スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶臼山高原・芝桜の丘へ

5月29日(日)晴れ

名鉄バスハイキング
天空の花回廊 茶臼山高原・芝桜の丘へ   距離:6.5㎞

茶臼山(愛知県北設楽郡豊根村・長野県下伊那郡根羽村) 標高:1,416m
萩太郎山(愛知県北設楽郡豊根村) 標高:1,358m

ログ高低差

コース:カエル館前→東側登山ルート→茶臼山山頂→西側登山道→萩太郎山山頂→レストハウスやはぎ→茶臼山高原駐車場

歩いた時間:2時間0分(10:49~12:49) 走行時間:1時間37分
歩いた距離:5.7㎞(上り:2.1㎞ 下り:2.4㎞ 平坦:1.2㎞)

茶臼山高原へ芝桜を見に行って来ました。

P5290002.jpg 

P5290004.jpg 

途中に立ち寄った鞍ヶ池ハイウェイオアシスは、とても綺麗でした。
良いお天気で、良い眺め(^^♪
茶臼山高原は意外と遠く、スタート地点の茶臼山湖のほとりにあるカエル館までは、高原道路の渋滞を避けたのもあり、名古屋から3時間ほど掛りました。

P5290011.jpg 

茶臼湖から歩き始めます。

P5290012.jpg 

カエル館。
2005年新種のカエルとして確認された『ネバタゴガエル』が展示されているそうで、ワンと鳴くカエルだそうです。
カエルには、あまり興味が無かったので、そのまま通過しました。

P5290014.jpg 

茶臼山山頂に向けて歩いて行きます。

P5290019 (2) 

この辺りパワースポットだそうで、ほぼ0磁場も発見されているそうです。

P5290024.jpg 

言われてみれば、この登山道も木々のオーラが感じられて、パワーに満ち溢れているような気がします。

P5290025.jpg 

P5290028.jpg 

雷岩。
この岩もパワースポットだそうですよ。

P5290029.jpg 

坂を上りきると展望台がありました。
昔の展望台みたいで老朽化していて、上には上がれないようになっていました。

P5290030.jpg 

緑眩しい道を進んで行きます。

P5290031.jpg 

P5290032.jpg 

P5290040.jpg P5290041.jpg

茶臼山の山頂に到着です。
標高1,416m、愛知県の最高峰です。
標高1,200m位の茶臼山湖から登ってきたので、標高200m程の登りでしたが、段差の大きな階段などもあり、しっかり汗かきました。

P5290033.jpg 

展望台からの眺めは、正面に芝桜の丘がある萩太郎山が見えています。

P5290037.jpg 

お天気も良く、南アルプスの山々も見えていました。

P5290044.jpg 

茶臼山を下って行きます。
しばし平坦な道が続きます。

P5290046.jpg 

正面に萩太郎山の芝桜が見えています。
ここから胸突八丁と呼ばれている急坂を下って行きます。

P5290049.jpg P5290050.jpg

結構荒れた道で、階段の土は流れていて、枠だけ残っている所とかあり、慎重に下りました。

P5290063.jpg 

自由の丘まで下って来ました。
良い天気で、とっても気持ち良い(^^♪

P5290054.jpg 

ドウダンツツジが綺麗に咲いていましたよ。

P5290064.jpg 

環境活動でドングリの実る木の植樹もされていました。

P5290066.jpg 

やはず池が見えています。

P5290069.jpg 

白いツツジからは良い香りが漂っていました。

P5290081.jpg 

芝桜の丘に向かうリフト乗り場周辺は、かなり賑わっているようでした。

P5290083.jpg 

緑地広場を抜け、萩太郎山に向け、高原道路を越えて行きます。
高原道路は大渋滞です。

P5290085.jpg 

リフトには乗らず、スキー場をじかに登って行きます。

P5290089.jpg 

振り返ると、先ほど登ってきた茶臼山がど~んと見えています。
さすが愛知最高峰、美しい山です。

P5290093.jpg 

P5290098.jpg P5290099.jpg

スキー場の斜面をエッチラオッチラ登って、萩太郎山の山頂に到着しました。
スキー場や芝桜の丘があるのは萩太郎山なのに、萩太郎山と言う名は、茶臼山より知名度が低いのは、ちょっと可哀想な気がする。

P5290096.jpg 

萩太郎山の山頂には、たくさんの電波塔が建てられています。

P5290094.jpg 

山頂は恋人の聖地だそうだ。
三方五湖の梅丈岳の山頂にもあったような気がするけど、色んな所に聖地がありますね。

P5290100.jpg 

P5290106.jpg 

P5290104.jpg 

山頂からは南アルプスの山々が見えていました。
芝桜の丘に向かいます。

P5290112.jpg 

萩太郎山の山頂付近に広がる芝桜の丘は、平成19年から植栽を始め、今では22,000平方メートル、40万株の芝桜が咲き誇っています。
メッチャ美しいヽ(^。^)ノ

P5290120.jpg 

奥に見えているのが茶臼山。

P5290138.jpg 

P5290139.jpg 

展望台から見てみると、ハート型が描いてありました。

P5290141.jpg 

リフトもフル回転で大賑わいでした。

P5290144.jpg 

帰りもリフトには乗らず、スキー場を下って行きます。

P5290148.jpg 

リフト乗り場方面に向かいます。

P5290151.jpg 

リフト乗り場周辺は賑わっていました。
標高が高く涼しかったけど、歩いて暑かったので、アイスを買って食べました。

P5290157.jpg 

やはず池の周りを歩いて行きます。

P5290162.jpg 

P5290171.jpg 

シャクナゲが綺麗に咲いていました。

P5290179.jpg 

萩太郎山方面。
テクテク歩いて、バスに到着し、ゴールとなりました。

P5290181.jpg 

本日のお土産は海老せんべいでした。

2時位に帰路に着いたのですが、高原道路は、まだまだ芝桜の丘に向かう車で渋滞していました。
シーズンオフのスキー場をお花畑にしている所は多いですが、ここは毎年芝桜の時期には、わんさか人が押し寄せるので、大成功していますよね。

今回は最高の天気の中、茶臼山高原をハイキングしました。
芝桜も見頃でしたし、愛知県最高峰の茶臼山にも登れて良かったです。
これから暑くなってくると、高原のハイキングが最高ですね。
今年も乗鞍辺りにまた行けると良いなぁ~
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

綿向山から竜王山への縦走

5月28日(土)曇り

綿向山から竜王山への縦走 

綿向山(滋賀県蒲生郡日野町)  標高:1,110m
竜王山(滋賀県蒲生郡日野町)  標高:826m

ログ 高低差

コース:御幸橋駐車場→表参道登山口→表参道コース→綿向山山頂→竜王・綿向縦走コース→竜王山山頂→竜王山登山口→御幸橋駐車場

歩いた時間:4時間34分(7:08~11:42)走行時間:3時間35分
歩いた距離:11.0㎞(上り:6.3㎞ 下り:4.7㎞ 平坦:107m)

綿向山から竜王山へ縦走して来ました(^O^)/
久々の山歩き。
最近クマ出没のニュースも多く、死亡事故も発生している。
去年の秋はドングリが豊富だったみたいで、熊の個体数が増えているそうで、かなりビビります。
あまりマイナーな山は怖いかなとか、色々悩んで、ハイカーの多い山、王道の伊吹山にしようかなとも思ったのだが、今回は鈴鹿山系の綿向山にしました。
結局鈴鹿セブンマウンテンでもないし、ちょっとマイナーな山かな(*´▽`*)
てんきとくらすを見てみると綿向山の山指数はAで、登山に適している天候のようだ。

P5280001.jpg 

7時位に登山者用御幸橋駐車場に到着しました。
他に車が1台あるだけでガラガラ状態でした。

P5280007.jpg 

綿向山の登山口に向かって、川沿いの道を歩いて行きます。
ダラダラとした上り坂です。

P5280010.jpg 

P5280011.jpg 

P5280012.jpg 

天然記念物・綿向山麓の接触変質地帯。

P5280015.jpg 

道沿いを、清らかな川が流れています。
ヒルがちょっと心配。

P5280017.jpg 

P5280020.jpg P5280019.jpg

登山口のヒミズ谷出会小屋に到着。
こちらから表参道コースと水無山北尾根コースに向かう事出来ますが、私がチョイスしたのは表参道コース。
綿向山は山岳信仰の山で、表参道はかなり整備されていて、歩きやすいらしい。
竜王山へ縦走したいので、ここは楽な方の道へ。。。(^^♪
山と高原地図によると、山頂までのコースタイムは2時間。
1時間30分程で登れるかな。
登山届を提出して、いざ出発です。

P5280022.jpg 

橋を渡って、先ほどの川を越え、進んで行きます。
この橋の体重制限は200㎏だそうです。

P5280025.jpg 

奥の方に滝が見えた。

P5280036.jpg 

3合目のあざみ小舎。
まだ休憩には早いので、そのまま通過します。

P5280039.jpg 

やはり表参道は綺麗に整備されていて、しかも緩やかな上りなので、非常に歩きやすい。
緩やかな分、山頂までの距離はありますけどね。

P5280044.jpg 

五合目小屋に到着。
夢咲の鐘を鳴らして進みます。

P5280047.jpg 

P5280053.jpg 

この辺りは開けていて、見晴らしが良かった。
向こうに見えているのが竜王山かな?

P5280054.jpg 

この辺りからブナの原生林が現れました。
緑が美しい(#^^#)

P5280059.jpg P5280060.jpg

P5280061.jpg P5280062.jpg

7合目の行者堂。

P5280063.jpg 

こっちの道は行けないようになっていたけど、冬道かな?

P5280065.jpg 

緑の美しい道を進んで行きます。

P5280068.jpg 

MTB・トレラン禁止の貼紙を何度も見掛けました。
これだけ道が整備されているとMTBも入り込んでくるんでしょうね。

P5280072.jpg 

緑が美しいです。

P5280075.jpg 

P5280078.jpg 

P5280076.jpg 

初めてのデェンジャラスゾーン。
細い登山道の右手は深い谷になっていました。
やはり先ほどの通行止めになっていたのが冬道のようです。

P5280082.jpg 

8合目付近で水無山北尾根コースと合流しました。

P5280084.jpg 

やはり水無山北尾根コースは難路みたいです。

P5280094.jpg 

9合目付近から山の雰囲気が変わり、笹が目に付くようになってきます。

P5280101.jpg P5280102.jpg 

階段を登って行くと…

P5280103.jpg 

P5280105.jpg 

大嵩神社。
馬見岡綿向神社の奥社で20年に1度建て替えられている。
今年の4月23日に遷宮祭で建て替えられたばかりの社です。

P5280116.jpg 

綿向山山頂。
大きなケルンがありました。
登山口から1時間20分程で登って来れました。

P5280120.jpg 

眺めは正面に雨乞岳が見えていますが、イマイチな眺望。
山指数Aでも、見晴らしが良いとは限らないのですね。。。(^-^;

P5280121 (2) 

晴れていれば、鈴鹿の山々、伊勢湾や北アルプス、南アルプスの山が見えるみたいです。
今回は残念ですが、こればかりは自然が相手ですから、仕方が無いですね。

P5280122.jpg 

山頂でしばし休憩し、それほど疲れていませんし、時間も早いので、竜王山へ向かいます。

P5280124.jpg 

P5280126.jpg 

見晴らしがよくて気持ちの良い道(^^♪

P5280130.jpg 

P5280132.jpg 

ブナの珍変木。
ここをくぐると幸せを呼ぶと言われているそうです。
くぐってきましたよ(*^^)v

P5280137.jpg 

鈴鹿山系の山らしい笹の草原を進んで行きます。

P5280139.jpg 

イハイガ岳、雨乞岳への分岐。
こっちの道は難易度が高そうですね。

P5280144.jpg 

私が向かうのはこっち。

P5280145.jpg 

竜王山へ向かいます。
こっちも難路って書いてありますが、大丈夫かな?

P5280149.jpg 

P5280161.jpg 

急坂が続きます。
慎重に降りて行きます。
降りるのが大変な坂ですが、逆から来て、この急坂を登り続けるのも、気分が萎えそうですね。

P5280159.jpg

周りに生えている木の様子が変わった。
この辺りにはシャクナゲが生えているようです。
木がぐにゃって曲がっていますので、雪や風が激しいのでしょうか?

