スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根尾谷薄墨桜

4月6日(土)早朝、春の嵐が来る前に、根尾谷薄墨桜を見に行きました。
風邪ひいていたんだけど、どうしても見に行きたかった。。。

薄墨桜

ちょうど見ごろを迎えてました。

薄墨桜の品種は、彼岸桜で、和名を大井次三郎博士によってエドヒガンと命名されています。
樹齢は1500余年といわれ、樹高は平成3年次の計測によると16.3mに及びます。
また、幹回りは、目通りで9.91m、枝張りは東西に26.90m、南北20.20mあります。
淡墨桜は、由緒ある桜の代表的巨樹として大正11年10月12日に当時の内務省より天然記念物指定を受けています。

薄墨桜の伝説
現在の愛知県一宮市にある真清田神社由来の真清探當證によると、応神天皇5世の孫・彦主人(ひこうし)王の孫・男大迹(おおど)王は、皇位継承をめぐり、のちの雄略天皇(21代)から迫害を受けたといいます。男大迹王は、僅か生後50日で養育係を勤めていた草平・兼平夫婦に預けられ、災いを避けるために真清田神社のある尾張一宮から更に美濃の山奥へ隠れ住んだといわれます。
この間には、筆舌に尽くしがたい生活を強いられましたが、長じて29歳の時、都から使者が迎に使わされたそうです。そして、男大迹王は都に上がり、継体天皇(26代)に即位されました。
村を離れられる際に住民との別れを惜しんで、尾張一宮から持ち帰っていた桜を次男の桧隈高田王の産屋跡にお植えになりました。この際に次の詩が詠まれました。

    身(み)の代(しろ)と遺(のこ)す桜は薄住(うすずみ)よ
                 千代にその名を栄盛(さか)へ止(とど)むる

3月16日に行われた「薄墨桜浪漫ウォーク」は、かつて継体天皇が歩かれたであろう「いにしえのみち」を舞台に、行われた大会で、この薄墨桜を目指して、ひたすら歩いた。
あの時は、まだ全然花など咲いてなかったけど、ゴール出来た時の感動は、とても大きな物でした。

薄墨桜

薄墨桜

今年の花は、なんだか小さいみたい。

薄墨桜

つっかえ棒も、年々増えていってるような気がするし、なんだか痛々しい。。。
ホントに長い間、ここで花を咲かせ続けているんですものね。
この山奥の小さな村の観光資源は、この薄墨桜と根尾の断層。。。
この桜が居なくなったら。。。ここに来る観光客は激減するだろう。
そんな人間の事情も分かってて、ずっと頑張って咲いててくれているような気がする。
2世・3世が、日本の各所で育っていることだし、少し休ませてあげたいな。

薄墨桜

春の風に舞って、ひらひらと花弁が舞っていました。

今年も咲いてくれて、ありがとう♪

風邪引いてて、無理しちゃったけど、見にいけて良かったです。

この後、病院に行き、点滴してもらって、すぐに爆睡(-_-)zzz
トイレも食事も無しで、約20時間眠り続けました。

眠り姫

疲れていたんだなぁ~~~
ゆっくり休めて良かったです。
お陰さまで、風邪は90%位治りました。
ぼちぼち活動開始です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

くりさまへ

おはようございます。
コメントありがとうございます♪

今年の薄墨桜は、例年よりも早く咲いて、今回の風で散っちゃう前に、是非見に行きたかったので、早起きして行ってきました。
私が行ったのは、7時位だったのだけど、すでにたくさんの人が来てました。
皆考える事は一緒ですね~

今までも薄墨桜は、特別な桜に思っていたけど、3月の薄墨桜ウォークに参加してから、さらに特別な存在に思うようになった。28キロ歩いたのは、大変だったけど、良い経験でした。
いつか一宮から薄墨桜まで、継体天皇のたどった道を歩ける日がくるかな?

しかし…
今年の桜、咲いてから散るまでが、早かったですね~
あまり写真撮りに行けなかったわ。。。
まぁそれも自然相手だから、仕方ないですね~

「眠り姫」はNHKの純と愛に出てきた絵本の挿絵です。
とても可愛らしい挿絵だと思いませんか?
王子様のキスで目覚めるなんて、良いですね~~~(#^.^#)

薄墨桜を見に行けて良かったですね。

毎年こももさんの日記で拝見していますのですっかりおなじみになっています。

結構こもも日記で知らない土地を紹介していただいていますね。ありがたいことです。

眠れる森の美女・・・・王子様は?純と愛かな?
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。