スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛環ぷらっとウォーキング・岡崎市

12月27日(日)晴れ

愛環ぷらっとウォーキング
~岡崎市・家康ゆかりの地巡りコース~    距離:約8㎞

IMG_20151231183636138.jpg
今回はログを取ってないないので、詳細なデータはございません。

コース:愛環鉄道・大門駅→大樹寺→伊賀八幡宮→清明神社→二七市通り→岡崎信用金庫資料館→カクキュウ八丁味噌・まるや八丁味噌→愛環鉄道・中岡崎駅

歩いた時間:1時間52分(9:17~11:09)

今年の歩き納めは愛環ぷらっとウォーキングで岡崎を歩いて来ました。
毎年歩き納めは、29日の近笑会の年末調整ウオークに参加していましたが、今年はナント!29日は今年最後の出勤日で、さすがに休めず、参加出来ませんでした。

CIMG5910_20151231184434971.jpg

愛環鉄道・大門駅です。
最寄り駅から、うっかりICカードで乗ってしまったのだけど、愛環鉄道はICカードが使えなかったので、電車の中で車掌さんに精算して頂きました。
今時ICカードが使えんやなんて、びっくりぽんですわ。
大門駅で通行人さんご夫婦にお会いしました。
参加者多いから、お会い出来ないと思っていましたが、お会い出来て良かったです(#^^#)
マップを頂き、スタートです。

CIMG5911.jpg

岡崎のマンホール。
岡崎城が描かれています。
お城の描かれているマンホールも、色々あって面白いですね。

CIMG5912.jpg

徳川氏の菩提寺の大樹寺です。

CIMG5917_20151231184439c1a.jpg

入り口の門からは、岡崎城が見えています。

CIMG5922.jpg

大樹寺と岡崎城を結ぶ約3kmの直線は「ビスタライン」と呼ばれています。
ビスタとは眺望・展望の意味。
この眺望は、三代将軍・徳川家光が、徳川氏(松平氏)の菩提寺である大樹寺の伽藍を建てるとき、「祖父生誕の地を望めるように」と本堂から三門、総門を通して、その真中に岡崎城が望めるように伽藍を配置したことに由来します。

CIMG5925.jpg

てくてく歩いて伊賀八幡宮。
徳川家の祖である松平親忠が創建されたと伝えられています。

CIMG5928.jpg

随神門。
随神様が門の両側に配置されています。
門の前の蓮池。
花が咲いている頃は見事だろうなぁ。

CIMG5931.jpg

伊賀八幡宮の参道を歩いて行きます。
お正月を迎える準備をなさっていました。

CIMG5932.jpg

途中の清明神社でも、正月の準備をなさっていました。
いよいよ今年も終わりだなと感じます。

CIMG5937.jpg

二七市通りでは、市が行われていて、ブラブラ見学しながら、歩いて行きます。
本日は軽いウォーキングのつもりで軽装で来ちゃったけど、欲しい物がいっぱいあったので、リュック背負ってくれば良かった。。。

CIMG5951.jpg

岡崎信用金庫資料館。

CIMG5947.jpg

朝ドラの世界ですね。

CIMG5949.jpg

CIMG5950.jpg

お金に関する色んな展示があり、面白かったです。
千両箱、重くて持ち上がらなかった。。。

CIMG5953.jpg

国道1号線を歩いて行きます。

CIMG5958.jpg

岡崎公園内を通過します。
ここにも門松が飾ってあって、年の瀬っぽい感じです。

CIMG5962.jpg

岡崎城をチラッと見て、八丁味噌通り方面に向かいます。

CIMG5963_20151231191311d04.jpg

公園内には、家康公産湯の井戸がありました。

CIMG5966.jpg

カクキュウ八丁味噌。

CIMG5967.jpg

八丁味噌と赤だし味噌の試飲が出来ます。

CIMG5968_20151231191607793.jpg

まるや八丁味噌。

CIMG5982.jpg

こちらでは、お味噌が頂けましたヽ(^。^)ノ

CIMG5970.jpg

味噌蔵見学もしました。

CIMG5972.jpg

大きな樽に石が積み上げられています。
こんな風に地道に造っているんですね。

CIMG5977.jpg

大きな樽と石が干してありました。

CIMG5989_201512311920118de.jpg CIMG5973.jpg

お土産にみそだれを買いました。

CIMG5978_20151231192008963.jpg

中岡崎駅にてゴールでした。

CIMG5979_20151231192451233.jpg

駅前には、こんな石碑がありました。

CIMG5985.jpg

ゴールではピンバッチも頂けました。

今年の歩き納め。
良いお天気の中、気持ち良く歩けました。
さった峠の時に、これ位晴れていたらなぁと思ったりしますが…(;´∀`)

今年は京都トレイル完歩を優先していたので、山に行ったりすることが多く、例会参加はほとんどありませんでした。
長距離もあまり歩いていないですし、なんか好き勝手に歩いたように思いますが、楽しく歩けたので、良しとしましょう(^O^)/

今年も後数時間で終わりですね。
ブログを読んでくださっている皆様、一人一人に御挨拶するべきとは思いますが、この場をお借りして、お礼申し上げます。
「今年も大変お世話になりました。
 いつもねむねむモードで書いていますので、端折過ぎであったり、誤字脱字だらけですが、拙いブログを読んでくださって、大変ありがとうございました。
 来年も前向きに頑張って行きますので、どうぞよろしくお願い致します。
 ではでは、よいお年をお迎えくださいね☆」
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

さった峠ハイキング

12月23日(祝)曇り一時雨

「浮世絵にも描かれる美しき富士 
  さった峠ハイキング」          距離:約7.5㎞

さった峠

さった峠2 さった峠3

コース:宗像神社→白髭神社→さった峠→倉沢の道→東海道名主の館・小池邸→豊積神社→由比宿→ゆい桜えび館

歩いた時間:2時間6分(11:12~13:18) 走行時間:1時間51分
歩いた距離:8.4㎞(上り:2.4㎞ 下り:2.0㎞ 平坦:4.1㎞)

クラブツーリズムのバスツアーでさった峠を歩いて来ました(^O^)/
さった峠は東海道五十三次では由比宿と興津宿の間にあります。
いつもは名鉄バスハイキングを利用していkますが、クラブツーリズムのあるくツアーは初めてです。
どんな感じなんでしょうね。

CIMG5746.jpg

今回参加者は20名だそうですが、大きなバスです。

CIMG5747.jpg

座席の場所が指定されていて、座席間隔も広く、乗車率は半分位なので、とっても余裕があって、楽でした。
名鉄バスハイキングだと、座席は自由なのだけど、ほぼ満車状態ですので、窮屈な感じがあったりします。

CIMG5905.jpg

しかもトイレ付きバスでした。

CIMG5758_201512302111333b2.jpg

途中浜名湖SAで休憩しました。
本日の天気は曇り、残念ながら富士山は見れなさそうで、雨降ってきそうですね。

CIMG5763_20151230211135fcb.jpg

お弁当を頂き、興津駅近くの宗像神社よりスタートです。

CIMG5764.jpg

マンホールの柄は、さすが清水、サッカーの柄でした。

CIMG5766_20151230212129501.jpg

CIMG5767_20151230212131007.jpg

宗像神社でお参りして、さった峠に向かいます。

CIMG5770_20151230212132982.jpg

興津川を渡ります。

CIMG5772.jpg

CIMG5773_2015123021213529e.jpg

町中を抜けて行くと、登り坂が始まります。

CIMG5774.jpg

ミカンが実っていました。

CIMG5775_201512302125459eb.jpg

海が見えていますが、やはり曇っていますね。

CIMG5779_20151230212546c03.jpg

階段を登って行きます。

CIMG5780_2015123021254815f.jpg

CIMG5781.jpg

上へ上へと続く階段。

CIMG5784_201512302128089d1.jpg

さった峠に到着しました。
階段は長かったけど、それほど大変ではありませんでした。

CIMG5789.jpg

ここから富士山がドーンと見えるハズだったのだけど、曇っていて見えません。。。(T_T)

