スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回一宮七夕ウオーク・1日目

7月29日(金)
第17回一宮七夕ウオーク・1日目
 ぼんぼりウオーク    距離:5㎞

一宮七夕ウオークの1日目のぼんぼりウオークに参加して来ました。
ぼんぼりウオークの開始は夕方からなので、会社終わってから速攻で電車に飛び乗り、尾張一宮でが下車しました。
名古屋から尾張一宮は電車で10分程で近いです。
一宮駅を出ると、七夕祭りが開催されているので、かなり賑わっていました。
尾張一宮駅でスタッフの方にマップを頂き、スタートします。
今回のウオークは、17時半から18時半の間にマップを受け取り、自由歩行です。

P7290016.jpg 

テクテク。
JR高架の脇を歩いて行きます。
大阪の歩友さんもいらっしゃっていたので、一緒に歩いて行きます。
今回カメラを持っていたのですが、何故だか調子が悪く、失敗写真ばかりで、あまり写真はありません。

P7290027.jpg 

梅ヶ枝公園のチェックポイント。

P7290021.jpg 

こちらでアイスモナカを頂きました。
参加料無料なのに、太っ腹ですね。
公園で座って頂きます。
暑かったので、とっても美味しかったです。

P7290032.jpg 

JR高架下を歩いて行きます。

P7290034.jpg 

太鼓の演奏は終了していました。

P7290037.jpg 

大江川沿いを歩いて行きます。

P7290036.jpg 

P7290038.jpg 

P7290047.jpg 

川沿いの気持ちの良い道です。
ぼんぼりに明かりが灯って良い感じになって来ました。

P7290051.jpg 

大乗公園のチェックポイント。

P7290057.jpg 

大乗公園から、しばし歩き、真清田神社にてゴールでした。
ぼんぼりを眺めながら、のんびり1時間ほどのウオークでした。
4度目のコースだったので、ほとんど地図無しで歩けました。
陽が沈んでからだったので、日中よりは涼しかったと思うけど、やはり暑く、汗をかきました。

P7290059.jpg 

P7290061.jpg 

一宮は七夕祭りで、たいそう賑わっていましたが、翌日もウオークがあるので、喧騒を避け、そそくさと帰路に着きました。

いよいよ明日から、一宮七夕ウオークの本番が始まります。
晴れたら、体温より高い気温の中、朦朧と歩く、灼熱地獄のウオークですが、今年は曇り予報なので、例年よりはマシなような気がしますが、私自身、ここ最近街歩きの長距離を歩いていないので、ちゃんと完歩出来るかな?
なかり不安だ。。。(^-^;
さて、明日はどうなるでしょうか?
無理せず、マイペースで歩こうと思います。
久々に歩友さんに会えそうなので楽しみです。

スクリーンショット (53) 

コース:尾張一宮駅→梅ヶ枝公園→大江川河畔緑道→大乗公園→真清田神社・大宮公園

歩いた時間:1時間4分(18:04~19:08) 
歩いた距離:4.0㎞ 平均時速:3.8km/h

スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

秀麗若狭富士・青葉山に登る

7月23日(土)晴れ

P7230176.jpg 

青葉山(福井県大飯郡高浜町・京都府舞鶴市)   標高:693m

青葉山に登って来ました。
青葉山は福井県大飯郡高浜町と京都府舞鶴市にまたがる山。
東峰と西峰の2峰かたなる双耳峰で、東部海岸から眺める山容が秀麗で若狭富士とも呼ばれています。
青葉山の中腹には西国三十三カ所の29番札所の松尾寺があり、参拝を兼ねての登山です。

長浜より北陸自動車道、敦賀より舞鶴若狭自動車道で高浜町を目指します。
舞鶴若狭自動車道が繋がって便利になりました(#^.^#)

P7230005.jpg 

車窓より敦賀の野坂岳(多分(^-^;)
敦賀富士とも呼ばれているらしい。
いつか登ってみたい。

P7230006.jpg 

舞鶴若狭自動車を進んで行くと、美しいピラミッド型の山が見えてきました。
今回登る青葉山です。
傾斜がキツそうですね(^-^;

P7230014.jpg 

海沿いを走り、随分近づいて来ました。

P7230021 (2) 

今回駐車予定の青葉山バーバルビレッジ(旧:青葉山青少年旅行村)に到着しました。
ナント!お猿さんの群れに遭遇(◎_◎;)
ちゃんと調べてなかったのだが、こちらの駐車場の開門は8時半で、まだ7時半すぎた所。
高速道路のおかげで、意外と早く到着できました。
周りをうろうろしたり、コンビニに立ち寄ったりしているうちに、駐車場の開門時間になりました。

P7230022 (2) 

青葉山ハーバルビレッジ。
こちらは青葉山の中山登山口に隣接しており、登山者もこちらの駐車場使用OKです。(44台・無料)

P7230023.jpg 

ハーバルビレッジを通過して、登山口に向かいます。

P7230028.jpg 

登山口にて登山届けを提出して、いざ出発です。

P7230027.jpg 

こちらは近畿自然歩道にもなっているようです。

P7230029.jpg 

いよいよ歩き始めます。
どんなお山なんでしょうね。

P7230031.jpg 

最初はハイペースになりがちなので、心拍数を上げ過ぎないよう、のんびりと登って行きます。

P7230038.jpg 

美しい山容ですが、やはり結構急坂。
気温は30度位だろうか。かなり暑い。

P7230039.jpg 

高野口からの登山道と合流しました。

P7230045.jpg 

どんどん高度を上げていきます。
登山道は整備されていて歩きやすいですが、ひたすら上り坂を上がって行くのは、結構しんどい。

P7230046.jpg 

展望台到着。
水分補給して、しばし休憩します。

P7230050.jpg 

美しい高浜の海岸線が見えています。
快晴で良かった。

P7230054.jpg 

東峰に向かって、まだまだ登っていきます。

P7230057.jpg 

緑が綺麗。

P7230058.jpg 

馬の背。
岩場歩きです。
左手の大岩に上がって、景色を眺めてみます。

P7230067.jpg 

足元は断崖絶壁で、足がガクガク(;゚Д゚)
かなり怖い思いして撮った写真。
高浜の町が広がっています。

P7230064.jpg 

可愛いお花も咲いていました。

P7230074.jpg 

オオキンレイカ。

P7230075.jpg 

オオキンレイカ、かつてのように、たくさん自生するようになると良いですね。

P7230077.jpg 

東峰山頂に到着です。
ずっと登りが続き、かなり疲れました。

P7230080.jpg 

休憩もそこそこ西峰に向かいます。
ここからデェンジャラスゾーンが続くようですが…

P7230081.jpg 

大きな岩場をすり抜けたりしながら進んで行きます。
大きな岩がゴロゴロしてる登山道。

P7230086.jpg 

階段が現れ始めた。

P7230087.jpg 

山アジサイかな?

