スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江富士登山

10月4日(土)晴れ

J落零ウォーキング倶楽部(JOC)例会
『近江富士登山』           
距離:15㎞(団体歩行)

近江富士登山

近江富士登山(GE)

コース:JR野洲駅→御上神社→近江富士(三上山)→御池→JR野洲駅

歩いた時間:4時間24分(10:11~14:35) 走行時間:2時間32分
歩いた距離:8.4㎞(上り:1.2㎞ 下り:2.1㎞ 平坦:5.1㎞)

近江富士に登ってきました(^O^)/
今回初めてJ落零ウォーキング倶楽部(JOC)の例会に参加させて頂きました。
J落零とは、ちょっと変わった名称ですよね。
名前の由来を知りたいです。

今回の集合はJR野洲駅。
いつも通過している駅ですが、立ち寄ったのは初めてです。

DSCN0752_2014100511383307d.jpg

10時というゆっくりした時間の集合でしたので楽でした。
参加者は50名弱(正確には47名だったみたいです。)。
何人かは、他の例会でお見掛けした方がいらっしゃいました。
参加人数はそれほど多くはないですが、山登りには、これ位の方が、小回りが利いて良いような気がします。
コース説明、ストレッチの後にスタートです。

DSCN0757.jpg

駅前通りを右に折れ、進んで行きます。

DSCN0755.jpg

駅前の銀行は、しっかり台風対策されていました。

DSCN0765.jpg

桜並木を歩いて行きます。
横を流れる川の水は清らかで、たくさんの小魚が泳いでいるのが、見えました。
滋賀は、水が美しいですよね~

DSCN0762.jpg

背くらべ地蔵(右)と阿弥陀如来立像(左)。
この石仏は鎌倉時代のもので、中山道を行き交う旅人の道中を護ったといわれている。
当時は乳幼児がよく亡くなったので、子を持つ親たちは、「我が子もこの地蔵さんくらいになればあとはよく育つ」と、背くらべさせるようになり、いつしか「背くらべ地蔵」と呼ばれるようになったそうです。

DSCN0766.jpg

キバナコスモスなどが咲いているのどかな道を、ゆっくりとした歩みで進んで行きます。

DSCN0770.jpg

美しい三上山が見えてきました。
富士山のような山容から「近江富士」と呼ばれています。

DSCN0772_201410051149430b8.jpg

御上神社です。
三上山をご神体としています。

DSCN0777.jpg

本殿は国宝、楼門・拝殿は国の重文に指定されているそうです。

DSCN0778.jpg

楼門の前には、綺麗な菊の花。

DSCN0780_201410051157171d8.jpg

DSCN0781.jpg

8号線を進み、いよいよ登山道へ。

DSCN0784_20141005115719a68.jpg

かなり急な石段が続きます。

DSCN0794.jpg

山頂付近は岩場でした。。。(;´∀`)
想像以上に厳しい道でした。
山頂へは、ほぼ一直線に登って行ったので、距離は短いですが、角度はかなり急でした。

DSCN0795_20141005115722377.jpg

見上げると先行者が崖の上。。。( ;∀;)
三上山は見てる分には、美しい穏やかな山ですが登るとなると、かなり大変でした。

DSCN0796.jpg

DSCN0804_201410051205430ba.jpg

山頂からの眺めです。
遠くには琵琶湖も見えて、なかなかの絶景でした。

DSCN0811.jpg

山頂にある磐岩は、天照大神の孫にあたる天御影神(あめのみかげのかみ)が降臨したところと伝えられている。

DSCN0813.jpg

山頂の岩場で、昼食休憩で、リスタートです。
登りと下りのルートは違いますが、登りがかなり険しかっただけに、下りも険しいだろうなぁ。。。(;´∀`)