CIMG5792.jpg

椿が咲く道を進んで行きます。

CIMG5797_20151230212812aa2.jpg

所々で無人販売があって、美味しそうなミカンポンカンなどが売っていたのだけど、生憎小銭を持ち合わせて無かったので、買えませんでした。ガックシ(;´∀`)

CIMG5798_20151230213403f08.jpg

この先にベンチがあったので、ここで昼食タイム。

CIMG5802.jpg

CIMG5803.jpg

今回のお弁当は鯛めし弁当。
海を眺めながら、食べるとします。
とても美味しかったし、お腹が空いていたのもあって、綺麗に完食しました。

CIMG5801.jpg

CIMG5804_2015123021340855c.jpg

CIMG5806.jpg

この辺り水仙が綺麗に咲いていました。

CIMG5811.jpg

CIMG5813.jpg

ここからも晴れていれば、浮世絵に描かれたような構図で富士山が見えるのですが、残念ですね~

CIMG5816.jpg

CIMG5820.jpg

舗装された道を下って行きます。
ミカンがたくさん栽培されていました。

CIMG5822_2015123021462066b.jpg

古そうな道標がありました。

CIMG5826_20151230214621326.jpg

途中地すべり対策の工事が行われていました。
この辺りから雨が降ってきました。
雨の降る前にお弁当食べておいて良かった。

CIMG5831.jpg

傘を差しながら歩いて行きました。

CIMG5836.jpg

一里塚跡。

CIMG5837.jpg

CIMG5845.jpg

倉沢・寺尾の街並みを歩いて行きます。
なかかな風情がありましたが、雨が降っているので、足早に通り過ぎます。
レインウェアを着ようか迷いましたが、後は平坦だから、傘のまま進みました。

CIMG5853_20151230215117837.jpg

歩道橋で旧1号線を横断します。

CIMG5860.jpg

由比駅を通過し、由比桜えび通りを歩いて行きます。

CIMG5869_2015123021572856e.jpg

途中豊積神社にも立ち寄りました。

CIMG5871_2015123021573024f.jpg

とっても立派な大イチョウがありました。

CIMG5877.jpg

消防署のシャッターには由比の浮世絵。

CIMG5883.jpg

由比川を渡ります。
歩いて来た方向を振り返ってみます。

CIMG5889.jpg

CIMG5895.jpg

由比宿に到着しました。
時間があったので、東海道広重美術館を見学しました。
1枚の浮世絵を作るのに、何回も重ね摺りされていて、凄く手間が掛っている事を知り、びっくりでした。

CIMG5898_20151230220058401.jpg

八幡宮を抜けて、ゴールのゆい桜えび館に向かいます。

CIMG5900.jpg

暖かい甘酒を飲んで、ほっと一息。
出発まで、ぶらぶらお買い物タイムです。

CIMG5908_20151230220915b6a.jpg CIMG5907.jpg

桜えび揚げや数の子を買いました。

CIMG5903.jpg

ほんのちょっぴりですが桜えびのお刺身の試食も頂きましたよ。

CIMG5904.jpg

バスに乗り込み、帰路に着きます。
それほど渋滞に巻き込まれる事なく、順調に名古屋に帰って来る事が出来ました。

CIMG5906 (2)

名古屋のビルの窓ガラスがクリスマスツリー柄にライトアップされていました。

今回は、ずっと歩いてみたかったさった峠を歩きました。
残念ながら富士山は見れず、途中雨に降られちゃいましたが、12月にしては、とても暖かく、歩きやすかったです。
晴れの日に、是非リベンジしたいです。

今回初めて利用したクラブツーリズムのあるくツアー。
とても快適に過ごせましたので、また利用したいと思いました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

荷坂峠を歩く

12月19日(日)晴れ

名鉄バスハイキング
「静寂に佇む熊野古道・荷坂峠」   距離:6.5㎞

荷坂峠

荷坂峠3 荷坂峠2

コース:荷坂トンネル入り口→荷坂峠→憩い石→沖見平→三本松(長八茶屋跡)→一里塚→道の駅マンボウ

歩いた時間:59分(10:22~11:21) 走行時間:58分
歩いた距離:4.5㎞(上り:286m 下り:1.9㎞ 平坦:2.4㎞)

名鉄バスハイキングで熊野古道伊勢路を歩いて来ました。
今回歩いたのは荷坂峠。
かつてツヅラト峠が「伊勢の国」と「紀伊の国」の国境だった峠です。
荷坂峠は、徳川吉宗の時代に紀州藩の街道整備に伴って「紀伊の国」への正式な玄関口となりました。

CIMG5659.jpg

荷坂トンネル入り口からスタートです。

CIMG5663.jpg

しばらく行くと荷坂峠の降り口。

CIMG5665_201512282223106fd.jpg

とても歩きやすい道で、しかも下り坂。
楽々歩いて行きます。

CIMG5671.jpg

憩い石。
旅人が腰掛けて休憩したことにちなんで名がついた大岩です。

CIMG5672.jpg

とても暖かく、12月とは思えない気候です。

CIMG5673.jpg

熊野古道の伊勢路は、このように100m毎に標識があって分かりやすい。

CIMG5677.jpg

少し登って沖見平に向かいます。

CIMG5680.jpg

沖見平からは、綺麗な海が見えました。
とっても良いお天気ですヽ(^。^)ノ

CIMG5681_20151228222616df1.jpg

CIMG5685.jpg

鹿の角とぎの傷のある木がありました。

CIMG5686_20151228223016ed4.jpg

途中から明治道と江戸道が数回交差していました。
明治道は江戸道の迂回路で、傾斜が穏やかで、距離が長く、江戸道は急な下り坂で、道があれているが、距離が短い。

CIMG5691.jpg

推奨は明治道でしたが、江戸道を歩きました。
少し歩き辛い所もありましたが、普通に歩けました。

CIMG5694.jpg

CIMG5692.jpg

荷坂峠を下って来ました。
今回のコースは、距離も短く、下りでしたので、あっという間に歩き終わってしまいました。

CIMG5696.jpg

林道を歩いて行きます。
猪や鹿から田畑を守るために積み上げられた猪垣が道に並行して残っています。

CIMG5705.jpg

一里塚石仏碑。

CIMG5710_20151228223625824.jpg

国道42号線を歩いて行き、

CIMG5715_20151228223625616.jpg

片上池をぐるっと歩きます。

CIMG5719.jpg

水鳥がいっぱい居ました。

CIMG5720.jpg

とっても気持ちの良い天気です。
どの辺りを歩いてきたのだろうか?