P7230088.jpg 

上へ上へと続く階段。
「引き返そうか。。。」
そんな思いがふっと頭をよぎります。

P7230091.jpg 

階段の先は、これ!
ここ歩くんですか。。。(◎_◎;)
ロープにつかまり、進みますが、落ちたらと思うとぞっとします。

P7230094.jpg 

怖い思いしながら撮った写真2。
なかなかの絶景。

P7230097.jpg 

ロープ渡りの後は、ここ降りるのね(T_T)

P7230099.jpg 

険しい道が続きます。

P7230101.jpg 

またまた岩場(T_T)

P7230106.jpg 

見ているだけでクラクラしそうな階段。

P7230107.jpg 

階段の途中でユリが咲いていました。

P7230111.jpg 

険しいアップダウンで、すっかりヘロヘロ。。。(+o+)

P7230114.jpg 

大師洞。
泰澄大師の修行場だったと言われる岩室の中も通過しました。

P7230126.jpg 

何とか西峰に到着。
青葉神社西権現。

P7230116.jpg 

西峰からの眺め。
丹波の山々が見えています。

山頂は祠の奥の崖の上。

P7230119.jpg 

またまた登って行きます。

P7230120.jpg 

西峰山頂に到着です。

P7230121.jpg 

山頂からの眺めは若狭湾国定公園の美しい景色が広がっていました。

P7230125.jpg 

山頂の岩場にもユリがたくさん咲いていました。

P7230127.jpg 

下山します。

P7230129.jpg 

古そうな祠がありました。

P7230131.jpg 

P7230132.jpg 

西峰から松尾寺への下りは、はしご場、ロープ場は続き、かなり体力を消耗します。
結構滑りやすい土でしたので、慎重に下って行きました。

P7230133.jpg 

随分下って来ました。
標高693mのお山でしたが、すっかりヘロヘロでございます。
下りでは何度も転びそうになりました。

P7230135.jpg 

途中の鳥居が見事に壊れていました。

P7230141.jpg 

P7230140.jpg 

やっと松尾寺までやって来ました。

P7230143.jpg 

P7230145.jpg 

本堂でお参りをします。

P7240002.jpg 

ご朱印を頂きました。
前に並んでいたおばさん6人組が、いくつも書いてもらっていたので、30分位待ちました。
それぞれが一人で6個とか書いてもらっていたのだけど、どうするのでしょうね。
凄く時間が掛っていて、長蛇の列になっていたので、ちょっと勘弁して欲しかった。

P7230149.jpg 

思わぬ時間をロスしましたが、松尾寺からは舗装路を歩いて、スタート地点に戻ります。
5㎞位かな?
1時間位掛ると思うけど、来週の一宮七夕ウオークの練習に持ってこいです。

P7230150.jpg 

暑い日差しの中、テクテク。

P7230153.jpg 

熊野神社。
こちらからも西峰に登る事が出来るみたいです。

P7230155.jpg 

太陽、山、海がデザインされています。

P7230161.jpg 

歩いてきた青葉山。
こちらから見ると双耳峰なのが分かりますね。

P7230162.jpg 

高野登山口を通過。

P7230163.jpg 

中山登山口まで戻って来ました。

P7230167.jpg 

歩いた後のアイスは旨い(#^.^#)

P7230171.jpg 

道の駅シーサイド高浜で野菜たっぷりタンメンを食べました。

P7230178.jpg 

道の駅の周りを少し歩きました。
海がメッチャ綺麗。
赤い橋は大飯原発に向かう橋のようです。
おおい町のあたりは、凄く立派な建物がたくさんありました。
原発マネーで豊かなのかな?

P7230176_2016072412172075f.jpg 

先ほど上ってきた青葉山。
若狭富士と言われているだけあって美しいです。

P7230188.jpg 

帰りも高速道路。
帰りに立ち寄った三方五湖SA。
5月に歩いた三方五湖や梅丈岳も見えていました。

今回登った青葉山。
西国三十三カ所巡りに合わせての登山でしたが、標高693mですが、なかなか登り甲斐のあるお山でした。
いつもゆるゆる山歩きしかしていないので、岩場、ロープ場、はしご場の連続で、ハラハラドキドキで、すっかりヘロヘロでした。
大変だったけど、眺めは最高に良かったし、アスレチックみたいでスリルがあって、良かったです。
またいつか登ってみたいです。

スクリーンショット (49) 

コース:青葉山バーバルビレッジ→中山登山口→展望台→東峰→西峰→松尾寺→中山登山口→ハーバルビレッジ

青葉山高低差 

歩いた時間:4時間42分(8:42~13:24) 平均時速:1.8㎞/h
歩いた距離:8.6㎞ 標高差:594m(100m~694m)
累積標高(登り):788m 累積標高(下り):803m

9:42 中山登山口
9:26 展望台
10:26 東峰
11:55 西峰
11:55 松尾寺
13:24 中山登山口

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

大谷山

7月18日(祝)晴れ

3連休最終日。
この日は奈良の春日山原生林を歩く近笑会の例会に参加しようと思っていた。
やっぱ遠いしなぁと迷ってもいたのだが、首切り地蔵辺りは蛭が出るとの情報を頂いたので、奈良行は取りやめました。
休足日を決め込んで、家でのんびりしていたのだけど、梅雨が明けて良い天気。
「やっぱり少し歩こう(^O^)/」
という事で、一番暑い時間に、近所の里山を歩いて来ました。

P7180001_20160720211919957.jpg 

大野町運動公園にやって来ました。
大野レインボースタジアムでは、高校野球の岐阜県大会が行われていました。

P7180003_20160720211923aa1.jpg

柵を開けて、進んで行きます。

P7180004_20160720211922f6e.jpg 

森林浴コース。
しばらくは気持ちの良い森の中を歩きます。

P7180006_20160720211924495.jpg 

花立峠方面に向かいます。

P7180007_20160720212203b1c.jpg 

こちらが大谷スカイラインに向かう道です。

P7180017.jpg 

P7180020.jpg 

沢沿いの道を歩き、徐々に高度を上げていきます。
登山道は整備されていて歩きやすい。

P7180022.jpg 

そろそろ抜けるかな?

P7180025.jpg 

30分程で花立峠到着です。
前回はここから登りました。

P7180029.jpg 

梅雨が明けて良い天気です(#^^#)

P7180033.jpg 

険しい坂を上って行きます。

P7180035.jpg 

P7180034.jpg 

P7180039.jpg 

食べれそうなキノコ。

P7180036.jpg 

尾根道は意外と風があって涼しかった。

P7180038.jpg 

最後の登り。

P7180041.jpg 

野村城跡が大谷山の山頂です。

P7180042.jpg 

45分程で山頂に到着しました(^O^)/

P7180044.jpg 

山頂よりしばし下って、展望台に向かいます。

P7180047.jpg 


P7180049.jpg 

濃尾平野が一望です。
スタートしたスタジアムが遠いなぁ。
あそこから歩いてきた。

P7180054.jpg 

滝谷山へ縦走も出来ますが、今回はここで下山します。

P7180058.jpg 

こならコースで大谷スカイラインへ向かいます。

P7180060.jpg 

走りだしたくなりますね♪

P7180066.jpg 

結構急坂もありました。

P7180071.jpg 

脰ヶ洞古墳。

P7180073.jpg 

古墳の先にあるパノラマ展望台。

P7180074.jpg 

池田山。

P7180077.jpg 

先程いた山頂。

P7180079.jpg 

急坂を下って行きます。

P7180083.jpg 

大谷スカイラインに出ました。

P7180086.jpg 

スタジアムも随分近づいて来ました。

P7180089.jpg 

こちらからは健脚コースを進んで行きます。

P7180091.jpg 

さすが健脚コース。
かなりの勾配。。。(◎_◎;)

P7180092.jpg 

コケないように気を付けて歩いていたけど、1回尻もち付いちゃった(^^ゞ

P7180093.jpg 

森林浴コースに合流。

P7180097.jpg 

森の中を歩き、

P7180100.jpg 

無事下山しました。

P7180101.jpg 

レインボースタジアム。

1時間半ほどの、お気軽山歩きでした。
気持ち良く汗がかけましたので、思い切って出掛けてきて良かったです♪
こんな時間に歩いているのは私くらいと思ったのですが、2名のハイカーさんとすれ違いました。
どんな山を歩いていてもハイカーさんと出会うので、山歩きしている人って多いんだなと思います。

やっと梅雨が明けて、夏本番。
来週は何処を歩こうかな?