P5280163.jpg 

当然ですが、下りだけでなく、上りもあります。

P5280171.jpg 

この先見晴らし良さそう。

P5280173.jpg 

見えている山が、何なのかは良く分からなかった。
イハイガ岳かな?

P5280174.jpg 

随分歩いていたつもりだったが、竜王山まで、まだ50分掛るみたいだ。
ちょうど中間地点位か。

P5280176.jpg 

こんなやせ尾根も歩いた。
山の表情が変わって面白い。

P5280177.jpg 

随分急坂を下ってきたつもりだったが、まだ標高917m峰。
先は長いなぁ~

P5280178.jpg 

ここまで来たら、行くっきゃない。

P5280181.jpg 

看板の奥の岩の上にあがり景色を眺めます。

P5280183.jpg 

綿向山の5合目小屋から見えていた2本の鉄塔が随分近く見えています。
あの奥が竜王山?

P5280186.jpg 

綿向山方面。
右手の山の中腹辺りに5合目小屋が見えています。
ぐるっと尾根づたいに歩いて来たんですね~
先へ進みます。

P5280187.jpg 

面白い形の木がありました。

P5280189.jpg 

オンバノフトコロ。
この辺りを歩いている時に、小動物が横切っていった。
リスみたいだったけど、大きかったので、ムササビ?

P5280191.jpg 

先ほど見えていた鉄塔までやって来ました。

P5280192.jpg 

綿向山方面。

P5280196.jpg 

日野の街方面も見えています。

P5280205.jpg 

山頂は、もう少し先です。

P5280208.jpg 

P5280212.jpg 

山頂に到着しました。
縦走路のコースタイムは、1時間半で、標準コースタイム通りでした。
やはり下りは苦手なので、時間掛りましたね。
眺望はイマイチでしたので、下山します。

P5280215.jpg 

急階段を下り、西明寺方面に向かいます。

P5280216.jpg 

長い階段でした。
階段が無かったら、登るのも下るのも大変そうです。

P5280217.jpg 

P5280218.jpg 

開けた辺りが千畳平。
奈良時代に大安楽寺があったとされているそうです。

P5280221.jpg 

P5280227.jpg 

山頂から30分で登山口に降りて来ました。
またまた標準コースタイム通り。
ここからは林道を歩き、御幸橋駐車場を目指します。

P5280234.jpg 

P5280236.jpg 

P5280239.jpg 

ブラブラ、撮影しながら歩いていきます。

P5280238.jpg 

見えているのが、多分竜王山。

P5280242.jpg 

先ほどの2本の鉄塔も見えていました。

P5280245.jpg 

川を渡り、駐車場に到着しました。
到着したら、雨がぼつぼつと降ってきたので、いいタイミングでした。
朝はガラガラ状態だった駐車場も、ほぼ満車状態。
20台ほど車が駐車されていました。

今回の綿向山から竜王山への縦走は、山頂からの景色は、あまり見えませんでしたが、コース自体は凄く整備されていて、変化に富んでいて、中々面白いトレイルでした。
また見晴らしが良さそうな時に登ってみたいなぁと思いました。

帰りは、まだ時間も早いので、下道で帰ります。

P5280248.jpg 

P5280249.jpg 

近江ちゃんぽんの本店でちゃんぽんを食べました。
琵琶湖周辺に来ると食べたくなるんですよね~
美味しかった(#^^#)

P5280267.jpg 

琵琶湖沿いにあるクラブハリエのカフェにも立ち寄りました。
長浜ツーデーの時に、このお店の前を通過して、立ち寄ってみたかったんです。

P5280258.jpg P5280259.jpg

コーヒーとスイーツをテイクアウト。

P5280263.jpg 

テラス席で、ウインドサーフィンやモータボートで楽しんでいる人達を眺めつつ、お茶しました。

充実した1日でした(#^^#)


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第25回若狭・三方五湖ツーデーマーチ・2日目

5月22日(日)晴れ

第25回記念大会
若狭・三方五湖ツーデーマーチ・2日目
 日本遺産 鯖街道

コース:40・20・10・5km(500選:福井-10(40・20kmのみ))

歩いたコース:20㎞(500選:福井-10)

2日目ログ 2日目

コース:若狭さとうみパーク→かみなか農楽舎→道の駅「若狭熊川宿」→JR上中駅→<電車移動>→JR三方駅→若狭さとうみパーク

☆JR上中駅までのデータ☆
歩いた時間:3時間59分(8:54~12:53) 走行時間:3時間50分
歩いた距離:22㎞(上り:7.6㎞ 下り:6.3㎞ 平坦:8.1㎞)
平均時速:5.52km/h 走行時速:5.73km/h

若狭・三方五湖ツーデーマーチ、2日目です。
本日も会場にやって来ました。
高速使うと1時間半ほどで来れるので、やはり通える範囲ですね。
前日は久々40㎞コースを歩いた。
筋肉痛はナッシングだけど、疲れは若干残っています。
40㎞を2日間歩くスタミナが無いので、本日は20㎞コースに参加です。
多くの歩友さん達は40㎞コースに参加されるので、40㎞の出発式に間に合う時間に到着しました。

P5220003.jpg 

青空の下、コースリーダさんを先頭に、皆さん元気にスタートされて行きました。

P5220013.jpg 

歩友のちゅうさんは本日も完歩旗を担いで40㎞を歩かれます。
いってらっしゃ~~~い(^O^)/

P5220020.jpg P5220019.jpg

20㎞コースの出発式の時間まで、会場内をうろうろ。
かぶらの入ったコロッケが売っていたので食べてみました。
コロッケの中にかぶらが入っているのは、初めて食べる味でしたが、手作りの優しい味で、美味しかったです。

P5220025.jpg 

いよいよ20㎞コースの出発式。
いつものお姉さんのストレッチ体操。

P5220026.jpg 

可愛らしいちびっこ達の激でスタートです。

P5220028.jpg 

可愛らしい歌声に送られながら、コースリーダを先頭に出発しました。
本日の目標は、会場で14時より行われるマグロの振る舞いに間に合うようゴールする事。
20㎞コースは上中駅より電車で戻ってくるので、電車のダイヤと移動時間を考えると、上中駅を13時8分発の電車に乗らないと間に合いません。
去年より若干距離が長くなっていますが、間に合うかな?

P5220033.jpg 

今日は快晴ですね(#^^#)
とっても美しい風景の中を歩けて嬉しい。

P5220035.jpg 

団体歩行が解除され、自由歩行になると、快速ウォーカーさん達にどんどん追い越されて行きます。
「あれ?昨日の疲れかな?思ったように足が動かない(;´д`)」

P5220037.jpg 

P5220038.jpg 

牛舎のすぐ脇を通過して行きます。
牛さんがこっち見てた。

P5220042.jpg 

しばらく歩いていると歩友のマサさんが完歩旗を担いで、あっという間に追い越して行った。
みるみる完歩旗は小さくなり、相変わらず速いなぁ~~~

P5220048.jpg 

このコース歩くのは4回目ですが、若干コースが変わっていました。
いつもこの辺りは、もっと山沿いを歩いていたような。。。

P5220052.jpg 

かみなか農楽舎に到着。
一つ目のチェックポイントでした。
水分補給だけして、先に進みます。

P5220057.jpg 

地道を歩いて国道を潜ります。

P5220061.jpg 

いよいよ熊川宿への峠越えが始まります。
本日のコースは、40㎞コースは20㎞コース歩いて来た道を戻ってゴールに向かうので、この峠辺りから、40㎞コースの快速ウォーカーさん達が現れるのですが、そろそろかな?
ちょっとワクワクしながら、長い坂を上がって行きます。

P5220064.jpg 

「この先急勾配 速度落せ」の所が峠のピークだけど、40㎞ウォーカーさんが現れない。
あれれ(。´・ω・)?

P5220065.jpg 

いつもの快速ウォーカーさんの姿が見えました。
思わず手を振ります。
時速7㎞位で歩く人達だから、素晴らしい脚力ですよね。

P5220067.jpg 

熊川宿への下りも長い坂道でした。
40㎞ウォーカーさんと挨拶を交わしながら歩いて行きます。
このコース設定、おもしろいですよね♪

P5220068.jpg 

熊川宿にやって来ました。
手前の横断歩道を警察官の方が渡してくれます。
ほかの大会では、中々ない事です。

P5220070.jpg 

熊川宿の入り口で、完歩旗を担いだちゅうさんにお会いました。
挨拶を交わし、一番奥の道の駅に向かいます。

P5220075.jpg 

道の駅若狭熊川宿が二つ目のチェックポイントでした。

P5220076.jpg 

道の駅には鯖街道ミュージアムがあったので、少し中を見学しました。

P5220077.jpg 

京は遠ても18里。
若狭から京へ至る鯖街道、いつか通しで歩いてみたいものです。

P5220079.jpg 

道の駅で折り返し、元来た道を戻って行きます。

P5220081.jpg 

雰囲気ある街並みです。

P5220082.jpg 

おもてなし処では、おおくのウォーカーさんが休憩されていました。

P5220084.jpg 

P5220083.jpg 

具だくさんの長操鍋を頂きます。
パワー充電☆
時間はすでに12時ちょっと前。
上中駅13時8分の電車は、ちょっと厳しいみたい。
13時8分の電車は諦めて、熊川宿でソフトクリームでも食べて、遊んでいこうかと思ったのだが、とりあえず頑張ってみる事にしました。

P5220085.jpg 

リスタート。
ちょうど完歩旗を担いだ237さんがみえました。
言葉を交わし、先を急ぎます。

P5220089.jpg 

必死に歩いているつもりなんだけど、思ったように進めないな。

P5220091.jpg 

なんとなく見覚えある景色、何とか間に合いそうかな。

P5220095.jpg 

何とか15分前に到着出来ました。
いや~~~久々に必死に歩いてしまった(^^ゞ
ホームはウォーカーさんでいっぱいでした。
会場には5㎞、10㎞ウオーカーさんもいっぱいだから、これじゃマグロにありつけそうにないな。

P5220100.jpg 

三方駅に到着。

P5220103.jpg 

マグロは諦めて、途中のスーパーでお寿司を買ってゴールに向かいます。

P5220104.jpg 

ゴールしましたヽ(^。^)ノ

P5220105.jpg 

ゴール後にマグロの振る舞いテントを見てみると、あれ、行列出来て無いじゃん。
すぐに並びに行きました。
その後すぐに行列は伸びていったので、いいタイミングで並べました。

P5220108.jpg 

無残!マグロちゃん。

P5220111.jpg 

14時になり、無事マグロゲット(*^^)v
4回目の参加にして、初めてマグロを頂きました。
美味しかった(#^^#)

P5230120.jpg 

抽選では梅サイダーが当たりました。
今日は良い日だ(^^♪

その後40㎞コースの歩友さん達も戻ってきて、しばし談笑し、次回の再開を約束し、お開きとなりました。
お天気に恵まれ、とても楽しい2日間でした。

P5220112.jpg 

参加者数は延べ4,890人。
23回大会は6千人越えだったと記憶していますが、意外と参加数が伸びなかったみたい。
やはりきのくに海南歩っとウオークと同日開催だったから、その影響かなと思います。
海南の参加者も3千人越えだったみたいなので、分散しちゃったかな?

