スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・1日目

10月24日(土)晴れ

第10回世界遺産高野山ツーデーマーチ・1日目 

A:町石道コース   27㎞(500選:和歌山-5)
B:小辺路コース   23㎞ 
C:真田幸村縁の街並みコース   10㎞
D:高野山上コース   10㎞

歩いたコース:A:町石道コース   27㎞(500選:和歌山-5)

高野山1日目1

高野山1日目 高野山1日目2

コース:九度山町役場→慈尊院→二つ鳥居→神田地蔵→花坂矢立→大門→高野山大学

歩いた時間:5時間54分(8:12~14:06) 走行時間:5時間26分
歩いた距離:22.4㎞(上り:12.1㎞ 下り:6.8㎞ 平坦:3.5㎞)
累積標高 +1138m -381m

高野山ツーデーに参加しました。
1日目は町石道コースを歩きました。
高野山町石道(こうやさんちょういしみち)は、慈尊院(和歌山県伊都郡九度山町)から高野山(和歌山県伊都郡高野町)へ通じる高野山の表参道である。
高野山への道標(道しるべ)として、1町(約109メートル)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられています。(Wikiより)

CIMG3495.jpg

スタートは九度山町役場。
会場では、ブロ友さんや知り合いさんとの久々の再会です。
近畿マーチングリーグの大会参加は6月の堺以来ですからね~
九度山は開祖である弘法大師空海の母が暮らしていたという慈尊院があり、空海は月に9度母に会いに来ていたことから九度山の地名が付いたと伝わっています。
出発式の後、いよいよスタートです。

CIMG3497.jpg

高野山の山頂まで、長い上りですから、慌てることなく、歩いて行きます。

CIMG3499.jpg

紀の川にそそぐ丹生川を渡りました。

CIMG3500.jpg

道の駅を通過し、「女人高野」と呼ばれる「慈尊院」。

CIMG3501.jpg

ここは一時、弘法大師のが御母公が暮らしておられた場所です。
その昔、弘法大師(空海)の御母公が「一目わが子に会いたい」と訪ねてこられた時も、当然高野山は女人禁制だったため弘法大師の元に行くことができませんでした。空海は月に九度の頻度で、「町石道」を歩いて母に会いに来たと言われ、それが「九度山」という地名の由来となったといわれています。町石道とは、高野山への道しるべとして一町(約109m)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる石柱が置かれた道のこと。
弘法大師が開いた慈尊院は女性の参拝が自由な「女人高野」として女性の祈りを集めるようになりました。今では世界遺産に登録されています。

CIMG3474.jpg

町石の0番というべき慈尊院ご本尊の弥勒菩薩様にお参りします。

CIMG3503.jpg

丹生官省符神社への長い階段の途中にある鳥居の右側に180町石があります。

CIMG3482.jpg

180町石。

CIMG3505.jpg

丹生官省符神社。

CIMG3507.jpg

いよいよ高野山へ向けての登りが始まります。
27㎞も続く登り、かなり心配なのですが、いつもなら、もっと短い距離で、もっと高い標高まで登っていたりするので、大丈夫かなと思ったり。。。

CIMG3511.jpg

最初は結構厳しい登りで、一気に登って来ました。
スタートした直後だったので、ウォーカーも多く、少し歩き辛かった。

CIMG3513.jpg

ひたすら登って行きます。
遅れてスタートされたブロ友さんが楽々と追い越されて行きました。

CIMG3520.jpg

CIMG3523.jpg

1町ごとに建てられている町石に掘り込まれている数字を確認しながら登って行きますが、なかなか数字が小さくなって行きませんね。

CIMG3529.jpg

ひたすら登り。。。

CIMG3543.jpg

二つ鳥居までやって来ました。
二つ鳥居は空海が高野山に丹生明神と狩場明神(高野明神)を勧請した際に、神域の入り口として建立したと伝わっています。
2基の鳥居は、両神それぞれを遥拝するものと考えられます。
ひとつめのピークですかね。