スクリーンショット (48) 

コース:運動公園→花立峠→大谷山山頂→大谷スカイライン→運動公園

大谷山高低差 

歩いた時間:1時間29分(13:35~15:04) 平均時速:2.4㎞/h
歩いた距離:3.6㎞ 標高差:328m(31m~359m)
累積標高(登り):361m 累積標高(下り):356m

13:35 スタート
13:57 花立峠
14:19 山頂
14:47 大谷スカイライン
15:04 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

日本のチロル「下栗の里」

7月16日(土)

御池山を下山し、日本のチロルと言われている「下栗の里」に立ち寄りました。

20160716_155313.jpg 

下栗の里ビューポイントに向かいますが、駐車場が無いので、こちらに駐車します。

20160716_151401.jpg 

こちらからは美しいサンセットが見れるようです。

20160716_151409.jpg 

朝のガッスガスはどこ?って感じで青空が広がっています。
天候が回復してきたというのもありますが、やはり山の上とは天候が違うようです。
聖岳や兎岳が望めるようですが、多分雲の向こうに隠れているようです。

下栗の里ビューポイントに向かいます。

20160716_152314.jpg 

坂道を5分程歩いて、遊歩道入口に到着です。
ビューポイントは、ここから15分程歩いた先のようです。

20160716_152333.jpg 

杖が用意されているとは、ちょっと険しいのかな?

20160716_152451.jpg 

遊歩道は村人総出で作ったそうです。
募金をして、先に進みます。

20160716_152503.jpg 

綺麗に整備された遊歩道。
多少のアップダウンはありますが、ハイカーにとっては平地みたいな物で楽勝(*^^)v

20160716_153550.jpg 

景観の美しさ、自然と暮らしの調和、こうした姿がオーストリア・チロル地方に似ていることから、東京学芸大学名誉教授で地理学者の市川健夫氏は下栗を「日本のチロル」と命名しました。(HPより)
近年では、日本の里100選に選ばれたり、スタジオジブリがアニメ制作にあたり、下栗を取材するなど、様々なメディアを通じて全国的に知られるようになってきています。
ずっと見てみたいなと思っていた風景だったので、見れて良かったです。
バスツアーでもいらっしゃっていましたよ。

20160716_154955.jpg 

てくてく。
駐車場に戻ります。

20160716_155358.jpg 

すっかり青空が広がっています。
今回も下りたら晴れるの法則でした。。。(^-^;

20160716_160231.jpg 

お約束のソフトクリームを食べ、

20160717_134436.jpg 

御池山隕石クレーターのバッチを買いました。

20160716_163802.jpg 

20160716_163750.jpg 

帰り道、偶然立ち寄った一本木命水。
飲んでみましたが、とってもマイルドで美味しかったです。

三連休初日のしらびそ高原への遠征。
美しい南アルプスが見えるかと期待していましたが、ちょっと残念な結果になってしまいました。
でも神秘的な森の中を歩いたり、激藪の中を進んだり、美しい山村を眺めたり、普段見ている風景とは違う風景の中を過ごし、盛り盛りな1日で楽しめました。
またいつかこの地を訪れたいです。

いよいよ梅雨明けしましたが、今度の土日も天気は微妙なのかな⁇
次はがっつり山歩きできるかな(*^-^*)


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

御池山ハイキング

7月16日(土)曇り

御池山(長野県飯田市)   標高:1,905m

スクリーンショット (43) 

コース:御池山遊歩道入口→御池山山頂→御池→御池山遊歩道入口

尾高山を下山してから、もう一座歩いて来ました。
南アルプスエコーラインを少し移動。

スクリーンショット (42)

先ほど登った尾高山との位置関係はこんな感じ。

20160716_124209.jpg 

御池山隕石クレーター。
隕石衝突による痕跡が日本で初めて確認された最初のクレーター。

20160716_124155.jpg 

正面に見えているのが御池山で、尾根がクレーターの縁になります。

20160716_124709.jpg 

クレーターは直径900mなので、良く分からなかったけど、ここに隕石が衝突したんですね。

20160716_130433.jpg 

御池山遊歩道より御池山に向かいます。

20160716_131306.jpg 

結構藪が深い。。。
コースタイムが1時間半程のコースなので楽勝かと思いきや、2座目だし、意外と急坂で、思ったように進めない。

20160716_131607.jpg 

毒々しいキノコ。

20160716_131912.jpg 20160716_132127.jpg 

大きな岩を越えて行きます。
手すりが付いていて有難かった。

20160716_132314.jpg 

アップダウンのある尾根沿いを歩いて行きます。
丁度クレーターの縁の部分を歩いているという事になります。

20160716_133354.jpg 

ごつごつした岩の上が山頂でした。

20160716_133338.jpg 

気持ちよさそうなトレイルが続いていますが…

20160716_133456.jpg 

足元はちょっと崖。
ここで折り返します。

20160716_133932.jpg 

しばし戻って御池方面に向かいます。

20160716_134033.jpg 

ここから御池まで下って行きます。
お天気は回復ですね。

20160716_134315.jpg 

20160716_134806.jpg 

かなりの激藪。
一応整備はされていましたが、身長よりも高い藪もあったりして、ちょっと大変でした。
途中獣の足跡もあったりしました(;^ω^)

20160716_135635.jpg 

20160716_135722.jpg 

20160716_135737.jpg 

御池に到着です。
こんな山の中に池があるのが、ちょっと不思議でした。

20160716_141742.jpg 

再び激藪の中、今度は登って行きます。

20160716_142054.jpg 

分岐まで戻って来ました。

20160716_144242.jpg 

来た道を戻って、遊歩道入口まで戻って来ました。
先ほど歩いた尾高山より登山っぽい道で、一旦頂上まで上がって、スタート地点より低い御池まで下って、また登ったので、短いコースでしたが、意外と大変でした。
三連休初日は長野のしらびそ高原へ遠征しました。
お天気には恵まれず、景色はイマイチでしたが、2座登る事が出来て良かった。
標高が高かったので涼しく、快適に歩けました。

御池山高低差 

歩いた時間:1時間36分(13:04~14:40) 平均時速:2.1㎞/h
歩いた距離:3.3㎞ 標高差:139m(1,769m~1,908m)
累積標高(登り):321m 累積標高(下り):313m

13:04 御池山遊歩道入口
13:33 御池山山頂
13:39 御池分岐
13:56 御池
14:20 御池分岐
14:40 御池山遊歩道入口

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

尾高山ミニ登山

7月16日(土)雨のち晴れ

尾高山(長野県飯田市・下伊那郡大鹿村)   標高:2,120m

スクリーンショット (44)

コース:しらびそ峠→前尾高山→尾高山→前尾高山→しらびそ峠

三連休初日、お天気が微妙でしたが、長野県のしらびそ高原に行って来ました。
天気が微妙なので、行くのを迷っていましたが、とんきとくらすでしらびそ高原は山指数A。
雨は降ら無さそうですので、行く事にしました。