CIMG5731.jpg

道の駅マンボウにてゴールでした。
良いコースでしたが、ずっと下りでしたし、瞬殺で歩き終わってしまいました。
せっかくの良いお天気でしたので、もう少しハードなコース歩きたかったなぁ。

CIMG5733.jpg

CIMG5735.jpg

道の駅にて昼食タイム。
マンボウとサメの串焼き、さんま寿司を食べました。
ちょっと食べ過ぎ。。。
マンボウは鶏肉っぽくて、サメはマグロっぽい感じでした。
マンボウやサメって、珍しいですよね。

CIMG5739.jpg

ゴール後にお土産も頂きました。

CIMG5741.jpg

2015年名鉄バスハイキングに5回参加したので、ピンバッチも頂きました。
ウォーキングのイベントが無い時に利用していましたが、普段行けないような場所に行けるので、来年も是非利用したいと思いました。

年末で忙しく、端折レポで遅れ気味になっています。。。(^-^;

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

嵐山花灯路と鈴虫寺の納めの地蔵

12月18日(金)

18日の京都トレイルのゴールは嵐山でした。
朝早くから歩いていたのにも関わらず、ゴールは日没直前でした。
丁度「嵐山花灯路」をやっていたので、見て来ました。

CIMG5499.jpg

ライトアップされた渡月橋。
後ろの山もライトアップされています。

CIMG5502.jpg CIMG5503_20151227212934a0a.jpg

寒かったので、コーヒーを飲みました。
抹茶みたいに飲むスタイルの物で、ちょっと変わっていました。

CIMG5512_2015122721293637b.jpg

竹林の道へ行ってみました。
竹林もライトアップされていました。
月も一緒に眺める事が出来、なんか良いなぁって思いました。

CIMG5514.jpg

色んな色にライトアップされている竹林、とても美しかったです。

CIMG5525_201512272134215c8.jpg

まだ平日だったので、空いている方だとは思うのですが、結構混んでいました。

CIMG5535.jpg

CIMG5539.jpg

中ノ島公園の辺りも綺麗でした。

CIMG5548.jpg

CIMG5549.jpg

阪急嵐山駅もライトアップされていました。
クリスマスイルミも良いけれど、和風のライトアップも良い物だなぁと思いました。
この時期に嵐山に行ったのは、ほんと偶然でしたが、嵐山花灯路が見れて良かったです。
次回行くときには、是非デジイチ持って行きたいな。


12月19日(土)

この日の京都トレイルのゴールは上桂駅でした。
上桂駅に向かう途中に、鈴虫寺で「納めの地蔵」をやっていたので、立ち寄りました。

鈴虫寺では、毎年その年の最後のお地蔵さまの縁日に梵字を書いて魔除けとされた大根を炊いてお地蔵さまに感謝の気持ちを伝えると共に、来年の無病息災・恋愛成就・安全祈願・家庭隆盛・出世・商売繁盛をお祈りする法要が営まれています。

CIMG5642.jpg

まだまだ綺麗に色付いてる紅葉がありました。

CIMG5644_20151227215959dfc.jpg

CIMG5646_201512272149433af.jpg CIMG5645.jpg

せっかくなので長い行列に並んで、拝観しました。
鈴虫の居るお部屋に通されて、お茶とお菓子を頂きながら、法話を聞きました。
なかなか面白い法話でした。
美しい鈴虫の音色も聴けました。
このお寺は、年中鈴虫が鳴いているそうです。

CIMG5650_20151227214944603.jpg CIMG5651.jpg

CIMG5654_201512272156125e7.jpg

頂いた大根は、優しい味で、とても美味しかったです。
大根焚きって、初めての経験で、良い時期に訪れる事が出来て、良かったです。

京都トレイルのアフターウォーキングは、計画してなかったのですが、嵐山花灯路と鈴虫寺の納めの地蔵に行く事が出来、ラッキーでした。
また来年も都合が合えは、また行ってみたいと思いました。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

京都一周トレイルを歩く⑦(嵐山から上桂)

12月19日(土)曇り一時雨

京都一周トレイルを歩く⑦(嵐山から上桂)

嵐山~上桂

嵐山~上桂2

コース:渡月橋→阪急嵐山駅→松尾山→苔寺→阪急上桂駅

歩いた時間:3時間35分(9:13~12:48) 走行時間:2時間20分
歩いた距離:8.0㎞(上り:2.4㎞ 下り:2.6㎞ 平坦:3.0㎞)
(途中鈴虫寺散策、1時間15分含む)

前日のトレイルの続きを歩きます。

CIMG5554.jpg

いつものように四条大宮から嵐電に乗って嵐山入りです。
本日の行程は、そんなに長くないので、少しゆっくり目に向かいましたが、観光客が増える前に、嵐山を通り抜けたいと思います。

CIMG5558.jpg

嵐電の嵐山駅には、大きなクリスマスリーズが飾ってありました。

CIMG5561.jpg

渡月橋に向かいます。
本日の天気は良さそうです。

CIMG5563.jpg

CIMG5565.jpg

前日のゴール、渡月橋からスタートです。

CIMG5572_20151224205308c07.jpg

桂川を眺めると、虹が掛っていました。

CIMG5576.jpg

CIMG5579.jpg

中ノ島を通過する頃、雨が結構ぱらついてきた。
雨具を出そうか出さまいか考えながら、そのまま歩いて行きました。
雨降らないと思っていたのですが…

CIMG5580_201512242053132d5.jpg

阪急嵐山駅を通過します。

CIMG5583.jpg

CIMG5582.jpg

松尾山の登山口は、看板が無いと、ちょっと分かり辛い場所です。

CIMG5585.jpg

竹林の道を上がって行きます。
木々の下を歩くときは、少し雨がしのげて、有難い。

CIMG5588.jpg

かなり登って来ました。

CIMG5591.jpg

さらに登って行きます。
前日の夜泣峠と言い、序盤から結構急坂攻撃です。。。(^-^;

CIMG5593.jpg

嵐山の町が見えていましたが、あの辺りも雨が降っているようです。

CIMG5596.jpg

CIMG5595_20151224210624ab2.jpg

登り始めて30分程で松尾山の山頂です。
三角点にタッチ☆

CIMG5601.jpg

雨雲が流れて行き、晴れて来ました。

CIMG5603_20151224210628859.jpg

ここからは尾根づたいに歩いて行きます。

CIMG5607.jpg

微妙なアップダウンがありますが、気持ちの良い道です。

CIMG5610.jpg

途中お猿さんの群れに遭遇☆
30頭は居たかな?目の前を通過していきました。
かなりたくさんだったので、ちょっとビビった。
少し離れた所で、こっちを見ていました。

CIMG5612.jpg

木の上にも居ましたよ。
人里から、そんなに離れていないのに、野生のお猿さんが居るんですね。
びっくりぽんです。

CIMG5613.jpg

CIMG5620.jpg

尾根づたいに歩いて行き、最後のビューポイント。
ずっと歩いて来た京都の山々が見える。
桃山から始まって、稲荷、東山、大文字山、比叡山…
いよいよこの京都一周トレイルも歩き終わるのだなと思うと、感慨深い。

CIMG5625.jpg

CIMG5627.jpg

下りも結構急でした。

CIMG5629.jpg

CIMG5631.jpg

竹林の道を歩き…

CIMG5633.jpg

松尾山を下山しました。
実質ここが京都トレイルの終点だろう。

CIMG5635.jpg

すぐそばには、桂坂への抜け道もありましたが…

CIMG5636.jpg

いきなり沢渡から始まるようでした。
そのうちここもトレイルコースになるのかな?

CIMG5638.jpg

ゴールの上桂駅を目指します。

CIMG5640.jpg

苔寺の門は固く閉ざされていました。
ここは簡単には拝観出来ない場所だって事を初めて知りました。

途中少しコースアウトして、鈴虫寺で「納めの地蔵」が行われていましたので、立ち寄りました。
面白い法話も聴けましたし、季節外れの鈴虫の声も聴けました。
大根焚きも行われていて、初めての経験でしたが、良い時に立ち寄る事が出来、良かったです。
ブログにには、後日アップ予定です。

鈴虫寺から、しばし歩き阪急上桂駅にて、ゴールでした。
丁度電車が来たので、慌てて乗ったので、写真はありません。

何とか京都一周トレイル完歩する事が出来ました。
去年の夏くらいから、京都一周トレイルを歩き始めたのですが、最初は全然坂道が歩けなくて、何度も何度も足が止まってばかりでした。
このコースをすべて歩くは、かなり無茶な目標かなとも思いましたが、何とか達成出来て、嬉しいです。
普段とは違った角度から京都の街を歩く事が出来て、すごく大変だったけど、凄く楽しめながら歩けたと思います。
今まで、京都の観光地はスポットスポットで知っていましたが、こことここがこんな風に繋がっているんだって、実際歩いたからこそ知る事が出来ました。
京都はまだまだ奥が深いので、これからも歩いていきたいと思います。

二ノ瀬~上桂2

2日間で歩いたログです。
比叡山大会より、険しさは無いですが、距離が長いので、疲れました。
3月に行われるぐるっと京都トレイル大会、無事完歩出来ると良いなぁ(#^^#)
練習は出来たので、体調とお天気次第かな?