P5230114.jpg 

参加記念バッチと完歩バッチ(記念数字章)。
完歩バッチは、4回目の参加なので4の文字入りです。
完歩バッチは数字が増えて行くのが楽しみだったのですが、今年で廃止だそうです。

P5230118.jpg 

参加記念品は、毎年同じでお米と梅干しでした。
こちらの梅干しはとても美味しいので、会場で1キロ買いました。

4回目参加の若狭・三方五湖ツーデーマーチ。
今年はお天気に恵まれ、記念大会でレインボーラインが歩けて良かったです。
梅丈岳から見る若狭の海や三方五湖や山々。
とても美しい景色で感動しました。
福井には美しい山と海があって良いですね。
今回の大会、たくさんの方とお話できたし、とっても楽しかったです。

若狭・三方五湖ツーデーマーチの関係者の皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。
また来年も参加したいと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第25回若狭・三方五湖ツーデーマーチ・1日目

5月21日(土)晴れ

第25回記念大会
若狭・三方五湖ツーデーマーチ・1日目
 五湖一周ふれあいの道

コース:40・20・10・5㎞(500選:福井-08(40・20㎞のみ))

歩いたコース:40㎞(500選:福井-08)

1日目ログ 1日目 

コース:若狭さとうみパーク→浦見川赤橋→レインボーライン日向料金所→レインボーライン山頂公園→海山屋内ゲートボール場→世久見トンネル→福井県海浜自然センター→梅の里会館→道の駅「三方五湖」→若狭三方五湖縄文博物館→若狭さとうみパーク

歩いた時間:7時間36分(7:12~14:48) 走行時間:6時間56分
歩いた距離:39.7㎞(上がり:9.3㎞ 下り:8.9㎞ 平坦:21.4㎞)
平均速度:5.22km/h 走行速度:5.71㎞/h

若狭・三方五湖ツーデーマーチに参加して来ました(^O^)/
4年連続4回目の参加になります。
今年は25回の記念大会で、今年の目玉は五湖一周の40㎞コースは普段は歩けないレインボーラインを歩けます。
これは是非歩かねば(#^^#)
しかし最近サボってばかりで、一番最後に40㎞を歩いたのは、1年前の三方五湖ツーデーマーチの五湖一周コース。
1年ぶりの40㎞、歩けるのか??
かなり不安だ。

会場までは自宅から100㎞程。
高速を使えば2時間ほどで行けると思うので、今回は宿泊無し、通いでの参加になります。
金曜の夜は帰りが遅くなってしまったので、ちょっと睡眠不足で当日を迎えました。

P5210002.jpg 

会場では、歩友さんや知り合いの方がたくさんいらっしゃいました。
いろいろお話したりして、こうやって遠征すると、色んな方にお会いできるのが楽しいです。
7時から出発式。

P5210009.jpg 

皆さんに見送りされて、スタートです。
久々の40㎞だからオーバーペースにならないように。
今回暑くなりそうだったので、リュックにハイドレーションパックを装着し、レインボーラインの登りに備え、ストックも用意しました。

P5210021.jpg 

若狭さとうみハイウェイを潜って進んで行くと、水田の奥に三方湖が見えて来ました。

P5210022.jpg 

歩友さんが「全員完歩」の幟を掲げて、さらっと追い越して行かれました。
完歩旗、あっという間にどんどん小さくなっていきました。

P5210027.jpg 

菅湖を眺めつつ歩きます。
鏡のように美しい湖面です。

P5210030.jpg 

久々子湖に向かう浦見赤橋の所が給水ポイントで、こちらで20㎞コースと分岐します。

P5210032.jpg 

久々子湖に向かう坂道を越えて行きます。

P5210038.jpg 

いつもは久々子湖の東側を歩くですが、今回は西側を歩きました。

P5210046.jpg 

日向漁港沿いを歩き、正面に見えているたいこ橋が日向湖と日本海を隔てています。

P5210051.jpg 

日向湖沿いを歩いて行きます。
大きな漁船がいっぱい停泊していました。
地元のおばあちゃんに「遅いよ。頑張れ。」って激励を受けました。
いや、これでもそこそこ歩いているんですけどね。。。(^-^;

P5210053.jpg 

ここでちょっとドーピング。
これから先に待ち構えているレインボーラインの登りに備えます。

P5210055.jpg 

レインボーラインの日向料金所を通過します。
本日12時まで、こちらから山頂公園まで車両通行止めになっていて、ツーデーの参加者専用道路になっていました。
12時までに山頂公園まで行けない人は、車で回収されるとか。。。(゚д゚)!

P5210056.jpg 

道いっぱいに広がっても怒られない快適な道です(^^♪
坂は、思ったより緩やかで、ダラダラと続き、ストックは必要ありませんでした。

P5210058.jpg 

眼下に見える日向湖。
うわ~~~絶景。
思わず足を止め、景色を眺めます。

P5210066.jpg 

目指す山頂公園は、ずっと先の頂上。
まだまだ先は長いです。

P5210070.jpg 

日向湖と日本海。

P5210076.jpg 

P5210074.jpg 

日本海。
何度も足を止め、景色を眺めながら、進んで行きます。

P5210082.jpg 

山頂公園のリフトが見えてきたけど、まだまだ先です。

P5210085.jpg 

水月湖方面。

P5210089.jpg 

美しい日本海。

P5210090.jpg 

歩いて来た道が見えています。

P5210093.jpg 

駐車場まで到着しました。
とりあえず車で回収される心配は無くなりました。
階段を上がって、リフト乗り場に向かいます。

P5210094.jpg 

リフト乗り場の手前がチェックポイントになっていました。
こちらでしばし休憩。

P5210095.jpg 

景色を眺めながらソフトクリームを頂きます。

P5210098.jpg 

少し霞んではいましたが、素晴らしい景色で、ずっと見てても飽きない。

P5210101.jpg 

さてあと一登りしますか。
歩いて山頂公園に向かいます。

P5210106.jpg 

リフト脇の階段を登って行きます。

P5210107.jpg 

シャクナゲが綺麗に咲いていました。

P5210117.jpg 

山頂公園に到着。
展望台からの眺め。
水月湖、奥に三方湖と菅湖。

P5210116.jpg 

展望台には立体模型もありました。

P5210122.jpg 

メビウスの輪。

P5210124.jpg 

カブトムシのオブジェ。

P5210128.jpg 

P5210129.jpg 

茶屋もありました。

P5210130.jpg 

友好の鐘。

P5210131.jpg 

P5210127.jpg 

景色も素晴らしいし、色々見る所もいっぱいあって、すっかり観光モードで散策していました。
この絶景は、いつまで見てても見飽きませんね。
頑張って登ってきて良かったです(#^^#)

P5210140.jpg 

名残惜しいですが、下山するとします。
緑の明るい道です。
もっと登山道っぽい所を歩くかと思ったのですが、だらだらとした緩やかな下りでした。

P5210151.jpg 

途中視界が開けた所で水月湖が見えた。
20㎞のウォーカーさんが水月湖の周りを歩いているのが見えました。

P5210152.jpg 


P5210155.jpg 

梅丈岳を降りて来ました。

P5210158.jpg 

梅畑の間を歩いて行くと、

P5210161.jpg 

海山屋内ゲートボール場で、20㎞コースと合流しました。
20㎞コースを歩いていた歩友さんが、私が到着するのを待っていてくれました。
ありがとうございます。
こちらでは20㎞コースを歩かれている知り合いの方にいっぱいお声掛け頂き、元気を頂けました。
「後半も頑張ろう‼」
持っていたゆで卵を食べ、リスタート。

P5210163.jpg 

水月湖沿いを歩いて行きます。

P5210170.jpg 

水月湖の年縞調査の櫓。

P5210171.jpg 

三方湖まで戻って来ました。
かやぶき舟小屋。

P5210173.jpg 

しばらく歩いて行くと、再び20㎞コースと分岐です。
40㎞コースは世久見地区に向かいます。

P5210175.jpg 

微妙な上り坂を上がり世久見トンネルを通過します。
このトンネル、意外と長く、ちょうど真ん中辺りは暗くて、足元も見えませんでした。
この間は、行って戻れの道なので、トンネルの中で先行している歩友さんとすれちがい、手を振りながら進んで行きます。

P5210177.jpg 

世久見地区までやって来ました。

P5210180.jpg 

折り返し地点は、まだまだ先なので、海沿いを歩いて行きます。
またまた微妙な上り坂。
なかなか折り返し地点に着かない。
むこうから歩友さんが歩いてきたので、後どれくらいか聞いてみたら、もう一回下った所がチェックポイントだそうだ。

P5210185.jpg 

かなり疲れていたけど、美しい景色に励まされながら歩いた。

P5210194.jpg 

P5210196.jpg 

上って下って福井県海浜自然センターがチェックポイントで、ここで折り返しです。

P5210199.jpg 

元来た道を戻って行きます。
上って下って上って…

P5210201.jpg 

世久見トンネルを通過します。

P5210202.jpg 

トンネルを抜けた辺りで、今回も参加されている自衛官さん達とすれ違いました。

P5210205.jpg 

さあ!いよいよこの長い40㎞の旅も終盤です。
前を歩いている歩友さんご夫婦に引っ張ってもらいながら、歩いて行きます。

P5210206.jpg 


梅の里会館到着。後5.5㎞。
ここの梅ソフトを食べようと思ったのだが、長蛇の列だったので、梅アイス最中を買って食べました。
さっぱりしてて美味しかった(#^^#)

P5210207.jpg 

最後のチェックポイントに向けて歩いて行きます。

P5210213.jpg 

道の駅「三方五湖」が最後のチェックポイントでした。

P5210214.jpg 

縄文博物館を通過します。

P5210217.jpg 

縄文人もビックリ!

P5210218.jpg 

会場のアドバルーンが見えています。
やっと戻って来たよ。

P5210222.jpg 

ゴールしましたヽ(^。^)ノ
目標の3時までにゴール出来ました。
久々の40㎞、無事完歩出来て、すごくうれしかったです。
やはり40㎞、京都トレイルで30㎞歩いた時よりもしんどかったように思います。

お天気も良く、日差しが強かったし、いつもの五湖のコースに比べたら、アップダウンが多かったけど、いつもは見れない角度から三方五湖や日本海が見れて良かったです。
レインボーラインからみた美しい景色。
それだけで40㎞歩いた価値があるなぁって思います。
特別コースを歩けて、すごく良かったです。

ゴールでは歩友さん達が、待っていてくれていました。
ありがとうございました。
しばし会場で談笑し、帰路に着きました。
自宅でTV見ていたら、岐阜は気温が30度まで上がったそうです(@_@)
三方は暑かったけど、22度位だったと思うし、風も吹いていたので、まだ歩きやすかったと思います。
それなりに暑かったですけどね~

1日目は無事完歩出来ました。

2日目のレポに続きます。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

深紅に染まるヤマツツジ!大和葛城山

5月17日(火)雨のち晴れ

名鉄バスハイキング
深紅に染まるヤマツツジ!大和葛城山   距離:6.6㎞

大和葛城山(奈良県御所市・大阪府南河内郡千早赤阪村)  標高:959.2m

大和葛城山  

葛城山

コース:青崩・葛城山登山口→天狗谷→大和葛城山→ツツジ大群生地→北尾根コース→葛城ロープウェイ駐車場

歩いた時間:3時間15分(10:55~14:10) 走行時速:2時間46分
歩いた距離:9.3㎞(上り:3.8㎞ 下り:4.7㎞ 平坦:721m)

大和葛城山に登って来ました(^O^)/
葛城山って、大和葛城山と和泉葛城山があるって知りませんでした。
今回は奈良県と大阪府の県境にある葛城山です。
今回は有休を使っての登山です。
朝起きたら、土砂降り。。。天気予報では、雨はあがるみたいで、西に向かうから大丈夫でしょう、多分。

P5170005.jpg 

行く途中に寄った道の駅からは二上山が見えていました。
お天気はすっかり回復ですね。
こちらの近くに二上山の登山口があるようでした。
いつか登ってみたいなぁ~

P5170010.jpg 

名古屋から3時間半ほどかな?
大和葛城山の登山口のある青崩に到着しました。

P5170009.jpg 

身支度を整え歩き始めます。

P5170011.jpg 

国道の上を通過し、進んで行きます。

P5170015.jpg 

大和葛城山はどんなお山なんでしょうね~
楽しみです(#^^#)

P5170016.jpg 

天狗谷のコースなので、すぐそばを川が流れていました。

P5170018.jpg 

視界の開けた場所からは、美しい山々が見えていました。

P5170021.jpg

P5170023.jpg 

沢沿いの地道を進んで行きます。

P5170025.jpg 

段々石がゴロゴロしてる険しい道になってきました。

P5170028.jpg 

鎖場もありました。
足を置く場所がちゃんとあったので、見た目ほどは大変じゃなかったです。
何度か渡渉しながら進んで行きます。
昨晩雨が降っていましたが、それほど増水していなくて良かった。

P5170030.jpg 

階段。

P5170031.jpg 

階段、階段。。。
ずっと続く階段に、ちょっとうんざり。。。(+o+)

P5170036.jpg 

道標には「葛城山まで1.7㎞、40分」
後30分も登れば着きそうですね。
ここまでの坂は結構急でしんどかった。

P5170037.jpg 

尾根道を進んで行きます。

P5170039.jpg 

P5170041.jpg 

明るくなって視界が開けた。
あれが目指す山頂かな?