DSCN0814.jpg

三上山山頂を後にします。

DSCN0818.jpg

下りも、かなり急でした。
足を踏み外さないように、慎重に降りて行きます。

DSCN0820.jpg

途中大雨で崩れたと思われる個所もありました。

DSCN0824.jpg

ぐんぐん下って行き、城山の尾根道に出ました。
三上山は岩でごつごつした山肌だったのに対し、砂っぽい山肌でした。

DSCN0830.jpg

またまた険しい下りです。
砂地で足が滑らないように気を付けて降りて行きました。
これ雨だったら、すごく嫌だったかも。

DSCN0832.jpg

さらに尾根道を進んで行きます。

DSCN0833.jpg

草が生い茂るアドベンチャーな道も通った。
コースリーダーさん、このような道を間違えずに進むとは、凄いなぁと思いました。

DSCN0835_201410051224424cc.jpg

ずいぶん下ってきました。
山の雰囲気もかわり、今度は水をしっかり含んだふわふわの歩きやすい土に変わりました。
こんなにも山によって、地質が違うものかと、驚きでした。

DSCN0837_201410051224430a1.jpg

途中倒木などもあったりして、このようなコースは、個人では中々歩けないので、良かったです。

DSCN0840.jpg

御池までやって来ました。
反対岸に見えている神社の紅葉は、少し色付いていました。
後は野洲駅方面に戻るのみです。

DSCN0847.jpg

振り返ると近江富士。
あの山頂まで登っていたんですね。
想像よりも険しい道のりで大変でしたけど、楽に登れないからこそ良いのかも知れないなぁと思ったりした。

DSCN0849_20141005123251556.jpg

JR野洲駅にてゴールでした。
いつも眺めていただけの近江富士。
今回登ることが出来て、非常に良かったです。
金華山の瞑想の小道以上に険しかったですが、とても歩き甲斐のあるコースでしたね~
JOCの皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。
また機会があれば参加させて頂きたいと思います。

DSCN0858.jpg

前回の琵琶湖8回割の時に食べそびれた近江ちゃんぽんを、がっつり食べてから帰りましたよ(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

涼歩さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

しまなみ最終日の中止、残念でしたね。
昨日HPで見て、知りました。
やはり橋の上を歩くとなると危険ですものね。
遠くからいらっしゃっている方もいますし、残念ですが、中止も仕方ないのかなと思います。
神戸は、ブロ友さんも参加されていますが、どうだったのでしょうね?

私は、本日は近笑会の山手幹線ウオーク・38㎞に参加予定でしたが、台風接近で帰れなくなる危険もありましたし、微熱もありましたので、今回は見送り、今日1日は横浜ツーデーの準備などしていました。

J落零ウォーキング倶楽部は、京都と中部に拠点があり、謎な団体ですよね。
私も8月の醒ヶ井の例会に参加しようと思っていましたが、台風で中止になってしまい、今回が初参加でした。
皆さん和気あいあいとした感じで、雰囲気は良かったです。
平地を歩くのはゆっくりに感じましたが、登山中は付いて行くので、精一杯な感じでした。

近江富士は、初めて登りましたが、これほどまでに激しい登山道とは、想像もしていませんでした。
大所帯の団体でしたら、例会の設定は無理なコースです。
頂上の岩場も、大人数が休憩できないですし、トイレもありませんですしね。
でも、とても良いコースでした。
参加してよかったです(#^^#)
JOCの例会は、チョイチョイ参加出来そうなものがありますので、また参加してみたいです。

来週は横浜です。
次にきている台風が心配ですが、楽しんで来たいと思います。

登山ですね

近江富士 ・・ 小さそうな山ですが、
綺麗な姿の山で「富士」は納得です
 登るとなると、大変なみちですネ
 お疲れ様でした

JOC
 我家も9月末の例会に 初参加を考えたのですが
 行き損ないました
 ・・ 不思議なW協会ですネ
 名称?、京都と愛知(中部)で活動?
  最近の例会は[500選]中心のようですが
 何故か、JWAのスケジュールに表示?
  予定では休憩がたっぷりありそうなウォーキング?
 スタッフさんに聞いた事もありますが未だに謎です

 花火さんは結局 京都本部主催の例会参加でしたね
  (もっとも、中部主催は平日開催)

しまなみ土日(4・5)で参加しましたが
 5日は台風接近で はやばやと中止に
  ・・ 午前中に我家に戻りました・・詳細はレポします
  神戸はどうなったのやら
  花火さんは、今日も歩いていますか?

次週は 横浜 ・・・ 楽しんで来て下さい
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。