スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高見山登頂

7月5日(日)雨

名鉄バスハイキング
『360度の大パノラマ!高見山登頂』     
  (標高:1,248.4m 奈良県東吉野村)     距離:9.5㎞

高見山

高見山高低差 高見山登頂

コース:高見山登山口バス停→小峠→杉谷平野分岐→高見山山頂(標高:1,248m)→杉谷平野分岐→高見杉→たかすみ温泉

歩いた時間:3時間13分(11:03~14:16) 走行時間:2時間47分
歩いた距離:7.4㎞(上り:3.5㎞ 下り:3.8㎞ 平坦:69m)

名鉄バスハイキングで高見山に登って来ました。

高見山

近畿のマッターホルンともいわれる秀麗な山容を誇る高見山。
関西では冬に霧氷や樹氷を見ることができる山として有名で、冬は多くの登山客で賑わうそうだ。
登山レポをネットで検索しても、冬のレポートばかりでした。

この日の天気は微妙でしたので参加を迷いましたが、少々の雨なら、まっ良いかなと思い、行く事に決めた。
朝、こちらは雨が止んでいましたが、天気予報によると、太平洋に近いほど雨が降るみたいで、奈良は雨のようでした。

名古屋の名鉄バスセンターに向かいます。
参加者ワッペンとマップを頂き、バスに乗り込みます。
今回のハイキングコースはバス1台との事で、座席は半分ほどしか埋まっていませんでした。
8時にバスターミナル出発です。
バスハイキングは、初参加。どんな感じなんでしょうね~

バスの中でうとうとしていたら、伊賀上野SAで小休憩。
外に目をやると、雨が降っています。
あらら。。。(^-^;

バスの中では、コースの説明や諸注意があり、出発してから3時間ほど、11時前に高見山登山口に到着です。
雨が降っているので、雨装備を整え、スタートです。
雨の中、標高1,000m以上の山に登った事がないので、ちょっと心配ですが、マップには通過時間の目安が書いてあったので、それを目安に歩こうと思います。
山頂は13時30分までに通過とあります。
2時間半で標高1,248mまで行けるかな~

