ねてみたいなぁと思います。
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・2日目

10月25日(日)晴れ

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・2日目 

E:奥高野コース   28㎞
F:平家の里コース   30㎞ 
G:不動坂コース   20㎞
H:高野周遊コース   10㎞

歩いたコース:G:不動坂コース   20㎞

高野山2日目1

高野山2日目 高野山2日目2

コース:高野山大学→一の橋→中の橋→女人堂→不動坂→極楽橋駅→(ケーブルカー)→高野山駅→大門→高野山大学
歩いた時間:2時間59分(9:12~12:11)
(詳細なデータは、途中ケーブルに乗っているのでありません。)

高野山ツーデー2日目です。
本日のスタートは、山上の高野山大学。
麓に宿泊していたので、まだ暗いうちに、ホテルをチェックアウトし、車で会場に向かいます。
寒いっ(*_*;
途中で見た気温計は、7度を表示していました。
当てにしていた駐車場は満車でしたが、何とか他に駐車し、早朝の金剛峯寺を通過し、会場に向かいます。

CIMG3648.jpg

CIMG3649.jpg

CIMG3652.jpg

CIMG3659_20151028204751eb4.jpg

CIMG3662.jpg

先日あれほどごった返していた金剛峯寺ですが、早朝ですから、ほとんど誰もおらず、独り占め状態。
素晴らしいロケーションと朝の冷えた空気が、身を引き締めてくれます。
早起きは三文の徳ですね(#^^#)

CIMG3676.jpg

早めに会場に行き、28㎞コースを歩かれるブロ友さんや知り合いさんをお見送りしました。
私も28㎞歩きたい気持ちはあるけれど、帰りが遅くなるので、この日は20㎞コースを歩きます。
出発式では、ブロ友のやまちゃんが加古川の宣伝されていました。
いよいよ来月加古川ツーデー開催ですねヽ(^。^)ノ
一応参戦予定。

CIMG3677.jpg

28㎞コースをお見送りしてから45分後に20㎞の出発式です。
待ってる間、風が冷たく、とっても寒かった~~~

CIMG3679.jpg

スタート印を早くもらえたので、コースリーダーさんに続いて歩いて行きます。

CIMG3684.jpg

奥之院方面に向かって歩みを進めますが、趣のあるお寺がいくつもあった。
時間があれば、ゆっくり巡ってみたいです。

CIMG3686.jpg

真っ赤な紅葉。
奥之院の中を通過はせず、すぐ横の歩道を歩いて行きました。


CIMG3689.jpg

マップを見ると弘法大師廟をぐるっと迂回して通過していくみたいです。
弘法大師廟に続く道は、結構混雑していました。

CIMG3692.jpg

ちょっと光が入っちゃいましたが、この辺りの紅葉も綺麗でした。

CIMG3695.jpg

森の中を歩いて行きます。

CIMG3699.jpg

多目的広場が最初のチェックポイントでした。

CIMG3700.jpg

再び森の中を歩きます。

CIMG3701.jpg

綺麗に色付いた銀杏。

CIMG3703.jpg

村中を歩いて行きます。

CIMG3706.jpg

しばらく行くと見覚えある風景。
前日の帰りに歩いた道です。

CIMG3708.jpg

CIMG3709.jpg

美しい紅葉。

CIMG3710.jpg

なまこ壁を通過し、上り坂を歩いて行きます。

CIMG3712.jpg

坂の上が女人堂でチェックポイントでした。
高野山が女人禁制のころ、高野七口と呼ばれる七つの入り口には、高野山に入ることを許されなかった女性が高野山を遥拝するための参籠所としてそれぞれ女人堂が設けられていたが、現存するのは不動坂口に残るこの女人堂だけだそうです。

CIMG3715.jpg

不動坂を下って行きます。

CIMG3716.jpg

この坂を下って行けば極楽橋駅に到着するのですが…(前日はこのルートで極楽橋駅に行き、帰りました。)

CIMG3722.jpg

途中から不動坂復元ルートに入って行きます。
去年このコースを歩いたブロ友さんの話では、結構荒れた道で、藪漕ぎして進んだと聞いていますが…(;´∀`)

CIMG3724.jpg

今年はちゃんと整備されていて、比較的歩きやすかったですが、下りは延々とつづら折れの道、しかも小石で滑りそうな道でしたので、慎重に歩きました。

CIMG3726.jpg

元の坂道に合流しました。

CIMG3727.jpg

ケーブルが通過して行きました。

CIMG3730.jpg

極楽橋駅が見えた。

CIMG3734.jpg

ぐるっと回り込んで極楽橋駅に到着しました。
赤い橋が極楽橋。

CIMG3736.jpg

駅に入る前にスタッフさんから切符を手渡されました。
後10分程でケーブルが出発らしい。

CIMG3735.jpg

程なく到着したケーブルに乗り込みます。
出発までの間に、ツアーの団体も到着されて、ケーブルは満車状態で出発でした。

CIMG3740.jpg

観光客でごった返している高野山駅の改札を抜けてウォークに戻ります。

CIMG3743.jpg

ケーブルで登ってきたから、あとは下りのみ。

CIMG3742.jpg

なかなかの景色ですなぁ~

CIMG3745.jpg

最後のチェックポイント。

CIMG3750.jpg

もうすぐ国道と合流します。

CIMG3752.jpg

車の往来が激しく、渋滞していました。

CIMG3753.jpg

大門。
ここからは前日と同じ道です。

CIMG3756.jpg

多くの観光客や車・バスの往来の激しい道路を歩いて行きます。

CIMG3760.jpg

綺麗な紅葉を眺めながら歩いて行くと…

CIMG3762.jpg

高野山大学のゴールでした。
ケーブルに乗ったりして待ち時間もあったのに、3時間でゴール。
たぶん距離はケーブルの移動距離込みで20㎞だったのかも。
前日も27㎞コースと言いながら、23㎞程しかなかったし、山コースなのでIVVの距離をおまけかな?

DSCN0516.jpg

近畿マーチングリーグのパスポート。
3年掛りで、やっとリーチです。

CIMG3763.jpg

会場で豚汁を頂き、ゴールされていたブロ友さんや知り合いさんに挨拶し、早々に会場を後にしました。

CIMG3767.jpg

CIMG3773_2015102821351906f.jpg

CIMG3777.jpg

金剛峯寺を通過し、車に戻ります。
紅葉が美しかった。
この日も観光客でごった返していました。

DSCN0513_201510282139072ad.jpg DSCN0512.jpg

高野七口押印帳。
今回ここにスタンプ押しながら観光していました。
18カ所中9カ所のスタンプがゲット出来ました。
御影堂の前には「三鈷(さんこ)の松」と呼ばれる松の木があります。
ここの松の葉は二本の松葉に混じって三本に分かれたものがあり、私も見つけましたよ(*^^)v
皆さん一生懸命探されていました。

名残惜しいですが、早々に帰路に着きます。
早めに高野山を後にしたので、順調に帰る事が出来、でもやはり遠いので、5時間位掛りましたが、19時前には家に到着出来ました。

DSCN0518_20151028215706b1d.jpg

DSCN0514.jpg

今回参加記念品は、たくさんありました。
線香や数珠。他にはカロリーメイトもありました。
10回の記念大会だったから豪華だったのかな?

