スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽川渡し場遊歩道から可憐なカタクリの花を目指して

3月28日(土)晴れ

名鉄ハイキング
魅惑の散歩道
木曽川渡し場遊歩道から
 可憐なカタクリの花を目指して
     距離:8.0㎞



名鉄ハイキング

名鉄ハイキング3

コース:名鉄・日本ライン今渡駅→ふれあいの里弘法堂→木曽渡し場遊歩道(今渡渡し場跡・石畳→化石林→川並番所杭の跡→夜泣き岩)→白髭神社→湯の華アイランド広場→鳩吹山カタクリ群生地(カタクリまつり会場)→(鳩吹山)→日本ライン花木センター→名鉄・可児川駅

歩いた時間:3時間46分(8:44~12:30) 走行時間:2時間51分
歩いた距離:10.7㎞(上り:2.1㎞ 下り:2.2㎞ 平坦:6.5㎞)
獲得標高: 上り:407m 下り:430m
(勝手に鳩吹山登山も含んでいます。)

名鉄ハイキングに参加して来ました。
本日は、他協会の例会にお邪魔しようかなと考えていたのですが、鳩吹山のカタクリが見頃を迎えているとの情報をゲットし、そのカタクリ群生地を訪ねる名鉄ハイキングが本日開催との事で、参加を決めました。

DSCN4263_2015032822322614b.jpg

本日のスタートは、名鉄日本ライン今渡駅です。
最寄り駅からJRと名鉄を乗り継ぎ、1時間程で到着です。
いつものことながら参加者が多いです。
マップをゲットして、スタートです。

DSCN4267.jpg

木曽川に向かって歩いて行きます。
手前に見えている太田橋の手前で曲がり、木曽川渡し場遊歩道に向かいます。

DSCN4270_20150328223227aa5.jpg

DSCN4271_20150328222748e24.jpg

ふれあいの里弘法堂を通過します。
川から引き揚げられた石地蔵が安置されているそうです。

DSCN4273_20150328222749ca3.jpg

木曽川渡し場遊歩道に入りました。
後ろを振り返ると太田橋が見えています。

DSCN4276.jpg

DSCN4275_20150328223228761.jpg

今渡渡し場跡。
「木曽のかけはし、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」と詠われ、中山道の三大難所のひとつだったそうです。

DSCN4279.jpg

DSCN4280.jpg

河津桜が綺麗に咲いていました。

DSCN4281.jpg

雄大な木曽川の流れを眺めながら歩いて行きます。

DSCN4282_20150328224304937.jpg

コースはどっちに行っても良いみたい。
川沿いを歩く事にしました。

DSCN4283.jpg

お天気も良く、気持ちが良いです。

DSCN4286_20150328224308eb3.jpg

もう一方のコースは、竹林の中を歩く道でした。
鶯の声が聞こえていました。

DSCN4284.jpg

化石林の案内看板。
水面上に飛び石のように点在しているのが、1900万年前の森林が埋没し、1本1本の化石化した木だそうだ。
どれが化石林かよくわかんなかった。。。(^-^;

DSCN4288.jpg

川並番所杭の跡の案内看板。
川並番所は、舟運と材木の監視を行う役所で、1655年に設置されたそうです。
渇水時には、杭穴を見る事が出来るそうだ。

DSCN4291.jpg

DSCN4293_20150328224824460.jpg

DSCN4296.jpg

DSCN4295.jpg

夜泣き岩。
文治元年(1185)の冬、平家の平知盛が壇ノ浦で海に身を投げてから、その妻が悶々として、昔今渡と土田の境に姫が淵と云う底の知れぬ深い淵があり、この淵に身を投じて死んだと伝えられている。しかし現在は川の瀬が変わり、岩は残っているが淵らしいものは見当たらない。
この現在見られる岩を夜泣き岩と云い、伝説によると巨岩で淵の付近にあって、月の澄んだ夜などこの岩の上に幻のような女が白装束に髪を乱して立ってさめざめと泣きその泣き声が川面を流れたと伝えられている。
この幻の女の姿は、平知盛の妻の亡霊であると後の世に伝えられた。以後この岩を夜泣き岩と云っている。(可児町郷土史より)

