スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベートウォーク・鞍馬から貴船へ②

前回の続きです。

鞍馬から峠越えで、貴船までやって来ました。

貴船に来ましたら、観光客がいっぱい。
貴船川沿いの細い道は、たくさん観光客と車が行き来してて、ちょっとストレスが高い状態でした。

DSCN0373_20140917203043f8f.jpg

鞍馬山西門から程近い貴船神社に向かいます。

DSCN0374_201409172030458ac.jpg

春日灯篭が並ぶ参道を上って行きます。

DSCN0376.jpg

貴船神社の本宮です。
ここの水みくじが人気みたいで、行列が出来ていました。
貴船川沿いを上がって奥宮に向かいます。
貴船川沿いには、料理店が立ち並んでいます。
川床、アユ料理、流しそうめんetc.
本格的な川床料理は高いですね~
手が出ませんわ…(;´∀`)
お昼前で、少しお腹が空いたので、川床で流しそうめんを食べる事にしました。

DSCN0379.jpg

川床、初デビューです。
待ち時間が40分ほどあったので、川床の待合に居たのですが、ずっと居ると寒いくらいに冷えてきました。
真夏だったら、とても快適でしょうね。

DSCN0384.jpg

いよいよ私たちの順番がきました。
実は流しそうめんも初体験でした。
いい感じで、どんどん流れてくるので、夢中でたくさん食べました。
ビールも一緒に頼んだのですが、全然飲む余裕がなかったです。
赤いそうめんが流れてくると、ラストの合図でした。
赤いそうめんは、シソの味がしましたよ。
初川床に初流しそうめん、とても楽しかったです(#^^#)

奥宮に向かいます。
狭い道を、車と観光客が行き来しているので、歩き辛い。。。(^-^;

DSCN0391_20140917205034f71.jpg

奥宮に向かう途中の結宮。
縁結びの神様らしく、若い女子がお参りしていました。

DSCN0393.jpg

和泉式部歌碑。
『ものおもへば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂かとぞみる』
切ない心情を詠んでいます。

DSCN0394.jpg

相生の杉。
一つの幹から二本の大木が育っています。 樹齢は約千年で、ご神木です。

DSCN0402.jpg

人と比べると、かなりの巨木ですよね。
相生は相老いに通じることから夫婦共々長生きの象徴と 親しまれています。

DSCN0395.jpg

DSCN0396.jpg

奥宮です。
貴船は「氣生根」と書かれる事もあり、大地の「気」の生じる場所とされていました。

DSCN0397.jpg

船形石。
由来書きによると、神武天皇の母神様・玉依姫さまが浪速(今の大阪)より水源の地を求め、黄色の船に乗って鴨川をさかのぼり、上流である貴船川のこの地に至られたとき、乗ってこられた船を人目に触れないように小石で積み囲んだと伝えられています。

DSCN0398.jpg DSCN0399_20140917210533fed.jpg

連理の杉。
この神木は、杉と楓が和合したもので、とても珍しいものだそうだ。

大きな杉の立ち並ぶ参道。貴船も、まさにパワースポット。
とても神聖な気持ちになりました。

DSCN0407.jpg

貴船川沿いを2㎞程下っていくと、本日の鞍馬貴船ツアーのゴール・叡山電鉄貴船口です。

DSCN0416_20140917211757ee0.jpg

ホームには、たくさんの観光客。2両の車両は、ほぼ満車でした。
紅葉の時期になったら、ホームから人が転げ落ちそうな位になるんじゃないかな?

まだ時間が早いので、修学院駅で途中下車してみました。

DSCN0421.jpg

修学院駅からしばらく歩き、鷺森神社。

DSCN0420.jpg

白い彼岸花が咲いていました。

DSCN0422_2014091721180202d.jpg

曼殊院に続く道を進んで行きます。

DSCN0426_20140917211803eed.jpg

ほんのり色付いている紅葉。

DSCN0427_20140917212938386.jpg

曼殊院。
あれ?ここ来たことある(^O^)
記憶を手繰ってみると、そっか京都ツーデーのコースだったんだ‼
京都も、かなり歩いているので、点で覚えている観光スポットが、徐々に線で繋がって来ています。

駅方面に戻ります。

DSCN0433_2014091721293999c.jpg

あそこに見えるのは、妙法の妙の火床。

DSCN0434 (2)