CIMG3538.jpg

中々の眺め。
いつの間にか、こんなに登って来ていました。

CIMG3546.jpg

しばらくはほぼ平坦な歩きやすい道が続きます。

CIMG3547.jpg

CIMG3550.jpg

また登らなきゃいけないのになぁと思いながら、坂を下って行きます。
白蛇の岩。

CIMG3553.jpg

ちょっと開けて来ました。
ゴルフ場のようです。

CIMG3556.jpg

神田地蔵でチェックポイントでした。

CIMG3557.jpg

のどかな風景が広がっていました。

CIMG3562.jpg

CIMG3571.jpg

CIMG3581.jpg

CIMG3587.jpg

さらに歩みを進めます。
せっかく登ったのに、どんどん下って行きます。

CIMG3597.jpg

坂を下り切り、国道を横断すると矢立茶屋。
こちらがチェックポイントでした。
名物のやきもちを買い、しばし休憩です。

CIMG3599.jpg

リスタートです。

CIMG3601.jpg

再び登り坂の始まります。

CIMG3609.jpg

再び国道を横断し、しばし休憩後、険しい上り坂へ。

CIMG3611.jpg

CIMG3610.jpg

上り坂の上は展望台になっていました。

CIMG3617.jpg

いよいよ町石道もクライマックス。
渓流に沿った道を歩きます。

CIMG3618.jpg

紅葉が綺麗です。

CIMG3623.jpg

12町石のあたりからは大門への最後の急坂。
結構疲れていますが、頑張って登って行きます。

CIMG3628.jpg

8町石の斜め向かいに大門。
やっとここまで来ましたヽ(^。^)ノ
ここが最後のチェックポイントでした。
大門から高野山大学まで、クールダウンしながら歩いて行きます。

CIMG3632 (2)

1町石。

CIMG3635.jpg

金剛峯寺。

CIMG3636.jpg

CIMG3638.jpg

綺麗に色づいた木々。

CIMG3639.jpg

高野山大学にてゴールでした。

CIMG3641.jpg

ゴールでは、豚汁を頂き、ブロ友さんや知り合いさんと、しばし談笑しました。

帰り道に観光客でごった返している金剛峯寺に立ち寄りました。

DSC_0069_20151027215140c12.jpg

DSC_0080.jpg

DSC_0094_2015102721514234c.jpg

DSC_0105_20151027215145c42.jpg

DSC_0106.jpg

DSC_0120.jpg

初めて見る根本大塔。
こんなに大きいとは。。。(@_@。
大会のゼッケンで色々入れるみたいでしたが、あまりの観光客の多さに、どこにも入れずじまいでした。

暗くなる前に、スタート地点まで車を取りに戻ります。
どうやって麓に下りたらいいものか。
ケーブルの高野山駅は、微妙に遠そうだし、バスも混んでそう。
ブロ友のやまちゃんが極楽橋駅に向かわれるとの事でしたので、一緒に連れていってもらいました。

DSC_0130_2015102721532469a.jpg

女人堂。

DSC_0134_2015102721532522f.jpg

不動坂を下って行きます。
2日目の20㎞コースみたいなので、明日もここ歩きますね。

DSC_0136_201510272153274ee.jpg

ケーブルが通過して行った。

DSC_0139.jpg

極楽橋駅。

DSC_0148_201510272202247d5.jpg

特急の「こうや」が停車中でした。
九度山駅は普通しか停車しないので、お隣の普通列車に乗り込みます。
結構混んでいたし、電車のスピードは、とってもゆっくりでした。

CIMG3642.jpg

九度山駅に到着した時は、周りは薄暗くなり始めていました。

高野山の町石道コース、無事完歩出来ました(*^^)v
良いコースでしたが、しんどかったです。
普段山歩きしているので、もうちょっと楽に歩けるかと思ったのですが、想像以上にアップダウンがあり、疲れました。
周りの景色や町石も、あまり見る余裕が無く、端折レポになってしまいました(^^ゞ
次回町石道を歩くときは、もう少し余裕を持った歩みをしたいと思います。

2日目のレポに続く。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

hiroyuki23さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

1日目は長丁場の登りなので、かなり心配でした。
京都トレイル以外の山歩きは、10㎞程度しか歩いていませんから。
1回歩いたので、次回歩くときは、もう少し楽に歩けるかなと思います。
ツーデーだと、制限時間内に歩かなきゃと、ついつい焦っちゃうんですよね。

山を歩いていると、今はやりのトレランの人に遭遇しますが、凄い勢いで来られると怖いです。
あのスピードで転んだのに巻き込まれたらと思うとぞっとします。
特急が来たら、すぐによけて先に行ってもらいます…

山歩きを始めた頃は、上りが苦しくていやだなと思ったものですが、実は下りの方が、足への負担が大きく、神経使いますよね。
2日目のいろは坂は、ほんと大変でした。

ウオーキング大会で走るのは、私も邪道だと思います。
先を急いでしまうのはウォーカーの悲しい性かも知れませんが、私の場合、鈍足なので、ロングコース歩いている時は、特にですが、歩くのに精一杯で、ついつい先を急いでしまいます。
せっかく遠くに来ているのに、周りの景色など、楽しめてない時が、多々ありますので、もっと余裕を持って歩きたいなぁと思います。

hiroyuki23さんは、道も良く知っておられるし、いろんな史跡などちゃんと写真に収められているので、レポを読んでいて、いつも凄いなぁって思っています。
加古川、まほろば、楽しく歩きたいですね(#^^#)

急いでゴールしてどうするのかな?