20160716_074447.jpg 

飯田のアップルロードでは、リンゴが実っていました。
しらびそ高原は飯田ICから1時間程です。

20160716_092605.jpg 

しらびそ峠に到着です。
天気は曇りの予報でしたが、矢筈トンネルを抜けたら、雨が降っていた。。。
峠から南アルプスが見えるようですが、ガスで全く見えません(T_T)

20160716_092617.jpg 

大沢岳への登山ルートは閉鎖されていました。

20160716_092627.jpg 

20160716_092653.jpg 

しっとりと木々も濡れています。

20160716_092751.jpg 

20160716_092803.jpg 

登山口には登山ポストもあります。

20160716_092808.jpg 

木の階段を登って行きます。
雨は霧雨のような感じなので、雨具はリュックの中です。
今回カメラを忘れちゃったので、スマホで撮影しています。

20160716_093110.jpg 

ガスっていて幻想的なトレイル。

20160716_093128.jpg 

大きなキノコもあった。

20160716_094523.jpg 

20160716_094815.jpg 

幻想的な風景。
まるでもののけ姫で出てくるような森です。

 20160716_095515.jpg

ガスのもやの中を進んで行きますが、なんかとても良い感じ(#^.^#)

20160716_100417.jpg 

笹の草原を歩いて行きますが、しっとり濡れていました。
足ビチョビチョ。

20160716_101213.jpg 

前尾高山到着。

20160716_101330.jpg 

20160716_101333.jpg 

苔の多い幻想的な森。

20160716_103504.jpg 

ギンリョウソウ。

20160716_103617.jpg 

前尾高山からは、一旦結構下って、再び登り返します。

20160716_103857.jpg 

後0.5㎞の看板見てからが、結構長く感じました。

20160716_103859.jpg 

まだまだ登り。。。

20160716_105045.jpg 

ギンリョウソウは、結構見掛けました。

20160716_105204.jpg 

マルバイチャクソウ。

20160716_110158.jpg 

ゴゼンタチバナ。

20160716_105848.jpg 20160716_105940.jpg 

山頂は岩の上でした。

20160716_110127.jpg 20160716_110129.jpg

トレイルは奥茶臼山へと続いています。
しらびそ峠から登られる方のほとんどは奥茶臼に向かわれるみたいですが、健脚向きのロングコースですので、無理せず今回はここで折り返します。

20160716_110137.jpg 

尾高山山頂から50m程行った先のビューポイントへ行ってみます。

20160716_110232.jpg 

眼前に赤石岳が見えるスポットらしいのですが、、、残念。

20160716_110532.jpg 

幻想的な森の中、戻ります。

20160716_110737.jpg 

山頂を通過します。

20160716_115006.jpg 

ちょっと明るくなってきたような気がしますが…

20160716_121555.jpg 

無事下山して来ました。

20160716_121752.jpg 

20160716_121805.jpg 

しらびそ峠からの眺めは、少しだけ対岸が見えていました。
またまた雨に祟られちゃいましたね。。。(;^ω^)

今回の尾高山は晴れていれば、素晴らしい景色が見れたと思うのですが、想像以上にガスがひどく、全く何も見えませんでした。
標高が高いためか、雲っていたからか、暑くなく快適に歩けました。
やはり夏は高山を歩くのが涼しくて良いですね。
苔の多い森は、ガスっていたこともあって、とても幻想的で素晴らしかったです。
次回こちらを歩くときは、晴れの中、奥茶臼まで歩きたいと思います。

歩いた時間:2時間45分(9:30~12:15) 平均時速:2.0㎞/h
歩いた距離:5.4㎞ 標高差:375m(1840m~2,215m)
累積標高(登り):622m 累積標高(下り):616m

9:30 しらびそ峠
10:12 前尾高山
10:59 尾高山
11:48 前尾高山
12:15 しらびそ峠

この後、もう一座歩いて来ました。
レポは後日アップします。


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

醍醐寺~下醍醐から上醍醐へ

 7月10日(日)晴れ

スクリーンショット (38) 

久しぶりに京都へ行って来ました。
行った先々で西国三十三カ所の御朱印を頂いているのですが、数年経っても満願にならず、ウオーキングのオフシーズンを利用して、まだご朱印が頂けていないお寺を参拝しようと思っています。
今回参拝するのは京都市伏見区の醍醐寺です。
醍醐寺は、秀吉の「醍醐の花見」が開催された場所です。
もともとは桜の名所ではなかったのですが、秀吉が花見の数ヶ月前にこの場所で花見がしたいと言い出し、わずか数か月の間に約700本の桜を移植し、花見会場にしたそうです。
スケールの大きな話です。
花見の数か月後に秀吉が亡くなっていますから、自分の死期を悟って、人生最後の華やかなイベントを開催したかったのでしょうかね。
醍醐寺は今では桜の名所として多くの観光客が醍醐寺を訪れます。

市営地下鉄東西線・醍醐駅から歩き始めます。

P7100002.jpg 

いきなり醍醐寺とは反対側に出ちゃってUターン(^-^;

P7100008.jpg 

てくてく醍醐寺目指して歩いて行きます。
正面に見えているのが醍醐山かな?

P7100005.jpg 

ヒマワリが咲いていました。
すっかり夏ですね。

P7100009.jpg 

歩いて10分程で醍醐寺の総門に到着です。

P7100015.jpg 

唐門。

P7100019.jpg 

仁王門。
拝観料を払い、中に進みます。

P7100023.jpg 

国宝の金堂。

P7100024.jpg 

とても美しい五重塔。国宝です。
京都府下で最も古い木造建築物だそうです。

P7100028.jpg 

不動堂。

P7100032.jpg 

観音堂。
こちらでご朱印を頂きました。
11番札所は上醍醐の准胝堂なのですが、平成20年の落雷が原因によりお堂が焼失したため、現在下醍醐の観音堂でご朱印が頂けます。

P7100039.jpg 

弁天堂。

P7100046.jpg 

成身院が上醍醐への登山口となっています。
昔は女性はここから山上の諸仏を拝んだことから、女人堂と呼ばれています。
上醍醐への入山料の600円を納めます。

P7100049.jpg 

上醍醐へは、ここから山道を1時間掛けて歩いて行きます。

P7100047.jpg 

紫陽花が綺麗に咲いていました。

P7100051.jpg 

丁石がありました。
何丁まであるのかな?

P7100056.jpg 

草に雨露が付いていてキラキラと光っていました。

P7100060.jpg 

P7100061.jpg 

槍山。
秀吉が『醍醐の花見』をした場所です。

P7100068.jpg 

沢沿いの道を上って行きます。
600円の入山料がいるからだろうか、他に歩いている人がおらず、少し心細い。

P7100071.jpg 

険しい階段を歩いて行きます。
上醍醐でご朱印を頂いていた時は、多くの人がここを行き交っていたのでしょう。

P7100074.jpg 

不動滝に到着。丁度中間点位。
こちらの水は飲むことが出来ませんが、持っていた水分で喉を潤します。

P7100076.jpg 

P7100083.jpg 

まだまだ階段は続きます。。。(^-^;
参道なので、道は整備されていますが、結構険しい。

P7100084.jpg 

十五丁石。
十八丁くらいでゴールかな?

P7100087.jpg 

P7100088.jpg 

なんか開けてきた。
いよいよ到着か?