P5170046.jpg 

まだまだ登りは続きます。

P5170047.jpg 

なんとなく山頂が近い感じです。

P5170054.jpg 

しばらく進んで行くと・・・

P5170055.jpg 

カジュアルな格好の方達が見えた。
どうやら山頂近くに到着したみたいです。
コースタイムは、1時間半位掛るかと思ったのですが、1時間ほどで登って来れました。

P5170059.jpg 

P5170060.jpg 

やはりロープウェイのある山ですから、観光化されていますね。
お店を横目に見ながら、まずは山頂を目指します。

P5170061.jpg 

階段を登って・・・

P5170062.jpg 

山頂だぁ~~~
思わず駆け出していました。

P5170064.jpg 

三角点。

P5170070.jpg 

山頂到着です☆
葛城山の山頂は、とても広く開けていました。

P5170071.jpg 

自然ツツジ園方面に向かっていきます。

P5170072.jpg 

正面には金剛山がど~~~ん。
美しい山ですね。

P5170074.jpg 

あちらに見えているのが「一目百万本」と言われている自然ツツジ園ですね。

P5170081.jpg

残念ながら、今年の花の見ごろは早かったみたいで、ピークは過ぎていました。

katuragi03.jpg 

ピークには一面真っ赤なヤマツツジが見れるそうです。
御所市フォトギャラリーより画像をお借りました。
見たかったなぁ~~~

P5170085.jpg 

山頂では、皆さん思い思いに過ごされていました。
ロープウェイで上がってきた人とハイカーが混在してて、ちょっと不思議な風景でした。

P5170093.jpg 

ダイヤモンドトレールの道標がありました。
この道をたどっていけば、金剛山に行けるのですね。
いつか通しで歩いてみたいなぁ~

P5170091.jpg 

P5170094.jpg 

P5170095.jpg 

P5170096.jpg 

まだ咲いているツツジを眺めながら、山頂を散策します。

P5170099.jpg 

ソフトクリームを食べながら、展望台から景色を眺め、少し休憩。
歩いていて暑かったので、最初は良かったけど、やはり山頂は寒かったです。

P5170101.jpg 

展望台からの眺め。
霞んでいましたが、大和三山が見えていました。
奈良まほろばウオークの時は、あの辺り歩いていたんだな~

P5170109.jpg 

1時間ほど山頂で過ごし、下山するとします。
もしかして山バッチ売っているかもと、ロープウェイの山頂駅に行ってみた。

P5170111.jpg 

残念ながら山バッチは売っていませんでした。
この日は平日でツツジ散り始めなので空いていたけど、ピーク時には、ロープウェイの待ち時間は1時間半とか。。。メッチャ混むみたいです。
その間に歩いて降りれるんじゃないかな?

P5170112.jpg 

山頂周辺は色んな散策路があるみたいなので、ゆっくり散策しても良さそうですね。

P5170115.jpg 

さて帰りの時間もありますので、北尾根コースより下山します。

P5170120.jpg 

緑の美しい明るい道で、こっちから登って来た方が楽だったかもと思いましたが、コース説明では、こっちのコースの方が長くて、キツイみたいな話でしたので、後半きつくなるのかな?

P5170123.jpg 

沢に向かって下って行きます。
すでに水びたしで、川の中を歩いているみたい。

P5170124.jpg 

道のわきを沢が流れていました。

P5170125.jpg 

渡渉するかと思ったのですが、橋が掛っていました。

P5170127.jpg 

細い道を進んで行きます。

P5170128.jpg 

ロープウェイの駅が見えていますので、あちらが山頂ですね。

P5170132.jpg 

だんだん険しい道になって来ました。

P5170133.jpg 

P5170134.jpg 

ロープにつかまりながら、慎重に降りて行きます。

P5170137.jpg 

随分降りて来ましたね。

P5170140.jpg 

P5170141.jpg 

P5170145.jpg 

ロープウェイの駅が見えた。

P5170146.jpg 

イノシシ除けの柵を通過します。

P5170148.jpg 

P5170150.jpg 

ロープウェイの駅まで降りて来ました。
下山時間は、50分程でした。

P5170165.jpg 

ロープウェイの所のお店で山バッチゲット。

P5170156.jpg 

駐車場までてくてく歩いてバスに到着しました。

P5170161.jpg 

今回のお土産は草もちでした。

今回は大和葛城山に登りました。
こちら方面の山は、個人的に行こうと思うと意外に不便なので、今回登れて良かったです。
お天気も恵まれ、なかなか楽しい登山でした。
一目百万本の深紅のツツジを見れなくて残念でしたが、またいつか機会があれば行ってみたいです。

さて、いよいよ週末は三方五湖ツーデーマーチです。
1日目の40㎞コースはレインボーラインで梅丈岳(ばいじょうだけ・三方富士)への登りがあります。
標高400mですが、ほぼ標高0mから登るので、かなり登り甲斐があるのではと思います。
久々の40㎞で、歩けるか不安ですが、山頂からの美しい景色を楽しみに登りたいと思います。
2日とも天気は良さそうですが、気温がかなり上がりそうです。
熱中症に気を付けて、楽しみながら歩きたいと思います。
さてさてどうなりますか。
乞うご期待です(^O^)/

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第24回びわ湖長浜ツーデーマーチ・2日目

5月15日(日)晴れ

第24回びわ湖長浜ツーデーマーチ・2日目

コース:北国脇往還 40㎞・姉川国友 20㎞・北国街道 15㎞・びわこ北 10㎞

歩いたコース:姉川国友 20㎞

2日目 

コース:長浜市民庭球場→旧長浜駅舎→大通寺→神照寺→国友鉄砲の里→曽根公館→リュートプラザ→南浜→豊公園→長浜市民庭球場

歩いた時間時:4時間01分(9:30~13:31) 走行時間:3時間42分
歩いた距離:20.9㎞(上り:1.9㎞ 下り:1.1㎞ 平坦:17.9㎞)
平均時速:5.18km/h 走行時速:5.63km/h

長浜ツーデー2日目です。
本日も体調が万全ではないので、20㎞コースを歩きます。
40㎞コースに参加される歩友さんが表彰でしたので、40㎞コースの出発式に間に合うよう昨日と同じ時間に家を出ました。

P5150022.jpg 

8時に40㎞コースの皆さん、元気にスタートされて行きました。

P5150029.jpg 

しばし会場でのんびり過ごし、いよいよ20㎞の出発式。
長浜市立西中学校の吹奏楽部の皆さんの演奏に送られてスタートです。

P5150034.jpg 

9時半にスタートしました。

P5150036.jpg 

会場を出た所では太鼓の演奏でお見送りです。

P5150037.jpg 

鉄道スクエアの脇を通過して行きます。
こちらには現存する日本最古の鉄道駅舎があったり、鉄道に関する色んな展示があったり、中々楽しい場所です。

P5150040.jpg 

豊国神社前を通過します。
豊臣秀吉に縁の深い神社で、六瓢箪巡りの六つの古社寺のひとつです。
秀吉と言えば、千成瓢箪、秀吉の城下町であった長浜では至る所で、瓢箪の形は目にします。

P5150045.jpg 

アーケード街を進んで行きます。
まだお店はほとんど閉っています。

P5150047.jpg 

大通寺の参道を歩いて行きます。

P5150049.jpg 

大通寺前を通過します。
真宗大谷派別院で、とても立派なお寺です。
彦根藩主井伊直弼の七女で、長浜御坊大通寺住職の内室となった井伊砂千代の調度品とされる品々が61点あり、その中には化粧道具や文房具、遊戯具、衣裳などさまざまな品が伝えられています。

P5150052.jpg 

歩道橋を渡ります。
今回のコース、歩道橋やアンダーの通過が多かったように思います。

P5150055.jpg 

湖北らしい道を歩いて行きます。
道の脇を流れている川の水は、とても美しい。

P5150056.jpg 

神照寺の山門をくぐり進んで行きます。
このお寺も六瓢箪巡りのひとつです。

P5150058.jpg 

参道は、とても緑豊かな気持ちの良い道です。

P5150059.jpg 

神照寺が給水ポイントでした。

P5150060.jpg 

先へ進みます。
正面に見えているのは伊吹山です。

P5150062.jpg 

国友鉄砲の里。
こちらの地区は、戦国時代に堺と並ぶ鉄砲の産地として栄えていたそうです。

P5150064.jpg 

風情ある街並み。
家々の前には「○○屋敷跡」などの石碑が建てられていました。

P5150066.jpg 

変わったオブジェがありました。

P5150067.jpg 

どんどん進み姉川とぶつかった所で40㎞コースと分岐です。

P5150071.jpg 

桜並木の下を歩くのは気持ちが良い。

P5150075.jpg 

手前に見えているのが、虎御前山。その奥には小谷山。
小谷城の戦いは、織田信長と浅井長政の戦いで、虎御前山には信長軍が、小谷山には浅井軍が陣取っていました。

P5150077.jpg 

鉄道が見えて来ました。

P5150078.jpg 

レトロなトンネルを潜ります。

P5150079.jpg 

奥にぽこんと見えているのが山本山。
山本山からずっと縦走していくと賤ヶ岳に至ります。
この辺りは、戦国時代の舞台になった場所が点在しています。

P5150080.jpg 

曽根公館で15㎞コースと合流し、こちらが給水ポイントでした。

P5150081.jpg 

てくてく長浜の街並みを進んで行きます。

P5150083.jpg 

姉川を渡ります。

P5150085.jpg 

高時川を渡ります。

P5150087.jpg 

川沿いに歩いて行きますが、かなり気温が上がってきて、日陰が無いので、なんだか辛い。
ちょっと風邪気味で、ずっと鼻の奥が乾燥しているような感じだったのだが、歩いていれば、少々の事は治るだろうと歩いていたのだけど、だんだん気持ち悪くなってきました。
お腹が空いて気持ち悪いのか?暑さにやられているのか?
ちょっとづつ足取りが重くなってきました。

P5150088.jpg 

リュートプラザに到着。
こちらがチェックポイントとお弁当引き換え地点でした。

P5150090.jpg 

お弁当が思いのほか大きく、リュックに入らないので、こちらで食べて行く事に。
名物の鯖そうめんが入っていました。
お腹が空いて気持ち悪いのかなと思っていたのですが、半分程しか食べれず、リスタート。
ゴールまで後8㎞。
ここからリタイヤしようか、頑張ろうか、悩みながらのウォークでした。

P5150092.jpg 

再び姉川を渡ります。

P5150095.jpg 

てくてく姉川沿いを歩いて行きます。

P5150097.jpg 

南浜到着。
チェックポイントになっていました。
全コース合流しているので、とても賑やかでした。
ほんの少しだけ休憩して、歩き始めます。
後5㎞程。頑張れるかなぁ~~~(@_@。

P5150099.jpg 

琵琶湖沿いを歩いて行きます。

P5150100.jpg 

向かい風で歩くのが大変だろうと想像していましたが、思ったほどではありませんでした。
40㎞コースのウォーカーにバンバン抜かれて行きます。。。
こんな事って、初心者の時以来だわ。。。(>_<)

P5150104.jpg 

最後の力を振り絞って、歩いて行きます。
ゴールが近づいてきました。

P5150105.jpg 

P5150108.jpg 

長浜城。
やっと戻って来たよ(+o+)

P5150109.jpg 

豊公園を歩いて、

P5150110.jpg 

何とか無事ゴール出来ました☆
暑さと体調不良で、かなり厳しいウォークになりました。

去年も20㎞コースを歩きましたが、若干コースが変更になっていました。
長浜のコースは、毎年コースの見直しをされているようですね。
国友の辺りは、初めて歩いたと思うので、新鮮でした。

P5170167.jpg 

抽選会では1.5㎏のお米が当たりました(^O^)/

歩き終わってから、アフターウォークの計画をしていたのですが、あまりにも体調不良でしたので、まだゴールされていない歩友さんもいらっしゃいましたが、早々に帰路に着きました。
お出迎え出来なくて、すみませんでした。