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

京都一周トレイルを歩く⑥(二ノ瀬から嵐山)

12月18日(金)曇り一時雨

京都一周トレイルを歩く⑥(二ノ瀬から嵐山)

二ノ瀬~嵐山

二ノ瀬~嵐山2

コース:二ノ瀬→夜泣峠→向山→小峠→氷室→仏栗峠→高雄→清滝→落合→六丁峠→嵐山

歩いた時間:9時間24分(7:36~17:00) 走行時間:8時間18分
歩いた距離:32.4㎞(上り:11.2㎞ 下り:14.7㎞ 平坦:6.5㎞)

18・19日で京都一周トレイル歩いて来ました。
本当は土日で歩きたかったのですが、相方の都合により、今回は金土で歩きました。
私は金曜日は有休を取りました。
今回は歩く距離も長いし、中途半端な時間に出発しても、通勤ラッシュに巻き込まれそうなので、米原の始発電車にて、京都に向かいました。

ADSCN1524 (8)

7時半、通勤ラッシュ前に二ノ瀬駅に到着しました。
前回の京都一周トレイルのゴールは、鞍馬駅でしたが、HPを見ると、鞍馬二ノ瀬間は、車の多い鞍馬街道を歩くので、叡山電車での移動が推奨されていたし、今回は長距離なので、少しショートカットして二ノ瀬からスタートです。
天気が良いと思っていたのですが、何気に曇っていて、霧雨のような雨が降っています。
山の上の方は雪で白くなっていた。
前日京都で雪が降ったとかって言ってましたもんね。
うっすらと雪が覆いかぶさっているだけですから、何とか歩けるでしょう。

ADSCN1524 (16)

トレイル標識北山47からスタートです。

ADSCN1524 (28)

階段を登ります。

ADSCN1524 (31)

小さなダムを通過し、かなり険しい急坂をつづら折れに上がって行きます。
すっかり汗だくです。

ADSCN1524 (48)

夜泣峠に到着です。

ADSCN1524 (56)

さらに登って行きます。

ADSCN1524 (61)

周りの木々に雪が積もっています。

ADSCN1524 (64)

ひたすら歩いて、向山の山頂に到着でしたが、山頂はガスの中で、特に何も見えませんでした。
途中お猿さんを2度程見掛けました。

ADSCN1524 (68)

木々の向こうに見えていたのは、多分比叡山です。

ADSCN1524 (73)

北山杉並木を歩いて行きます。
何となくガスっている。
山頂辺りは雲の中のようだ。

ADSCN1524 (79)

山を下って、なんとなく人の住んで居る気配。
関電洛北発電所脇の山幸橋に出ます。

ADSCN1524 (87)

再び小峠へ向けての登りです。

ADSCN1524 (88)

電流柵の設置された畑の間を歩いて行きます。

ADSCN1524 (95)

再び山道に入り谷沿いの道を登って行くと、大きな木が道をふさいでいました。
小さな私は難なく潜り抜けました。
たまには小さくて良い事もある(*^^)v
ここの谷は盗人谷と言うそうです。

ADSCN1524 (99)

沢を数回渡りました。
転ばないよう慎重に渡りました。

ADSCN1524 (109)

道が壊れていて迂回している場所もありました。

ADSCN1524 (113)

盗人谷二の橋は古い橋の上に新しい橋が掛けてありました。

ADSCN1524 (119)

北山杉並木は素晴らしい。

ADSCN1524 (122)

小峠も無事越え、氷室の里に下りて来ました。
民家の屋根は雪が被っていました。
歩いていても手が冷たくなってきます。
この辺りは、かなり寒く感じました。

ADSCN1524 (125)

氷室神社の前を通過しました。

ADSCN1524 (129)

舗装された道で城山下峠を越え、分岐点。
京見峠方面には行かず、山の家はせがわ方面に向かいます。

ADSCN1524 (131)

途中に若狭街道がありました。

ADSCN1524 (132)

山の家はせがわ到着。
11時オープンとの事でしたが、30分前なので、そのまま通過します。
実はここで道を間違えていて、本当はまっすぐ行かずに、山の家はせがわ方面に行かなければ行けなかったんです。

ADSCN1524 (138)

ひたすら舗装された道路を歩いて行ったのですが、この辺りの山は、北山杉の産地らしく、入山禁止の山が多いようでした。
30分程進んだ分岐で、トレイル標識が無く、おかしいなぁと地図を見直して間違いに気が付きました。
とほほ、元来た道を戻ります。。。orz

ADSCN1524 (142)

途中水汲み場があり、地元の方かな?水を汲んでいました。

ADSCN1524 (144)

再び山の家はせがわ。
1時間ほど時間をロスしてしまいました。
まっ、でもあのまま進んでいたら、とんでもない方向に行っていたので、気が付いて良かったです。

ADSCN1524 (146)

山の家はせがわの前を通過し、トレイルコースに復帰。

ADSCN1524 (149)

京見峠からのコースと合流しました。

CIMG5354.jpg

遅れを取り戻すべく、頑張って歩いて行きます。
ここで男性3人組に出会いました。
「どこまで行くの?清滝?」と尋ねられ「嵐山まで」と答えると、予想外の回答だったからか絶句されました。
今回嵐山まで行きたいのですが、道間違えてタイムロスしちゃったし、頑張って歩かないと日が暮れちゃう。

CIMG5359.jpg

沢の池。
菩提川を堰き止めて造られた人工池です。

CIMG5365.jpg

夜泣峠、小峠と越えてきて、本日の登りは、ほとんどないと思っていましたが、何気に登りです。

CIMG5366.jpg

仏栗峠を通過し、高雄に向かいます。

CIMG5370.jpg

高雄への下り道は、良く掘り込まれていて、凄く歩き辛かったです。

CIMG5371.jpg

林道を歩いて行き、そろそろ高雄かな?

CIMG5376.jpg

火床⁇

CIMG5379.jpg

高雄までやって来ました。

CIMG5381.jpg

清滝川沿いを歩いて行きます。

CIMG5386_20151223214054e90.jpg

対岸の道路は大きく破損していて、工事中でした。

CIMG5390.jpg

高雄は紅葉のシーズンも過ぎ、閑散としていましたが、お店がやっていたので、暖かい山菜蕎麦を食べ、ここでちょっと小休憩。

CIMG5403_201512232140575dd.jpg

清滝川沿いを歩いて行きます。
高雄から清滝、保津峡のコースは、一度京都の例会で歩いているので、ちょっと安心して歩けました。

CIMG5405_20151223214625bd5.jpg

古い線路らしきものがありました。

CIMG5416_201512232146264cc.jpg

CIMG5419.jpg

心地よい川の音色と美しい川を眺めながら、進んで行きますが、川沿いの道は、所々歩き辛い所がありました。

CIMG5426.jpg

CIMG5427_201512232146313bc.jpg

しばし清滝川を離れ、愛宕神社。
ここが愛宕山の登山口になるようです。
清滝は、愛宕参りの宿場町として、栄えたそうです。

CIMG5435.jpg

CIMG5441.jpg

CIMG5442.jpg

CIMG5443.jpg

再び川沿いを歩いて行きます。
結構アップダウンもあり、疲れた足には応えます。

CIMG5445.jpg

この橋を渡れば清滝川とお別れです。
このコース、夏歩いたら、気持ちいいだろうなぁと思いました。

CIMG5449_2015122321570308a.jpg

CIMG5451.jpg

アスファルトの道を登って、六丁峠越えです。

CIMG5455.jpg

先ほどまで歩いていた清滝川が見えています。

CIMG5456_2015122321570749a.jpg

六丁峠通過。
後は嵐山に向かって下るのみです。
暗くなる前に到着出来るかな?

