スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小谷城を巡る(脇坂甚内コース)

6月20日(土)曇りのち晴れ

JRふれあいハイキング
奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催
『語り部と歩く小谷城シリーズ
 小谷城を巡る(脇坂甚内コース)』     距離:約10㎞

小谷山

小谷山ログ 小谷城を巡る

コース:河毛駅→戦国歴史資料館→間柄峠→望笙峠→番所→小谷城本丸→山王丸→六坊→大獄→脇坂甚内屋敷跡→河毛駅

歩いた時間:6時間12分(10:12~16:24) 走行時間:3時間30分
歩いた距離:10.8㎞(上り:3.7㎞ 下り:3.0㎞ 平坦:4.0㎞)
獲得標高: +461m -434m

奥びわ湖観光ボランティアガイド協会主催の「小谷城を巡る」に参加しました。
浅井三姉妹街道ウオークの時に、30㎞のチェックポイントになっている戦国ガイドステーションには立ち寄った事がありますが、小谷城は、まだ行った事がありませんでした。
小谷城は日本五大山城のひとつです。
この間行った安土の観音寺城も五大山城のひとつです。
どちらも日本100名城に入っています。

一度小谷山登ってみたかったのですよね~

CIMG2067.jpg

集合は、北陸線河毛駅。
駅前には無料駐車場も完備されているので、今回は車で向かいました。
1時間ほどで到着しました。

CIMG2076.jpg

CIMG2075.jpg

駅前には、浅井長政とお市の方の像。

CIMG2080.jpg CIMG2068.jpg

浅井三姉妹の縁の地なので、駅には三姉妹グッズがありました。

CIMG2072.jpg CIMG2073.jpg

小谷城に関する展示などもありましたし、書籍などの販売もありました。

CIMG2079.jpg

コミュニティバスは8人乗りで可愛らしい。
そんなに本数はないみたいですが、停留所以外でも乗り降りできるらしいですよ。

CIMG2081.jpg

ガイドさんの挨拶と今回のコースの説明があり、いよいよスタートです。
今回の参加者は、確か14名だったと思います。

CIMG2083.jpg

小谷山。
ピークが2カ所あります。
今回は低い方のピークを通過し、一番高い所・大獄(おおづく)に向かいます。
お天気はイマイチですが、雨が降りませんように…

CIMG2084.jpg

虎御前山。
小谷城の戦いで、信長は小谷城の目と鼻の先に在る虎御前山に本陣を布きました。
この山も、今度登ってみたいなぁ。
高速道路脇では、工事が行われていて、平成27年に小谷城インターが出来るそうです。

CIMG2092.jpg

北国街道。
街道の風情が残っています。

CIMG2095.jpg

CIMG2094.jpg

浅井氏の滅んだ後、小谷城は廃城にした上で戦功のあった秀吉に与えられました。
その後秀吉は長浜城を築いた時に、この辺りは城下町だったそうですが、住民ごと長浜に移動させたため、長浜の街には、こちらと同じ地名の場所が多くあるそうです。

CIMG2093 (2)