P5150112.jpg 

2日間の延べ参加者数は3,407名でした。
お天気に恵まれ、盛況でしたね。

P5150120.jpg 

記念バッチ。

P5150121.jpg 

参加記念品はストレッチタオル。
2日間完歩した人には、てぬぐいが頂けました。

スタッフの皆様、2日間ありがとうございました。

2年連続参加の長浜ツーデー、今年も健康診断の翌日で、イマイチの体調の中、歩きました。
来年は浮気して他のツーデーに参加しようかとも思ったりするのですが、来年は25回で記念大会らしいので、多分来年も参加してるかな。家から通える貴重なツーデーでもありますしね。

春シーズンのツーデーも終盤で、そろそろ秋の計画も立て始めないとですね。
会場で越前日本海のチラシをもらったのですが、なんと今年でファイナルらしいです。
今年の参加は考えて無かったのですが、参加しようかなと思います。
立山もなくなっちゃったし、どんどん好きなツーデーが消えていってしまうのは、非常に残念です。
次回は三方五湖。
久々に40㎞を歩く予定なので、しっかり体調を整えたいです。

P5150115.jpg 

帰りの車窓から、伊吹山が綺麗に見えました。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第24回びわ湖長浜ツーデーマーチ・1日目

5月14日(土)晴れ

第24回びわ湖長浜ツーデーマーチ・1日目

コース:伊吹中山道 40㎞・国宝彦根城 20㎞・近江母の郷 10㎞・びわこ南 5㎞

歩いたコース:国宝彦根城 20㎞

1日目 

コース:彦根総合運動場→松原→すぱーく米原→若宮氏館跡→坂田駅→山内一豊公の母「法秀院」の墓→長浜バイオ大学→長浜市民庭球場

歩いた時間:3時間38分(9:38~13:09) 走行時間:3時間32分
歩いた距離:20.5㎞(上り:424m 下り:550m 平坦:19.5㎞)
平均時速:5.62km/h 走行時速:5.78km/h

第24回びわ湖長浜ツーデーマーチに参加しました。
2年連続、3回目の参加になります。
今回歩くコースは、彦根城から長浜城のワンウェイの20㎞コース。
前日に健康診断があり、バリウム飲んだので、イマイチ調子が悪い。。。(>_<)
ちょっと不安ですが、20㎞なら大丈夫でしょう。
車で会場の豊公園に向かった。

P5140006.jpg 

1時間ほどで会場に到着。
40㎞コースの受付がされていたので、受付をして、20㎞コースのスタートの彦根に向かいます。

P5140008.jpg P5140007.jpg

電車で長浜駅より彦根駅に向かいます。

P5140013.jpg P5140012.jpg

彦根駅の駅前ロータリーには、井伊直政公の銅像。
電車で移動してきた長浜から彦根、歩いて戻るって事ですね。

P5140016.jpg 

てくてく、スタート地点の彦根総合運動場を目指します。
会場までは歩いて10分程かな?
石屋さんの店先にひこにゃんの石像がありました。
彦根城のシンボル「ひこにゃん」は今年で生誕10周年を迎えたそうです。
ゆるキャラブームの火付け役ですよね。

P5140028.jpg 

P5140030.jpg 

彦根総合運動場にて出発式とストレッチ。
いよいよスタートです。

P5140032 (2) 

国宝彦根城を眺めながら進んで行き、

P5140040.jpg 

お堀の周りをぐるっと歩きます。

P5140051.jpg 

琵琶湖沿いを進んで行き、松原水泳場で最初の給水ポイントでした。

P5140054.jpg 

ちょっと霞んでいて対岸はうっすらとしか見えていません。

P5140056.jpg P5140057.jpg

こ洒落たお店はクラブハリエのパン専門店「ジュブリルタン」

P5140058.jpg 

米原市に入った。

P5140062.jpg 

さざなみ街道を歩いて行きます。
琵琶湖一周歩いていた時の事を思い出します。
大きな琵琶湖を自分の足でぐるっと一周歩いたのは、とても良い思い出です(#^^#)

P5140064.jpg 

はるか向こうに長浜の建物が見えていました。
あそこまで歩くんか~
遠いなぁ。

P5140069.jpg 

琵琶湖沿いを離れて進んで行きます。
フジテックのタワーが見えた。

P5140072.jpg 

霞んでいますが伊吹山が見えています。
今日もたくさんの人が登っているんだろうなぁ~

P5140076.jpg 

すぱーく米原が最初のチェックポイントでお弁当引き換え場所でした。
お弁当を頼んでいたので、お弁当を引き換えて、リュックに仕舞い、そのまま進みます。

P5140082.jpg 

左手は田植えの真っ最中。

P5140083.jpg 

右手の緑は麦畑。
のどかな道を進んで行きます。

P5140085.jpg 

天野川沿いを歩きます。
とても美しい景色。

P5140087.jpg 

天野川を渡ります。
奥には伊吹山。

P5140091.jpg 

堤防沿いでは桜守の人達が桜の手入れをしていました。
何年かしたら、ここも立派な桜並木になるのでしょうね。

P5140094.jpg 

黄色いお花畑が広がっていた。
この時期に菜の花⁇
キャベツが収穫されずにそのまま花が咲いてしまっているようでした。
奥の山並みの一番奥に霊仙山の頭だけが見えていました。

P5140097.jpg 

高架が見えるのでJRの線路が近づいて来ました。

P5140098.jpg 

線路を潜る直前にしらさぎが通過して行きました。

P5140102.jpg 

坂田駅到着。
こちらが二つ目のチェックポイントでした。
10㎞コースも合流していたのでウォーカーの数が一気に増えました。

P5140103.jpg 

坂田駅の前にはこのような像がありました。
山内一豊と千代の像だそうです。

P5140104.jpg 

坂田駅はウォーカーでごった返していましたので、そのまま進みます。

P5140107.jpg 

美しい水路のある路地を進んで行きます。

P5140108.jpg 

山内一豊公の母「法秀院」の墓の前を通過します。

P5140113.jpg 

長浜ドームが見えて来ました。

P5140118.jpg 

気持ちの良い道を進んで行きます。

P5140121.jpg 

10㎞コースも合流して、長浜バイオ大学に到着です。

P5140122.jpg 

こちらが最後のチェックポイントでした。

P5140124.jpg 

大学構内を抜けていきます。

P5140128.jpg 

のどかな風景の中を歩いて行きます。
ウォーカーの数が増え、若干歩き辛い。

P5140130.jpg 

長浜びわこ大仏様が正面から見えた。
結構後姿は見るのですけどね~

P5140131.jpg 

琵琶湖沿いを歩きます。

P5140134.jpg 

さざなみ街道を歩いて行きます。
先ほどの長浜びわこ大仏様の後ろを通過しています。

P5140135.jpg 

はるか遠くに見えていた長浜の建物も随分近づいてきました。

P5140146.jpg 

さざなみ街道を歩いて行きます。
20㎞コースの先頭旗が追い越していった。
メッチャ速い~~~軽々時速6㎞越えですね。

P5140152.jpg 

ゴール☆
お腹の調子が心配でしたが、無事完歩出来ました。
日差しが強く、暑かったです。
雨の中歩くより100倍マシですが。。。

P5140154.jpg 

三成くんもお出迎えしてくれました。
ゴール後に抽選の当選番号を見に行ったけど、そもそも彦根スタートの人のもらった番号が、全然無かった。多分彦根コースの人は誰一人当選していなかったので、彦根コースに配られた抽選券の番号は抽選からもれていたようです。
ひどすぎる~~~( 一一)

P5140161.jpg 

会場であっせんで買ったお弁当を食べました。
長浜ツーデーのお弁当は、なかなか良いので、毎回注文しています。
八幡赤こんにゃくとか海老豆煮とか、地元の食材が入っていて、なかなかお得です。
美味しかった(^^♪

P5140167.jpg 

ゴール後は、4時半位まで歩友さん達と談笑していました。
途中三成くんも乱入してきたりして面白かった。

P5140170.jpg 

そろそろ帰宅します。
明日の天気も良さそうです。

P5140173.jpg 

帰り道、丸亀製麺の春の限定うどんのあさりうどんを食べて帰りました。

1日目は健康診断の翌日でちょっと不安材料がありましたが、無事完歩出来ました。

P5140155.jpg 

1日目の参加者は1,817名
2日目はどうなるでしょうか?

2日目のレポに続く。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

千畳敷と駒ケ根高原を歩く

5月7日(土)雨のち晴れ

名鉄バスハイキング☆
白銀の世界・千畳敷と早春の駒ケ根高原を歩く   距離:4.5㎞

rogu.jpg 
紫→山岳バスとロープウェイ軌跡 ピンク→歩いた軌跡

コース:菅の台BC→山岳バス→しらび平駅→ロープウェイ→千畳敷駅→白銀の千畳敷→千畳敷駅→ロープウェイ→しらび平駅→山岳バス→駒ケ根橋南バス停→巨石公園→マルスウィスキー工場→北川製菓

歩いた時間:1時間42分(12:24~14:06) 走行時間:1時間05分
歩いた距離:4.1㎞(上り:219m 下り:2.5㎞ 平坦:1.4㎞)

名鉄バスハイキングで駒ケ根に行って来ました。
今回は憧れの千畳敷カールに向かいます(^O^)/

P5070005.jpg 

途中の恵那峡SAでは、どんより曇り空。
お天気は天気予報によると、回復に向かうらしいのですが…

P5070006.jpg 

菅の台バスセンターより先は一般車通行禁止の為、山岳バスに乗り換えます。
雨が降っています。
千畳敷カールは見れないかな。。。

P5070012.jpg 

対向車とのすれ違いもままならない細い道を30分程進み、しらび平駅までやって来ました。
バスセンターが標高850mでしらび平駅が標高1,662m。
一気に上がって来ました。
なんだか晴れ間も出てきたので、何とか大丈夫かな?

P5070019.jpg 

しらび平駅からロープウェイにのって千畳敷駅まで、7分30秒。
標高2,612mまで一気に上がります。

P5070020.jpg 

どんどん景色は変わって行き、桜が咲き始めていたりとか、雪が見えたり、季節が逆戻りです。

P5070022.jpg 

千畳敷駅に到着。
気温は7度となっていましたが、もっと寒く感じます。

P5070027.jpg 

建物から外に出てみましたが、白銀の世界と言うか、真っ白で何も見えません。
しかも凄く寒いし、強風が吹き荒れていました。
やはり標高2,612mは別世界でした。

P5070028.jpg 

とりあえず建物の近くにある駒ケ根岳神社に行ってみました。
凄く寒いし、多分風速20m以上の風が時折吹いていましたが、吹き飛ばされそうになりました。
思わず足が雪の中にずぼっとはまり込んでしまったのだが、簡単に抜けなかった。
危ない、危ない。。。(◎_◎;)

P5070032.jpg 

建物の周りを歩いてみましたが、寒いし、強風だし、何も見えないし、お天気も回復しなさそうで、遅くとも13時発のロープウェイで降りるようにと言われていたので、早々に降りて来ちゃいました。
そんな中でも登山に向かわれる方々もいて、ピッケルの使い方をレクチャーされている人も混じっていて、こんな天候の中出発して大丈夫なんかなと思いました。
今年のGWは序盤の寒波で、北アルプスとかで多くの方が遭難したように思いましたが、やはり山は怖いなぁと思います。