CIMG5469.jpg

化野念仏寺のある辺りは、初めて来ましたが、綺麗に整備されていました。
散策したいのは山々だが、時間が無いので、そのまま通過します。

CIMG5471.jpg

二尊院の前を通過します。
この辺りは、京都五山送り火ウオークで歩いていますので、お馴染みの道です。

CIMG5474_201512232201364b0.jpg

小倉池を通過します。
この辺りは観光客が大勢います。

CIMG5480.jpg

竹の道には行かずに、少し登って嵐山公園に向かいます。
展望台からは保津峡が見えました。

CIMG5486.jpg

嵐山公園を下って行きます。
開催中の「京都嵐山花灯路」の行灯が並んでいました。

CIMG5489.jpg

桂川沿いを歩いて行きます。
随分薄暗くなって来ました。

CIMG5495.jpg

CIMG5496.jpg

渡月橋のトレイル標識西山21にて、この日のトレイルは終了としました。

道を間違えたりしましたが、何とか予定通り嵐山に到着出来ました。
今回のコースは、今度の3月に行われる「ぐるっと京都トレイル北山・西山大会」のコースです。
下見と練習を兼ねて歩きましたが、迷いそうな場所が何カ所かありましたし、1回歩いておくと、本番の時、どれくらいのペースで歩いたらいいのかが分かるので、歩けて良かったと思います。
舗装された道を歩く事も多かったけど、余分に歩いているし、距離が長いので、かなり疲れました。
残りのコースは翌日歩く事として、「京都嵐山花灯路」を見てから、宿泊するホテルに戻りました。

CIMG5525.jpg

「京都嵐山花灯路」の記事は、後日アップ予定です。
中々レポのアップが追い付いていません。。。(^-^;

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

藤原岳

12月12日(土)曇り時々晴れ

藤原岳    標高:1,140m    (三重県いなべ市・滋賀県東近江市)

藤原岳
 
藤原岳2 藤原岳3

コース:聖宝寺道(裏登山道)→藤原山荘→藤原岳→藤原山荘→天狗岩→藤原山荘→大貝戸道(表登山道)

歩いた時間:6時間48分(7:34~14:22) 走行時間:4時間41分
歩いた距離:12.4㎞(上り:5.6㎞ 下り:5.6㎞ 平坦1.2㎞)

鈴鹿セブンマウンテンのひとつ、藤原岳に登って行きました。
ちなみに鈴鹿セブンマウンテンは、北から藤原岳、竜ケ岳、釈迦ケ岳、雨乞岳、御在所岳、鎌ケ岳、入道ケ岳となっています。

実はこの日は、名鉄バスハイキングで、三重県の朝熊ヶ岳・金剛證寺へ岳参りに行く予定でしたが、数日前に連絡があり、コースは土砂崩れの為、一部通れなくなり、コースが半分程の距離になってしまうという事でしたので、今回の参加はキャンセルしました。
数日前から「てんきとくらす」をチェックしながら、代替案でどこに行こうか考えていて、当初藤原岳、御池岳あたりは、山指数C(風または雨が強く、登山に適していません)でしたが、前日にチェックしたら、山指数A(登山に適しています)になっていました。
今回の山行、鈴鹿山系最高峰の御池岳にも考えたのですが、今回は日本三百名山、花の百名山の藤原岳へ行く事にしました。

CIMG5161.jpg

今回は山と高原地図を参考に、裏登山道の聖宝寺道から登って、表登山道の大貝戸道で降りる事しました。

登山口近くの駐車場に駐車します。
1回300円の駐車場が数多くありました。
綺麗なトイレも完備されています。

CIMG5162.jpg

CIMG5163.jpg

てくてく歩いて、裏登山道の登山口のある鳴谷神社の鳥居をくぐります。

CIMG5164.jpg CIMG5165.jpg

狛犬の場所にはお猿さんが居ました。

CIMG5166.jpg

無事登山出来る事をお祈りします。

CIMG5169.jpg

境内脇の長い階段を上がって行きます。
聖宝寺へ続く道です。

CIMG5168.jpg

CIMG5173_20151213124357430.jpg

長い階段を上がって行くと、聖宝寺に到着です。
結構寒いかと思ってダウンを着ていましたが、階段の途中で脱ぎました。

CIMG5178_20151213124731f94.jpg

境内の前を通過し、登山道に向かって行きます。
紅葉が綺麗でした。

CIMG5182.jpg

登山届けの提出場がありました。

CIMG5181.jpg

CIMG5186_20151213124736233.jpg

しばらく歩いて行くと砂防ダムがありました。
脇の階段を利用して砂防ダムを越えて行きます。

CIMG5192.jpg

ダムの裏側に降りて来ました。

CIMG5194.jpg

CIMG5196.jpg

沢を渡って、先ほどの砂防ダムを見下ろします。

CIMG5197.jpg

可愛らしい熊の看板。

CIMG5199.jpg

本格的な登山道が始まります。
山肌に取り付いている細い登山道。
滑落したら先ほどの沢に落ちてしまいます。

CIMG5201_20151213125113b4b.jpg

2合目通過。
順調に登って来ています。

CIMG5202.jpg

CIMG5203.jpg

途中急に登山道が無くなり涸れ沢に出た。
どっちに進んだら良いのか。。。
どうやら先に赤テープがあるので、涸れ沢登り⁇

CIMG5204.jpg

登って進むのも大変な道でしたので、引き返そうかとも思ったのですが、もう少し進んでみる事に。

CIMG5206.jpg

しばらく進むと右手に登山道があった。
下山してから調べてみたら、元々は谷を渡る道があったのですが、流されてしまったみたいだ。
リサーチ不足でしたが、雨の降ってなかったので良かった。

CIMG5210.jpg

とりあえずほっとして進みますが、その後すぐ、何気に踏み跡のある道を進んで行きますが、途中道が無くなり、足場が悪く、谷に落ちそうになった。
何とか木につかまり大丈夫でしたが、どうやら途中で道を間違えたみたいで、谷に落ちないよう、慎重に戻ります。

CIMG5214.jpg

登山道が見つけられなかったら、分かる所まで戻って、下山しようと思っていましたが、何とか正規の登山道に合流して、登って行きます。

CIMG5215.jpg

CIMG5218.jpg

6合目付近から雰囲気が変わり、見晴らしが良くなった。

CIMG5220.jpg

CIMG5221.jpg

CIMG5222.jpg

このような道は登山道を見失いやすいので、注意しながら進んで行きました。

CIMG5223.jpg

7合目。

CIMG5224.jpg

CIMG5226_201512131308278ea.jpg

表登山道との合流点に到着。
アクシデントもあったし、結構急坂が多かったので、すでにバテバテ。

CIMG5227_20151213130828d65.jpg

とりあえず山荘を目指して頑張るぞ‼

CIMG5231_201512131316458d7.jpg

CIMG5232.jpg

CIMG5236_2015121313165087d.jpg

やっと9合目。

CIMG5239.jpg

CIMG5241.jpg

藤原山荘に到着です。
9合目から長かった~
しばし休憩します。
綺麗なトイレも完備されていました。

CIMG5242.jpg

目指す山頂はあちらです。

CIMG5244.jpg

一旦下って登り返します。

CIMG5249.jpg

展望台、標高1,120m。

CIMG5253.jpg

CIMG5256_201512131324042b1.jpg

CIMG5262.jpg

眺望は360度ぐるりと見渡せます。
写真だと、あまり鮮明には写っていませんが、伊勢湾なども見えました。

CIMG5268_2015121313240789c.jpg

藤原山荘に戻ります。

CIMG5269.jpg

奥に見えているのが天狗岩?