この神社では、NHK大河ドラマの江の撮影が行われたそうです。

CIMG2101.jpg

小谷城歴史資料館にてトイレ休憩。
こちらで100名城のスタンプも頂きました。

CIMG2096.jpg

CIMG2106.jpg

いよいよ小谷山に向かいます。

CIMG2108.jpg

所々でガイドさんの説明を聞きながら進んで行きます。

CIMG2110.jpg

草むらには獣道。
何か動物が行き来した足跡がありました。

CIMG2111.jpg

いよいよ山に入ります。
前日の雨で、土の香りが漂っています。

CIMG2114.jpg

ずっと上りが続きます。
前回の繖山よりは、角度が緩やかでしたので、休まずに上がって行けましたが、結構大変でした。

CIMG2116.jpg

間柄峠。
数名遅れた方を待ちます。

CIMG2119.jpg

望笙峠到着。
200名程の中学生と保護者の団体もいて大賑わいでした。
こちらからは山本山や竹生島が見えていました。
しばし休憩の後、リスタートです。

CIMG2122.jpg

まだまだ上ります。

CIMG2133.jpg

虎御前山。

CIMG2142.jpg

CIMG2143.jpg

御茶屋跡。
西側のすみには庭があったそうです。

CIMG2147.jpg

御馬屋跡。
三方を高い土塁に囲まれています。
馬小屋があったかどうかは不明。

CIMG2149.jpg

御馬屋跡には二層の井戸もありました。

CIMG2148.jpg

CIMG2158.jpg

CIMG2159.jpg

首据石。

CIMG2161.jpg

CIMG2163.jpg

桜馬場。

CIMG2167.jpg

こちらでも江の撮影が行われたそうです。

CIMG2169.jpg

CIMG2173.jpg

桜馬場からの眺めです。

CIMG2179.jpg

黒金御門跡。
秀吉が、二度と使えないようにと壊した“破城”の跡が残っています。

CIMG2185.jpg

大広間跡。
お江が生まれたとされる曲輪跡。
場内最大級の曲輪跡です。

CIMG2175.jpg

建物の柱を支えた敷石も見られました。

CIMG2190.jpg

CIMG2192.jpg

いよいよ本丸跡に向かいます。

CIMG2193.jpg

本丸跡。
天守など、城の中心となった建物があったと推定されています。
北側には大堀切がありました。

CIMG2198.jpg

大堀切の下に降りて来ました。

CIMG2201.jpg

奥に進んで行くと、上から赤尾屋敷跡が見えました。

CIMG2202.jpg

赤尾屋敷は、浅井長政が自刃した場所です。
享年29歳。若いです。

CIMG2205.jpg

CIMG2208.jpg

京極丸。
浅井氏の主人、京極氏が住まいしていた所と言われています。

CIMG2210.jpg

小丸跡。
浅井長政の父、久政が自刃した場所です。

CIMG2211.jpg

山王丸跡に進んで行きます。
こちらの石垣も破城により、中央が壊されていました。

CIMG2213.jpg

CIMG2214.jpg

山王丸跡に行く手前を右奥に進むと、当時のままの石垣が残っている場所がありました。

CIMG2216.jpg

山王丸跡。
山王神社が祀られていたそうです。

こちらにて20分程の昼食休憩でした。

CIMG2218.jpg

山王丸跡からも竹生島が見えていました。

CIMG2221.jpg

リスタートです。
山王丸が低い方のピークでしたので、一旦六坊跡まで下り、小谷山の山頂・大獄を目指すことになります。

いきなり岩場下りになります。
金華山のめい想の小径みたいです。
慎重に降りて行きますが、何名かの方は、尻もちをついたみたいです。

CIMG2222.jpg

CIMG2224.jpg

六坊跡。
軍務や政務を司る6つの寺院を、ここに集めたとされています。

CIMG2227.jpg

さあいよいよ山頂に向けての上りが始まります。
標高差にして100m、距離は600m。
もうひと踏ん張りです。

CIMG2228.jpg

熊のひっかき傷の付いた木。
この辺りも熊がいるそうです。
三重県内で捕獲された熊を無断で滋賀県内に放したと問題になっていましたが…

CIMG2230.jpg

伊吹山は、まだ雲の中。

CIMG2233.jpg

CIMG2236.jpg

大獄到着です。
小谷山の最高所495mに位置しています。
初代城主浅井亮政が最初に築いた城跡です。

CIMG2235.jpg

三角点もありましたよ。

CIMG2237.jpg CIMG2238.jpg 

下山開始です。

CIMG2241.jpg

尾根分かれ道を通過し、福寿丸跡に立ち寄りました。
小谷山には、無数の曲輪があり、すごく巨大な山城だったんだなと実感しました。
今回説明を受けながら巡りましたが、城を守る為に、色んな工夫がされているのも知りました。

CIMG2244.jpg

CIMG2248.jpg

尾根道の分かれ道まで戻り、林道を歩いて行きます。

CIMG2251.jpg

CIMG2253.jpg

脇坂甚内屋敷跡。

CIMG2254.jpg

CIMG2257.jpg

CIMG2258.jpg

CIMG2262.jpg

アジサイが綺麗に咲いていました。

CIMG2266.jpg

CIMG2265.jpg

丁野観音堂。
この辺りの寺院は、すべて信長に焼かれているので、建物は信長以降の物だそうで、観音様は土に埋めたりなどして、住民が守ったそうだ。
こちらの観音様も平安時代の物で、素晴らしいです。

CIMG2267.jpg

小谷山。
一番高い所まで上って来ました。
お天気もすっかり回復ですね(#^^#)

CIMG2268.jpg

ゴールの河毛駅に向かう途中の丁野山(岡山)。

CIMG2271.jpg

こちらを進んで行くと、丁野山城跡と中島城跡に行けるそうです。

CIMG2270 (2)

こちらのアジサイも綺麗でした。

CIMG2274.jpg

河毛駅にてゴールでした。

CIMG2276.jpg

河毛駅からの小谷山。
今回のコースは、健脚コースだったので、ちょっと厳しかった方もおられたみたいで、何度か遅れた方を待ちましたし、中学生の団体と遭遇して、思ったように進めなかったし、各所で説明をじっくり聞きながらでしたので、結構時間が掛りました。
でも個人的に小谷山に登ったとしたら、いろんな事を分からないまま、ただ通過していたと思うので、今回のウォークに参加して、とても勉強になりました。
小谷城は、実際自分の足で歩いてみて、巨大な山城だったんだなと分かりました。
ガイドの先生お二方も説明は、とても分かりやすかったです。
大変ありがとうございました<(_ _)>
このシリーズ、コースを変えて、度々開催されているみたいなので、また今度参加してみたいです。
次回は信長の陣があった虎御前山にも登ってみたいなぁ~