DSCN0521_20151028215707eb9.jpg

大会記念バッチです。

高野山ツーデー、とても楽しく歩けました。
スタッフの皆様、2日間一緒に歩いたブロ友さんや知り合いさん、お声掛けしてくださった皆様、大変ありがとうございました。
初めての高野山、とても良かったです。
また高野山に歩きに行きたいです。

私が参加したツーデーの中では、尾鷲の熊野古道八鬼山越えが一番ハードだと思っていましたが、今回歩いた町石道コースもかなりハードでしたね~
どちらも雰囲気のある良いコースなので、また歩きたいな。
町石道コースのスタート地点、九度山は真田幸村の縁の地。
来年の大河が真田丸なので、来年も盛り上がりそうですね。
高野山と同日にツーデーが開催されていた信州上田も真田幸村縁の地。
来年も同日に開催でしたら、ちょっと悩ましいですね。

次回のツーデー参加は、11月7・8日で、少しマイナーなツーデーに参加予定です。
観光70%、歩き30%って感じかな?
晴れると良いな(#^^#)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・1日目

10月24日(土)晴れ

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・1日目 

A:町石道コース   27㎞(500選:和歌山-5)
B:小辺路コース   23㎞ 
C:真田幸村縁の街並みコース   10㎞
D:高野山上コース   10㎞

歩いたコース:A:町石道コース   27㎞(500選:和歌山-5)

高野山1日目1

高野山1日目 高野山1日目2

コース:九度山町役場→慈尊院→二つ鳥居→神田地蔵→花坂矢立→大門→高野山大学

歩いた時間:5時間54分(8:12~14:06) 走行時間:5時間26分
歩いた距離:22.4㎞(上り:12.1㎞ 下り:6.8㎞ 平坦:3.5㎞)
累積標高 +1138m -381m

高野山ツーデーに参加しました。
1日目は町石道コースを歩きました。
高野山町石道(こうやさんちょういしみち)は、慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)から高野山(和歌山県伊都郡高野町)へ通じる高野山の表参道である。
高野山への道標(道しるべ)として、1町(約109メートル)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられています。(Wikiより)

CIMG3495.jpg

スタートは九度山町役場。
会場では、ブロ友さんや知り合いさんとの久々の再会です。
近畿マーチングリーグの大会参加は6月の堺以来ですからね~
九度山は開祖である弘法大師空海の母が暮らしていたという慈尊院があり、空海は月に9度母に会いに来ていたことから九度山の地名が付いたと伝わっています。
出発式の後、いよいよスタートです。

CIMG3497.jpg

高野山の山頂まで、長い上りですから、慌てることなく、歩いて行きます。

CIMG3499.jpg

紀の川にそそぐ丹生川を渡りました。

CIMG3500.jpg

道の駅を通過し、「女人高野」と呼ばれる「慈尊院」。

CIMG3501.jpg

ここは一時、弘法大師のが御母公が暮らしておられた場所です。
その昔、弘法大師(空海)の御母公が「一目わが子に会いたい」と訪ねてこられた時も、当然高野山は女人禁制だったため弘法大師の元に行くことができませんでした。空海は月に九度の頻度で、「町石道」を歩いて母に会いに来たと言われ、それが「九度山」という地名の由来となったといわれています。町石道とは、高野山への道しるべとして一町(約109m)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる石柱が置かれた道のこと。
弘法大師が開いた慈尊院は女性の参拝が自由な「女人高野」として女性の祈りを集めるようになりました。今では世界遺産に登録されています。

CIMG3474.jpg

町石の0番というべき慈尊院ご本尊の弥勒菩薩様にお参りします。

CIMG3503.jpg

丹生官省符神社への長い階段の途中にある鳥居の右側に180町石があります。

CIMG3482.jpg

180町石。

CIMG3505.jpg

丹生官省符神社。

CIMG3507.jpg

いよいよ高野山へ向けての登りが始まります。
27㎞も続く登り、かなり心配なのですが、いつもなら、もっと短い距離で、もっと高い標高まで登っていたりするので、大丈夫かなと思ったり。。。

CIMG3511.jpg

最初は結構厳しい登りで、一気に登って来ました。
スタートした直後だったので、ウォーカーも多く、少し歩き辛かった。

CIMG3513.jpg

ひたすら登って行きます。
遅れてスタートされたブロ友さんが楽々と追い越されて行きました。

CIMG3520.jpg

CIMG3523.jpg

1町ごとに建てられている町石に掘り込まれている数字を確認しながら登って行きますが、なかなか数字が小さくなって行きませんね。

CIMG3529.jpg

ひたすら登り。。。

CIMG3543.jpg

二つ鳥居までやって来ました。
二つ鳥居は空海が高野山に丹生明神と狩場明神(高野明神)を勧請した際に、神域の入り口として建立したと伝わっています。
2基の鳥居は、両神それぞれを遥拝するものと考えられます。
ひとつめのピークですかね。

CIMG3538.jpg

中々の眺め。
いつの間にか、こんなに登って来ていました。

CIMG3546.jpg

しばらくはほぼ平坦な歩きやすい道が続きます。

CIMG3547.jpg

CIMG3550.jpg

また登らなきゃいけないのになぁと思いながら、坂を下って行きます。
白蛇の岩。

CIMG3553.jpg

ちょっと開けて来ました。
ゴルフ場のようです。

CIMG3556.jpg

神田地蔵でチェックポイントでした。

CIMG3557.jpg

のどかな風景が広がっていました。

CIMG3562.jpg

CIMG3571.jpg

CIMG3581.jpg

CIMG3587.jpg

さらに歩みを進めます。
せっかく登ったのに、どんどん下って行きます。

CIMG3597.jpg

坂を下り切り、国道を横断すると矢立茶屋。
こちらがチェックポイントでした。
名物のやきもちを買い、しばし休憩です。

CIMG3599.jpg

リスタートです。

CIMG3601.jpg

再び登り坂の始まります。

CIMG3609.jpg

再び国道を横断し、しばし休憩後、険しい上り坂へ。

CIMG3611.jpg

CIMG3610.jpg

上り坂の上は展望台になっていました。

CIMG3617.jpg

いよいよ町石道もクライマックス。
渓流に沿った道を歩きます。

CIMG3618.jpg

紅葉が綺麗です。

CIMG3623.jpg

12町石のあたりからは大門への最後の急坂。
結構疲れていますが、頑張って登って行きます。

CIMG3628.jpg

8町石の斜め向かいに大門。
やっとここまで来ましたヽ(^。^)ノ
ここが最後のチェックポイントでした。
大門から高野山大学まで、クールダウンしながら歩いて行きます。

CIMG3632 (2)

1町石。

CIMG3635.jpg

金剛峯寺。

CIMG3636.jpg

CIMG3638.jpg

綺麗に色づいた木々。

CIMG3639.jpg

高野山大学にてゴールでした。

CIMG3641.jpg

ゴールでは、豚汁を頂き、ブロ友さんや知り合いさんと、しばし談笑しました。

帰り道に観光客でごった返している金剛峯寺に立ち寄りました。

DSC_0069_20151027215140c12.jpg

DSC_0080.jpg

DSC_0094_2015102721514234c.jpg

DSC_0105_20151027215145c42.jpg

DSC_0106.jpg

DSC_0120.jpg

初めて見る根本大塔。
こんなに大きいとは。。。(@_@。
大会のゼッケンで色々入れるみたいでしたが、あまりの観光客の多さに、どこにも入れずじまいでした。

暗くなる前に、スタート地点まで車を取りに戻ります。
どうやって麓に下りたらいいものか。
ケーブルの高野山駅は、微妙に遠そうだし、バスも混んでそう。
ブロ友のやまちゃんが極楽橋駅に向かわれるとの事でしたので、一緒に連れていってもらいました。