P7100091.jpg 

一旦下っています。

P7100094.jpg 

ふと木々の向こうの頂きに境内が見えた。
「あそこまで行くのか。。。」

P7100095.jpg 

上醍醐に到着です。

P7100100.jpg 

国宝・薬師堂。

P7100107.jpg 

P7100108.jpg 

五大堂。

P7100110.jpg 


P7100109.jpg 

如意輪堂。

P7100117.jpg 

P7100114.jpg 

開山堂。
この辺りが山頂。
しっかり1時間掛りました。

P7100113.jpg 

白山神社もありました。

P7100112.jpg 

山頂からの風景。
見えているのは、どの辺りなのかな?

P7100119.jpg 

こちらから西国三十三カ所の12番札所・滋賀県の岩間寺に行き、石山に抜ける事も出来るようです。
機会があれば、歩いてみたい。

P7100125.jpg 

しばし景色を眺め、下って行きます。

P7100127.jpg 

途中にあった看板。
「女性の一人歩きはやめましょう。」
確かに(;^ω^)

P7100130.jpg 

P7100133.jpg 

醍醐水。
上醍醐を開山した僧が発見した泉で、今でも飲むことが出来ます。

P7100132.jpg 

蛇口から出てくるのは、ちょっと想定外でしたが、マイルドで美味しかった。
コップに3杯も飲んでしまいました。
醍醐水は持ち帰る事も出来るので、上醍醐に上がる際は、空容器を持って行くと良いですね。

P7100137.jpg 

焼失した11番札所の准胝堂の場所にも行ってみましたが、更地になっていました。
早く再建されると良いですね。

P7100139.jpg

国宝・清瀧宮拝殿。

1時間掛けて上がってきた上醍醐は、とっても素晴らしかったです。
下醍醐でご朱印は頂けますが、やはり上醍醐まで上がってきて、良かったです。
上の方は、紅葉も多かったように思いますので、秋に来ても良いかもと思いました。

P7100140.jpg 

社務所前の19丁石より下山します。

P7100146.jpg 

不動滝もどり。

P7100152.jpg 

檜山もどり。

P7100156.jpg 

下山して来ました。
下りは、階段の所が歩幅が合わなかったし、滑りやすかったので、意外と時間掛った(;^ω^)
登る時は、ほとんど人に出会わなかったのだが、下山するときは、25人位とすれ違いました。
地元っぽい人が多かったように見受けられ、毎回600円払うのは、ちょっと大変じゃないかなと思ったのですが、頂いた冊子を見てみると、「醍醐寺友の会」の個人准会員になると、3,000円で1年間何回でも入山出来るようです。

P7100163.jpg 

P7100169.jpg 

下醍醐もどり。
さて、これからどうしよう。

P7100172.jpg 

P7100174.jpg 

とりあえずお腹が空いたので、湯葉カレーを食べました。
京都っぽい。

P7100175.jpg 

お店のそばには、こんな面白い貼紙がありました。

歩き足りなかったら、稲荷山でも歩いて帰ろうかなと思っていたのだけど、意外と時間が掛ってしまったし、暑いし、しがないサラリーマンですから月曜からの仕事も気になります。
「やっぱ、帰ろっと。」
人間は楽な方に流れてしまうものなんですね~(;´∀`)

P7100176.jpg 

醍醐駅に向け、テクテク。
早めに帰路に着いたので、17時前には自宅に到着しました。

P7100183.jpg 

今回頂いたご朱印。
上醍醐で頂けていた時には上醍醐寺と書かれていたようです。
上醍醐への道は、西国一の難所と言われているだけあって、とても険しい物でした。
先日行った和泉の施福寺よりも大変でしたね。
大変な思いをしてお参りするからこそ、有難味があるのかも知れませんね。

P7100185.jpg 

お土産で瓢箪の絵の付いたストラップを買いました。

西国三十三所巡りも、番外も含め、後13札所位残っています。
山寺が多いので、山歩きと絡めて、参拝出来たら良いなぁと思います。

スクリーンショット (37) 

コース:醍醐駅→醍醐寺→醍醐駅

醍醐寺から上醍醐寺 

歩いた時間:3時間37分(9:40~13:26) 平均時速:2.1㎞/h
歩いた距離:7.7㎞ 標高差:439m(16m~455m)
累積標高(登り):792m 累積標高(下り):816m

9:40 醍醐駅
9:49 醍醐寺
10:20 女人堂
10:30 檜山
10:40 不動滝
11:09 社務所
11:25 山頂
11:47 下山開始
12:26 下山


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

高安山から信貴山へ

7月9日(土)雨

名鉄バスハイキング
高安山から大和の名刹・信貴山へ   距離:7.5㎞

高安山(大阪市八尾市・奈良県生駒郡)   標高:488m
信貴山(奈良県生駒郡)   標高:437m

高安山から信貴山 

コース:信貴山のどか村→高安山→信貴山→信貴山朝護孫子寺→信貴山観光ホテル→信貴山バス駐車場

高安山から信貴山へ歩いて来ました。
天気予報を見ながら、何とか曇りの中歩けるかなと思っていたけど、どんどん天気予報が変化していって、この日は雨。。。前回の奈良も雨だったのですが、梅雨だから仕方ないですね。。。

P7090004.jpg 

信貴山のどか村から歩き始めます。
雨は降っていますが、気温もそれなりに高いし、今回のコースはそれほど高低差もなさそうなので、とりあえず雨装備はザックカバーにスパッツに傘です。

P7090006.jpg 

舗装路から地道に進みます。

P7090011.jpg 

結構草ぼうぼうの道。
濡れた草が足や腕にまとわりつきます。
今回は日差しがないから半そでにきちゃったけど、失敗しちゃった。

P7090014.jpg 

霊園の脇を地味に登って行きます。

P7090016.jpg 

ちょっとガスっていますね。

P7090017.jpg 

展望台があったけど。。。

P7090018.jpg 

ハイ!残念!見えません。

P7090019.jpg 

アザミ。

P7090022.jpg 

ネムの木の花かな?

P7090021.jpg 

「この道で合っているよね。」
若干不安になりながら、歩いて行きました。

P7090029.jpg 

ケーブル高安山駅に到着しました。
こちらは晴れていれば眺望が良いらしいのですが、何も見えないので、早々に通過します。

P7090034.jpg 

ケーブル駅の脇から、さらに登って行きます。

P7090037.jpg 

赤い橋を渡ります。

P7090039.jpg 

橋の下も登山道になっているようでした。

P7090041.jpg 

生駒縦走歩道の標識。
縦走路が整備されているんですね。

P7090046.jpg 

P7090044.jpg 

しばらく進んで行くと、高安山気象レーダー観測所がありました。

P7090049.jpg 

しばしコースを外れ、高安山の山頂に向かいます。
草が生い茂っていて、ちょっと行くのを戸惑ってしまいました。

P7090052.jpg 

山頂は地味に三角点があるだけで、眺望はありません。

P7090056.jpg 

P7090058.jpg 

高安山のピークを過ぎ下って行きます。

P7090061.jpg 

コースを外れ、高安城倉庫址に向かいます。

P7090065.jpg 

高安城倉庫址も晴れていれば眺望が良いらしいのですが、残念(>_<)

P7090069.jpg 

結構ぬかるんだ道を下って行きます。
雨の日は嫌だけど、雨音や鳥の鳴き声を聞きながら、歩くのも悪くないなぁって思います。
緑も綺麗に見えますしね。

P7090081.jpg 

再び上ります。

P7090086.jpg 

なんか開けてきた。

P7090088.jpg 

信貴山の山頂に到着したようです。

P7090091.jpg 

山頂には信貴山城址の碑がありました。

P7090090.jpg 

P7090093.jpg 

鳥居を潜り、さらに上がって行きます。

P7090096.jpg 

空鉢護法堂。

P7090095.jpg 

晴れていれば、ここからの眺めは最高の筈なんですが、残念(>_<)

