スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石山寺

7月13日(土)曇りのち雨
西国三十三ヵ所巡り(大津編)

岩間寺の次に向かったのが、石山寺。
西国三十三ヵ所の13番札所です。

石山寺

奈良時代、聖武天皇の勅願により、良弁僧正によって開祖。

石山寺

巨大な硅灰石(天然記念物)の上に建立されたことからその名があり、その硅灰石の上に坐す本尊は、安産・福徳・縁結・厄除けに霊験あらたかな秘仏 如意輪観音菩薩です。

石山寺

本堂。
慶長年間、淀殿の寄進によって改築された本堂(国宝)には、紫式部が世界最古の長編小説『源氏物語』を起筆したという「源氏の間」があります。

石山寺

硅灰石の上にそびえる多宝塔。
美しい均斉美を持った鎌倉期の建築です。

石山寺

月見亭。
後白河上皇の行幸に際して建てられたといい、その後再建や 修理を経て現在に至っています。

石山寺

この辺りからは瀬田川の流れが見えます。
ボート部が練習してましたよ。

石山寺

こちらの境内は、とても広く見応えがあるのですが、何しろ暑い。。。(^_^;)
日傘を差しながら、足早に周りました。
花の寺として有名みたいですが、今が一番花が少ない時期かも。。。

石山寺

蓮の花の鉢植えがありました。

石山寺

天に向かって咲く蓮は、なんか良いですね~

石山寺

境内には、こちらにとても縁のある紫式部の像がありました。
「源氏物語」は、なかなか良く出来てるお話だと思います。
なかなか面白い。

平安時代、皇族や藤原氏を始めとする貴族らの「石山詣」が盛んでした。
昔の人達は、今みたいに交通が発達してないから、結構大変だったかも知れないですね~
とても歴史ある石山寺に再び行けて良かったです。
今度は、快適な気候の時に、ゆっくり巡りたいですね~

次に向かうのは、14番札所の三井寺です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。