スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回長良川ツーデーウォーク・2日目

6月2日(土)曇りのち晴れ
第2日目「金華山(329m)登山コース(岐阜市南部~中心部)」
歩いた距離:20キロ(金華山と小紅の渡しコース)
歩いた時間:8:25~13:40 5時間15分

長良川2DW・2日目です。
今日も雨が降らなくて、良かった。

長良川2DW

スタート地点の岐阜公園女神噴水前です。
お山のてっぺんに、小さく岐阜城が写っています。
今日は、あそこまで行くんかぁ~~~
大変そうだなぁ。。。。

長良川2DW

30kmコースの人に続いて、スタート。
まずは難関金華山の登山です。
登山コースは4種類あるそうだけど、今回のコースは七曲登山道を進みます。

長良川2DW

原生林の中を歩きます。
土の湿った香りがします。
ずっと上りだったので、すごく、すごく辛かった。
こんなに辛いとは。。。
ポールを使っていたのだけど、無かったら、もっと大変だったかも。

長良川2DW

歩き始めて40分程かな。
やっと岐阜城が見えた。

長良川2DW

登山道にあった看板。
「馬の背登山道(健脚向き)
この道は、途中断崖や難所が多く危険です。
老人・幼児には無理です。

ひょえ~~~(^_^;)

長良川2DW

山頂からの眺め。
ロープウェイの電線が邪魔ですね~(-_-;)

下りは、めい想の小径を進みます。
可愛らしい名前だから、穏やかな道かと思いきや。。。

長良川2DW

なんじゃこりゃ。。。
岩場を下って行く感じ。
ポールでバランスを取りながら、なんとか進んでいった。

長良川2DW

途中のビュースポット。
絶景でしたね~

長良川2DW

いつまでも続く、厳しい道。
これ雨だったら、私無理でしたね~

長良川2DW

素晴らしい景色の中、歩いていたのだけど、必死で降りてるから、無心状態でしたね~
まさしくめい想の小径です。
この道は、もともとお城が落城した時に逃げる為の道だったそうですよ。

長良川2DW

途中に伊奈葉神社跡がありました。
今は町中にあるのですが、元々は、こんな山深くにあったのですね。
ビックリです。

なんやかやで下りで1時間くらい掛かり、金華山の上り下りで、1時間半ほど経過してました。
出発式の説明では、上り1時間、下り1時間って言っていたので、まぁ初めての金華山登山にしては、上出来だと言う事にしておきましょう。
メッチャ頑張った(*^^)v
足ガクガクでした。

ここでゴールといきたい所ですが、まだまだコース序盤。
歩き続けなければ…(^_^;)

長良川2DW

岐阜公園のお隣にある日中友好公園。
まだまだスタート地点から、近い所に居るんです。

長良川2DW

長良川に出た。
昨日最後に渡った長良橋と鵜飼船。

長良川2DW

風情のある川原町。

長良川2DW

手湯なんかもありましたよ。
メッチャ熱かった。。。
この辺りの高級温泉宿に泊まって、温泉に浸かって、鵜飼でも楽しみたいなぁ~~~

現実に戻ります。

長良川2DW

金華橋を渡り、長良川沿いを下ってゆきます。

長良川2DW

所々に花壇があって、夏の花がカラフルに咲いていました。

長良川2DW

ひたすら長良川沿いを進みます。
これぞ長良川ツーデーって感じのコースですね。
晴れてきて、暑かったけど、風が気持ち良かった。

長良川2DW

どんどん進み、20kmコースは、渡し船で長良川を渡ります。

長良川2DW

小紅の渡し。
江戸時代から今に受け継がれている、長良川の渡し船です。
最初の船頭の名前が「おべに」という名前だったことから、この名が付いたそうです。
船は1台で、8人づつしか乗れないから、ちょっと渋滞してますね~

長良川2DW

私の順番が来た。
川面が近いなぁ。
乗っていたのは、3分ほどだったけど、面白い体験が出来ました。

長良川2DW

川を渡ってからは、岐阜市内に向けて、戻ります。
鏡島弘法。

長良川2DW

弘法大師が地面に挿した散杖から、梅の枝葉が出たという梅の木がありました。
ここまで来たら、後7km位かな?

長良川2DW

再び長良川沿いを歩きます。
岐阜の町、まだ遠くに見えます。。。

長良川2DW

後5km。
「もうちょっとやで。がんばってくんさいなも。」

結構くたくただったけど、後5kmなら惰性で行ける!
足を前に出して進んで行く限り行ける!
頑張ろう!!

岐阜の中心街に突入。

長良川2DW

西柳ヶ瀬。
ここはバブルの時は、飲み屋さんいっぱいだったけど、ちょっとさびれているみたい。

長良川2DW

3月で引退したやななの横断幕が掲げられていました。

長良川2DW

後2km。

長良川2DW

御鮨街道を歩きます。
江戸時代、長良川で捕れた鮎を鮎鮨にして将軍家に献上していました。
鮎鮨を運ぶ街道として使われていたのが、この道です。

長良川2DW

伊奈葉神社の参道。
正面に見えているのが、岐阜善光寺。
ここは何度かアップしてるので、お馴染みです。

長良川2DW

岐阜大仏殿。
三大大仏のひとつがここにあります。

長良川2DW

ゴール☆
拍手で迎えられるのが、こっぱずかしい(^^ゞ
岐阜のウォーキング協会の会長さん、みんなに「ありがとう」って声掛けてくださってました。
素晴らしいコースを歩かせてもらって、こちらこそありがとうです。

長良川2DW

歩いた後は、おでんが頂けました。
赤みそのおでん、ほかの地方の人には珍しかったでしょう。

長良川2DW

歩いた後のお楽しみ。
今日は岐阜公園でかき氷。
メッチャ美味しかったなぁ~~~~

長良川2DW

ちょっとレポが長くなりすぎたけど…
長良川ツーデ、2日とも山登りがあって、今までの大会の中で一番しんどかった。
でも完歩出来たって事が、すこし自信になったかなって思います。
2日間、雨に降られなくて良かった。
岐阜を満喫出来た、素晴らしい思い出深い2日間になりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

くりさまへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

岐阜城のある場所、とんでもない山の上ですよね~
お城から下界を見下ろしていると「天下取ったり」って、気持ちになりますもん。
信さまは、ずっとおのお城が欲しかったんですよね~

山頂までは、ロープウェイがあるのですが、そこからも10分程かな、歩かないといけません。
信長の住居跡が、ちょうど女神噴水の後ろ辺りの場所にあるんですよ。
ずっとお城に居たわけではないみたいですね。
やはりお城はシンボル的存在だったのでしょうね~
遠くからでも、金華山の岐阜城は良く見えますよ。

こうやって歴史を見てみると、美濃は要所だったんだな~って実感します。

しかし…今回の山登り、自分の体力が無さ過ぎて…(^_^;)
もっと体力付けて、いつか金華山リベンジしたいな。

岐阜城はとんでもない山の上に作ったものですなあ。

眺めは良いだろうけど、実際の戦闘の役に立つとは思えません。

きっとシンボルなんでしょうね。

信長はオヤジの代からここが欲しかったから、このシンボルを遠くから見てはいつか取ってやると思っていたような・・・。

美濃衆は強かったから、確かに美濃と尾張を取れば相当な大勢力となったわけで、これで行けると「天下布武」となったような気がします^^;・・。
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。