DSC_0130_2015102721532469a.jpg

女人堂。

DSC_0134_2015102721532522f.jpg

不動坂を下って行きます。
2日目の20㎞コースみたいなので、明日もここ歩きますね。

DSC_0136_201510272153274ee.jpg

ケーブルが通過して行った。

DSC_0139.jpg

極楽橋駅。

DSC_0148_201510272202247d5.jpg

特急の「こうや」が停車中でした。
九度山駅は普通しか停車しないので、お隣の普通列車に乗り込みます。
結構混んでいたし、電車のスピードは、とってもゆっくりでした。

CIMG3642.jpg

九度山駅に到着した時は、周りは薄暗くなり始めていました。

高野山の町石道コース、無事完歩出来ました(*^^)v
良いコースでしたが、しんどかったです。
普段山歩きしているので、もうちょっと楽に歩けるかと思ったのですが、想像以上にアップダウンがあり、疲れました。
周りの景色や町石も、あまり見る余裕が無く、端折レポになってしまいました(^^ゞ
次回町石道を歩くときは、もう少し余裕を持った歩みをしたいと思います。

2日目のレポに続く。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

高野山歩いて来ました。

CIMG3659.jpg

10月24・25日に行われた『第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ』に参加して来ました。
高野山は今まで行った事がなく、初訪問でした。
1日会社をお休みし、金曜日に岐阜からの移動と高野山観光もしました。

高野山ツーデーの1日目は九度山役場から高野山大学までの町石道コース・27㎞、2日目は不動坂コース・20㎞を歩いて来ました。
かなりアップダウンがあってしんどかったけど、良いコースでした(#^^#)
2日ともお天気に恵まれましたし、6月の堺以来の近畿マーチングリーグの大会参加で、久々にブロ友さんや知り合いさんにもお会い出来、楽しい2日間でした。

CIMG3773.jpg

最終日はかなり寒かったですが、紅葉も楽しめました。
レポートのアップが遅れていますが、ぼちぼちアップしていく予定です。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コスモス畑と円空仏

10月17日(土)晴れ

名鉄ハイキング
『魅惑のパステルカラー‼
 羽島で見渡す限りのコスモス畑に感動』   距離:11.5㎞

羽島コスモス

羽島コスモス2

コース:新羽島駅→神宮神社→桑原川沿い→いちのえだ田園フラワーフェスタコスモス2015会場→市之枝駅跡地→中観音堂・羽島円空資料館→行基塚→新羽島駅

歩いた時間:2時間9分(8:32~10:41) 走行時間:2時間3分
歩いた距離:11.6㎞(上り:1.1㎞ 下り:377m 平坦:10.0㎞)

秋のツーデー目白押しですが、この週は用事があった為、土曜はお気軽に近場の鉄道系ウォークに出掛けた。
朝、なかなか起きれなくて、行こうか、止めようか、家でうだうだしていたのだけど、せっかくのお天気なので、行く事にしました。

CIMG3371.jpg

8時半受付開始だったのだけど、8時10分位に新羽島駅に到着した。
すでに100名位に人達が並んでいたので、岐阜羽島駅内の喫茶店で時間を潰し、8時半すぎてから、新羽島駅に向かった。
すんなりマップゲットして、スタートです。

CIMG3374.jpg

岐阜羽島駅を通過します。
新幹線乗る時は、名古屋か米原で、JRと連絡していない岐阜羽島駅は、あまり利用しません。
通勤の時に在来線が止まってしまった時に利用するくらいかな?

CIMG3378.jpg

少し街路樹も色付き始めています。
この辺りの駐車料金、かなり価格破壊が進んでいますね。
1日150円ってビックリです。

CIMG3383.jpg

名神高速道路を潜ります。

CIMG3385.jpg

JU岐阜羽島オートオークション。
たっくさんの車が並んでいました。

CIMG3386.jpg

神宮神社。
水害が多発したこの地で、宝暦4年(1754年)に薩摩藩のお手伝いによる治水工事を行ったが、その際に、この神社に総奉行らが参拝し、工事の無事、早期完成を祈願した。

CIMG3388.jpg

色付いた街路樹。
とても良いお天気で暑い位です。

CIMG3392.jpg

桑原川沿いを歩いて行きます。

CIMG3393.jpg

右手には伊吹山。
滋賀県側からみる伊吹山の姿より、岐阜県側からみる姿の方がりりしく美しいと思うのは、地元びいきだからか⁇

CIMG3401.jpg

CIMG3403.jpg

CIMG3405.jpg

CIMG3408.jpg

市之枝コスモス畑。
8月下旬から9月上旬の天候不良の為、コスモスの花は、少しまばらでしたが、見渡す限りのコスモス畑、とても素晴らしかった。

CIMG3411.jpg

のどかな田園風景。
牧草ロールが並んでいました。

CIMG3413.jpg

市之枝駅跡地。
昭和4年開業、平成13年廃止されたそうです。
ここを電車が走っていたとは…

CIMG3428.jpg

中観音堂・羽島円空資料館。
ここに来てみたかったんですよね。
円空は羽島に生誕し、その生涯に12万体の仏像を彫刻したといわれています。
12万体って、どんなペースで造り続けていたのでしょう。
想像も出来ない。。。

CIMG3429.jpg

円空仏様がいっぱいです。

CIMG3432.jpg

中観音堂。
中に入らせて頂きました。
本尊の「十一面観音像」(222cm)をはじめ、円空仏17体が安置されているそうだ。
円空仏様を、間近にじっくり見る事が出来ました(^O^)/

CIMG3457.jpg

お土産にストラップを買いました。

CIMG3436.jpg

CIMG3438.jpg

CIMG3439.jpg

行基塚跡。
円空は行基を慕って行者になったって伝えられている。
伊吹山に登った時に、円空が修業したって岩がありましたが、羽島から伊吹山は良く見えていて、ここで修業しようって思ったのかな。

CIMG3441.jpg

東海道新幹線を潜ります。

CIMG3446.jpg

新羽島駅にてゴールでした。

CIMG3450.jpg

岐阜羽島駅の正面には、大きな円空仏がありました。

近場のお気軽ウォーキングでしたが、コスモス畑や行きたかった円空資料館にも行けて、なかなか楽しいウォーキングでした。
とても良いお天気で、暑い位で、今年の秋は、お天気に恵まれていますね。
今後もこの調子で、良いお天気の中、歩きたいです。

いよいよ週末は高野山。
久々に皆さんにお会いできるのが楽しみです。
堺以来の方もいらっしゃいますが、ブログを通してお話していますので、そんなに間が空いたとは思えないです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

ススキそよぐ岩湧山へ

10月12日(祝)晴れ

名鉄バスハイキング
『ダイヤモンドトレールを歩こう!ススキそよぐ岩湧山へ』     距離:7.4㎞
新日本百名山・岩湧山(大阪府河内長野市)    標高:897.7m

岩湧山

岩湧山高低差 岩湧山2

コース:滝畑湖畔観光駐車場→カキザコ→鉄塔→頂上広場→岩湧山山頂(折り返し)→滝畑湖畔観光駐車場

掛かった時間:2時間42分(10:52~13:34) 走行時間:2時間29分
歩いた距離:8.2km(上り:3.8㎞ 下り:3.9㎞ 平坦:463m) 標高差:約630m

3連休の最終日は、名鉄バスハイキングで岩湧山に登って来ました。
名鉄バスハイキングでは、なかなか個人では行けない山に行けるのが魅力です。
バスに乗っちゃえば登山口まで連れて行ってくれるし、帰りも登山口からバスに乗って帰れますし、結構便利です。
今回の岩湧山は、大阪府河内長野市の山で、結構遠かった。
名古屋の名鉄バスセンターから東名阪で三重、奈良、大阪と進んで行き、しっかり4時間掛りました。

CIMG3232.jpg CIMG3235.jpg

途中のサービスエリアで柿の葉寿司を買って食べました。
ちょっと有名店の柿の葉寿司だったみたいで、美味しかった。
バスは、どんどん進み、途中堺ツーデーで歩いた池そばや、和泉ツーデーで歩いた道なども通過しました。
そういえば岩湧山のお隣の槇尾山。
和泉ツーデーのコースになっていると思うので、昨日皆さん歩かれていたのではないでしょうか?