P5070036.jpg 

しらび平駅まで降りて来ました。
気温は11.7度。寒いですね。

P5070047.jpg 

P5070048.jpg 

山岳バスの車窓の風景も、降りて行くにしたがって、緑が鮮やかになりました。

P5070061.jpg 

駒ケ根橋南でバスを降り、ハイキング開始です。
降りて来たら晴れているって、山のあるあるですよね。

P5070057.jpg 

しかし中央アルプス方面は雲っているようです。

P5070058.jpg 

南アルプス方面は、随分回復してきたみたいです。

P5070062.jpg 

P5070064.jpg 

大田切川沿いに歩いて行きます。
川の流れる音と美しい緑、とても気持ちの良い道です。

P5070065.jpg 

P5070077.jpg 

ヤマツツジ、綺麗ですね~

P5070080.jpg 

こまくさ橋・吊り橋が見えてきました。

P5070085.jpg 

P5070086.jpg P5070088.jpg

コースはこまくさ橋を進んで行くのですが、

P5070093.jpg 

時間もあったので、菅の台バスセンター最寄りの商業施設に向かいました。

P5070095.jpg 

駒ケ根名物のソースかつ丼を食べましたよ。
南信州産のトンカツで、柔らかくて、とても美味しかったです。

P5070097.jpg 

食べ終わって外に出てみると、すっかりお天気回復しているみたい。
千畳敷で寒くて雪がいっぱいだったのがウソのようです。

P5070101.jpg 

P5070104.jpg 

こまくさ橋を渡ります。

P5070102.jpg 

南アルプス方面もかなりお天気回復していますね。

P5070103.jpg 

中央アルプス方面もかなり回復しているようですが、まだ雲が掛っているようです。

P5070110.jpg 

巨石公園内を歩きます。

P5070108.jpg 

P5070111.jpg 

P5070112.jpg 

色んな山野草が咲いていました。

P5070113.jpg 

緑の美しい公園を歩いて行きます。

P5070114.jpg 

クワガタ対カブトムシのオブジェは迫力がありました。

P5070116.jpg 

しあわせの鐘をカンカンと鳴らして進んでいきます(^^♪

P5070122.jpg 

メッチャ美しい景色です♪♪
今の時期は雪解け水で川の流れが激しいですね。

P5070123.jpg 

林道を歩いて行くと…

P5070124.jpg 

マルスウィスキー工場です。

P5070130.jpg 

P5070133.jpg 

工場内をちらっと見学しました。
この辺りは水が美味しいから、美味しいウィスキーが出来るのでしょうね。

P5070134.jpg 

南アルプスが見えています。
もう少し早くお天気回復してくれたらなぁ~

P5070139.jpg 

てくてく。
ゴールの北川製菓が見えてきた。

P5070149.jpg 

北川製菓の直販所「ル・ノール・リヴィエール」
アウトレットのドーナツが凄く安かったです。

P5070152.jpg 

すずらん牛乳のソフトクリームを食べました。
千畳敷ではメッチャ寒かったのに、下界は暑かった。

P5070158.jpg 

名物のクリームパンも買いました。

P5070142.jpg 

P5070143.jpg 

お店のお庭にはこんな水道がありました。
こんな美味しいお水で作ったお菓子は、さぞかい美味しいでしょう。

P5070154.jpg 

北川製菓の駐車場にてゴール。
今回のお土産は北川製菓の焼きドーナツでした。

P5070155 (2) 

帰りのバスの車窓から。
やっと中央アルプスが姿を表してくれました。
もう少し早くお天気回復してくれていたら良かったのだけど、今回は残念でした。

P5070156 (2) 

南アルプスの山々も見えていました。

ncarll.jpg 

千畳敷カールのライブカメラの画像。
夕方には視界が開けたようです。
この景色がじかに見れなくて残念でした。

P5100003.jpg 

今回ゲットした山バッチ。

千畳敷カールは、ずっと行ってみたかった場所で、今回名鉄バスハイキングのコースにあって、迷わず参加しましたが、憧れの千畳敷カールが全く何も見えずという残念な結果となってしまいました。
その後のハイキングは、緑も美しく、美味しい物も食べ、とっても良かったです。
やはり信州は良いなぁと思います。
何やかやでこっち方面に5週連続通いました。
今回千畳敷カールに行ってみて、意外とアクセスが良いので、また雪が融けた頃に、今度は個人的に天気予報見ながら、再チャレンジしてみたいと思います。
木曽駒ケ岳にも登ってみたいなぁ~(#^^#)

今年のGWは10連休でした。
東京に遠征したり、山登ったり、久しぶりに仕事の事を忘れ、思いのままに過ごせました。
結構ダラダラもしましたが、贅沢な時間が過ごせて、とても良かったです。
また日常に戻っていますが、次の長期連休のお盆を楽しみに頑張ろうと思います。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

10連休

今年のGWは4月29日から5月8日までの10連休でした。
実は5月6日だけは出勤日だったのですが、毎月の通院日に当たった為、半日だけ出勤も面倒だし、お休みにしました。
5月6日は、早めに病院が終わったので、お買い物を兼ねて長島方面に向かいました。

DSCN3434_20160510202253fa2.jpg 

久々になばなの里へ行きました。
チューリップ祭にの時期には来れなかったのですが、色とりどりのお花が綺麗でした。

DSCN3437_20160510202255615.jpg 

DSCN3441_2016051020225630e.jpg 

DSCN3445.jpg 

DSCN3448_201605102022598a2.jpg 

DSCN3457_20160510202508017.jpg 

DSCN3472.jpg 

DSCN3451.jpg 

鯉に餌をやっていたのだけど、おこぼれを雀が拾っていた。
行動を見ていたら、近くいる子供たちに一生懸命に運んでいた。
昨今子どもの虐待とか事件になったりしますが、こんな小さな雀にも母性があるんだなと感心しました。

DSCN3458.jpg 

DSCN3462_20160510202733e17.jpg 

DSCN3464.jpg 

大花壇もチューリップが終わって、お花の入れ替え真っ最中でした。
この日は非常に空いていて、やはりGWの中日の平日なんだなと実感しました。

その後ナガシマスパーランドに隣接するアウトレットモールに移動して、久々にゆっくりお買い物が出来ました。
そろそろ買い替えたいなぁと思っていたゴアのトレッキングシューズ、店員さんに見立ててもらって購入しました。
山デビューする日が楽しみです。
アウトドア用のカメラも壊れているのをだましだまし使っていたのですが、やっと購入出来ました。
いろんな写真が撮れるみたいなので、楽しみです。
かなり高額な(私にとってはですが…)買い物でしたが、まったまにはいいかな。

GW明けて2日経ちますが、またいつもの日常が始まったって感じです。
仕事嫌だなと思う時もあるけれど、大きなお買い物したし、頑張って働こうと思います(^O^)/

GWレポ、後1日分アップできてませんが、明日以降にアップします。


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

360度眺望の入道ヶ岳へ

5月4日(祝)晴れ

名鉄バスハイキング
360度眺望の入道ヶ岳へ、井戸谷ルートを登る    距離:7.0㎞

入道ヶ岳(三重県鈴鹿市)    標高:906m

ログ

高低

コース:椿大神社駐車場→椿大神社→井戸谷ルート→入道ヶ岳山頂(標高:906m)→北ノ頭→北尾根ルート→椿大神社駐車場

歩いた時間:3時間16分(9:20~12:36) 走行時間:2時間55分
歩いた距離:6.7㎞(上り:3.8㎞ 下り:2.8㎞ 平坦:104m)

名鉄バスハイキングで鈴鹿セブンマウンテンの入道ヶ岳に登って来ました。
5月4日は当初の予報では大荒れの天気で、鈴鹿セブンマウンテンという事で、ちょっとビビってしまって、参加をキャンセルしようかとも思っていたのだが、雨は朝までに上がりそうなので、ダメなら途中で引きかえすつもりで行く事にした。
名鉄BCに行ってみると、なんと本日の参加者は24名だって。
やはりキャンセルされた方が多いみたい。
楽々座席でBCを出発しました。
バスの中で今回のコースの説明がありましたが、マップに『※警告※今回のコースは、上り下りともに非常に急坂が多いです。・・・(略)・・・体力に自信の無い方、少しでも気分のすぐれない方、又は、通過時間に間に合わない方は、必ず来た道を引き返してゴールに向かってください。井戸谷コースの避難小屋までに体力的に厳しいと感じたら、勇気をもって引き返してください。と書いてあり、スタッフの方も、そのことを強調されていました。
前日も同じコースが開催されていましたが、天候も良くなかったし、引き返された方も数人いらっしゃったようです、
今まで参加して、そこまでの事を言われた事が無いので、かなりビビりますね~(@_@。

1時間ほどで椿大神社駐車場に到着です。

DSCN3261_20160508093250067.jpg

椿大神社前を通過します。
今回は厳しいコースなので、お参りは下山してからという事で、先に進みます。

DSCN3262.jpg

舗装路を歩いて行きます。

DSCN3264_20160508093253962.jpg

愛宕神社。
ここの石段を進むと北尾根ルートに進みますが、今回は井戸谷コースで登るので、さらに進みます。

DSCN3269_20160508093256fb2.jpg

しばらくは舗装路を歩いて行きます。

DSCN3271_20160508093719ff4.jpg

小さな沢を渡り進んで行きます。
そう言えば鈴鹿の山はヒルが多いと聞きますが、最近暖かいし大丈夫かな。。。(^-^;
一抹の不安を抱えながら進みます。

DSCN3274_20160508093721c5c.jpg

コースにはこのような標識がありました。

DSCN3275_201605080937229e4.jpg

石のゴロゴロした上り坂が始まります。
そんなに険しくないのだけど、前日池田山に登って、微妙に筋肉痛で、思ったように歩けません。
前日山登りしていた自分を恨めしく思えてきます。私のバカバカ(T_T)

DSCN3276_2016050809372465d.jpg

すぐ脇では水の音。
やはりヒルが怖い。。。

DSCN3282_20160508093725ed1.jpg

筋肉痛ながらも着々と上って行きます。
結構急坂。。。

DSCN3285_20160508094412c0c.jpg

細い登山道。
右側は崖になっています。

DSCN3286_201605080944143b4.jpg

すぐ脇を激しい川が流れて行きます。
川沿いをずっと上って行く感じで進んで行きます。

DSCN3289.jpg

川の流れのすぐ脇の岩場を上って行きます。
雨で水が増えていたら歩けないなぁ。

DSCN3292_201605080944174e4.jpg

激しい流れの川を慎重に渡渉しました。

DSCN3294.jpg

川沿いに上って行きます。

DSCN3295.jpg

井戸谷コースの避難小屋に到着しました。
ここまで結構しんどかったけど、ゆっくり上って行けば大丈夫かなと先に進みます。

DSCN3296.jpg

何度か渡渉しながら進んでいきます。
ヒルが気になりますが、あまりにもしんど過ぎて、ヒル対策まで頭が回りません。

DSCN3299_20160508095415ca4.jpg

川底のような岩がゴロゴロした道をひたすら進んで行きます。

DSCN3302_20160508095416dd0.jpg

バスの中の説明では、通報ポイント6を過ぎると、視界が開けるとか。。。
もうすぐ頂上でしょうか?

DSCN3304.jpg

視界が開けた。
鈴鹿の街並みが見えました。

DSCN3306_20160508100312448.jpg

しかし頂上はまだ先です。
笹の草原の中を進みます。

DSCN3308.jpg

かなりな急坂で、何度もへこたれながら上って行きました。

DSCN3313.jpg

やっと頂上が近づいて来ました。

DSCN3318.jpg

アセビの群生地を抜けて行きます。

DSCN3319_20160508101003a18.jpg

頂上の鳥居が見えました。

DSCN3333_20160508101007699.jpg

DSCN3326.jpg

DSCN3330_20160508101006659.jpg

山頂に到着しました。
入道ヶ岳は、麓にある椿大神社の御神体でもあり、鳥居は椿大神社の奥の宮でもあります。

DSCN3335_201605081010010d6.jpg

鈴鹿の山々が見えています。

DSCN3320.jpg

山頂からの眺望は、少し霞んでいましたが、なかなか良かったです。
ここまで結構ヘロヘロだったので、しっかり休憩して下山しようと思ったのだが、強風過ぎて長居は出来ませんでした。

DSCN3342.jpg

北ノ頭に向け進んで行きます。

DSCN3346.jpg

DSCN3349.jpg

先程の頂上の鳥居が見えています。

DSCN3350_20160508102421b25.jpg

北ノ頭も強風でした。

DSCN3354_20160508103052534.jpg

DSCN3352_201605081030511c4.jpg

眺めだけ見て、先に進みます。

DSCN3362.jpg

DSCN3358_20160508103055888.jpg

アセビの群生地を抜けて行きます。

DSCN3366_20160508103533033.jpg

DSCN3367_201605081035359c3.jpg

通報ポイント7。
足元注意。

DSCN3371_201605081035360fd.jpg

DSCN3375.jpg

通報ポイント6。

DSCN3376.jpg

かなりな急坂が続きます(T_T)

