スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都ウォーク⑤~南禅寺

前回の続きです。

無事さわやかウォーキング@京都もゴール出来ました\(^o^)/
すごく疲れていたので、そのまま帰っても良かったのですが、まだ3時前だし、もう1か所観光する事にした。

今回は、南禅寺に行く事にしました。

JR伏見駅から京都駅に戻り、地下鉄で蹴上まで行きました。
途中1回乗り換えが必要なんですが、名古屋の地下鉄と違って、京都の地下鉄は分かりやすい。
迷わずに行く事が出来ました。

蹴上駅から南禅寺まで、徒歩で5分位かな。
南禅寺は日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ。(Wikipedia)

南禅寺

南禅寺の三門は、知恩院の三門、東本願寺の御影堂門と共に、京都三大門のひとつに数えられています。
写っている人と比べると、大きさが分かりますよね。
良く見ると、三門の2階に上がっている人も居ますね。

南禅寺

法堂。

南禅寺

本坊の大玄関。

南禅寺

何気に飾ってある絵が、凄かったりして…

南禅寺

明治維新後に建設された、南禅寺の境内を通る琵琶湖疏水水路閣。

南禅寺

今も現役で使われています。

南禅寺

水路閣に上がって撮りました。

格式が高い寺に、このような水路があるのは、違和感があるような気がしますが…
京都市民の為に、水路が敷地内を通るのを容認した南禅寺は、懐が深いなぁ~って思います。

ぐったり疲れてて、三門に上がる元気は無かったけど、三門と水路閣が見れて良かった。
頑張って行った甲斐があります。
また今度ゆっくり巡りたいなぁ~~~

蹴上駅の近くには、蹴上インクラインがあります。

蹴上インクライン

高低差がある水路間で船を往来させるため、京都市の南禅寺船溜と蹴上間の傾斜区間に軌道を敷設し、ワイヤーで牽引される「船受枠」という台車に船を載せ昇降させた。

今は線路の上を歩けるようになっています。
線路沿いには、桜が植えられていて、桜の季節は綺麗だろうなぁ~と思います。


なんかうまくまとめられんかったけど、これで京都ウォーク編はおしまいです。

今回は、歩いて回ったからこそ見れた景色が、いっぱいありました。
限られた時間の中で、もっとゆっくり見れたら良かったかもって思う気持ちもあるけれど、まぁそれは次回のお楽しみって事で良いかなって思う。

疲れもいっぱいだったけど、満足もいっぱいのウォーキングでした。
充実した1日を過ごす事が出来て、良かったです☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

赤ずきんさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

南禅寺も立派ですね。
さすが京都、すごいお寺がいっぱいありますね。

南禅寺の三門は、初めて見た時は驚きました。
すごく大きいのですもん。
いつか2階に上がってみたいと思いつつ、まだ叶ってません。

確かに何百年も現存している建築物って、凄いですよね。
今の家とかって、百年すらも、もちそうにないですもんね~~~
お金と手間の掛け方が違い過ぎのような気がします。
あの時代のえらい人達って、すごい財力があったのでしょうね。

京都のさわやかウォーキング、楽しかったですよ~~~
次回も参加出来たら良いなぁ。

おはようございます^^

南禅寺もまたオッキイですねぇ~。
赤ずきんも何度か訪れているはずなのですが、ここはあまり記憶が無くって南禅寺としてはそうとうな規模の寺院なんだっていうことを初めて知りました。

三門の2階にいる人がものすごく小さく見えますw

でもこういった巨大な建造物が地震で倒壊したってあまり聞きませんねぇ。火災で焼失ってよく見るのですが。。。大きい上に相当な耐震構造になっている気がします。先人の知恵と財力、凄いです。

京都、(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪

くりさまへ

おはようございます。
コメントありがとうございます♪

金地院崇伝って有名な人ですか?
黒衣の宰相って、ゲームのキャラに出てきそうですね。

南禅寺って、とても大きな寺だなって思います。
琵琶湖疎水の方ばかり、いつも見てますが、いつかゆっくりお寺の方を、見て回りたいなって思ってます。

写っている影は、私です。
寒いので、ゴロゴロに厚着しています。

いつもバテバテなのに動いてて、すごい体力と言うよりは、気力かな。。。
今回は、確かに頑張ったなぁって思います。
ウォーキング、メッチャ楽しいです♪

金地院崇伝が再建したらしいですね。

黒衣の宰相・・・。

しかし、でかい寺ですなあぁ!

水路閣の写真に写っている人影は、こもさまかな?

すごい体力です。脱帽。。
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。