CIMG3238.jpg

滝畑ダムの奥に本日目指すお山。

CIMG3238 (2)

山頂がススキに覆われている、あれが岩湧山みたいだ。

CIMG3243.jpg

駐車場に到着し、準備を整えスタートします。
同じバスの方達は、あっという間にスタートされたみたいで、ほとんどどん尻からのスタートでした。

CIMG3248.jpg

CIMG3253.jpg

登山道を進んで行きます。
上り坂が続くので、息が切れてきます。

CIMG3256.jpg

緑の美しい気持ちの良い登山道。
上りなので、それなりに厳しいですが、休むことなく進んで行きます。
同じバスの方達にも、追い付いて来ました。

CIMG3261.jpg

木が茂ってないと明るく、日差しが強い。
先はまだまだありますね。

CIMG3263.jpg

しばらく行くと、うっそうとした杉林。
昼でも夕方のように暗い。
長い階段が、延々と続きます。
「この階段、どこまで続くんやろ?」と思いつつ歩いていました。

CIMG3266.jpg

鉄塔が見えました(^O^)/
まだまだ階段が続くのだけど、登りやすい段差だったので、立ち止まる事なく、歩いて行けました。
良くあるひざ丈位の段差だったら、体力が消耗して、歩けなかったと思う。
今回歩いているコースはダイヤモンドトレールの一部なんですけど、良く整備されていて、歩きやすかった。

CIMG3267.jpg

周りには背丈ほどのススキ。
山頂が近いかもヽ(^。^)ノ

CIMG3272.jpg

鉄塔の下を通過します。
大阪平野が見渡せる。
絶景(#^^#)

CIMG3273.jpg

CIMG3275.jpg

CIMG3280.jpg

またまた森を通過して行きます。

CIMG3282.jpg

木の根の道を通過すると…

CIMG3286.jpg

ススキの草原。
もう山頂かな?意外と早く着いた。

CIMG3293.jpg

急な階段を上がって行きますが、山頂は意外と奥でした。

CIMG3300.jpg

頂上広場には、多くの人。
登山道ではそれほど多くの人を見なかったので、逆側から登って来た人が多いのかな?

CIMG3302 (2)

CIMG3303 (2)

頂上広場から、もうちっと進み、三角点のある山頂を目指します。

CIMG3304.jpg

CIMG3305.jpg

岩湧山山頂。
立派なトレール標識もありました。

CIMG3308 (2)

三角点にタッチ☆

CIMG3311.jpg

山頂からの眺めは、少し雲が多めでしたが、なかなか素晴らしかった。

CIMG3322.jpg

歩いて来た山の方向。

CIMG3327 (2)

CIMG3330 (2)

CIMG3334 (2)

ススキの草原の中に色んな花も咲いていました。

CIMG3331.jpg

見事なススキの草原と絶景を堪能しました。

CIMG3338.jpg

下山します。
ダイヤモンドトレールを先に進みたいのは山々ですが、来た道を戻ります。

CIMG3340.jpg

鉄塔通過。

CIMG3342.jpg

長い階段を今度は下って行きます。

CIMG3343.jpg

階段は暗い森の中に続いています。

CIMG3344.jpg

日が差してきて、明るくなった。

CIMG3350.jpg

CIMG3352.jpg

CIMG3354.jpg

お天気は晴れたり、曇ったり、不安定でしたが、山頂では晴れていて良かった。

CIMG3361.jpg

このようなぬかるんだ橋もありました。

CIMG3364.jpg

CIMG3365.jpg

下山して来ました。

CIMG3366.jpg

滝畑湖畔観光駐車場の所では、多くの人がバーベキュー楽しんで来ました。
木々も色付き始めていますね。

CIMG3370.jpg

バスまで戻って、ゴール受付をしました。
この時点でゴールされて居た方は、まだ2名でした。
今回もお土産付で、チーズケーキを頂きました。

岩湧山は、そこそこ高い山でしたが、ダイヤモンドトレールはすごく整備されていて、とても歩きやすかったです。
山頂からの眺めとススキの草原は、とても見事でした。
岩湧山は、家から個人的に行こうと思ったら、かなり大変な場所なので、今回登れて良かったです(#^^#)

ダイヤモントレールは屯鶴峯から槙尾山までをむすぶ総延長45kmの自然歩道。
またいつか歩いてみたいなぁと思います。
とりあえずは京都一周トレイルの完歩を目指しますけどね。
帰りは、2時半にバスは出発したのですが、3連休の最終日とあって、渋滞もあり、名鉄バスセンターまで、5時間弱掛りました。
乗ってるだけなので楽ちんですが。

CIMG3368.jpg

帰りに名古屋駅のホームで、きしめんを食べて帰りました。

3連休の最後は、ちょっと遠出の山登りしました。
行き帰りに時間が掛り大変でしたが、お天気にも恵まれ、とても楽しい1日でした。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

金華山

10月11日(日)曇り時々雨

体調がイマイチと忙しかったので、記事のアップが遅れています。。。

3連休の中日は、お天気も良くなく、体調もイマイチなので、ゆるゆると過ごす事に。
ずっと家に居てもなぁという事で、岐阜市の代表的な山・金華山に行って来ました。
岐阜県岐阜市にある標高329mの山です。

CIMG3164.jpg

やって来ました、岐阜公園。
ここは長良川ツーデーの会場でもあります。

CIMG3165.jpg

早朝の公園内を歩いて行きます。
天気も良くないし、朝も早いので、ほとんど人は居ません。
山内一豊と千代婚礼の地のモニュメント。

CIMG3166.jpg

夜中雨も降っていたし、今回はロープウェイにて山頂に向かいます。

CIMG3169.jpg

山頂は雲の中。。。
約3分で山頂駅到着です。
ロープウェイを降りたらすぐに岐阜城があるかと思われがちですが、少し上って行かねばなりません。

CIMG3171.jpg

CIMG3177.jpg

CIMG3179.jpg

CIMG3211.jpg

木下藤吉郎の千成びょうたん発祥地。
上がってみたら、小さな祠がありました。

CIMG3180.jpg

この辺りイノシシが現れるのかな?

CIMG3182.jpg

まだまだ上がって行きます。

CIMG3184.jpg

岐阜城のビュースポットなんですが…雲の向こうですね。

CIMG3186.jpg

CIMG3187.jpg

金華山には多くの登山道が整備されていて、こちらは馬の背登山道。
一番険しい登山道で、昔は「老人や子供は絶対に無理です」などと看板に書かれていましたが、さすがにソフトな表現に変わっていました。

岐阜城を見学します。
こんな天気なので、ほとんど入場者はおらず、展示物をじっくり見る事が出来ました。
斎藤道三や竹中半兵衛、信長や秀吉。
戦国時代の有名人が、この地に居たのですね~

CIMG3193.jpg

天守閣からの眺めは、晴れていれば、濃尾平野や清流長良川などが見えるのですが、まったく見えずでした。

CIMG3195.jpg

夜だとこんな夜景が見えるらしい。
夜は行った事がないので、一度行ってみたいなぁ。

CIMG3191.jpg

CIMG3192.jpg

信長夢街道スタンプラリーの最後のスタンプをゲット‼
岐阜城、安土城、清洲城、小牧山城の4カ所信長にちなんだお城を巡ってスタンプを集めるのだけど、岐阜城だけ、なかなかゲット出来なかったのですが、やっとゲット出来ました。

CIMG3228.jpg

応募用紙を提出し、ちょっとした記念品を頂きました。
お城を出る頃には、お天気が悪いにも関わらず、下から登ってみえた方や、ロープウェイを使って上がってみえた観光客の方が増えてきた。
金華山は、色んな登山道があって、標高329mなんですが、かなり登り甲斐のある山で、毎日多くの方が登られています。
さすがお城ブーム。こんな天気の悪い日でも、観光客の人が上ってくるんだなと思いました。

