スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市市南部東海道と采女の里山みち

5月4日(祝)
四日市市イヤ―ラウンドコースを歩いた。
『四日市市南部東海道と采女の里山みち』
12キロのコースです。

三重県でのウォーキングは、今回が初めてです。
さてさて、どうなりますか。

ウォーキングステーションで受付を済ませ、スタート!!

1号線を横切って、しばらく行くと、東海道。
弥次さん喜多になった気分で行ってみましょう~~~(^o^)/

四日市

四日市宿から5キロ位の所かな。

四日市

なんとなく風情が残っています。

四日市

日永の追分。
京に向かう東海道と伊勢に向かう伊勢街道の分岐点になります。

内部川を渡り、しばらく行くと、杖衝坂です。

四日市

ヤマトタケルが東征の帰途、伊吹山の神との戦いで病に倒れ、弱った体で大和帰還を目指して剣を杖代わりにしてこの急坂を登り、

「吾足如三重勾而甚疲」 (わがあしは みえのまがりのごとくして はなはだつかれたり)
 私の足が三重に折れ曲がってしまったように、ひどく疲れたと言ったとされます。

この地が「三重」と名付けられた由来です。

四日市

松尾芭蕉の句碑。
貞享4年(1687年)松尾芭蕉が江戸から伊賀への帰途、この急坂で馬の鞍と共に落馬した時に詠んだ季語の無い有名な句です。
「歩行(かち)ならば杖衝坂を落馬かな」

四日市

血塚。
ヤマトタケルの足から出た血を封じた井戸があります。

歴史がある坂ですね~(@_@;)

この日は、とてもお天気が良く、暑い位だったので、中間点のコンビニで一休み。

四日市

あ~美味しい~~~(#^.^#)

コースに戻ります。

しばらく歩いて行くと、四日市市から鈴鹿市へ。

四日市

菅原神社。

四日市

とても大きな神社で、鳥居をくぐってから、ずっと先に本殿がありました。

四日市

学問の神様なので、牛さんですね。

境内には、約350本の枝垂れ梅が植えられていました。
梅は道真が愛し、その家紋にちなんで植えられたそうです。

四日市

今は梅の花は咲いていませんでしたが、梅の実を見つけました。

四日市

菅原神社の前の風景。
のどかですね~

神社からしばらくは里山の道です。

四日市

鶯が鳴いてて、のどかな風景が続きます。
四日市の街から、5キロ程しか来てないのに、このような場所が有るとは、意外でした。

四日市

大きな蛇さんも居ました。

四日市

行きに渡った内部川沿いを歩きます。
お天気も良かったので、なかなか気持ち良かった。
四日市と言えばコンビナート。
煙突がニョキニョキ見えます。

内部川から別れ、2キロ程歩いて、ゴール!!
日差しが強く暑かったけど、なかなか面白いコースでした。

今回は東海道と言う事で、1号線などを歩きましたが、連休中だというものあってか、自転車で旅してそうな人とか、大きなリュック背負って歩いている人とか、結構見掛けました。

昔ながらの街道が、いろいろありますが、昔の人々に思いを馳せながら、同じ道を歩くのも、結構面白いなぁって思います。

三重のウォーキング、初でしたが、今度は伊勢辺りを歩いてみたいなぁって思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

くりさまへ

こんにちは。
コメントありがとうございます♪

私も今回三重の名前の由来を知りました。
ヤマトタケルが由来してるとは、さすが神々の国三重ですね~

確かにヤマトタケルと義経は似てますね~
ヤマトタケルにもお兄さん居ましたよね。
そんな所も似ています。
熱田のミヤズ姫の元に草薙の剣を預けて出掛けなければ、もしかしたら伊吹で傷を負う事も無かったのかも知れませんね。

一生懸命に頑張った者が、正当に評価されない。。。
よくある事です。
一番大事なのは、誰かに評価される事じゃなく、自分自身がどうかって事なんですよね。
厳しい世の中でも、自分を見失わずに生きていきたいものですね。

三重県の由来が分かりました。

大和武尊はまるで義経のようですね。

頼朝の命令でいろんなところで戦いをし、最後は見捨てられる。

日本の英雄の原点がヤマトタケルなのでしょうね。

現代でも同じ。猛烈に働いて、出世をしても、定年で首を切られる。その後は自分に何が残るかわからん。

自分だけの魂は、どんな境遇でもしっかり持ち続けていたいものです。

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。