スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多賀三社まいりとキリンビール見学

11月29日(土)雨のち雲り

J落零ウォーキング倶楽部(JOC)例会
『多賀三社まいりとキリンビール見学』           
距離:15㎞(500選:滋賀-02)

多賀三社めぐりとキリンビール見学

多賀三社めぐりとキリンビール見学(GE)

コース:近江鉄道多賀大社前駅→多賀大社→名神多賀SA→胡宮神社→キリンビール滋賀工場(→近江鉄道多賀大社前駅)

歩いた時間:5時間01分(10:11~15:12) 走行時間:3時間35分
歩いた距離:13.5㎞(上り:1.8㎞ 下り:1.3㎞ 平坦:10.5㎞)

J落零ウォーキング倶楽部(JOC)の例会に参加しました。
以前岐阜県ウオーキング協会の例会で、アサヒビール見学の例会に参加して、楽しかったので、もう一回ビール工場見学の例会に参加したいなぁと思っていました。
こちらの例会、ちょうど日程が合いましたし、集合が近江鉄道多賀大社前駅。
近江鉄道は一度も乗ったことがなったので、乗ってみたかったので、参加を決めました。

集合場所の多賀には、早めに行き、例会参加前に多賀大社にもお参りしました。

DSCN2440.jpg

多賀大社のお参りを済ませ、多賀大社前駅戻ると、駅横では朝市が行われていました。
野菜とか、めっちゃ安かったのですが、荷物になりますので、買いませんでした。

例会参加の方々もチラホラ到着のようです。
今回は、雨でしたので、レインウェアの上下、完全防備です。

DSCN2441.jpg

ホームには、コカ・コーラの柄のラッピング車両。
近江鉄道は、ラッピング車両が多いので、見てて楽しい。

DSCN2443_20141202195531137.jpg

受付を済ませ、出発前の注意と体操です。
J落零は10周年で、今年は韓国ツアーがあって、大会にも参加されるそうです。
良いなぁ~~~
心配していた雨も、午後からは止むとの予報で、この頃には小休止状態でした。
いざ出発です。
今回の参加者は31人でした。
多賀大社の参道、絵馬通りを歩き、多賀大社に向かいます。
もらったマップと、いきなりコースが違うようですが、コースリーダーさんに付いて行きます。

DSCN2455.jpg

太閤橋。
この橋、通行禁止にはなっていませんでしたので、渡ることが出来ます。

DSCN2449.jpg

再び多賀大社の拝殿にやって来ました。
「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」
ご祭神は「伊邪那岐命」と「伊邪那岐命」、伊勢神宮の祭神「天照大神」は、その子にあたります。

DSCN2450.jpg

こちらの絵馬はしゃもじの形です。

DSCN2451_20141202200321450.jpg

おみくじは、とってもカラフルでした。

DSCN2453.jpg

君が代に歌われている「さざれ石」。

DSCN2456 (2)

参道のお店では、名物糸切餅などが売っていました。

DSCN2457.jpg

多賀大社を後にして、国道306号線を歩いて行きます。
この道は、湖東三山に行くときなどに、何度か通った事のある道です。

DSCN2459_20141202201917e06.jpg

こちらの広場で、列詰めです。
機関車がありました。

DSCN2462.jpg

紅葉が綺麗でした。

DSCN2464 (2)

名神多賀SAに到着しました。
11時から12時まで、昼食タイムです。

DSCN2465.jpg

近江ちゃんぽんを食べました。
まだ時間が早かったので、結構空いていて、良かったです。

DSCN2467 (2)