P7090099.jpg 

P7090104.jpg 

鳥居を潜りながら、どんどん下って行きます。
これ下から上がってくるのは、かなり大変でしょうね。

P7090108.jpg 

やっと建物が見えてきた。

P7090115.jpg 

本堂に向かいます。
本堂からは激しい読経の声が聞こえいて、ちょっとビックリ。

朝護孫子寺は、信貴山真言宗総本山の寺で。本尊は毘沙門天。
信貴山という名称は、聖徳太子が物部守屋を攻めた時にこの山で毘沙門天が現れ、太子が信ずべし、貴ぶべしといった事に由来すると伝わっています。

P7090124.jpg

 P7090126 (2)

P7090118.jpg

 P7090122.jpg P7090125.jpg

本堂の舞台からの景色は、晴れていれば大和平野が一望で素晴らしいらしいのですが、ほとんど見えず残念でした。

P7090131.jpg 

朝護孫子寺のシンボルの虎。
虎は境内の至る所で見る事が出来ました。

P7090137.jpg 

境内を散策します。
いろんな建物があり、とても広い境内。

P7090141.jpg 

P7090142.jpg 

樹齢1,500年の榧の木。

P7090143.jpg 

聖徳太子像。

P7090159.jpg 

虎のお腹の中に入って行くと四国八十八カ所のお砂踏みが出来ます。

P7090145.jpg 

P7090151.jpg 

巨大な張り子の虎「世界一の福虎」

P7090154.jpg 

P7090164.jpg 

信貴山最古の笑寅。

P7090152.jpg 

山の中腹にある舞台造りの本堂。

P7090156.jpg 

赤門。
朝護孫子寺は、見所がいっぱいでした。

P7090168.jpg 

P7090171.jpg 

開運橋を渡って、朝護孫子寺を後にします。
橋にも虎が描かれていました。

P7090175.jpg 

大門ダム。
信貴山観光ホテルそばの駐車場にてゴール。

P7090187.jpg 

本日のお土産はこんにゃくでした。
いつもはお菓子なんだけどなぁ~

P7090183 (2) 

帰りのバスの車窓から大和平野が見えました。
今回も歩き終わったら、雨が止むパターンでした。。。(^-^;

今回は雨の中、高安山から信貴山へ歩きました。
晴れていれば素晴らしい景色が見れるコースだっただけに、今回の雨はガッカリでした。
しかし世界一の張り子の虎のいる朝護孫子寺にお参り出来たのは、良かったです。
晴れていたら、もっとたくさんの寅さんが発見できたかな?
また機会があれば訪ねてみたいです。

なかなか梅雨が明けないですね。
天気予報を毎日見ていますが、週末の天気がなかなか読めず、週末の計画が立て辛いです。
早く梅雨明けしないかな。

高安山から信貴山2 

歩いた時間:2時間22分(11:31~13:53) 平均時速:2.6km/h
歩いた距離:6.2㎞ 標高差:224m(262m~486m)
累積標高(登り):398m 累積標高(下り):464m

11:31 スタート
12:05 ケーブル高安駅
12:17 高安山山頂
12:25 高安城倉庫址
12:46 信貴山山頂
13:05 朝護孫子寺本堂
13:53 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

2016年前半のまとめ

2016年も半分過ぎました。
いつの間にか、すっかり夏モードで、月日の流れる早さに驚いています。
今年前半の歩きをまとめてみたいと思います(^O^)/

《ウオーキングの部》

1月2日 新年古都の道ウオーク(京都) 14㎞
1月10日 大阪環状線ウオーク(大阪) 27㎞
3月5・6日 京都ツーデーウオーク(京都) 30・20㎞
3月19・20日 早春薄墨桜浪漫ウオーク(岐阜) 28・12㎞
4月2・3日 名古屋ツーデーウオーク(愛知) 30・30㎞
4月16・17日 信州松本梓川・桜ウオーク(長野) 20・15㎞
4月23・24日 飯田やまびこマーチ(長野) 20・30㎞
4月30日・5月1日 ウオーキングフェスタ東京(東京) 30・20㎞
5月14・15日 びわ湖長浜ツーデーマーチ(滋賀) 20・20㎞
5月21・22日 若狭三方五湖ツーデーマーチ(福井) 40・20㎞
6月4・5日 長良川ツーデーウオーク(岐阜) 30・30㎞

特別例会に2回参加とウオーキング大会には9回参加しました。
それ以外には駅ハイやバスハイキングでチョロチョロと。。。
春は比較的家から通えるウオーキング大会が多かったので、結構真面目に大会参加しましたが、長距離は皆無と言っていいほど歩いてないです(^^ゞ

《トレッキングの部》

1月9日 龍王山(奈良・589m)
1月30日 秋葉山(静岡・866m)
2月6日 横蔵から谷汲への縦走 妙法ヶ岳(岐阜・667m)
2月13日 姫越山(三重・503m)
2月20日 東谷山(愛知・198m)
3月12日 沼津アルプス 香貫山(静岡・193m)横山(静岡・183m)徳倉山(静岡・256m)
3月27日 ぐるっと京都トレイル2016北山・西山大会 京都一周トレイル完歩
4月9日 千葉山(静岡・496m)
5月4日 入道ヶ岳(三重・906m) 鈴鹿セブンマウンテン
5月17日 大和葛城山(奈良・959m)
5月22日 綿向山から竜王山への縦走 綿向山(滋賀・1,110m)竜王山(滋賀・825m)
5月21日 梅丈岳(福井・400m) 若狭三方五湖ツーデーマーチ
5月29日 茶臼山から萩太郎山 茶臼山(愛知・1,415m)萩太郎山(愛知・1,358m)
6月4日 百々ヶ峰(岐阜・418m) 長良川ツーデーウオーク
6月11日 入笠山(長野・1,995m)
6月12日 金華山(岐阜・329m)
6月18日 大日ヶ岳(岐阜・1,709m) 鎌ヶ峰(岐阜・1,666m) 水後山(岐阜・1,558m)
6月19日 松尾山(奈良・315m)
6月26日 吉野山(奈良)
6月28日 上高地(長野)

3回にわたって行われたぐるっと京都トレイル完歩を目指して、ひと月に2座目標に山歩きをして来ました。
3月のぐるっと京都トレイル大会で、無事京都一周トレイルを踏破出来て、すごく達成感がありました。
ウォーキングで京都トレイルを知って、そこから始めた山歩き。
最初は登り坂の度にすぐに立ち止まっていたけど、今では少しだけマシに歩けるようになりました。
昔は、金華山や伊吹山で、歩いて登って来る人を見て「信じられない。」って見ていたのに、今では自分がそうなるとは。。。(^^ゞ
アップダウンが苦手なのに、すっかり山歩きが好きになってしまった。
自然の中歩いていると、自然と一体になれたような気がして、なんか癒されるんですよね~
…とは言っても、自分の身の程を知っているので、無理な山登りはしたい訳ではなく、ゆるゆると楽しんで行けたら良いなぁと思っています。

今年の最大の目標は3月の京都トレイル大会を完歩でしたので、早々に達成して、ちょっと目標を見失った感があり、好き勝手に歩いていたなぁと思います。
こうやって書きだしてみると、いろんなウォーキング大会に参加してましたし、各地を歩いていてビックリです。特にバスハイキングでは、知らない場所をいっぱい歩けて、楽しかったな。
今年の前半は、意外と充実していましたね。
今年の後半はどうなるかな?
また秋になったらウォーキングシーズンが始まるけど、山歩きもしたいし、悩ましい所です。