遠くには舟形の火床も見えました。

DSCN0435.jpg

ウォーキングの締めくくりは、白川通りで、本日二度目のメンクイ(^O^)
美味しかったけど、すっかりお腹がいっぱいです。

DSCN0441_20140917212944672.jpg

腹ごなしに、高野川沿いを出町柳駅に向かって歩いて行きます。
京都五山送り火Wのリベンジウォークの時に歩いたので、ほんの2週間前に歩いたばかりです。
この川沿いの風景、好きだな~
毎週関西歩いていますから、すっかり関西人みたいですね~(^_^)v

DSCN0442_20140917214124747.jpg

土手には彼岸花。いつの間にか、秋ですね。
今年の夏は、なんだかわからないうちに終わってしまいました。

今回のプライベートウォークも、これにて終了です。
まとまりのないレポですが…(^-^;

今回の鞍馬から貴船へのプライベートウォーク。
あまりきちっとしたプランを立ててなかったけど、鞍馬山の峠越えや初川床&流しそうめんなど、すごく楽しめました。
大会や例会などでは、なかなか途中で立ち寄ったりできませんものね~
また時間が出来たら、プライベートウォークに行きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ちゅうさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

鞍馬から貴船の峠越え、なかなか良かったです。
鞍馬寺の金堂前の六芒星の中心がパワースポットだと、後でマップの案内見直して、気が付きました(^-^;
貴船神社の奥宮の拝殿井戸もパワースポットらしいのですが、どこにあるのかが、よくわかりませんでした。
しかし大きな杉の木がたくさんあり、とても神聖な場所だなと思いました。

本日は奈良を歩かれているんですね~
レポート楽しみにしています。
岐阜からだと、奈良は少し行辛いので、なかなか行くチャンスに恵まれませんが、明日香辺りを歩いてみたいなと思っています。

車正吉さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

鞍馬・貴船方面は、以前にも行った事があるのですが、木の根の道などが歩きたくなって、行ってきました。
もうしばらくしたら紅葉の季節で、山が真っ赤になるんでしょうね~
街中の京都とは、また違った趣がありますので、散策するには、なかなか良い所だと思います。

今回のウォークは、二日続けての京都でしたが、通いました。
意外と距離がありますが、電車が便利なので、行く時間は、意外と掛りませんので、、、

いよいよウォーキングシーズンが始まりますが、マイペースで歩くことを楽しんで行きたいと思います。

秋になりましたね

花火さん今晩は。

鞍馬を満喫されたようですね。
鞍馬寺の金堂前の六芒星の中心はパワースポットになっています。
気がつかれましたか?。

私はツーデー以外フリーで歩けるイベントには参加しないので殆ど
個人ウォークです。

明日からマイウォーキングコースの奈良大和路へ行ってきます。
同じ古都でも京都のように観光客が多くないので歩きやすいです。
機会があればぜひ歩いてみてください。


No title

こんばんは。
鞍馬・貴船へのプライベートウォーク、楽しく読ませていただきました。
私たちはこの方面は、まだ歩いたことがありません。
今後の参考にさせて頂きますので。
それはそうと、あの日山城國ウォークの後で、帰宅されずに京都に泊まられたのですか?だとすると、ウォークにかける凄い熱意ですね。

太郎衛門さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

久々のプライベートウォーク、のんびり歩くことが出来ました。
所々で秋を感じました。
大会や例会だと、あまりゆっくり見学は出来ないですものね。
良い時間を過ごすことが出来ました。
初川床と流しそうめん、いい経験でしたし、ラーメン食べ歩きも、楽しかったです。

しばらくはウォーキングシーズンなので、大会などで忙しいですが、また個人的に歩きに行きたいと思います。

次は、天の橋立ですか?
去年は、2日間とも、いいお天気でした。
海が、とてもきれいだったのが、印象的でした。
レポ楽しみにしています。
楽しんで来てくださいね(@^^)/~~~

楽しみましたねぇ

花火さま こんにちは ゆっくりと初秋を
楽しめてようですね   団体で歩くのも良いですが
ゴールの時間を 気にしないで 気楽にゆっくり散歩
がてら 楽しむのもそれなりに良いのではないですか?

ビール片手に美味しい 「流しそうめん」やスイーツなど
気分転換に なりましたか?
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。