DSCN8444_201507072044551be.jpg

登山道に進んで行きます。
長丁場だから、ペースを上げ過ぎないように。

DSCN8446.jpg

名鉄ハイキングの道標も、結構貼ってあったので、心強かったです。

DSCN8449.jpg

DSCN8450.jpg

石畳の綺麗な道が続きます。
先週熊野古道で滑って転んだ事を思い出しましたが、登りでしたので、滑りませんでした。

DSCN8454.jpg

左右に草が生い茂る道を歩いて行きます。
思ったほど急な坂は無く、むしろ穏やかな道。
「こんな楽でええんかいな。」

DSCN8456_20150707205307048.jpg

雲母曲(きららひじ)。

DSCN8457_20150707205309c99.jpg

つづら折れに登って行きます。

DSCN8458.jpg

おっと通行止め。
迂回路に進みます。

DSCN8459.jpg

見事に崩れていますな。

DSCN8461.jpg

徐々に上がりながら進んで行きます。

DSCN8463.jpg

小峠到着。
マップには12時15分までに通過と書いてありましたが、11時35分通過。
40分貯金が出来ました。

DSCN8465_20150707205729dc5.jpg

小峠からが、激上り。。。(^-^;
急な上りが続きます。

DSCN8468.jpg

流石に足を止めて、水分補給をしました。

DSCN8470.jpg

急な上りの最後は、鎖をつかんで、岩を越えました。

DSCN8474.jpg

杉谷平野分岐に到着です。
ここから山頂までピストンです。

DSCN8477_20150707210346d94.jpg

ひたすら上って行きます。

DSCN8483_20150707210349b2c.jpg

DSCN8481.jpg

国見岩。

DSCN8484_201507072103503d3.jpg

雨が降り続いていますが、緑が綺麗。
辺りはガスっていて見えません。

DSCN8487.jpg

DSCN8488_2015070721072505e.jpg

揺岩。

DSCN8489_20150707210726124.jpg

まだまだ上り。
もうちょっとって思うんだけど、なかなか山頂までたどり着けない。

DSCN8490_201507072107282ca.jpg

平坦な道の先は山頂かなと期待したのですが…

DSCN8491.jpg

笛吹岩。

DSCN8495_201507072112466cd.jpg

絶妙なバランスで石が立ててあった。

DSCN8493.jpg

笛吹岩からの眺め。
雲が下に見えて、素晴らしい眺めです。
山頂はもっと素晴らしいはず。
頑張ろう。

DSCN8498.jpg

周りがガスっています。

DSCN8499.jpg

山頂らしき建物が見えた。

DSCN8502_20150707211252869.jpg

高見山の山頂に到着ですヽ(^。^)ノ
12時40分に到着ですので、約1時間40分で山頂まで来れました。
強弱はあれ、ずっと上りでしたので、結構大変でした。

DSCN8504_20150707211730bcc.jpg

高見山の三角点。

DSCN8507.jpg

DSCN8500.jpg

DSCN8508_20150707211734eda.jpg

DSCN8510.jpg

山頂からの景色は、生憎の天気でしたが、とても素晴らしく、登って来た辛さを忘れるほどでした。
山って、やっぱりいいね(#^^#)

DSCN8514.jpg

下山します。

DSCN8516.jpg

DSCN8517_201507072121521fe.jpg

国見岩まで戻って来ました。

DSCN8521_201507072121533e2.jpg

DSCN8522.jpg

杉谷平野分岐まで戻って来ました。
杉谷方面から来たので、平野方面に向かいます。

DSCN8524.jpg

多少のぬかるみはありましたが、問題なく下って行きます。

DSCN8525.jpg

DSCN8526_2015070721251026a.jpg

途中結構階段があったのだけど、1段1段の段差が大きく、歩き辛かった。

DSCN8527_201507072125128d9.jpg

岩ごろ道も、かなり歩き辛かった。

DSCN8530.jpg

沢渡りが1カ所ありました。
先週ツヅラト峠で失敗しているので、慎重に渡ります。

DSCN8533.jpg

DSCN8539_201507072130125a6.jpg

樹齢700年の高見杉。

DSCN8543.jpg

DSCN8550_20150707213015143.jpg

DSCN8551.jpg

参加者も少なく、ばらけているので、前にも後ろにも誰もおらず、心細くなったりしましたが、名鉄ハイキングの道標もあったりしたので、安心して歩いて行けました。
雨が降っていて、緑が綺麗でしたし、沢のせせらぎが聞こえ、鳥の鳴き声が聞こえ、マイナスイオンたっぷりな、楽しい道でした。
下り道、所々大変な所はありましたが…

DSCN8555.jpg

登山道を抜け、丹ノ浦橋を渡ります。

DSCN8558.jpg

DSCN8560.jpg

川沿いを歩き、

DSCN8564.jpg

DSCN8565.jpg

たかすみ温泉でゴールでした。
2時15分位に到着でしたので、山頂から1時間35分程掛りました。
下りの方が距離が長かったので、意外と時間が掛りました。

バスの出発は4時なので、たかすみ温泉に行き、汗を流しました。
レインウェアを着ていたので、服はぐっしょり濡れていました。
森林の中を歩いていたので、それほど激しい雨には当たってないのですが、汗はかなりかきましたね。
温泉でさっぱり出来て、とても気持ち良かったです。

たかすみ温泉の駐車場に帰りのバスが待っていたので、ゴール受付をしました。
朝もらった参加者ワッペンの半券をスタッフさんに渡します。
ワッペンには番号が振ってあるので、誰がゴールしたか分かる仕組みです。

DSCN8567.jpg DSCN8569.jpg

ゴールでは、お土産まで頂けましたよ。

雨の中の高見山登頂。
私の脚力では、ちょっと大変で、次の日も微妙に筋肉痛になったりしましたが、山頂の景色も素晴らしかったし、登山道も緑が美しく、良い山だなと思いました。

今回は初めて名鉄ハイキングツアーを利用して遠征登山をしてきましたが、個人的に行くより全然安く早く楽に行けるので、結構使えるなぁと思いました。
初めての山にソロで登るのは、ちょっと勇気が要りますが、これなら道標もありますし、スタッフさんも同じコースを歩いていますしので、安心して歩けます。
ちょっと遠くへ、旅気分が味わえるのも良いなぁと思います。
夏はイベントが少ないので、またプチ遠征したいなぁと思います(^O^)/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

マサさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます♪

お返事が書けなくて、ごめんなさい。
落ち着いたら、また改めて、お返事書きますね。

No title

花火さん、おはようございます。
プチ遠征?ごくろうさまでした。あいにくの天気だったみたいですが、とっても楽しめた様子がよくわかりました。初めてのツアーだったみたいだけど、思い切って参加してよかったですね。ハズレも多いけどアタリも時々あるので、やっぱりいろんな方面にアンテナを張って実際に飛び込まないといけませんね。
この日、自分もJOCウォーキング協会さんの例会に初めて参加してきました。和歌山の離島の友が島で、加太港から船にのって行く小さな島です。今でも砲台や灯台が残っていて、以前から行ってみたい場所でした。
心配していた雨に降られず3~4キロのショートコースを20人でのんびりと散策。昼食場所では鹿を見ることができたり、なまなましく残っている遺構を見ることができて、島にいたのはわずか2時間くらいでしたが満足度はそこそこありました。
今回は雨が心配で格安チケットを買わなかったので、難波ー加太の運賃片道960円!+船代往復2000円と交通費が結構かかったので、欲を言えばせっかくだからもう少し時間をとって、島の反対側にも行ってみたかったところです。
ところでこの時に、今年初めてセミの鳴き声を聞きました。ということは梅雨明けも近いのか?早くこのジメジメから解放されたいわ!と思ってたら、どうも夏カゼになったようで後頭部とノドが痛くてここ数日は意識朦朧状態ですわ・・・ということで本日は休歩日にして一日中家でゴロゴロしてゆっくりする予定です。きっと家族にうっとうしがられるんやろな・・・

ちゅうさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

高見山登って来ましたよ。
ちゅうさんの冬に登られたブログ、改めて読み返してみました。
実際に歩いてきたので、写真を見てて、どの辺りか分かりますね。
エビの尻尾を是非見てみたいですが、凄い人と凄く寒そうですし…
まだまだ山歩きの初心者なので、雪の中のあの小峠からの激上りは、無理なような気がします。
三峰山の記事も読ませて頂きましたが、こちらの方が、高見山より険しそうですね。
とても寒そうなのに、あの賑わい。
やはりとても素晴らしい樹氷が見れるのでしょうね。
もっと体力付けて、いつか見てみたいなぁと思います。

花火さんこんばんは

花火さんこんばんは。

高見山に行かれたのですね。
こちらでは冬の樹氷が有名で人気の山です。
但し公共の交通機関では普段は行けません。
冬期の土日休日限定で近鉄電車榛原駅~霧氷バスが運行されます。
こちらでは人気の冬山でシーズンには多くの登山者でごった返します。
それでも山頂付近でエビのしっぽが見れる貴重な山です。

今年登ったときの記事です→http://letswalking2.blog.fc2.com/blog-date-20150215.html

同じ榛原から霧氷バスで行く三峰山も冬季は人気の山です。
http://letswalking2.blog.fc2.com/blog-date-20150212.html

hiroyuki23 さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

ここ最近はイベントが無いので、今回は試しにバスハイキングに行ってみました。
高見山は、こちらからだと、まず近鉄榛原駅が遠いし、そこからバスで移動となると、なかなか行ける場所ではありません。
多分個人的に行く事がなかったと思います。
バスツアーだと、乗ってから、登山口まで連れて行ってくれて、ゴールでピックアップしてくれるのが、楽ちんです。
ツアーは制約があって窮屈かなと思いましたが、マイペースで歩けましたし、道標もつけてあったので、快適に歩けました。
山コースのハイキング、度々やっているようなので、また行きたいなぁと思います。

今回は雨が降っていましたが、樹林帯の中を歩いていたので、それほど雨は掛らなかったし、それほどぬかるんでもいなかったので、良かったです。
山頂からの眺めは、ガスっていて、何も見えないかなと思っていたのですが、素晴らしい景色が見れ、感動しました。
冬は樹氷で大人気の山みたいですが、オールシーズン楽しめる山だと思いました。
また晴れた日に登ってみたいなぁ。

来週も湖北ですか?
高月や醒井は、JRハイキングなど歩きましたが、なかなか良い所です。
ゆる~く楽しんでくださいね(#^^#)
雨降りませんように☆

脱帽です!

花火さん こんにちは!
日曜日は高見山に登られたのですね
お疲れ様でした

高見山は冬のイメージが強いです
雨中の登山は、少し大変でしたね
ツアーの難易度を見たら、三ツ星でした

バスツアーも、参加人数が少ないと
楽そうですね
私の場合ですと、近鉄榛原駅から
臨時バスが、1日に一往復だけなので
なかなか厳しい地域です

ようやく、ふくらはぎの痛みが取れました
さて、週末をどうするか、そろそろ具体的に
考えようと思います
(来週は広島出張なので軽めにしておきます)
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。