DSCN4298.jpg

堤防に上がります。

DSCN4297.jpg

堤防に上がる前に、このような看板があった。
こんな広い川なのに、こんなところまで水位が上がったとは、驚きです。

DSCN4301.jpg

カタクリ群生地がある鳩吹山が見えています。

DSCN4305.jpg

DSCN4304.jpg

白髭神社に到着です。

DSCN4303_20150328225712203.jpg

毎年4月の第1日曜に開催される白髭神社大際は、天慶年間、平将門追討の命を受けた平貞盛の戦勝祈願が始まりと言われる神事。

DSCN4306.jpg

DSCN4308.jpg

天満宮前になで牛さま、撫でて来ました(^O^)/

DSCN4312.jpg

白髭神社の参道を歩いて来ます。
中々雰囲気ある道です。
お祭りの時には、ここを流鏑馬の馬が疾走するのかな?

DSCN4314_20150328230639d4a.jpg

国道41号線を歩いて行きます。
鳩吹山が随分近づいて来ました。

DSCN4318.jpg

国道を右折し、湯の華アイランド広場を通過します。
色んな施設があって、1日楽しめそうな感じでした。
ひるがの高原から贈られた雪がありましたよ。

DSCN4319_20150328230641700.jpg

DSCN4321.jpg

カタクリまつり会場に到着です。

DSCN4322_2015032823111938e.jpg

自然薯入りのたこ焼きを食べました。
美味しかった~~~(#^^#)

DSCN4320.jpg

いよいよカタクリ群生地に向かいますが、カタクリまつり会場から下っていけばすぐなのですが、コースはぐるっと迂回していきます。

DSCN4330.jpg

感じの良い林道を歩いて行きます。

DSCN4324.jpg

可児のマンホールです。

DSCN4335.jpg

いよいよカタクリ群生地ですが、先に氷場に行ってみます。

DSCN4336.jpg

DSCN4337.jpg

とてもいい感じの公園でした。
木曽川の水の色は、神秘的な色をしていました。

DSCN4338.jpg

DSC_0003_20150328231606f39.jpg

DSC_0004_201503282316076da.jpg

桜もぽつぽつと咲いていました。

DSCN4343_20150328231938baf.jpg

DSCN4342.jpg

氷場。
古そうな石垣が残っていました。

DSCN4346.jpg

いよいよカタクリ群生地に向かいます。

DSC_0014_20150328231935bed.jpg

DSC_0009_20150328231934b8d.jpg

DSC_0016_20150328232215017.jpg

DSC_0021_201503282322163b6.jpg

一面にカタクリの花が咲いていました。
可憐な紫の妖精が、一面に降り立っているみたい。
とても素晴らしかった。
良い時期に来れて良かったです。

鳩吹山には5つの登山口がありますが、カタクリの群生地にも「カタクリ口」と呼ばれている登山口があります。
ちょうど下山してくる人がいたので、頂上までの時間を聞いてみたら、1時間も掛らずに登れるとの事。
名鉄ハイキング中ですが、ちょっとコースアウトして、カタクリ口から鳩吹山登って来ました(^O^)/
標高313.5mでしたが、眺めも良く、楽しかったです。
鳩吹山のレポは、後日アップします。

DSCN4402_20150328233127731.jpg

鳩吹山から下山して、名鉄ハイキングのコースに戻ります。
元来た道を戻って行きます。
湯の華市場に立ち寄ってみました。
色んな果物や野菜、色んなものが売っていて、お客さんもいっぱいでした。

DSCN4407_20150328233128afd.jpg

コールに向けて歩いて行きます。
モクレンかな?

DSCN4409.jpg

のどかな道を歩いて行きます。

DSCN4410.jpg

鳩吹山です。

DSCN4412.jpg

コブシかな?
ここ最近暖かくなったので、一気に色んなお花が咲き始めていますね。

DSCN4413.jpg

前を歩いているお二人さんのリュック。
イスが付いていて、画期的でした。

DSCN4414_201503282336471a3.jpg

可児川駅にてゴールでした。
とても暖かく、見所いっぱいな、楽しいウォーキングでした。

DSCN4417_20150328233649cb1.jpg

岐阜の名物バス。
岐阜駅のロータリーに植えられている桜も咲いていました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。