スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜに書くのか?

『なぜにブログを書いているのか?』
最近考える。

ブログを書き始めて、4年半位かな?
最初に書き始めたのは、たまたまネットサーフィンで見つけたソーシャルネットワーク。
面白そうかなって思って、気楽に書き始めたのだけど、そのサイトはコメントのやり取りが盛んで、日記をアップするとコメントがいっぱい付きました。
平平凡凡な私が書いた日記に反応があるのが、嬉しくて毎日のように日記をアップしてしました。
自分が今まで知りえなかった世界の人達と交流したり出来るのも、とっても新鮮でした。
毎日のようにコメントやり取りしてると、名前も知らない誰かなんだけど、親しみが湧いてきて、リアルでは見せない顔を知ってて、とっても不思議な感じがしました。
ネットの世界って、匿名性があるから、リアルとは違う素の自分が出せるのかも知れません。

でもだんだん書いている内に、自分の為の日記ではなく、誰かに見せる為の日記になっていって、コメントのやり取りが盛んだったから、コメント返しするだけで物凄く時間が取られて…
義理の付き合いとかが多くなって、煩わしくなって、なんかリアルと変わんないなって。。。
結局そのサイトが模様替えしたのを機会に、逃げちゃった。

それからは、細々とブログ書いているんだけど…
人付き合いが面倒で、自分の為だけに日記を書いているのなら、別に日記を公開する必要はない訳で…
「なぜに私はブログを書いているんだろう?」という疑問にぶつかった。
なんか前置き長いなぁ。。。(;一_一)

今まで結構まめに日記は更新していたので、過去の日記を読み返すと、「私、こんな事を考えていたんだ。」とか、振り返る事が出来るし、書く事によって、ただのほほんと時間を過ごすでなく、前向きに頑張ってこれたような気がする。

たしかにコメントの付かない日記、誰も読んでくれない日記というのは、少し寂しいと思う。
こうやって日記を公開している以上は、誰かに見ていて欲しいとか、認めてもらいたいとかって気持ちが少しはあるような気がする。
かと言って、今の私は積極的に誰かと交流したいとは思ってない。
現実に私の日記にコメがたくさん付いたり、たくさんに人が見に来てくれたりしたら、私は自分の言葉で書けなくなって、見せる為の日記を書くようになってしまうだろう。
『見てほしいけど、深くかかわって欲しくない。』
なんて矛盾もしくは我儘だろうか。

私にとって、ブログを書くと言う事は、自分の形を確認している作業の様な気がする。
誰かが見れる場所に文章を書く事は、「私はここに生きてます」って、証みたいなものかな。
こうやって書いていても、私が表現したい事が上手く書けなくて、「なんて文章力が無いんだ」って情けなくなってくるけど。。。

ま、簡単に言えば書きたいから書いているんですよね。
自分らしく書けているから、今のスタイルは結構気に入っている。
気負わずに、これからも書きたいときに書いていけば良いのかなって思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

くりさまへ

こんばんは。
いつも読んで頂き、ありがとうございます♪

確かにブログがアップ出来るのは、精神的に安定しているからかもですね。
最近の文章を読みなおしてみると、文章に元気があるように思えます。

やっぱ私、自分自身は弱い人間だって思っているんだけど、結構図太い人間なんかな~(-_-;)

これからもよろしくお願い致します<(_ _)>

No title

コメがつかなくても、読んでいます。

ブログを書けると言うだけでも、精神状態は良好なのだと思います。

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。