CIMG3199.jpg

CIMG3200.jpg

めい想の小径の下山口。
長良川ツーデーでは、ここを下ります。
かなりの岩場もあったりして、ここをコースにするとは、ちょっと凄いなぁと思います。

CIMG3204.jpg

ロープウェイに向かって下って行きます。

CIMG3207.jpg

CIMG3208.jpg

CIMG3210.jpg

CIMG3213.jpg

CIMG3216.jpg

CIMG3217.jpg

山頂にはリス村があります。

CIMG3220.jpg

CIMG3222.jpg

下山もロープウェイで。

CIMG3226.jpg

岐阜公園に戻って来ました。
いつもは山頂の岐阜城が見えるのですが、この日は雲の中で見えませんでした。
少し散策しようかと思ったのですが、雨が降ってきたので、そそくさと帰路に着きました。

CIMG3227.jpg

岐阜駅前の金ぴか信長様です。

連休の中日は、金華山に行っただけで、ゆるゆると過ごしました。
久々に金華山ロープウェイに乗れたので面白かったし、お城が空いていたので、ゆっくり展示物が見れたのが良かったです。

レポ遅れていますが、連休の最終日は、遠出しました。
後日アップします。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

飯道山と紫香楽宮跡ハイキング

10月10日(土)曇り

飯道山観光協会・甲賀市観光協会主催

『飯道山と紫香楽宮跡ハイキング』     距離:約12㎞ 標高:664m

飯道山

飯道山高低差 飯道山2

貴生川駅→飯道寺→岩壺不動尊休息所→杖の権現休息所→飯道山山頂→飯道寺遺跡→飯道神社→修験行場体験→史跡・紫香楽宮跡→信楽高原鐵道・紫香楽宮跡駅

掛かった時間:5時間0分(9:27~14:27) 走行時間:3時間22分
歩いた距離:13.2km(上り:6.2㎞ 下り:4.3㎞ 平坦:2.7㎞)

三連休の初日、滋賀県甲賀市の飯道山に行って来ました。
ここ最近、季節の変わり目のせいか、期末で忙しかったからか、イマイチ体調が良くなく、微熱やら頭痛に悩まされていて、結構仕事から帰ってから寝込んだりしていた。
山登りに行くのも、どうしようかと迷ったのだが、やはりせっかくの三連休、何とかなるでしょうと行く事にした。

CIMG3002.jpg

集合は草津線貴生川駅。
琵琶湖線の草津駅で下車して、草津線柘植行きに乗り換えます。
前に信楽に行った時は、近江鉄道で行ったので、草津線って初めて乗りました。
乗った列車にはリュック背負った方が何人かいらっしゃったので、行先は同じかと思ったら、一駅目の手原駅で降りて行かれた。
集合場所間違えたかな。。。(^-^;
と心配になったのだが、この日は栗東市観光物産協会主催の金勝山ハイキングも行われていたみたいで、Old Walkerさんが参加されていたそうです。
金勝山ハイキング 磨崖仏めぐり←クリックでOld Walkerさんの記事にジャンプします。

CIMG3004.jpg

貴生川駅に案内があり、受付に向かいます。

CIMG3008.jpg

山伏姿のスタッフさんもいらっしゃいました。

CIMG3007.jpg

本日の参加者は番号付きの名札を付けます。
出発まで時間があったのですが、上着を着ていないと、ちょっと寒かった。

CIMG3012.jpg

貴生川駅。

CIMG3016.jpg CIMG3014.jpg

やはり忍者と狸がマスコットですね。
たぬきタクシー、ちょっと乗ってみたいかも。

CIMG3018.jpg

出発式が始まり、本日の行程の説明などがありました。
本日の参加者は100名弱だそうだ。

CIMG3025.jpg

いよいよスタートです。
杣川沿いを渡って、飯道山の登山口に向かいます。

CIMG3026.jpg

登山口への案内標識は、所々あったのだが、本日のハイキング用の矢貼りもありました。

CIMG3029.jpg

てくてく2㎞程歩き、山伏さん達に迎えられて、飯道寺に到着です。

CIMG3033.jpg

CIMG3031.jpg

飯道寺の説明を聞きました。
明治維新の神仏分離によって、山上の飯道寺が廃寺となり、近江有数の霊場、修験道場としての名声を惜しむ声が多く、明治25年に廃寺飯道寺の寺号を復興して、本覚院を金奇山飯道寺と改称し、法燈を継ぐ笈渡しの儀を始めとした伝統を継ぐことになったそうだ。

CIMG3039.jpg

CIMG3040.jpg

いよいよ登山口。

CIMG3044.jpg

上り坂が続きます。

CIMG3048.jpg

岩壺不動尊休息所を通過します。

CIMG3054 (2)

CIMG3056.jpg

上り坂ですが、比較的歩きやすい道でした。

CIMG3058.jpg

山頂まで後1㎞位の地点から、水の無い川底のような道を上って行きます。
かなり険しい。。。
この道、雨だったら最低かも。
調子も良くなかったから、思うように歩けないような感じでした。

CIMG3062.jpg

杖の権現休息所。
後500mで山頂です。
しばし休憩します。

CIMG3061.jpg

上って来た道。

CIMG3065.jpg

これから上がる道。
山頂までは、後500mあります。
もうひと踏ん張り、頑張ります。

CIMG3066.jpg

楽勝かと思いきや、意外と険しい道。

CIMG3070.jpg

CIMG3071.jpg

CIMG3073.jpg

山頂到着ヽ(^。^)ノ

CIMG3075.jpg

三角点。

CIMG3076.jpg

雲っていたため、見晴らしはイマイチ。

CIMG3077.jpg

山頂は狭いので、昼食ポイント、飯道神社まで、先に進みます。

CIMG3079.jpg

結構藪が茂っていて、半そでだったら、嫌だったかも。。。
前後に人がおらず、心細くなりながら、進んで行きました。

CIMG3084.jpg

アバウトな案内図。

CIMG3087.jpg

石垣は飯道寺遺跡らしい。

CIMG3089.jpg

大きな岩が見えた。

CIMG3092.jpg

飯道神社に到着です。

CIMG3100.jpg

CIMG3105.jpg

CIMG3107.jpg

神社の裏手には行場巡りの岩場があった。
昼食を食べ、後続の人達を待ちますが、随分差が出来てしまったみたいで、なかなか全員が揃わなかった。
今回のイベント、JRのふれあいハイキングのパンフに載っていましたから、お気軽な参加者も居たみたいで、普段山を歩かれていない人にとっては、ちょっと厳しいコースだったように思います。
しっかり汗かいていましたし、待ちくたびれて、体が冷えてしまいました。

CIMG3119.jpg

昼食後に行場体験の時間があった。
私は、そんなん怖いからやらないつもりだったのだけど、皆さんやられるみたいだし、スタッフの方が付いていてくれるそうなので、挑戦してみる事に。
リュックとストックは置いて行きました。
大丈夫か。。。(^-^;

鎖やロープや木の根につかまって、登ったり下りたり、狭い所を潜り抜けたり、ほとんど写真を撮る余裕が無かったのだけど、一部だけ。

CIMG3125.jpg

CIMG3126.jpg

CIMG3127.jpg

CIMG3128.jpg

CIMG3129.jpg

CIMG3130.jpg

危なそうな所はスタッフの方が付いていてくれて「ここに右足おいて」など教えて頂いたので、何とか行けましたが、恐怖で寿命が3年ほど縮んだと思う。
でもなかなか出来ない体験が出来たので、思い切って体験してみて良かったです。