CIMG2277.jpg

帰り道。
朝は隠れていた伊吹山も綺麗に見えていました。

今日(6/21)も少し歩きに行こうと思っていたのですが、朝からひどい雷と雨でしたので、歩きに行くのは止めました。
夏から秋にかけてのウォーキング計画を練ろうかなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

涼歩さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

小谷山は、浅井三姉妹ウオークの時も、脇をかすめるだけで、ずっと登ってみたいなぁと思っていました。
実際に行ってみて、これほどまで規模が大きいとは、知りませんでした。
さすが5大山城ですね。
まだまだ全部見れてないし、次回は虎御前山にも行けるみたいなので、次も参加しようかなと思っています。
どうせ夏場はイベントありませんですしね。

観光協会などが主催しているガイド付きのウオーキングは、2回続けて参加しましたが、なかなか面白いです。
「江」や「軍師官兵衛」は、良く見ていたので、説明聞きながら、これがあのシーンと繋がるのだなぁと思いながら聞いていました。今回の参加者14名は、ほんと贅沢でした。

滋賀は、お手軽に登れそうな山が、いっぱいあるので、是非ツーデーのコースに入れて欲しいですよね。
今年の15㎞コースも田村山をかすめただけでした。
やはり多少のアップダウンの味付けがないと面白くないですよね。

そういえばお城繋がりで、8月末の幡豆の例会は岩村城が歩けそうですね。
参加候補に入っています。

さっきも書きましたが、夏場のイベントは、なかなか無いですね。
暑い中平地を歩くのは嫌なので、平地を歩くのは、一宮七夕Wと京都五山位のつもりで、9月のトレイル大会に向けて、山歩きが多くなりそうです。
去年の夏みたいに、土日の度に雨は止めて欲しいですけどね。

次回は一宮でお会い出来るのを楽しみにしています(^O^)/

「中世五大山城」・・納得です!

長浜ツーデー ・・ 3回歩きました
いつも、 「小谷城」 登山口を通過するだけで
コースに組み込んでくれたら 「長浜2D」の優先度も上がるのだが
と思っていましたが、ハードになりすぎて 歩く人はいない?
 個別に行くには 微妙に遠い ・・ と思っていましたが
 花火さんのレポで ・・ 歩いた気分になりました
   (・・ 余計に 歩きたくなったのかもですが)

14名にガイドさん2名
 ・・ 好きなだけ質問も出来そうな、贅沢なイベントでしたネ
 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」 2011年放映から 4年・・
 訪問する人も お城好き・ハイカーさん中心になったのでしょうネ
 花火さんのレポで、その規模の大きさに「五大山城」・・納得です

夏場のウォークは半分あきらめて、花火さんのレポで我慢?
 無理にならない範囲で 楽しんで歩いて下さい

hiroyuki23 さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

7月になると、めっきりウォーキングイベントが減りますね。
今回はガイドさんと巡る小谷山に参加して来ました。
暑いので、山に行きたいのですが、道迷いや熊が心配で、ソロで初めての山に入るのは、二の足を踏んでしまいます。京都の東山トレイルのように、ハイカーが多い場所なら、まだ安心ですが…
このようなイベントだと、自分のペースで歩けませんが、勉強にもなりますし、安心です。
小谷山は、今回登ってみて、しっかり標識もありますし、そこそこハイカーさんも居ますので、ソロでも行けるかなと思いました。
熊さんだけには会いたくないですが…
小谷山は、見所がいっぱいありますので、是非チャレンジしてみてください(^O^)/

私、今度は山本山~賤ヶ岳に行きたいなぁと考えています。
余呉湖のアジサイ、今頃見頃かな?

番所までの坂道が、一番きつかったので、小谷城バス便利ですね。

そろそろ熱中症の季節ですね。
水分補給しっかりして、気を付けて歩きたいですね。
歩いた後の一杯は、確かに美味しそうですが、私はかき氷が良いかな(#^^#)

でこさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

少ない人数の団体歩行は、小回りが利いて、ガイドさんの説明もしっかり聞けて、なかなか良かったです。
私もアップダウン苦手ですが、特に暑い夏の時期とかは、山歩いている方が断然気持ちいいので、これからの時期は、山歩きが増えそうな予感です。
土曜は、お天気が回復して良かったです。
ここ最近、天気が不安定なので、嫌ですね。
梅雨なので仕方がないと思いますが。。。

マサさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

50㎞ウオークお疲れ様でした。
7時間ちょっとで50㎞歩けちゃうんですね~
凄いなぁ。
しかも大阪城公園からだと、信号も多いんじゃないですか?
私だったら、10時間位掛りそうです。

ここ最近暑いですし、時速7㎞で歩くと言ったら、走るのと変わらないじゃないですか。
ちゃんと水分補給して、気を付けないと…無理は禁物です。
しっかり養生して、また週末元気に歩きましょう。
次は大阪アルコロジー大会でしたか?
かなり参加者多そうですから、大変そうですね~

小谷城は、長浜ツーデーの40㎞コースで通過しますよね。
確かに山に大きな看板が付いています。
小谷山は脇を通過するばかりだったので、一度登ってみたかったんです。
今回はガイドさんの説明も聞けて、色んな事教えて頂きましたよ。
参加者も十数名位だと、小回りが利いて良いですよね。
また参加したいと思います。
今回は、雨が心配でしたが、回復して良かったです。
昨日はは出掛ける時間に雨と雷が酷かったので、歩くのを止めましたが、昼位から回復したので、どこかへ行けばよかったかなと後悔しました。


参考にします!

花火さん こんにちは
頑張って歩きにいっていますね

丁度、小谷山(城跡)は、琵琶湖一周で
河毛駅がゴール、スタートでコミュニティハウスに
「小谷城跡を歩こう」のパンフが置いていたので
持って帰りました
この夏の計画のひとつに入れていますので
今回のレポート参考にしますね

でこさん 夏休みは麓から番所跡までの
林道を土日祝だけバスが走りますよ
http://kitabiwako.jp/event/event_10948/

マサさん、夏のウオーキング後のビールは
熱中症を助長するので、要注意です
十分に水分補給してからでないと危険ですよ
アルコール分解に水分を使うので体内の脱水が
加速して、脱水症状が進みます
(同様に利尿作用の強いカフェインを含む
緑茶やコーヒーも注意が必要です)
確かに、喉が渇いた時の一杯は美味しいですけどね

No title

少ない人数での団体歩行は歩きやすいですね。私も山は苦手なんで短い距離でも、無理ですねえ。ツ-デ-で歩くいがいには山はスル-しています。景色は最高でしょうけれど~河毛駅は何年か前の琵琶湖ツ-デ-のスタ-ト地点{15k華20k}になったことがありますね。お天気もってよかつたですね。

No title

花火さん、こんばんは。天気がよくなってよかったですね。団体歩行といっても少人数ではほんわかした感じだったのではなかったでしょうか?
小谷城は長浜ツーデーの2日目に横を通ったのでよく覚えています。確か山の中腹に大きな看板が掲示されていたような?その時は小谷城歴史資料館に入ってみたかったのですが、ゴールをいそいでいたので泣く泣くスルーしてしまいましたが・・・
昨日は近笑会の50キロに久しぶりに参加しました。ただひたすら歩くこのイベント、Hさんによると“今日のメンバーはキツいわー”どうやらみなさん、1着を目指しているみたいですが、自分の目標は誰かが相手ではなく自分相手の7時間8分以内でのゴール、にしました。7時間8分=単純計算で時速7キロです。市街地コースで普通はムリだけど、50キロと言いながら実際は49キロだったりすることもあるし、誰かにひっぱってもらったらもしかしたら・・・と他力本願気分丸出しで挑戦する事にしました。
いいペースで歩けてたのですが、スタート時間が8:00予定に対して実際は7:58だったのを忘れていて、余裕こいてコンビニでビールを買ってるとゴール直前の長い信号につかまってしまい、7時間12分ゴールで4分足らずでした・・・
ゴール後、みなさんと話しをしているとどうも体調がおかしい。少し吐き気がするし耳に水が入った感じもする。おまけにゴール後のビールがおいしくない?ヨロヨロと森ノ宮の駅に入ったけどフラフラでホームのベンチで休憩。頭が痛いし眠たいような眠たくないような?結局1時間くらいへたって少し回復したので電車に乗るとクーラーが利いててあまりに気持ちいいので寝過ごしそうに。(大和路快速だったのでもし寝過ごしたら奈良まで行ってしまうところでした。)阪急に乗り換えるのに歩いているとやはり何かおかしい。そのへんでへたり込みながら考えた。これってもしかしたら熱中症なのではないのか?ペットボトル4本分の水分補給をしたが、炭酸、烏龍茶、水、麦茶では塩分が足りなかったのか?30分くらいへたり込んでから売店に行って今さらながらポカリを買ってがぶ飲みして何とか家に帰ることができましたが、その後と今日はずーっと横になってましたわー。今後は調子に乗った目標は決めないようにします・・・


プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。