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

槇尾山施福寺へ

7月3日(日)晴れ

名鉄バスハイキング
ダイヤモンドトレールを歩こう!関西の名刹・槇尾山施福寺へ   距離:4.0㎞

スクリーンショット (33) 

コース:槇尾山バス駐車場→槇尾山施福寺→追分→番屋峠→ボテ峠→滝畑湖畔観光駐車場

ダイヤモンドトレールを歩いて来ました。
ダイヤモンドトレールは、金剛葛城山系の稜線を縦走する長距離自然歩道。
奈良県香芝市の屯鶴峯から、大阪府和泉市の槇尾山までのコースで全長約45㎞です。
今回は歩いたのは、槇尾山から滝畑までです。
久しぶりのダイヤモンドトレール、楽しみです(#^^#)

P7030005.jpg 

大阪和泉市までの道のりは遠く、しかも名阪国道でトラック2台の大きな事故があり、通行止めになっていたので、今回は行けないかなと思ったのですが、新名神から迂回し、無事スタート地点の槇尾山に到着しました。
西国三十三カ所4番札所の施福寺の参道を歩いて行きます。
約1㎞の道のりは、「観音八丁」と呼ばれていて、西国三十三カ所の中でも『難関札所』知られています。

P7030013.jpg 

程なく仁王門に到着。

P7030015.jpg 

まだまだ上りは続きます。
この日は、とても暑く、すっかり汗だくです(^-^;

P7030021.jpg 

1丁の丁石がありました。
後もう少し。。。

P7030023.jpg 

和泉の街が見下ろせました。

P7030027.jpg 

本堂下の「愛染堂」
この場所で弘法大師が剃髪し得度したそうです。

P7030028.jpg 

「弘法大師御髪堂」
弘法大師が剃髪した髪が納められているそうです。

P7030036.jpg 

階段を登り切って本堂到着。
ここを訪れるのは2回目であるが、初めて上がってきた時は「いつになったら本堂に着くんやろ。。。」って思いながら歩いていましたが、今回は前回よりも楽に上がれたような気がします。
再び施福寺にお参りが出来て嬉しいです。

P7030030.jpg 

お寺の展望台から岩湧山が見えていました。
去年の秋にダイヤモンドトレールを歩いて岩湧山に登りましたが、一面のススキの平原が素晴らしかった。
また今年も行きたいな。

P7030032.jpg 

こっちは金剛山かな?
金剛山もいつか登ってみたい。

P7030037.jpg 

ダイヤモンドトレールに向かいます。

P7030038.jpg 

境内の脇にダイヤモンドトレールの起点の碑があります。
石造りでとても立派です。

P7030039.jpg 

P7030041.jpg 

ダイヤモンドトレールを進んで行きます。

P7030045.jpg 

まずは下って行きます。

P7030048.jpg P7030049.jpg 

どんどん下って行きます。

P7030050.jpgP7030053.jpg 

分岐を通過し、まだまだ下ります。
「また上らなくちゃいけないのに、どんだけ下るんか。。。(^-^;」

P7030054.jpg 

ダイヤモンドトレールの標識は石造りでとても立派です。

P7030059.jpg 

追分を通過し、沢を跨ぎます。
ここで下りは終了。

P7030061.jpg 

険しい登りが始まりました。

P7030066.jpg 

P7030064.jpg 

番屋峠・標高428mに到着です。

P7030067.jpg 

またまた下って行きます。

P7030068.jpg 

丁石地蔵様がいらっしゃいました。
施福寺から十丁なのかな?

P7030072.jpg 

小さな沢を渡渉します。

P7030075.jpg 

再び登ります。

P7030080.jpg 

ダイトレ名物階段が続きます。

P7030084.jpg 

緑眩しい道だけど、この日はとても暑かった。。。

P7030085.jpg 

何とか登り切って。。。

P7030086.jpg 

ボテ峠・標高474mに到着です。

P7030087.jpg 

P7030089.jpg 

あとは滝畑まで下るのみです。

P7030096.jpg P7030101.jpg

沢を渡って進んで行きます。

P7030108.jpg P7030111.jpg

木が付くと針葉樹の森。
下草のシダが神秘的。

P7030113.jpg 

良く掘り込まれた道を進んで行くと、下界の喧騒が聞こえてきました。

P7030114.jpg P7030116.jpg

しばし進み、無事下山して来ました。

P7030120.jpg 

滝畑湖畔観光駐車場の川沿いでは、多くの人が川遊びやバーベキューをして楽しんでいました。

P7030121.jpg 

滝畑の岩湧山の登山口ではあじさいの花が綺麗に咲いていました。
ここから岩湧山へとダイヤモンドトレールは続くのですが、今回はここにてゴールでした。
「もうちっと歩きたかったなぁ~」

P7030127.jpg 

今回のお土産は胡麻豆腐でした。

今回のダイヤモンドトレールは、槇尾山から滝畑まで歩きました。
二つの峠越えがあって、アップダウンがありましたが、コースは整備されていて、とても歩きやすかったです。
距離は4㎞で高低差もそれほどなかったので、もう少し歩きたかったなぁ。
いつか機会があれば、ダイヤモンドトレールを通しで歩いてみたいです。

槇尾山施福寺 

歩いた時間:1時間33分(11:35~13:08) 平均時速:2.6km/h
歩いた距離:4.0㎞ 標高差:231m(264m~495m)
累積標高(登り):619m 累積標高(下り):589m

11:35 スタート
12:01 施福寺本堂
12:17 追分
12:25 番屋峠
12:41 ボテ峠
13:04 下山
13:08 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

大谷山から滝谷山への縦走

7月2日(土)晴れ

大谷山から滝谷山への縦走

大谷山(岐阜県揖斐郡大野町)   標高:360.8m
滝谷山(岐阜県揖斐郡大野町)   標高:398.1m

スクリーンショット (34) 

この日は所用があったのだが、せっかくの良いお天気でしたので、夕方から近場のお山に登って来ました。
大谷山・滝谷山・雁又山は大野三山と言われているそうで縦走が出来るようですが、雁又山へのルートは町整備外だそうです。