CIMG3132.jpg

飯道神社から紫香楽宮跡を望みます。

CIMG3134.jpg

全員が揃うまでまって、リスタートです。
下りは、比較的綺麗な道で、紫香楽宮側の方が、標高が高いようなので、楽に降りる事が出来ました。

CIMG3137_20151011193243452.jpg

下山して来ました。
紅葉が始まっていました。
もう少ししたら、山々は綺麗に色付くのでしょうね。

この先で早く帰りたい人は、ストレートに紫香楽宮跡駅に向かって良いとの事だったので、私は皆さんと別れ、紫香楽宮跡駅に向かう事にしました。
予定だと紫香楽宮跡駅を16時13分の電車で帰るのそうだが、それだと家に帰るのがかなり遅くなりますから。

CIMG3141.jpg

コスモスが綺麗に咲いていました。
駅までは2.5㎞位あるようです。

CIMG3143.jpg

CIMG3145.jpg

CIMG3146.jpg

紫香楽宮跡を通過しました。

CIMG3147.jpg

紫香楽宮跡駅にてゴールでした。

CIMG3150.jpg

CIMG3151.jpg

CIMG3153.jpg

CIMG3157.jpg

CIMG3158.jpg

15時3分発の列車にて帰路に着きました。

CIMG3163.jpg

お土産に地酒を買いました。

ハイキングなので、意外と楽かなと思ったのですが、登りは結構険しく、疲れました。
行場体験は、一人だと危なくて出来ないので、いい経験が出来て、怖かったけど、楽しかったです。
スタッフさん達は、山伏の恰好してて、これもなかなか無い事なので、良かったです。
山伏スタイル、めっちゃ格好良かったです。
楽しく歩かせて頂き、ありがとうございました。
年に1度の開催だそうですが、また参加したいです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

宇治観光

9月26日(土)曇り

ぐるっと京都トレイルの前日は京都に前泊しました。
時間があったので、ずっと行きたいと思っていた宇治観光して来ました。

DSCN0125_20151008195610f42.jpg

京阪宇治駅スタートです。
本日の目的は、宇治平等院と三室戸寺。

DSCN0128_201510081956129ae.jpg

宇治橋を渡ります。

DSCN0135_201510081956139cf.jpg

平等院への参道を歩いて行きます。

DSCN0139_20151008195614e31.jpg

拝観券をゲット。
せっかくなので内部拝観もします。
定員制で時間が決められていました。
内部拝観の時間まで境内を散策します。

DSCN0145.jpg

小学校の修学旅行以来の宇治平等院です。
隣接している平等院ミュージアム鳳翔館では、色んな宝物を見る事が出来ます。
雲中供養菩薩像など、すぐそばで見る事が出来ました。
内部拝観しましたが、極楽とはこんな感じなのかなと思えるような見事なものでした。
平等院を去る頃には内部拝観は1時間待ちになってました。

DSCN0163_20151008200953b57.jpg

DSCN0168_20151008200954e39.jpg

DSCN0170_20151008200956ca1.jpg

DSCN0172.jpg

DSCN0175.jpg

DSCN0181_20151008201236262.jpg

宇治川沿いを歩いて、塔の島、橘島を経て、対岸へ。

DSCN0184_20151008201238712.jpg

宇治十帖モニュメント。

DSCN0186.jpg

宇治神社。

DSCN0190_201510082012415dc.jpg

宇治上神社と巡りました。

DSCN0191_2015100820124245c.jpg

宇治のマンホール。

DSCN0194_20151008201458f8e.jpg

綺麗に整備されたさわらびの道。

DSCN0197_201510082015001fa.jpg

仏徳山(大吉山)に登ってみます。

DSCN0202_20151008201500e79.jpg

展望台からの眺め。
宇治の街が見下ろせました。
このまま先に進むと、行きたいと思っている三室戸寺とは反対方向に出てしまいますので、展望台ににて折り返し、上がってきた道を下ります。
途中源氏物語ミュージアムにも立ち寄ってみました。
高校生の頃、源氏物語を夢中で読んでたなぁ~
なかなか興味深い展示がありました。

DSCN0225.jpg

DSCN0226.jpg

てくてく歩いて三室戸寺に到着。
西国三十三カ所10番札所です。
この日は曇りがちでした、しっかり汗をかきました。

DSCN0229_201510082020108a7.jpg

DSCN0232_20151008202012078.jpg

DSCN0238_20151008202014af9.jpg

ご朱印を頂き、境内を散策しました。

DSCN0233_20151008202012846.jpg

貴乃花、若乃花の手形がありました。
意外と小さい手。

DSCN0242_201510082024058c6.jpg

DSCN0249_20151008202406cc5.jpg

お庭も散策しました。
こちらはアジサイの名所らしいですが、アジサイ園の方は、入る事が出来ませんでした。
アジサイの時期は、とても混雑するのでしょうね。

三室戸寺を後にし、京阪宇治駅まで戻りました。
翌日京都トレイル大会が控えていたので、あまり歩き回らず、さらっと観光しましたが、行きたいと思っていた宇治平等院と三室戸寺に行けて良かったです。
今度は天ヶ瀬ダムの方にも行ってみたいので、また時間がある時に散策したいと思います。

宇治

宇治ログ

今回のログです。

歩いた時間:4時間42分(9:36~14:18)
歩いた距離:9.7㎞(上り:2.5㎞ 下り:3.1㎞ 平坦:4.1㎞)

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

第3回浜名湖ウォーク・フェスタ2015

10月4日(日)晴れ

第3回浜名湖ウォーク・フェスタ2015

コース:20・10・3.5㎞

歩いたコース:浜名湖の爽やかな風とあさり汁満喫コース:20㎞

浜名湖ウォーク・フェスタログ

コース:浜名湖ガーデンパーク→浜名湖大橋→弁天島海浜公園→浜名湖大橋→浜名湖ガーデンパーク

掛かった時間:3時間20分(10:05~13:25) 走行時間:3時間15分
歩いた距離:18.2km(上り:1.9㎞ 下り:1.5㎞ 平坦:14.8㎞)

秋晴れの中、色んなウォーキングイベントが目白押しですが、今回は珍しく東へ。
浜名湖ウォーク・フェスタ2015に参加して来ました。
このイベントのパンフレット、神岡ツーデーの時に見つけて、湖の上の橋の上を歩くのは面白そうだなと思って、参加を決めました。

会場の最寄り駅は、JR弁天町駅。
浜松行きの始発電車で向かいました。
普通電車だったので、凄く時間が掛り、2時間20分程掛りました。
会場の浜名湖ガーデンには、パンフにはバスかタクシーでって書いてあったのですが、バスは9月30日のダイヤ改正で廃線になってしまっていたので、タクシーで会場に向かいました。

CIMG2822.jpg

CIMG2826.jpg


会場の浜名湖ガーデンパークに到着。
綺麗に整備された大きな公園でした。
早く着き過ぎたので、受付を済ませてから、会場をブラブラ。

CIMG2829.jpg

CIMG2828.jpg

朝早く、お腹が空いていたので、会場に売っていたおにぎりとウナギを食べました。

CIMG2834.jpg

会場はだんだん賑わって来ました。
この大会、ノルディック連盟やノルディックポールのメーカーが主催なので、メインはノルディックウォークみたいでした。
出発前にポールの貸し出しやレクチャーが盛んにおこなわれていました。

