スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長命寺

6月8日(土)
繖山三観音巡りを終え、寝坊して出遅れたけど、まだ午後3時前。
西国三十三ヵ所の三十一番札所の「長命寺」に行く事にします。
長命寺は、近江八幡市の琵琶湖沿いの長命寺山の山頂近くに位置します。
はい、また石段上りです。。。(^_^;)

長命寺に向かっていく道すがら、長命寺川でボート部が練習してるのが見えました。
岐阜では、あまり見かけない風景です。

長命寺山の麓までやってきました。
さぁこれから石段上りです。

長命寺

本堂まで808段。
頑張りますかぁ~~~(^o^)/

長命寺

かなりキツイ(@_@;)

長命寺

息も絶え絶えで、やっと到着しました。
20分位掛かったかな。

長命寺

長命寺。
聖徳太子の開基と伝えられています。
伝承によれば、第12代景行天皇の時代に、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願した。このため宿禰は300歳の長命を保ったと伝えられる。その後、聖徳太子がこの地に赴いた際、宿禰が祈願した際に彫った文字を発見したという。これに感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れ、その木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げた。太子は早速、十一面観音を彫りこの地に安置した。太子は宿禰の長寿にあやかり、当寺を長命寺と名付けたと伝えられている。その名の通り、参拝すると長生きすると言い伝えられている。(Wikiより)

写真の奥に見えている三重塔は重文に指定されています。

長命寺

長命寺

「鐘楼」の鐘は琵琶湖の龍神が長命寺の観世音に捧げたものである、という伝説があるそうです。
こちらも重文に指定されています。

長命寺

長命寺からの眺め~
下から自分の足で上がってきて見る景色は最高です☆

長命寺

御朱印も頂いてきました。
私、33番・32番・31番の順番で、御朱印もらっている。。。
思いっきり逆走してますね~(^^ゞ
この際だから、今度は三十番札所に行こうかな。
ちなみに三十番札所は、竹生島にあるので、行こうと思って行かないといけない場所ですね。

さて、上ってきた道を下るとしますか。。。

長命寺

こうやって上から、上ってきた道を見ると、よく上ってきたなぁ~と他人事のように思ってしまう。
やはり下りは、足に負担が掛かる。。。(*_*;
結構しんどかった。

麓まで下り、お店でかき氷を買って食べ、しばし休憩。
ちょうど目の前の長命寺港に、竹生島からのフェリーが停泊していたので、見に行きました。

長命寺港

大きな船ですね。
そんなに竹生島に渡る人っているのかな?

この辺りは、結構魚が釣れるのかな?
釣り人がたくさん居ました。

長命寺港

ついでににゃんこ三兄弟も。
釣り人の、おこぼれ狙ってるのかな?

長命寺港

琵琶湖の向こうには、近江富士(三上山)が見えていました。
紫式部が『打ち出でて 三上の山を 詠れば 雪こそなけれ 富士のあけぼの』と詠んだのが、この三上山です。

今回は、ひたすら石段上って、お寺巡り。
中断していた三十三カ所巡りに行けて、良かった(^o^)/

1日近江を歩いてみて、やはり近江は凄いなぁと実感した。
古いお寺とかも、いっぱいあるし、歴史的に有名な場所も、至る所にある。
もし信長が、本能寺の変で滅んで無かったら、日本の首都は近江だったかも知れないな~
夏場は、ウォーキングイベントがあまり無いので、また近江散策に行きたいなぁと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

くりさまへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

竹生島は、一回行かねばと思っているので、今度時間が空いたら、行きたいと考えています。
しかし…フェリー高いんですよね~(^_^;)
何処から乗船するにしてもね。。。

近江なかなか良いですよ~
私のつたないレポよりも、御自分で歩かれてまわられた方が、何百倍も良いと思いますよ。
小谷城、大河ドラマの江のやってた頃、行きましたが、ブログアップしてないようですね~(^^ゞ
今度行ったら、アップしますね。

信長さまが生きていたら、そっか大阪が首都か。
岐阜も、もうちっと発展してたかな?

今回の近江行き、筋肉痛になるほど歩きましたが、なかなか盛りだくさんで良かったと思います。

できれば・・・竹生島のレポも楽しみだったりして^^;

それにしても、長い階段ご苦労様でした。

いろんな歴史の跡地を見て、私も近江路に行きたいなあと思いました。

ちなみに、信長が生きていれば大阪が中心になったと思います。

信長は安土の次は石山本願寺跡だと決めていたようです。

また私の好きな埋もれた悲劇的な場所に連れて行っていただければ幸いでございます。

小谷城などいかがでしょうかm(_ _)m
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。