CIMG5270.jpg

藤原山荘まで戻って来ました。
ここから30分程の天狗岩に行ってみる事にしました。

CIMG5278.jpg

カレンフェルトの台地を進んで行きます。
このような道はガスっていると、道をロストしやすいので怖いです。

CIMG5281.jpg

伊吹山方面が綺麗に見えていました。

CIMG5282_20151213132753bfc.jpg

CIMG5283.jpg

登山道が分かり辛く、数回登山道から外れながら、進んで行きました。
晴れていたし、スマホに山と高原地図が入っていて、現在地が分かるので、何とかなりましたが、悪天候時には、歩きたくないなぁと思いました。

CIMG5287_201512131336059e1.jpg

やはり見えていたのが天狗岩でした。

CIMG5293.jpg

天狗岩、標高1,165mに到着。

CIMG5292.jpg

奥に見えているのが先ほど居た藤原岳山頂。

CIMG5296_201512131336096f6.jpg

道を間違えないように藤原山荘に戻ります。

CIMG5298.jpg

藤原山荘から下山開始します。

CIMG5300.jpg

石が多く、慎重に下って行きました。

CIMG5302.jpg

表登山道と裏登山道との分岐。

CIMG5303.jpg

表登山道に進みます。

CIMG5306.jpg

同じような杉林中をつづら折れに下って行きます。

CIMG5314.jpg

CIMG5315.jpg

5合目付近で少し山の表情が変わりますが、単調な道です。

CIMG5321_20151213134440dc2.jpg

CIMG5327_20151213134442e9c.jpg

ひたすら下って行きますが、4合目付近は歩き辛かったし、ずっとかなりな勾配。
山頂まで登っておきながら言うのも何ですが、表登山道で登って来るとしても、かなり大変だなと感じました。

CIMG5328.jpg

やっと建物が見えました。

CIMG5331_201512131344454fa.jpg

表登山口のある神武神社に到着しました。

CIMG5335.jpg

CIMG5336.jpg

神武神社から、朝登り始めた鳴谷神社に戻ります。

CIMG5340_20151213135048445.jpg

遊歩道を歩いて行きました。

CIMG5344_20151213135049958.jpg

鳴谷神社に到着。
一時はどうなる事かと思ったのですが、無事下山出来ましたヽ(^。^)ノ

CIMG5347.jpg

帰りに立ち寄った表登山道最寄りの西藤原駅。
駅舎が可愛いですよね。

CIMG5352.jpg

CIMG5345.jpg

CIMG5353.jpg

なかなか味わい深い駅でしたよ。

今回はバスツアーをキャンセルしたので、急遽決めた山行でした。
リサーチ不足で、ちょっと危険な目に遭いましたので、初めての山は、やはりしっかりリサーチと、天候の良い日に行こうと思いました。天候が悪い日だったら、危なかったと思います。
藤原岳は、結構急勾配で、霊仙山に登った時よりも、かなり疲れました。
体力不足を実感しました(^^ゞ
本日若干筋肉痛で、歩きに行く予定でしたが止めて、家でゆるゆるモードで過ごしています。

藤原岳は360度の眺望と雄大なカレンフェルトの台地が素晴らしかったです。
この山はお花がいっぱい見れる山らしいので、緑が綺麗な時期に、また登ってみたいと思いました。
次はお隣の鈴鹿山系最高峰の御池岳にも登ってみたいですが、そろそろ雪の時期。
行けるのは来年、雪が無くなってからかなと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

犬山の紅葉名所を満喫

12月5日(土)晴れ時々曇り

名鉄ハイキング
『深紅の鮮烈‼犬山の紅葉名所を満喫』   距離:7.5㎞

犬山
 
犬山3 犬山2

コース:名鉄・善師野駅→熊野神社→大洞池→東海自然歩道→大平林道→不老滝→寂光院→(継鹿尾山)→名鉄犬山ホテル

歩いた時間:2時間31分(9:05~11:36) 走行時間:2時間20分
歩いた距離:10.1㎞(上り:4.3㎞ 下り:4.2km 平坦:1.6㎞)

名鉄ハイキングに参加して来ました(^O^)/
今回は犬山の紅葉名所を訪ねます。

CIMG4942_20151206183508f3e.jpg

スタートは名鉄善師野駅。
受付開始は8時半からなので、混雑を避けて、少し遅めに到着するように来たのだが、読み違いで、ホームには参加者が溢れんばかりでした。
やはり鉄道系ハイキングは人気ありますね。

CIMG4943.jpg

CIMG4944.jpg

行列の最後からマップをもらってスタートです。

CIMG4949.jpg

てくてく歩いて1㎞程で、熊野神社。
階段を上がってお参りします。
階段は108段あり、お参りすると108の煩悩が取り祓われると伝えられています。

CIMG4953.jpg

紅葉が綺麗でした。

CIMG4962.jpg

CIMG4968_20151206184203905.jpg

峠を越えて行きます。
この道は東海自然歩道で、歩きやすかった。

CIMG4975.jpg

CIMG4973.jpg

エメラルドグリーンの水色の大洞池。
江戸時代に造られたため池だそうだ。

CIMG4978.jpg

気持ちの良い地道が続きます。

CIMG4982.jpg

ここからは大平林道を進みます。

CIMG4986.jpg

途中今年の春に登った鳩吹山への登山口もありました。

CIMG4988.jpg

林道を進んで行きます。

CIMG4993_201512061846412a7.jpg

林道の左手には沢が流れていました。

CIMG5001.jpg

所々紅葉が綺麗。

CIMG5007.jpg

CIMG5009.jpg

CIMG5015_2015120618495317c.jpg

どんどん歩いて行くと林道は終点で、自動車道に出た。
この辺り、紅葉が多く綺麗でした。

CIMG5016.jpg

道路脇には不老滝がありました。

CIMG5019.jpg

いよいよ本日のメイン。
寂光院に向かいます。

CIMG5023_2015120618532782e.jpg

CIMG5024_201512061853289ee.jpg

寂光院は、かつて霊山の呼ばれていた継鹿尾山に建つ山寺です。
本堂は長い階段の奥になります。

CIMG5025.jpg

紅葉が綺麗な階段を登って行きます。

CIMG5028.jpg

やっと着いたと思ったら、階段はまだまだ上に続いています。

CIMG5031_201512061853331e3.jpg

CIMG5032.jpg

CIMG5034.jpg

こんな感じで、ながいながい階段を登りました。

CIMG5037.jpg

本堂でお参りをしました。

CIMG5041.jpg

尾張のもみじ寺というだけあって、紅葉は綺麗でした。

CIMG5051.jpg

眺めもなかなか良かったです。

CIMG5059.jpg

さらに奥の方にも行ってみます。

CIMG5062.jpg

CIMG5064.jpg

脇には継鹿尾山三角点への道標。
0.8㎞約30分。
せっかくなので、コースアウトして三角点に行ってみます(^O^)/

CIMG5065.jpg

CIMG5069_201512061906469a3.jpg

険しい上り坂が続きます。

CIMG5070.jpg

鳥居をくぐります。

CIMG5072.jpg

しばらくは平坦な道。
「三角点はまだかな」

CIMG5073.jpg

この階段を登った先が三角点でした。
15分程で登って来れました。

CIMG5082_20151206191209caa.jpg

CIMG5079.jpg

展望台があり、なかなか素晴らしい眺めでした。
小さくですが犬山城も見えていました。

CIMG5086.jpg

三角点にタッチ☆

CIMG5087.jpg

鳩吹山への縦走路もありましたが、鳩吹山へはまだまだ距離がありそうでしたので、下山します。

CIMG5088.jpg

CIMG5092.jpg

先ほど居た山頂を振り返って撮りました。

CIMG5093_20151206191636cb1.jpg

鳥居を通過。

CIMG5094.jpg

CIMG5097.jpg

CIMG5099.jpg

下山しました。
往復30分程の道草でした。
多くのハイカーとすれ違ったので、このルート、結構歩かれているようです。
いつか継鹿尾山から鳩吹山への縦走してみようと思います。