DSCN3378.jpg

北尾根ルートの避難小屋に到着。
こちらで休憩されていたハイカーの方に、この先も急坂があるので気を付けるようにと言われました。
まだ急坂が続くのか。。。

DSCN3379_20160508104909697.jpg

転ばないよう慎重に下って行きます。

DSCN3384.jpg

下りだけでなく、上りもありました。

DSCN3394_20160508105434be4.jpg

DSCN3395_20160508105435453.jpg

DSCN3396_201605081054373bf.jpg

鉄塔通過。

DSCN3399_20160508105438e9b.jpg

木の根に気を付けて歩きます。
もう急坂がありませんように。

DSCN3403.jpg

最後の下り。
やはり急でした。

DSCN3408.jpg

愛宕神社まで下って来ました。
無事下山出来てほっとしました。

DSCN3410.jpg

舗装された道を歩き、椿大神社に向かいます。

DSCN3413_20160508105913b1c.jpg

椿大神社は猿田彦神社の総本山だそうです。

DSCN3417.jpg

DSCN3425_201605081110191eb.jpg

DSCN3420_2016050811101804e.jpg

立派な神社でした。

DSCN3428.jpg

名物のとりめしを食べました。
美味しい(^^♪

DSCN3430_201605081112524fe.jpg

ゴールの駐車場へ。

DSCN3432_201605081112542f3.jpg

今回のお土産は草もちでした。

DSCN3433.jpg

帰りの車窓からの鈴鹿の山々。
今回は鈴鹿セブンマウンテンの入道ヶ岳に登りました。
お天気にも恵まれ、心配していたヒルにも襲われず、無事登山を楽しむことが出来ました。
結構キツかったけど、なかなか良い山で、家からも近いので、また登ってみたいです。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

池田山~大津谷登山道

5月3日(祝)曇りのち雨

池田山     標高:923.9m(岐阜県揖斐郡池田町)

ログ 高低

コース:大津谷登山道→ハングライダー発進基地(ピストン)

歩いた時間:2時間32分(6:34~9:06) 走行時間:2時間15分
歩いた距離:5.7㎞(上り:2.9㎞ 下り:2.8㎞ 平坦:0m)

本日の天気は天気予報によると大荒れの模様。。。
久々に相方と一緒のお休みだったので、天気が良ければ霊仙山辺り行きたかったのだが、、、
雨が降る前に、サクッと近場のお山に行きましょう(^O^)/
去年の秋に新設された大津谷登山道で池田山に登る事にした。

池田山

青→霞間ヶ渓登山道( 霞間ヶ渓 →ハングライダー発進基地 →森の駅 →池田山 )
ピンク→大津谷登山道( 大津谷 →霞間ヶ渓登山道と合流 )
ハングライダー発進基地の辺りで合流します。

早朝家を出たのだが、池田山はすっかり雲の中で見えません(>_<)
せっかくの休みだし、とりあえず行ってみる事に。

DSCN3144_20160505185215e9f.jpg

大津谷登山道入り口に到着。
まだ出来たばかりの登山道だから、看板も新しい。

DSCN3147.jpg

登山口の脇には古墳がありました。
この辺りは古墳がたくさんあります。

DSCN3150.jpg DSCN3149_20160505185218d52.jpg

ゲートを開けて進んで行きます。
クマ出没注意とかマムシ注意とか。。。(^-^;

DSCN3152_201605051852210a4.jpg

合流地点まで2.84㎞だそう。

DSCN3156.jpg

DSCN3159.jpg

始めからかなりの激上り。
稜線に上がるための坂道は結構急で、ふくらはぎ痛くなってきます。
霞間ヶ渓登山道より距離が短いぶん、急坂でしたが、こちらの登山道の方が明るい感じで、歩きやすいような気がしました。

DSCN3160_20160505185653195.jpg

このような看板も取り付けられていた。
「IP18」の意味は分かりませんが、通報ポイントになっているようです。
まだ200m程しか進んでないのか。。。(^-^;

DSCN3167_20160505185654228.jpg

厳しい上りが続きますが、緑が美しく、気持ち良い(#^^#)

DSCN3169.jpg

DSCN3171_20160505190354140.jpg

厳しい坂の所には階段が作ってありました。

DSCN3172.jpg

頑張って上ってきたけど、まだ800mか。。。
平地で800mは簡単に歩けるけど、山の800mは厳しいです。

DSCN3182 (2)

稜線をじかに登って行くような感じで登山道は続いています。
しんどい(*_*;

DSCN3184.jpg

DSCN3185_2016050519073824b.jpg

たまに緩い坂もありつつ上って行きます。

DSCN3186_201605051907400b8.jpg

随分上ってきたような気がしましたが、合流地点までやっと半分か。。。

DSCN3188.jpg

DSCN3191_2016050519074347b.jpg

どんどん進んで行きますが、高度が上がって雲の中に突入したみたいです。

DSCN3194.jpg

どんどん霧は深くなって行き…

DSCN3197.jpg

ほんの少し前が見えない状態。
登山道は明瞭ですが、不安な気持ちになってきます。
とりあえず合流地点まで向かいます。

DSCN3198_20160505191252cc1.jpg

やっと合流地点に到着。
少し先のハングライダー発進基地に向かいます。

DSCN3201_201605051912538ef.jpg

DSCN3208_201605051916407d4.jpg

DSCN3205_20160505191255416.jpg

DSCN3206.jpg

ここは標高約800mの場所にあって、天気が良ければ、濃尾平野が一望できるのですが、全く何も見えません。
ここから山頂までは、標高的にはそんなに無いのですが、距離があるし、怪しげな風も吹いてきたので、無理せず下山する事にしました。ピークハントにはこだわりないので。
帰りは別ルートの霞間ヶ渓登山道で降りようかとも思ったのだが、距離も長く、下山場所が車を駐車した場所からかなり離れてしまうので、来た道を戻る事に。

DSCN3212_201605051916417ad.jpg

霧の中を下って行きます。

DSCN3214.jpg

結構急坂。。。

DSCN3217.jpg

下るにつれて霧が晴れてきました。

DSCN3233.jpg

緑の美しい明るい登山道(^^♪

DSCN3235.jpg

DSCN3241.jpg

途中霧ってはいましたが、麓の街並みが見えました。
水田には水が入り、田植えが始まっているようです。

DSCN3242.jpg

DSCN3246_20160505192449c4b.jpg

最後の数百m、稜線から大津谷への下りが、結構な急坂で怖かったです。

DSCN3250.jpg

ゲートをくぐり、無事下山しました。

今回は天候不良の為、山頂まで行きませんでしたが、新設された大津谷登山道が歩けて良かったです。
以前からあった霞間ヶ渓登山道に比べ、道は若干険しいですが、明るい登山道で、私的にはこっちの方が好きだなと思いました。
また晴れた日にリベンジしたいです。

DSCN3252.jpg

帰り道に見た池田山。
やはり山頂辺りは雲の中でした。

DSCN3253_201605051929151c5.jpg

登山の後は喫茶店でモーニングを楽しみました♪

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第21回ウオーキングフェスタ東京・2日目

5月1日(日)晴れ

第21回ウオーキングフェスタ東京・2日目

コース:ハナミズキルート 30・20・10㎞(500選:東京-05・10・11) エンジョイコース 5㎞

歩いたコース:ハナミズキルート 20㎞(500選:東京-05・11)

2日目 

コース:小金井公園→玉川上水→深大寺→野川→玉川上水→小金井公園

歩いた時間:4時間9分(8:14~12:14) 走行時間:3時間49分
歩いた距離:20.7km(上り:2.3km 下り:1.4km 平坦:17.0km)

ウオーキングフェスタ東京、2日目です。

DSCN3056_20160505065911f55.jpg 

本日も小金井公園にやって来ました。
歩くコースは悩ましいのですが、自分のペースで歩ければ30㎞歩いても、帰りのバスの時間に間に合いそうですが、なにしろ初めてのコース。
どのような道か分からないし、ウォーカーも多く、自分のペースで歩けないと焦るような気がしたので、大事を取って30㎞コースと一緒にスタートし、20㎞コースを歩く事にした。

DSCN3060_2016050506591335f.jpg 

出発式の前に表彰タイム。
全国区の有名なウォーカーさんがIVV5万㎞の表彰受けられていました。
5万㎞って。。。凄いですね。
おめでとうございますヽ(^。^)ノ

DSCN3063.jpg 

ウォーカーがどんどん集まってきました。
後ろの方に並んだつもりでしたが、それからもどんどんウォーカーが増えたので、真ん中より前になりました。

DSCN3064.jpg 

出発式の後、皆さんに見送りされ、スタートです。
この大会、参加者が多いのですが、最初のスタンプでの混雑があまり無く、スマートでした。

DSCN3067.jpg 

小金井公園内を歩き、昨日と同じく玉川上水沿いを歩きます。
歩道が狭く、一列歩行でした。
車道に出て歩いている方も居ましたが、出発式でウォーキングマナー5カ条の5番「歩かせて、いただく土地に感謝して」を挙げてマナーウォークをするように言われていましたし、ここは流れに任せて歩いて行きます。
何千人のウォーカーが歩きますから、住民の方達になるべく迷惑かけたくないですもんね。
30㎞コースを歩くつもりでしたら、ちょっと焦ったと思うけど、20㎞コースを歩く予定ですので、余裕を持って歩けました。

DSCN3069_20160505070854e29.jpg 

三鷹駅近くで中央線を潜ります。
このデザインの列車、松本で見ました。
あずさ号なのかな?

DSCN3072.jpg 

諏訪神社を通過します。
マップを見ると太宰治の墓が近くにあるようでしたが、反対車線でしたし、良く分かりませんでした。
玉川上水と聞くと、やはり太宰を連想してしまいますが、今回歩いた玉川上水は、とても穏やかな流れに見えましたが、当時はもっと激しい流れだったのでしょうか?

DSCN3077_201605050708575cc.jpg 

深大寺に向かって歩いて行きます。

DSCN3080.jpg 

DSCN3081_20160505072239b45.jpg 

時間もあるので深大寺にお参りしました。

DSCN3084.jpg 

ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の花が綺麗でした。

こちらは「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんの縁の地だそうで、NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」のロケも数回にわたって行われたそうです。

DSCN3087_20160505072242298.jpg 

鬼太郎茶屋。

DSCN3088_2016050507224380f.jpg 

DSCN3091.jpg 

こちらでソフトクリームとじゃころっけを食べました。
ソフトクリームは目玉おやじのトッピングを追加しました。
じゃころっけは境港のじゃこが入っていました。
ロングコースだと、歩くのが遅いので、せっせと歩かないといけないけど、ミドルコースだと時間的に余裕があって、こういった事が出来るので良いですよね(^^♪

DSCN3095_20160505073305095.jpg 

鬼太郎茶屋前の木の上には鬼太郎ハウスがありましたよ。

DSCN3096.jpg 

深大寺を抜けて行きます。
今回のコースは深大寺の裏側から入って、正面に抜ける感じでした。

DSCN3099_201605050733088fb.jpg 

お蕎麦屋さんが並んだ通りを歩いて行きます。
お蕎麦は、この辺りの名物みたいです。
有名店には行列が出来ていました。

DSCN3104_201605050733108f1.jpg 

川沿いの道に出ました。
野川です。
マップを見たら、ずっと野川沿いを歩くみたいだ。

DSCN3106.jpg 

てくてく。
緑の多い気持ちの良い道でしたが、この日はとても暑く、日差しを遮る木陰もなく、厳しかった。

DSCN3108_201605050738380f1.jpg 

水遊びをしている人達も大勢いました。
この辺りは水が綺麗なのでしょうね。

DSCN3112_20160505073840267.jpg 

野川沿いを歩いて行くと20㎞のチェックポイントです。
こちらでスタンプを頂きます。
10㎞コースと合流しました。

DSCN3114_20160505073841140.jpg 

もうしばらく野川沿いを歩きます。

DSCN3117_20160505073843504.jpg 

野川に別れを告げ、30㎞コースとの分岐までやって来ました。
20㎞コースに進みます。

DSCN3118_2016050507384465a.jpg 

てくてく歩いて、またまた玉川上水沿いを歩きます。
ゴールは近い。

DSCN3122.jpg 

小金井公園まで戻って来ました。

DSCN3123.jpg 

ゴールしました。
深大寺の辺りで、少し遊んでいましたが、12時過ぎにゴール出来ました。

DSCN3125.jpg 

完歩の御褒美は、本日もかき氷です。
しばし休憩し、着替えをして、会場を後にしました。

DSCN3127.jpg 

参加者数が貼りだしてありました。
2日間の参加者数は7,684人。
学童を動員して参加者をかさ増ししている大会もあると思うのですが、今回はそれもなくこの参加人数は非常に多いと思います。
マップを見ずとも、ウォーカーの列が続いているので、道に迷う心配は無かったですからね。
さすが東京‼