CIMG2836.jpg

出世大名家康くんが登場です。
浜松は楽器の街だけあって、袴はピアノ柄。
ちょんまげはウナギになっていました。

CIMG2841.jpg

家康くん、人気ありましたよ。

CIMG2847.jpg

CIMG2849.jpg

出発式とストレッチ。
コースごとに分かれて並んで無かったので、どうするのかなと思ったら、まずは10㎞コースからスタートで、10㎞コース以外の人は、しばしイベント会場などで過ごしてくださいとの事でした。
20㎞コースからスタートかと思っていたのですが。。。
イベント会場で遊んでいたら、いつの間にか20㎞コースがスタートし始めていたので、慌ててスタート地点に向かいます。

CIMG2852.jpg

銀行のキャラクターハマタッチにお見送りされてスタートです。

CIMG2853.jpg

まずはガーデンパーク内を歩きます。

CIMG2861.jpg

気持ちの良い青空の中を歩いて行きます。

CIMG2868.jpg

しばしのどかな風景の中を歩きます。
海の近くだからか、車がサビサビになっていました。

CIMG2869.jpg

浜名湖に出ましたよ。

CIMG2872.jpg

CIMG2875.jpg

大きな浜名湖を眺めながら歩いて行きます。
「浜名湖一周マラニック」というイベントも行われていたみたいで、走っている人達にもすれ違いました。
静岡ウオーキング倶楽部の例会も行われていたみたいで、ちょうど団体歩行されている皆さんとすれ違いました。

CIMG2887.jpg

浜名湖ガーデンパークの前まで戻って来ました。
浜名湖大橋が近づいて来ました。

CIMG2891.jpg

橋を渡りますが、かなり強風。。。

CIMG2893.jpg

風が強すぎて、ザックに付けているゼッケンがちぎれてしまいました。

CIMG2898.jpg

CIMG2900.jpg

はるか遠くに見えているタワーが浜名湖ガーデンパーク。

CIMG2906.jpg

CIMG2909.jpg

国道1号線の橋は、古い方は修理中で渡れませんでした。
橋の上から釣りをしている人達がいました。

CIMG2910.jpg

歩いて来た橋の下を潜ります。

CIMG2913.jpg

鳥居が見えた。

CIMG2916.jpg

弁天島海浜公園を歩いて行きます。

CIMG2918.jpg

とても南国チックな風景です。

CIMG2919.jpg

休憩ポイントに到着です。
10㎞ウォーカーさんも、まだまだ大勢いらっしゃいました。

CIMG2920.jpg

あさり汁とジュースを頂きました。

CIMG2923.jpg

鳥居を眺めながら頂きます。

CIMG2928.jpg

リスタートです。
線路を潜ります。

CIMG2929.jpg

弁天島マリーナ。

CIMG2931.jpg

海産物屋さんが並んだ通りを歩いて行きます。

CIMG2934.jpg

再び激風の浜名湖大橋に向かいます。

CIMG2937.jpg

目指すは、あの遠くに見えているタワー。

CIMG2938.jpg

10㎞ウォーカーもまだまだ居て、ノルディックで並んで歩いているので、中々抜けない。。。(^-^;

CIMG2940.jpg

やはり激風で、体力が消耗します。

CIMG2945.jpg

橋を渡り終え、タワーが近づいて来ました。

CIMG2949.jpg

10㎞コースは、正面からゴールに向かいますが、20㎞コースは、少し余分に歩きます。

CIMG2952.jpg

浜名湖ガーデンパークに戻って来ました。

CIMG2954.jpg

皆さんに迎えられてゴールです。
気持ちの良いお天気の中歩けましたが、浜名湖大橋の上は、景色は良かったけど、かなりの強風で辛かったです。
日差しも強かったので、ちょっぴり日焼けもしてしまいました。

CIMG2955.jpg

ゴール後、かき氷を食べました。
美味しかった~~~(#^^#)

せっかくなので展望タワーに上がってみます。

CIMG2958.jpg

会場を見下ろしています。

CIMG2965.jpg

浜名湖大橋。
美しいですね~

CIMG2970.jpg

すばらしいパノラマ風景が広がっていました。
浜名湖ガーデンパークは、とても広く、1日楽しめそうな感じでした。

CIMG2983.jpg

CIMG2988.jpg

CIMG2989.jpg

名残惜しいですが、そこそこ遠くに来ているので、コスモス畑を散策してから、帰路に着きました。
帰りは豊橋から快速電車でしたので、最寄り駅まで1時間40分程で到着しました。

DSCN0510_201510052022299a5.jpg

大会記念バッチ。

CIMG2997.jpg

イベント会場では、ハンドタオルや入浴剤を頂きました。

今回は、素晴らしいお天気の中、浜名湖の風景を楽しみました。
浜名湖は海みたいに大きかったです。
静岡は気候も良く、風光明媚で良い所ですね。
今回のイベントはウォーキング大会と言うより、ノルディックの祭典って感じでした。
こういったイベントを通じて、楽しみながら歩く人達が増えると良いなぁ~と思います。
楽しくウォーキングさせて頂き、ありがとうございました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

古道きらら坂から秋風の比叡山へ

10月3日(土)晴れ

えいでんハイク
『古道きらら坂から秋風の比叡山へ』     距離:約12㎞

IMG_20151003193751203.jpg
(今回GPSがうまく作動ぜず、歩いたログが取れませんでしたので、スタート時に頂いたマップです。)

コース:修学院駅(受付)→鷺森神社<スタート>→きらら橋→きらら坂→水飲対陣跡→ケーブル比叡駅→比叡山頂→鎮護国家の碑→松尾坂→西山峠→グランド横→八瀬比叡山口駅<ゴール>

歩いた時間:3時間38分(10:10~13:48)
コースタイム:10:10鷺森神社<スタート>→(1時間43分)→11:53比叡山頂→12:27下山開始→(1時間21分)→13:48八瀬比叡山口駅<ゴール>

叡山電車主催のえいでんハイクで比叡山を歩いて来ました。
先週京都トレイルで比叡山を歩いたばかりですが、今月末の高野山のトレーニングも兼ねて参加しました。

CIMG2717.jpg

受付は9時半から10時の間に修学院駅です。
えいでんハイクは初参加なので、要領が分からず戸惑いましたが、去年琵琶湖8回割で一緒だった知り合いさんも一緒だったので、心強かったです。

CIMG2719.jpg

受付を済ませた人から、鷺森神社に向かいます。
10時を待って、説明とストレッチをして、スタートです。
自由歩行かと思ったのですが、団体歩行でした。

CIMG2723.jpg

参加者は200名程居るみたいなので、比較的先頭集団でスタートしました。
音羽川沿いを歩き、きらら橋を渡ります。

CIMG2725.jpg

いよいよきらら坂。
この道は初めて歩きます。

CIMG2726.jpg

最初は細い溝のような道で急坂です。
大きな段差も度々あって、足の短い私には、かなりキツかった。。。orz
比較的先頭の方にいたので、スピードも速く、急坂でしんどいのだが、細い道で後続の人がくるので、立ち止まる事が出来ず、写真も撮る事が出来ず、一気に登って行きました。