CIMG5100.jpg

先ほどより参拝客が増えたみたいです。

CIMG5101_20151206191929a48.jpg

CIMG5103.jpg

CIMG5106_201512061924459d7.jpg

CIMG5107.jpg

元来た階段を下って行きました。

CIMG5112.jpg

見上げると覆いかぶさるような紅葉。
とても素晴らしかったです。

CIMG5123_20151206192442fe4.jpg

最後は木曽川沿いを歩いて行きます。
この岩、山頂から見えていました。

CIMG5128.jpg

ちょうど電車が通過していきました。

CIMG5133.jpg

CIMG5138.jpg

犬山城が見えています。

CIMG5140_2015120619285575d.jpg

わん丸君のお出迎え。

CIMG5142_20151206192856c7b.jpg

名鉄犬山駅ホテルにてゴールでした。

CIMG5146.jpg

CIMG5155.jpg

時間があったので、犬山の城下町を散策し、味噌煮込みうどんを食べました。

CIMG5157.jpg

名鉄犬山駅から帰りました。

今回は、犬山観光や継鹿尾山登りもしたので、実際のコースより余分に歩きました。
コースも良いコースでしたし、紅葉も楽しめて良かった。
勝手にオプションの継鹿尾山も、登りやすい山で、標高273mの低山ながらも、眺めは良かったです。

12月にもなってくると、なかなかウォーキングイベントが無く、どこ歩こうか悩みますが、春になるまで、ぼちぼち歩いて行きたいと思っています(#^^#)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

なばなの里のイルミネーション

12月4日(金)曇り

昨日は今年最後の通院日でしたので、午前中だけ仕事に行き、病院に行きました。
いつもの点滴が早く終わったので、少し足を伸ばし「なばなの里」のイルミネーションを見て来ました。

DSC_0002_20151205192625372.jpg

4時位に到着。
明るいうちに到着出来たので、園内を一回り。

DSC_0022_20151205192628ec3.jpg

今年の紅葉はイマイチなのですが、ここの紅葉は綺麗でした。

DSC_0038_20151205192813a03.jpg

夕暮れ時、赤が一層映えていました。

DSC_0031_2015120519262991e.jpg

時間があったし、寒かったので、
名物の安永餅とお茶で一休み。

DSC_0019_20151205192626b41.jpg

メイン会場への入り口の看板。
今年のイルミネーションのテーマは「アルプスの少女ハイジ」だそうです。

DSC_0032_201512051926314a3.jpg

ハイジのグッズを売っているコーナーもありました。

DSC_0041_20151205192814c38.jpg

点灯は5時。
その時を待ちます。

DSC_0042_201512051928166ca.jpg

5時になり、教会の鐘が鳴り響き、一斉に点灯。
思わず声が上がります。
イルミネーションを眺めながら、メイン会場に向かいます。

DSC_0081_20151205192819762.jpg

水上イルミネーション。
去年よりパワーアップしていました。

DSC_0076_20151205192817998.jpg

池に映った紅葉も綺麗

DSC_0091.jpg

光のトンネルを通過して行きます。
長さは200mあります。

DSC_0103_20151205193518390.jpg

メイン会場に到着。
マッターホルンやアルプス山脈、アルプスの少女ハイジの世界です。

DSC_0105_20151205193519600.jpg

DSC_0118.jpg

DSC_0123.jpg

DSC_0126_20151205193909d56.jpg

ちょっと写真では分かり辛いですが、ハイジやペーターやヨーゼフも登場して、四季の移り変わりが描かれていました。

DSC_0157.jpg

違った角度からも撮ってみました。

DSC_0159.jpg

この日は、結構冷えていたし、平日でしたので、非常に空いていました。
ピークの時は、メッチャ混みますから。。。

DSC_0170.jpg

100mの長さの「青のトンネル」を通過し、メイン会場を後にします。
青色が微妙に変化していました。

DSC_0181.jpg

DSC_0202.jpg

鏡池の紅葉。

DSC_0199.jpg

教会の前にあるツインツリー。

DSC_0205.jpg

ビール園前の光の雲海も、暗くなって良い感じになっていました。
アーチを通り抜けると幸せになれるそうな。

DSC_0218.jpg

寒波到来中で非常に寒かったのですが、心がほっこりしました(#^^#)
今年もなばなの里のイルミネーションが見れて良かったです。

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

自然と歴史の宝庫余呉湖を歩く

11月29日(日)曇り

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催
シシ鍋・シカ鍋の昼食付き
自然と歴史の宝庫余呉湖を歩く     距離:約8㎞

コース:余呉駅→下余呉ふれあい会館(余呉湖周辺の自然と歴史のミニ講座)・昼食→おのろが浜→国民宿舎跡→アジサイ園→新羅の森→ビジターセンター→衣掛柳→余呉駅

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催のウォーキングに参加しました。
このイベント、歩友さんに誘われて、一緒に参加しました(^O^)/

余呉駅に駐車場があるか分からなかったので、3駅ほど手前の無料駐車場のある河毛駅より余呉駅に向かいます。
この日は、SL北びわこ号の今季最後の運行日だそうで、駅にはカメラマンが大勢いました。

CIMG4856_2015120221401518b.jpg

河毛駅内には、このような展示もあります。

CIMG4855.jpg

河毛に良い撮影ポイントがあるみたいですね~

CIMG4860.jpg

河毛駅より、余呉駅に向かいます。
車窓から外を眺めていると、ベスト撮影ポイントと思われる場所には、たくさんのカメラマンが居ました。

CIMG4863.jpg

余呉駅到着。
家の方は晴れていたと思ったのですが、何気に曇っています。

CIMG4864_2015120221401953b.jpg

まずはスタッフさんの挨拶と本日の行程の説明です。

CIMG4865.jpg

1カ所神社を通過しました。
狛犬にはムシロが被せてありました。

CIMG4866.jpg

道から水が出ていました。
雪を溶かすために水が出るようになっているのですが、試運転されているようです。

CIMG4867.jpg

下余呉ふれあい会館に到着。

CIMG4870.jpg

余呉湖周辺の自然と歴史のミニ講座です。
お話された先生は、お話がとても上手で、賤ヶ岳の合戦の話や余呉湖の水質改善の取り組みの話など、楽しく聴けました。

CIMG4874_20151202214551bbb.jpg

いよいよお楽しみの昼食会です。
参加費300円なので、あまり期待はしていなかったけど、地元のお母さんたちの手作り料理。
シカとイノシシの肉の入った汁や余呉湖のワカサギの天ぷら、漬物など、とても美味しく頂きました。
余呉のお米のご飯も美味しかったです。
シカ肉とかイノシシの肉って、とっても珍しく、美味しかったです。
おかわりまで頂きました。
希望者には、実費ですが、ビールやお酒もありました。

CIMG4875.jpg

特別に缶詰の販売もあったみたいです。

CIMG4879.jpg

昼食後いよいよウォーキングです。
外に出てみたら、窓ガラスの外側に板が張ってあって、養生してありました。
この辺り、雪が1.5m程積もるそうで、こうしておかないと落ちてきた雪で窓ガラスが割れてしまうそうです。

CIMG4882_20151202221021a53.jpg

今回は余呉湖の周りをぐるっと歩きます。
余呉湖一周は、約6㎞位かな。
歩き始めた頃、さわやかウォーキングで歩きました。
その時のブログ→

CIMG4895.jpg

CIMG4897.jpg

CIMG4899.jpg

雲っていましたが、余呉湖は美しい。

CIMG4901.jpg

CIMG4903_20151202221717d45.jpg

湖に浮かんでいるのは、湖の水を綺麗にする装置だそうです。

CIMG4905.jpg

おのろが浜。
賤ヶ岳合戦の火ぶたが切られた場所です。

CIMG4906.jpg

CIMG4910.jpg

こちらは琵琶湖と繋がっている場所だそうです。

CIMG4912_20151202222414c80.jpg

国民宿舎跡そばにある賤ヶ岳への登山口。
ここから登るのが最短ルートになります。

CIMG4914.jpg

余呉湖ではワカサギが釣れるみたいだが、決められた場所でしか釣りは出来ないようです。

CIMG4922.jpg

アジサイ園。

CIMG4924.jpg

蛇の目玉石。
仁明天皇の頃、領主桐畑太夫の娘の菊石姫が干ばつ時に余呉湖に身を投げ、蛇身となって雨をふらせ、母に疫病の薬にと蛇の目玉を抜き取って湖中から投げたところ、石に目玉が落ちて跡が残ったので、以来この石を「蛇の目玉石」という。