DSCN3256.jpg DSCN3258.jpg 

記念バッチと参加記念品はタオルでした。
楽しく歩かせて頂き、ありがとうございました。

DSCN3133_20160505074337a0e.jpg 

帰りは東小金井駅でご飯を食べ、立川からモノレールに乗り、

DSCN3136_20160505075056121.jpg 

中央道日野バス停から高速バスで帰りました。

DSCN3140_20160505075057b6e.jpg 

高速道路の上をモノレールが走っていました。
高速バス停からバスに乗るのは初体験でしたので、ちゃんとバスに乗れるか心配でしたが、時間通りにバスはやって来て、無事乗る事が出来ました。
上り車線は非常に渋滞していましたが、下り車線は渋滞もなく、順調にバスは走り、その日のうちに自宅に到着出来ました。
普段なら仕事があるので新幹線を使うと思うのですが、今回は時間があったので高速バスを利用してみましたが、時間は掛るけど、値段は安いし、バスの中は静かで寛げたし、なかなか快適に過ごせました。
次回ウオーキングフェスタ東京に参加する際も、GWの時期でしょうから、このルートで行きたいなと思います。

久々の関東遠征。
お天気にも恵まれ、多くの知り合いの方にもお会い出来、楽しかったです。
コースも都会のごちゃごちゃした所を歩くのかと思っていたのですが、自然豊かな所も多く、遊歩道や自転車道を歩く部分が多かったので、歩きやすかったです。
今回は慣れない土地なので、ゆったり目のスケジュールでしたが、次回はアクセス方法など分かったので、次回は高尾山の辺りも散策してみたいです。

久々にオールジャパンのハンコがゲット出来ました。
やっと20個目。
まだまだ現役で仕事しているので、なかなか遠くには遠征出来ず、ハンコは増えませんが、慌てて達成するつもりもないので、のんびりハンコ集めしていきたいと思っています。

3週連続高速バスを使用しての遠征。
なかなかハードでしたが、松本、飯田、東京都とそれぞれに良かったです。
夏までに参加する大会は、新潟が都合が付かず行けなくなったので、今後はすべて通いでのツーデー参加です。そろそろ秋の予定も考えないとと思うのですが、行こうかなと思っている大会はいくつかありますが、今の所行く足と宿が確保出来たら行きたいなと考えている程度です。
次回のツーデー参加は長浜になります。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

第21回ウオーキングフェスタ東京・1日目

4月30日(土)晴れ

第21回ウオーキングフェスタ東京・1日目

コース:サクラルート 30・20・10㎞(500選:東京-09) エンジョイコース 5㎞

歩いたコース:サクラルート 30㎞(500選:東京-09)

1日目 

コース:小金井公園→小平グリーンロード→八国山緑地→多摩湖→玉川上水→小金井公園

歩いた時間:5時間32分(8:16~13:48) 走行時間:5時間10分
歩いた距離:29.6km(上り:3.2km 下り:1.5km 平坦:24.9km)

第21回ウオーキングフェスタ東京に参加しました。
東京の大会、初参加です。

DSCN2986_201605031634080d9.jpg 

会場は東京都立小金井公園いこいの広場。
最寄り駅のJR中央線の東小金井駅より徒歩20分程の場所にあります。
全くもって土地勘がないので、会場に向かいそうな方に付いていって、無事会場に到着しました。
小金井公園は、とっても広い立派な公園で、ウオーキングフェスタ東京の会場も、とても立派で、かなり大規模に開催されているようです。
まぁJWAが主催ですからね~
JMLの大会ですので、全国を歩いている有名なウォーカーさんをたくさんお見掛けしました。
知り合いの方にもたくさんお会い出来ました。
飯田やまびこマーチに引き続き、2週連続でお会い出来た方もたくさんいらっしゃっていて、出発式までのひと時を楽しく過ごしました。

DSCN2991_20160503163409628.jpg 

出発式で偉い方々のお話や諸注意を聞き、ストレッチをしました。

DSCN2993.jpg 

皆さんにお見送りされ、30㎞コーススタートです。

DSCN2995_201605031634126fd.jpg 

緑の美しい公園の中を歩いて行きます。

DSCN2998_20160503164529520.jpg 

小平グリーンロードを歩いて行きます。
自転車道と歩道とがあるようですが、どっち歩いても良いのかな?
少し戸惑いながら、歩いていました。
延々と同じような景色の中、歩いて行きました。

DSCN3006_20160503164531749.jpg 

小平グリンロードから東村山市方面に向かい、八国山緑地までやって来ました。

DSCN3007.jpg 

感じの良い地道を上がって行きます。

DSCN3011_201605031645355c1.jpg 

見上げると美しい緑が覆いかぶさっていて、気持ちの良い道です。
八国山緑地は、となりのトトロのモデルになった森とも言われているそうです。

DSCN3015.jpg 

西武遊園地の脇を通過して行きます。

DSCN3018_20160503165404f4d.jpg 

都立狭山自然公園がチェックポイントでした。
今回チェックポイントは、唯一ここだけでした。

DSCN3019_2016050316540700d.jpg 

DSCN3022_201605031654080a1.jpg 

DSCN3023_20160503165408af3.jpg 

多摩湖脇を通過していきます。

DSCN3026.jpg 

DSCN3028.jpg 

お天気にも恵まれ、多摩湖からの眺めは、素晴らしかったです。

DSCN3030.jpg 

多摩湖自転車道を歩いていきますが、時折通る自転車が、スピードを緩めず通過して行くので、結構怖かったです。

DSCN3034.jpg 

東大和市駅で20㎞コースと合流しました。
野火止緑道を歩いて行きます。

DSCN3038_20160503165813141.jpg 

玉川上水沿いを歩いて行きます。
緑の美しい綺麗な道です。
この日はとても暑かったので、木陰の道は有難かったけど、延々10㎞位ずっと玉川上水沿いを歩き、玉川上水お腹いっぱいな感じでした(@_@。

DSCN3045_20160503170505f6d.jpg 

いよいよゴールは近いです。
真っ赤なサツキが綺麗。

DSCN3047.jpg 

小金井公園まで戻って来ました。
とても広い公園なので、ゴールは、もうちょい先です。

DSCN3048.jpg 

ゴール目指して歩いて行きます。
緑が綺麗。

DSCN3050_20160503170510475.jpg 

SLも展示してありましたよ。

DSCN3052.jpg 

やっとゴールヽ(^。^)ノ
初めてのコースでしたし、ウオーカーも多く混雑しているので、なかなか思ったように歩けない場面が多々あり、14時に到着出来れば上等だって思っていましたが、14時前に到着出来ました。
混雑しているので、ウォーカーの流れに任せて歩いている場面が多かったですが、皆さんの歩行速度が速かったようです。
後でマップを見てみると、色々見所があったようですが、歩くのに精いっぱいで、あまり見れていませんでした(^^ゞ

DSCN3053_20160503171234299.jpg 

しかし暑い日でした。
最後の玉川上水沿いの10㎞は、ずっと同じような風景なので、なかなかモチベーションが保てず、しんどかったです(*_*;
完歩の自分への御褒美はかき氷。
美味しかったです。
歩友さんとしばし話をして、会場内をブラブラして、会場を後にしました。

明日も良いお天気のようです。
帰宅日で帰りのバスの時間が決まっているので、本日のペースなら30㎞コース歩いても間に合うと思うのだけど、、、やはり帰りの時間が心配なので、20㎞コースかな?
悩ましい所です。
さて、どうなりますか。。。

2日目のレポに続く。

※今回カメラの充電器を忘れたので、あまり写真が撮れず、端折レポになっています(>_<)

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

東京へ行って来ました(^O^)/

4月29日から大型連休が始まりました。
今年の休みは、29日から10連休です。
連休を利用して、4月30日~5月1日に東京都小金井市で行われたウオーキングフェスタ東京に参加して来ました。
なかなか東には行かないので、久々の関東遠征です。

今回は時間があるので、高速バスを利用しました。
高速バスだと時間が掛りますが、交通費も新幹線利用時より半額位で済みましたし、中央道経由なので、都心を通過せずに会場のある小金井市に到着出来ました。

29日7時10分発の名古屋発の高速バスで向かいました。
バスの中では寝ていようと思ったのだけど…

DSCN2877.jpg 

強風でしたが、良いお天気で、車窓からの眺めも良く、ずっと景色見ていました。

DSCN2880_20160502141804f75.jpg 

1月に歩いた諏訪湖。

DSCN2884.jpg 

DSCN2898.jpg 

美しい山々。
こんな日に山登っていたら、気持ちいいだろうなぁ~

DSCN2902_201605021418087f7.jpg 

富士山も見る事が出来ましたヽ(^。^)ノ
中央道経由で東京に行くのは、多分初だったので、楽しかったです。

DSCN2905_201605021421599e8.jpg 

中央道日野バス停で下車しました。
バスには6時間位乗っていたかな。
結構疲れました。
日野バス停から、最寄りの多摩モノレールの甲州街道駅を目指します。

DSCN2907_201605021422007a0.jpg 

案内看板があったし、無事甲州街道駅に到着。

DSCN2913.jpg 

多摩モノレールに乗って、立川に向かいます。
10分間隔位で運転しているようで、すぐにモノレールはやって来ました。

DSCN2915.jpg 

先頭車両に乗りました。
面白いヽ(^。^)ノ

DSCN2918_20160502142205636.jpg 

5分程で立川南駅に到着です。
立川市のキャラクターくるりん。
立川駅周辺は大勢人が歩いていて、ちょっと右往左往(@_@。
しばし散策しようと、空いているコインロッカーを探したのだが、なかなか見つからず、しばしうろうろしていました。
見つけられなかったら、宿泊地の八王子まで行ってしまおうと思ったのだが、なんとか改札内のコインロッカーを見つける事が出来ました。
ホテルのチェックインの時間まで、立川駅近くの国営昭和記念公園で過ごしました。

DSCN2919_20160502143514aa5.jpg 

昭和記念公園は昭和天皇在位50年記念事業の一環として建設されました。
戦後米軍が接収した立川基地跡地のうち180haを記念公園としたそうです。
大規模な震災や火災が発生した場合は、避難場所として機能を果たすように設計されているそうです。

DSCN2922_20160502143516c1c.jpg 

メッチャ良いお天気ですが、この日は強風でした。

DSCN2927_20160502143517935.jpg 

有料エリアは、4月29日は昭和天皇の誕生日という事で入園無料でしたので、かなり混雑していました。

DSCN2938_20160502143519d04.jpg 

DSCN2945.jpg 

DSCN2948.jpg 

DSCN2954_2016050214442765c.jpg 

DSCN2956_20160502144428be3.jpg 

園内を散策しましたが、かなり広く歩き甲斐がありました。
これだけの公園を整備するのも、なかなか大変なんじゃないかな?

DSCN2958_20160502144430468.jpg 

新緑が美しく、豊かなとても美しい公園でした。

DSCN2969_201605021444312d1.jpg 

DSCN2971.jpg 

丘のお花畑は、まだ準備中でした。
花が咲きそろったら、かなり綺麗でしょうね~

DSCN2975.jpg 

多くの人がレジャーを楽しんでいましたが、この公園内に、何千人?位居るんだろうって何気に思った。

今回は高速バスで東京に向かい、モノレール乗ったり、知らない土地を歩いたり、ちょっとした冒険気分を味わえました。
都会の人の多さには慣れておらず、ちょっと疲れましたが、楽しかった。

翌日からはウオーキングフェスタ東京に参加しました。
初めて参加する大会なので、楽しみなような不安のような気持ちを抱えながら、翌日を迎えました。

ウオーキングフェスタ東京レポに続く☆

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。