CIMG2728.jpg

修学院離宮を区切るフェンスが終わると比較的歩きやすい尾根道になった。

CIMG2730.jpg

歩きやすくなったとはいえ、ずっと登りで、倒木などもありました。
音羽川の水音が聞こえて来ました。

CIMG2732.jpg

水飲対陣跡。
ここからは先週京都トレイルで歩いた道と合流します。
ケーブル比叡駅まで、あと一息あります。

CIMG2733.jpg

先週よりもお天気が良かったので、北山方面が綺麗に見えました。

CIMG2735.jpg

気持ちの良い道です。

CIMG2739.jpg

うっそうとした杉林を抜けると、もうすぐ鉄塔。

CIMG2741.jpg

鉄塔到着。

CIMG2743.jpg

かなり登って来ましたね。

CIMG2748.jpg

しばらく進むと、ケーブル比叡駅です。

CIMG2747.jpg

こちらでしばし休憩の後、山頂を目指します。

CIMG2751.jpg

先週歩いたトレイルコースを外れ、スキー場跡を登って行きます。

CIMG2753.jpg

CIMG2759.jpg

比叡山頂に到着しました。
1時間45分程で登って来ました。
ちょっと早すぎですよね~しんどかった。。。

CIMG2761.jpg

コスモスが綺麗に咲いていました。

CIMG2763.jpg

滋賀県側の風景。
琵琶湖が見えていました。
こちらで軽く昼食を食べ、大比叡の三角点を目指します。

CIMG2768.jpg

CIMG2770.jpg

大比叡、標高848m。
三角点にタッチして来ました。

CIMG2774.jpg

下山開始します。
下山は矢貼りがあるので、自由に降りて行けました。

CIMG2780.jpg

お地蔵さんのいる展望台。
京都トレイルの時にも通過しました。

CIMG2778.jpg

激坂の横高山が見えています。
本日は、あそこには行きません。
しばらくはトレイルコースと同じ道を進みます。

CIMG2782.jpg

鎮護国家の碑の手前で、左の道に進みます。

CIMG2783.jpg

CIMG2785.jpg

このまま穏やかな道をくだって行ってゴールかと思ったのですが…

CIMG2797.jpg

再び西山峠への上りがあり、その後の下りは、結構道が荒れていて、ゴロゴロ石と岩が多く、とても歩き辛かったです。
最後の方で、足が踏ん張れなくなくなって、どうでもない所でコケてしまった。。。(^-^;

CIMG2801.jpg

やっと下界に降りてきた。

CIMG2810.jpg

ケーブル八瀬駅。

CIMG2812.jpg

高野川を渡ります。

CIMG2813.jpg

八瀬比叡山口駅にてゴールでした。

えいでんハイク、初めて参加しましたが、前半は団体歩行で、先頭集団はペースが速く、付いて行くのが大変でした。
昔の私なら、ついて行けなかったと思います。
高野山に向けての良いトレーニングになった?
きらら坂は、初めて歩きましたが、細い溝みたいな道で、大きな段差も幾度となくあり、険しかったです。
下りは楽勝だと思っていたのですが、松尾坂は結構荒れていて、かなり歩き辛かったです。

2週間連続で比叡山登るのはどうかなと思いましたが、初参加のえいでんハイク、なかなか楽しかったです。
鉄道系のハイキングで、こんな本格的に山歩きが出来るとは、思ってもなかったです。
もう少し緩い感じなのかなって思ってました。
次回は12月開催だそうだけど、雪が無さそうなら参加してみたいなぁと思いました。

きらら坂から比叡山

比叡山高低差 きらら坂から比叡山ログ

途中で電池切れですが、今回のログです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

木曽三川公園センター「秋の花物語」

9月22日(祝)晴れ

近鉄ハイキング
秋色彩るコスモスがお出迎え
木曽三川公園センター「秋の花物語」     距離:約12㎞

ログ

高低差 ログ2

コース:近鉄長島駅→輪中の郷→船頭平閘門→木曽三川公園センター→常音寺→養老鉄道・多度駅

掛かった時間:2時間21分(8:55~11:16) 走行時間:2時間18分
歩いた距離:12.4km(上り:1.2m 下り:882m 平坦:10.3㎞)

レポが前後していますが、シルバーウィークウォーキング第3弾は、近鉄ハイキングに行って来ました。
昼から用事があったので、予約なしで、さくっと参加出来る鉄道系ハイキングは、とても重宝します。
レポの方もさくっと簡単に。。。(^-^;

DSCN0019.jpg

受付開始は、近鉄長島駅で9時より。
30分程早く着いたのだが、すでに多くの方がお待ちでした。

DSCN0020_201510012033460ba.jpg

マップをもらって出発します。
まずはJR長島駅を潜ります。

DSCN0023.jpg

東名阪自動車道を潜ります。

DSCN0027.jpg

八釼神社の境内を通過します。

DSCN0029_20151001203350957.jpg

彼岸花が咲いていました。

DSCN0033_20151001203810c0f.jpg

輪中の郷。

DSCN0035_2015100120381134d.jpg

初めて近くを通過しましたが、なかなか綺麗に整備された施設でした。

DSCN0038_2015100120381478d.jpg

立田村のマンホール。
立田村は今は愛西市になっています。

DSCN0043.jpg

船頭平河川公園を通過します。

DSCN0045_20151001203815df7.jpg

船頭平閘門。
明治時代の河川工事により木曽川と長良川を往来できるようにした閘門です。
門扉が二重になっている復門式の形状で、わが国で初めてのものです。明治35年に完成。現在でも有効に機能しており、その土木技術は歴史的に貴重なものです。

DSCN0050.jpg

しばらくはのどかな道を歩いて行きます。
ここにも彼岸花が咲いています。

DSCN0051_2015100120452459b.jpg

右手にはイチジクの木が並んでいて、実が実っていました。

DSCN0053.jpg

長良川の堤防に上がります。
福原の渡し跡の石碑。

DSCN0056.jpg

快晴の中、木曽三川公園センター目指して歩いて行きます。
このシチュエーション…一宮七夕ウオークを思い起こします。

DSCN0061_20151001204527547.jpg

DSCN0065.jpg

長良川大橋を渡ります。
気温計は24℃でした。
七夕ウォークの時より10℃も違う。
やはり七夕ウオークは過酷なウオーキングですよね。

DSCN0069.jpg

ここから先が岐阜県。

DSCN0072_201510012051182e3.jpg

木曽三川公園センターに到着です。

DSCN0074_20151001205120699.jpg

木曽三川公園センターは国営公園で、入場は無料。
コスモスが咲いているらしいので、立ち寄りたかったのだけど、時間が無かったので、通過のみでした。
多くの人で賑わっていましたよ。

DSCN0082_20151001205121480.jpg

湯島大橋で揖斐川を渡ります。

DSCN0086_20151001205802747.jpg

再び三重県。

DSCN0088_20151001205803b74.jpg

この先で木曽川長良川・揖斐川が合流しています。
この辺りの川幅はかなり広い。

DSCN0094_20151001205806054.jpg

多度駅目指して歩いて行きます。
日差しが強く、暑い。。。
多度大社の鳥居が見えています。

DSCN0102_20151001205806b77.jpg

多度町のマンホール。

DSCN0103_20151001210206c4c.jpg

前方に見えているのは、この間歩いた多度山。

DSCN0104_20151001210208a58.jpg

坂を上がって大きな鳥居を潜ります。

DSCN0107.jpg

下を走っているのは養老鉄道。

DSCN0111_201510012106094a4.jpg

養老鉄道多度駅にてゴールでした。
近鉄ハイキングは、ゴールチェックが無いので、そのまま帰宅となります。
ゴールの時間制限が無いのは、良いですよね。

DSCN0113_20151001210211312.jpg

帰りは養老鉄道で大垣まで帰りました。

DSCN0112_2015100121105134d.jpg

IC化されてなくて紙の切符でした。
大垣までは、しっかり1時間ほど掛りました。

素晴らしいお天気の中、ひたすらゴールを目指したウォーキングでした。
良い汗かきました(^O^)/
木曽三川公園センターのお花畑は、機会があれば、ゆっくり散策したいなぁと思います。

今年はシルバーウィークという秋休みがありました。
色々計画して、遠くに行く事も出来たでしょうが、チョイチョイ用事もあり、近場をうろうろしていました。
比較的お天気に恵まれた5日間だったので、遠出すればよかったかな?
最終日の23日は、自宅でゆるゆる過ごしました。
比較的のんびり過ごしたシルバーウィークでした。

ウォーキングに最適な季節になりましたね。
今年の秋は、あまり予定を入れてないけど、たぶんどこか歩いていると思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。