麓にも登山口はありますが、今回は時間がないので、花立峠より登山開始。
大谷スカイラインにて、花立峠に向かいます。

P7020002.jpg 

スカイラインを走っていく途中に、謎の聖徳太子像があります。
遠くからでも、良く見えるのだけど、何故ここに聖徳太子像があるかは不明です。

P7020003.jpg 

聖徳太子像からの眺め。
しばし車を走らせ、花立峠に到着です。

P7020005.jpg 

P7020008.jpg 

案内看板もしっかりあります。
雁又山は、整備外なので書かれていません。

P7020011.jpg 

P7020013.jpg 

ステップを上り始めます。

P7020014.jpg 

しばらく登って行くと谷汲側が見えました。

P7020018.jpg 

意外と坂が続き、汗が出てきます。

P7020022.jpg 

ブナのトンネルを抜けていきます。

P7020026.jpg 

展望台に到着しました。
2月に登った時はガッスガスで何も見えなかったのですが、この日は大野の街が一望でした。

P7020028.jpg 

展望台のすぐ先が野村城跡で、

P7020030.jpg 

大谷山山頂でした。
前回はお天気悪く、ここで折り返したのですが、今回は滝谷山へ向かいます。

P7020032.jpg 

急坂を下って行きます。

P7020035.jpg 

下った後は、また登り。

P7020037.jpg 

また下って…

P7020042.jpg 

登った先が滝谷山の山頂でした。

P7020040.jpg 

三角点。

P7020041.jpg 

立派なケルンがありました。

P7020052.jpg 

山頂からの眺め。
眺めは大谷山の方が良いですね。

P7020043.jpg 

こちらから雁又山へは30分で行けるみたいですが、往復1時間。
夕暮れも近づいていますので、ここで折り返します。
また時間のある時に、大野三山を縦走しよう。

P7020054.jpg 

元来た道を戻ります。

P7020056.jpg 

P7020058.jpg 

意外と急坂を登って来ていたんですね~

P7020063.jpg 

P7020060.jpg P7020066.jpg

展望台戻り。
金華山や、はるか遠くには名古屋のビル群が見えました。
しばし景色を眺め、下山します。

P7020072.jpg 

P7020076.jpg 

P7020078.jpg 

谷汲方面。
すっかり夕方の風景です。

P7020083.jpg 

下山して来ました。

今回は、近場の里山をサクッと縦走しました。
綺麗に整備されていて標識も多く、コースバリエーションも多く、なかなか良いコースでした。
しかし夕方近かったとは言え、今年一番位の暑さだったので、すっかり汗だくになりました。
手軽に歩くには良いコースだったので、また機会があれば歩きたいと思います。

大谷山から滝谷山 

歩いた時間:1時間42分(15:47~17:29) 平均時速:2.0km/h
歩いた距離:3.3㎞ 標高差:200m(208m~408m)
累積標高(登り):357m 累積標高(下り):352m

15:47 花立峠
16:07 大谷山
16:33 滝谷山
17:04 大谷山
17:29 花立峠

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

新緑の上高地へ

6月28日(火)曇りのち雨

名鉄バスハイキング
「爽やかな大自然に心潤す上高地へ」   距離:14.5㎞

スクリーンショット (29) 

コース:上高地バスターミナル→明神地区→徳沢地区→明神地区→河童橋→上高地バスターミナル

今回は有給休暇を利用して、新緑の上高地に行って来ました(^O^)/
上高地はマイカー規制があるので、岐阜からだと平湯からバスかタクシーに乗り換えになりますが、今回のツアーは、名古屋から上高地バスターミナルまで直行で、しかも6,200円と凄く安かったので、参加を決めました。

P6280005.jpg 

この日は、あまり天気が良くなったので、途中のひるがの高原SAからは大日ヶ岳や白山は見えませんでした。

P6280007.jpg 

名古屋から4時間ほどで上高地バスターミナルに到着です。

P6280010.jpg 

憧れの上高地。
生憎のお天気ですが、テンションが上がります。

P6280013.jpg 

歩き始めて5分程で、上高地のシンボル的存在の河童橋が見えて来ました。

P6280015.jpg 

晴れていれば、奥に穂高連峰などが見えるのですが、生憎のお天気なので、残念ながら見れませんでした。

P6280022.jpg 

P6280025.jpg 

P6280037.jpg 

P6280047.jpg 

美しい景色を眺めながら、明神地区に向かって歩いて行きます。
心配していた雨ですが、小康状態で、雨具なしに歩いて行けました。

P6280048.jpg 

明神橋への分岐ですが、まずは徳沢地区に向かいます。

P6280055.jpg 

緑が美しい快適な道。

P6280057.jpg 

P6280060.jpg  P6280062.jpg 

小さな沢を渡渉したりもしました。

P6280064.jpg 

P6280071.jpg 

神秘的な風景。

P6280077.jpg 

P6280087.jpg 

梓川沿いをしばし歩きます。

P6280095.jpg 

徳沢地区までやって来ました。

P6280096.jpg 

徳沢園。
こちらで折り返しになります。

P6290271.jpg 

こちらで山バッチを買いました。

P6280097.jpg 

こちらには宿泊施設やテント場があり、このような場所で、のんびり過ごすのも悪くないなぁと思いました。

P6280103.jpg 

P6280105.jpg 

P6280124.jpg 

来た道を戻って行きます。

P6280137.jpg 

明神地区まで戻って来ました。

P6280138.jpg 

明神館。
こちらで何か食べて、しばし休憩をしたかったのだが、今回のスケジュールはタイトで、時間が無かったので、先へ進みます。

P6290272.jpg 

こちらでは記念にバッチだけ買いました。

P6280140.jpg 

P6280144.jpg 

明神橋を渡ります。

P6280152.jpg 

穂高神社奥宮に向かいます。
こちらは今回一番来たかった場所です。

P6280190.jpg 

P6280189.jpg 

穂高神社奥宮。
明神池は、一之池と二之池、大小2つからなる池で、湖畔には穂高神社奥宮が鎮座する聖域です。
拝観料300円を払い、明神池に向かいます。

P6280157.jpg 

明神一之池。

P6280159.jpg 

P6280167.jpg 

二之池。

P6280175.jpg 

P6280176.jpg 

神秘的な素晴らしい景色が広がっていました。
明神池、ずっと来てみたかったので、大満足です。

P6280203.jpg 

さあ時間も押してきていますので、河童橋方面に向かいます。
行きは梓川左岸コースでしたが、帰りは右岸コースです。

P6280206.jpg 

P6280211.jpg 

とても整備されているし、沢が流れていて、とても気持ちの良い道。

P6280234.jpg 

雲っていましたが、少しだけ陽が差してきました。

P6280237.jpg  P6280240.jpg 

P6280253.jpg 

水の透明度が違います。

P6280248.jpg 

P6280255.jpg 

立ち枯れの木が神秘的な湿原の風景。

P6280264.jpg 

河童橋まで戻って来ました。

P6280266.jpg 

穂高連峰が見れなくて、ホント残念です(>_<)

P6290274.jpg 

こちらでも記念にバッチだけ買いました。

ここから5分程歩いて、バスターミナルにてゴール。

P6290276.jpg 

今回のお土産は、さるぼぼのいちごパイでした。

今回小雨の中の上高地でした。
コースはほぼ平坦で整備されていて、観光客が少なく、歩きやすかった。
しっとりと雨に濡れた美しい原生林の中を歩くのは、とても気持ち良かったです。
以前来た時は、王道の大正池から河童橋を歩いたのですが、今回はそれより奥の明神地区や徳沢地区まで行けたのが良かったです。
特にずっと行ってみたかった明神池は、とっても素晴らしかったです。
しばし現実を忘れ、楽しい時間を過ごせました。
でも生憎のお天気で穂高連峰など見る事が出来なかったし、散策時間も短かったので、お買い物する時間や、美味しい物を食べる時間が無かったです。
帝国ホテルでケーキセット食べたかった。。。
次回は是非晴れの上高地に行って、ゆっくりとした時間を過ごしたいです。
そうなると1泊かな。
お天気には恵まれませんでしたが、美しい上高地で、有意義な時間を過ごせて、良かったです(#^.^#)

スクリーンショット (30) 

歩いた時間:3時間37分(11:16~14:53) 平均時速:4.0km/h
歩いた距離:14.6㎞ 標高差:95m(1,474m~1,569m)
累積標高(登り):579m 累積標高(下り):575m

11:16 スタート
11:21 河童橋
11:55 明神地区
12:34 徳沢地区
13:21 明神地区
14:48 河童橋
14:53 ゴール

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。