スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃駅(新垂井駅)と新緑の明神湖ダム、子供歌舞伎の垂井曳やま祭りを訪ねて

2013年5月3日(祝)  東海道本線 垂井駅(垂井駅は、大垣と関ケ原の間にあります。)
JRさわやかウォーキングに参加した。

『廃駅(新垂井駅)と新緑の明神湖ダム、子供歌舞伎の垂井曳やま祭りを訪ねて』

垂井駅→垂井の泉(岐阜県の名水50選)→廃駅(新垂井駅)跡→岩崎神社→明神湖ダム→道端の水車小屋
→禅幢寺(竹中半兵衛菩提寺)→菁莪記念館・竹中氏陣屋跡→垂井曳やま祭り会場→垂井駅

12.9kmのコースです。

コースにダムがあるので、山登りがありそうですね~

最初の立ち寄り場所は「垂井の泉」

垂井

岐阜県の名水50選に選ばれた由緒ある泉で、幹まわり8mの大ケヤキ(県指定天然記念物)の根元から湧き出る清水は涸れることを知りません。
古くから和歌に詠まれ、「垂井」の地名はここから生まれたといわれています。
松尾芭蕉もこの泉を前にして、俳句を残しています。

垂井

垂井の泉は、古くから多くの人々に、天下の名泉として親しまれています。

垂井

垂井宿は中山道の宿駅であると同時に美濃路の起点でもあり、交通の要所でした。
宿場町の趣が残っています。

垂井

相川では、無数の鯉のぼりが元気よく泳いでいました。

垂井

マンホールの柄にも描かれています。

垂井

今日も良い天気。
伊吹山の頭が見えています。

次の立ち寄り場所は、廃駅(新垂井駅)跡地です。

垂井

皆さん、プラットホームに腰掛けて休憩していました。
手前の線路は現役で、大垣~米原間に停車する必要のない特急「しらさぎ」と貨物列車が走っています。

垂井

垂井

廃駅になる時の記事が展示されていました。
昭和61年まで、ここに駅があったのですね~

どんどん進みます。

垂井

何気に山に向かってる。。。(^_^;)

垂井

田には水が入れられ、田植えの準備がされていました。

垂井

岩崎神社。
ここより登り坂になるようです。

秘密兵器登場。秘密じゃないけど。。。

垂井

ストックです。
ここよりノルディックウォーク開始です。うまく歩けないけど。。。
ストックを使って歩くと、腰や足への負担が軽減されるし、坂道が少し楽に歩けます。

垂井

垂井

川に沿って登っていきます。

垂井

明神湖が見えた!!
あの階段登るんですかい。。。(ー_ー)!!
一気に登ったら、息切れしすぎて、酸欠になりそうでしたわ。。。
やっぱ無理はいかんですね~

垂井

明神湖。

垂井

明神湖ダム。

垂井

垂井の街の向こうに、濃尾平野が見えました。
良い眺め~~~

次に進みます。山道を下っていきます。

垂井

藤の花が綺麗です。

垂井

半兵衛水車小屋。

垂井

中では、ちゃんと粉を挽いていました。

垂井

禅幢寺(竹中半兵衛菩提寺)。

垂井

竹中氏陣屋跡。

垂井

菁莪記念館。

戦国時代の武将で、豊臣秀吉の軍師として名高い竹中半兵衛。
竹中家の拠点の不破郡垂井町内には、一族ゆかりの場所が現在も数多く残っており、繁栄をしのぶことができる。

垂井

垂井

垂井曳やま祭りの子供歌舞伎。
多くの人で賑わっていました。

垂井駅でゴール。3時間弱掛かりました。

垂井

毎度お馴染み「あゆむ君」がお出迎えしてくれました♪

帰りは、大垣で下車して、兄のラーメン屋に向かいました。

大垣

大垣城。

大垣

昨日アップしたのとは、違う場所の自噴水。

兄のラーメン屋では…

大垣

またまた五目ラーメン食べました(^o^)/

大垣

大垣名物「水まんじゅう」を買って帰路に着きました。
店頭の水槽で冷やされている様子は、大垣の夏を彩る風物詩です。

大垣


垂井は、あまり行った事が無かったけど、廃駅やダムが見れたり、竹中半兵衛に縁のある場所を巡ったりと、なかなか内容が濃かったです。

お天気にも恵まれ、本日も良いウォーキングが出来ました(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。