CIMG4927_20151202222900d5c.jpg

大きな蜂の巣があった。

CIMG4928.jpg

この辺り綺麗に整備されていますが、地元のウオーカーさん曰く、ここはべびの巣だそうで、春にはたくさん蛇が出るそうだ。
そろそろ余呉駅が近づいて来ました。
ガイドさんの説明を聞きながら、皆と歩いていると、余呉湖一周はあっという間に感じました。

CIMG4934.jpg

衣掛柳。
天女伝説には諸説あって、羽衣を手中にした男の名もさまざまですが、ストーリーはほぼ同じです。羽衣を取られた天女が、男と夫婦になって子をもうけるが、やがて羽衣を見つけて天上へ帰って行くという物語です。
伝説の中には天女が産んだ子が、菅原道真、菊石姫というものもあり、そのゆかりの品が町内にあるそうです。

CIMG4936.jpg

少し小雨が降り始め、足早に余呉駅に向かい、ゴールでした。
ちょうど3時10分の電車に乗って帰る事が出来ました。
1時間に1本しか電車無いですからね。乗り遅れなくて良かったです。

今回は、珍しいシカ肉、イノシシ肉が食べれ、ミニ講座付きのウォーキングでした。
地元の食材のお料理もおいしかったし、先生のお話も面白かったし、曇っていましたが、美しい余呉湖を歩けましたし、とてもお得な楽しいウォーキングでした。
奥びわ湖観光ボランティアガイド協会の方々や料理を作ってくださった地元の方々、ありがとうございました。
誘ってくださって歩友さんにも感謝です。
たまにはこのような美味しいウォーキングも良いですよね(#^^#)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

八事興正寺の紅葉まつり

11月28日(土)晴れ

JRさわやかウォーキング
紅葉彩る八事興正寺の「紅葉まつり」と庭園めぐり   距離:約12.3㎞

八事興正寺1

八事興正寺 八事興正寺2

コース:鶴舞駅→鶴舞公園→八幡山古墳→昭和美術館→八事興正寺→東山荘→神宮東公園→熱田駅

掛かった時間:2時間52分(8:50~11:42) 走行時間:2時間37分
歩いた距離:12.9km(上り:3.5km 下り:3.5km 平坦:5.9㎞)

今年のツーデー参加も終了し、久々にJRさわやかウォーキングに参加して来ました(^O^)/
今回歩いたのは名古屋。
関西歩いている事が多いですし、お勤めは名古屋なのですが、名古屋って、ほとんど歩いた事が無い。
たまには良いでしょう(^^♪

CIMG4711.jpg CIMG4710.jpg

名古屋駅で中央線に乗り換え、鶴舞駅に到着。
この駅、初めて降りたかも。
マップをもらってスタートしようとしたのですが、無料で血糖値を測定してくれるそうなので、列に並びました。

CIMG4712_20151201205905e95.jpg

こんな風に血糖値を測ってもらうのは初めてです。

CIMG4850.jpg

結果は、まさかの低血糖でした。。。

CIMG4718.jpg

駅前からすぐの鶴舞公園内を歩きます。

CIMG4721_20151201210240114.jpg

綺麗に整備された大きな公園です。
名古屋って、綺麗に整備された立派な公園が、たくさんあるような気がする。
奥に見えている建物は、名大付属病院。

CIMG4730.jpg

緑化センターがオープンしていたので、中に入ってみました。

CIMG4727.jpg

CIMG4728.jpg

温室内は、クリスマスデコレーションがされていました。

CIMG4853.jpg

公園内にウォーキングコースがあるみたいで、マップもありました。

CIMG4731.jpg

良いお天気でしたし、ブラブラ散策しながら、公園内を進んで行きます。

CIMG4734.jpg

CIMG4738.jpg

CIMG4741.jpg

今年の紅葉はイマイチですが、なかなか気持ちの良い公園でした。

CIMG4749.jpg

CIMG4750.jpg

公園を出た所には、八幡山古墳。
5世紀中頃に作られた東海地方最大級の円墳だそうです。

CIMG4752_201512012117164c1.jpg

青空に紅葉が映えます。

CIMG4754.jpg

CIMG4755.jpg

名古屋っぽい消火栓の蓋やポスター。

CIMG4757.jpg

てくてく歩いていきますが、どうやらコースを間違えたみたいで、矢貼りが無い。。。
でも本日のメインは八事興正寺。
そっちに向かえば何とかなるだろうと、お気楽に歩いて行った。
無事コースに合流しましたが、昭和美術館を通過しませんでした。

CIMG4760.jpg

地元での紅葉まつり会場。
まだ準備中の所も多く、少しだけ見て、先に進みます。

CIMG4762.jpg

八事興正寺に到着。
紅葉まつり会場です。

CIMG4763.jpg

色んなブースがあったのですが、山門に着くまでの間に、仏壇、葬儀屋、墓石やらのパンフレットをいっぱい手渡された。。。(^-^;

CIMG4767.jpg

大仏様はお初にお目にかかるような気がします。
境内は、凄く賑わっていました。

CIMG4777.jpg

CIMG4779.jpg

CIMG4782.jpg

桜が咲いていました。

CIMG4789.jpg

CIMG4785.jpg

CIMG4786.jpg

水の中の紅葉も風流でした。

CIMG4791.jpg

奥之院に向かいます。

CIMG4793_201512012130045f4.jpg

「女人禁制」の石碑。

CIMG4794.jpg

奥之院のお堂には大日如来様がいらっしゃいました。

CIMG4796.jpg

先ほど上った階段の横にはエスカレーターが出来ていました。

CIMG4803.jpg

CIMG4804.jpg

境内には、移動動物園をやっていて、豚さんなども居ました。

CIMG4806.jpg

少しお腹が空いたので、1本50円のみたらし団子を2本食べました。

CIMG4809.jpg

最後に階段の上の観音堂をお参りして、興正寺を後にしました。

CIMG4818.jpg

閑静な高級住宅街を歩いて行きます。
この辺りじゃ珍しくもないコメダ珈琲店。

CIMG4821.jpg

東山荘。
綿布問屋であった伊東信一氏の別荘として、名古屋市瑞穂区の山崎川沿いに建てられたものです。
伊東家の山荘という意味で「東山荘」と命名されました。

CIMG4825_20151201213636184.jpg

CIMG4828_20151201214332108.jpg

お庭に入ってみると、気持ちの良い森。
思わず空を見上げて深呼吸。
街中にこのような森があるとは、ビックリです。

CIMG4829.jpg

なかなか素晴らしいお庭でした。

CIMG4831.jpg

山崎川を渡ります。
ここの桜が咲く頃、名古屋ツーデーが開催されますね(#^^#)

CIMG4840.jpg

色付いた街路樹の道を歩いて行きます。

CIMG4843.jpg

高架を上がって行きます。

CIMG4844.jpg

ゴールの熱田駅が見えました。

CIMG4846.jpg

CIMG4849.jpg

ゴールしました。

良いお天気の中、気持ち良く、名古屋を歩きました。
今回歩いた辺りは、学校も多くあり、とても環境が良さそうな所でした。
3月まではツーデー参加は無く、シーズンオフで暇なので、この時期に近場を歩いてみても良いなぁと思いました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。