多賀SAから、リスタートです。

DSCN2469.jpg

SAから、このような道に入りました。

DSCN2471.jpg

バスツアーの人達も、SAから歩いています。
この先に名所があるのか⁇

DSCN2474.jpg

真っ赤な紅葉が見えて来ました。

DSCN2477_20141202202321e01.jpg

胡宮神社に到着しました。
お参りを済ませ、進んで行くと…

DSCN2484.jpg

素晴らしい紅葉のトンネルが続いていました。

DSCN2492_201412022028093b4.jpg

DSCN2498.jpg

今年見た中では、一番の紅葉でした。
こちらに、このような紅葉の名所があったとは、知りませんでした。

DSCN2510.jpg

JOCの皆さん、記念写真を撮っていました。

DSCN2506_20141202202812aea.jpg

胡宮神社を後にします。

DSCN2511_201412022032112f6.jpg

紅葉の下を歩いて行きます。

DSCN2512.jpg

大門池の周りを歩きます。

DSCN2516.jpg

立派な銀杏の木が、綺麗な黄色に染まって居ました。
もらったマップとコースが違うようですが、コースリーダさんに付いて行きます。

DSCN2518.jpg

見覚えある風景。
多賀大社前駅に戻って来ました。
もらったマップだと、もっと奥の方まで歩いて行く事になっていましたが、雨の為かコース短縮されたみたいですね。

DSCN2517_20141202203215083.jpg

この頃には青空も見えて来ました。
トイレ休憩の後、リスタートです。

DSCN2522.jpg

時間があるので、大回りしてキリンビール滋賀工場に向かいます。
この川には、大きな鯉が泳いでいました。

DSCN2523.jpg

キリンビール滋賀工場が見えて来ました。

DSCN2525.jpg

敷地内に入って行きます。

DSCN2533 (2)

麒麟の銅像がありました。

DSCN2534.jpg

綺麗に色付いた紅葉。

工場見学では、アルコールの入っていない一番麦汁と二番麦汁飲み比べをしたり、ポップの匂いを嗅いでみたり、麦芽を食べてみたり、楽しく見学しました。
滋賀工場のビールの水は、琵琶湖の水を綺麗に磨いて使っているんですって。
知りませんでした。

DSCN2538_201412022041298ce.jpg

DSCN2536_201412022041287a1.jpg DSCN2535_20141202204127a37.jpg

お楽しみの試飲会。
私は、この後車の運転があったので、ソフトドリンクしか飲んでいませんが、皆さん楽しそうに飲まれていました。
ビール工場見学は、楽しいですね~(#^^#)
例会は、こちらでお開きとなりました。

帰りは、多賀大社前駅まで戻りました。
DSCN2541 (2) DSCN2542 (2)

戻っている途中に、立派な木が2本ありました。
飯盛木(女木・男木)
2本の大ケヤキは共に近くにある多賀大社の御神木で、奈良時代・元正天皇の御代(717-724)、天皇が病を得たので、平癒の祈祷を行い、神供の飯にシデの木につくった杓子を添えて献上したところ病が治り、杓子をつくった木の余りを地に挿したのが成長して飯盛木(いいもりぎ)になったとの伝説があります。

DSCN2545_2014120220561758d.jpg

多賀大社前駅に到着。

DSCN2547.jpg

帰りの車両はパトカーの柄でした。

DSCN2548.jpg

中にも、こんなポスターが貼ってありましたよ。
電車1時間に1本しかないのに、ほかのウォーカーさん達が、ほとんど乗ってこなかったので、どうしたのかなと思っていましたら、皆さん多賀大社前駅からふたつ先の高宮駅から乗ってこられました。
キリンビール滋賀工場から、多賀大社前駅・スクリーン駅・高宮駅は歩いて移動できる距離ですもんね。
確かに、その手があったか。。。

DSCN2550.jpg

すれ違う車両も、ラッピング車両でした。

DSCN2553.jpg

彦根駅到着。
米原駅は、30分以上待たなきゃいけなかったので、彦根駅をぶらぶらしました。

DSCN2556 (2)

手前が近江電車、車両基地で、奥に見えている山が佐和山です。
車両基地には、色んな古い車両が置いてあって、なかなか面白かったです。

DSCN2560 (2)

この前行った彦根城も見えていました。

DSCN2564_20141202210309b70.jpg

DSCN2561 (2)

DSCN2562_20141202210308e06.jpg

駅前のロータリーには、彦根藩初代藩主井伊直政の銅像がありました。
やっと時間になり、米原行の列車が来たので、それに乗って帰りました。

今回の例会参加は、生憎の雨でしたので、思ったようには歩けませんでしたが、初めて近江鉄道乗りましたし、ビール工場見学出来ましたし、何よりも胡宮神社の素晴らしい紅葉が見れたのが良かったです。

J落零ウォーキング倶楽部の例会参加は、2度目ですが、ちょっと変わったコースを歩けるのが良いですね。
今回も大変お世話になり、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。