こんばんは 1日目はかなり心配されていましたが
実際の距離は短いし、激坂もポイントが限られてて
軽いアップダウンの林間が続くので、良いコースと思いますが
やはり初めてのコースは緊張しますね

私はウオーキングより登山の経験が先ですので
登りも下りも、速度は一定に歩幅で調整しながら
歩くのが身に付いています
下りは走った方が危険と思いますし、他の歩いている人にも
迷惑だと思うのですが(もし、ぶつかったりしたら大変です)
当然、膝への負荷も高いので、逆に障害を起こすと思います

100キロウオークは、マラソン同様に順位が出ますが
別に1位でも、最後でも完歩証は同じです
トレランは、また別の世界のスポーツですね

ウオーキング大会で、走るのは逆に私は邪道と思います
(100キロウオークでは、走ると失格です)
それでも、せっかくゼッケンで見学出来るのに寄らずに
先へ歩いてしまうのは、もったいないと思いながら
歩いていくのは、まだまだですね

せっかく来たのだから自然や景色、名所・旧跡や博物館など
楽しみながら歩くように心がけたいと思います

hakoさんへ
後ろから見ましたよ、道の上にある町石へジャンプして
タッチしているのを、最初はなんでジャンプしているのかと
思っていましたが、謎が解けました

マサさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

高野山、お疲れ様でした。
確かに和泉の槇尾山コースに続き、山コースですね。
山って、この先にどんな坂があるか知っていて歩くのと、未知のコースを歩くのとでは、全然違いますよね。
コースを知っている方が、ペース配分がうまく出来るような気がします。

下りは危ないし、足を壊すから走らんといかんのですか⁇
下りは慎重に降りないと、滑落したり怪我したりすると思っていたのですが、真逆ですね。
先頭集団の人達は、歩いて速いと思っていたのですが…
人それぞれだと思うのですが、ウォーキング大会で走る事は、私はしたくないっていうか出来ないなぁ。
どこに価値を見出すかは、それぞれ個々の問題ですから、否定はしません。
マサさんのおっしゃる通り「自分は自分のスタイルで歩いたらええやんか」まさにその通りだと思います。

ゼッケンで無料拝観出来たのですね。
きっと良い事ありますね。
私は超混み混みだったので、無料拝観は諦めました。。。

次回加古川でお会いできるのを楽しみにしています。

No title

遠方からの参加、ごくろうさまでした。
KMLは2週連続で、しかもまたアップダウンのある山コース…初参加の昨年はこんなコースと知らずにメロメロになってしまったのですが、今年は精神的に余裕をもってました。これは大きい!
受付をして顔馴染みのみなさんと話していると、今日は全国的な健脚メンバーが数名いてる、あの人らについていけたら大したもんやで!とけしかけられた。昨年2日目に舗装した道はそこそこついて行けたのに山道になったとたんに姿が見えなくなったことがあり、この人たちは登りでどんな 歩きかたをするのか見てみたくてついて行くことにしました。
どうにかこうにか二つ鳥居までついて行けましたが、ここから少しずつ離れ出した。理由は…走る場所・スピードが違う!ウォーキングをはじめた時に、下りは危ないし足をいわしてしまうから走らんとアカンで!と教えられたけど、それはあくまで自分のタイミングを整える程度のスピードで、こんな何かを競うようなスピードではないはず…しかも下りは全力に近いくらいで走り、平地でも走り、登りになっても走ってる!もはやトレラン?こんな世界もあるんや!とついて行ったけど、これは自分が求めているウォーキングとは違う…と思った瞬間に走るのをやめた。自分は自分のスタイルで歩いたらええやんか…そのせいもありむちゃくちゃ早くゴールしたので、いろんな人とたくさん話をする時間もあり、また混雑する前にゼッケンで無料拝観できました。ご利益あるかな???

hakoさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

高野山ツーデーお疲れ様でした。
町石道、最初と最後は険しかったけど、なかなか良かったですね。
でもちょっと疲れすぎて、ちゃんと見れなかったので、次回はじっくり町石をたどりながら歩きたいです。
今年は観光客が凄く多かったですね。
1,200年で色々公開していたみたいだけど、全然見れなかった。。。
来年からは少し落ち着くのかな?

hakoさんも帰りが遅くなったのではないですか?
私達は、早めに撤収したので、19時前には家に到着出来ました。
28㎞歩いていたら、たぶん渋滞にも巻き込まれたと思うので、すごく遅くなったと思います。

次回は加古川でお会いできるのかな?
私は、またまた遠いので20㎞歩きます。
お会いできるのを楽しみにしています。

花火さん、こんばんは
高野山まで遠征お疲れ様でした。結構遠いですよね、帰り着いたの遅くなったのではないですか? (四国の私が言うのもなんですが)

町石道、最初と最後はちょっと急でしたが、山道はよかったですね!私は楽しさの余りハイになり、町石をタッチしながら歩く変な奴になってました。
花火さんも書かれてたように、ゆっくり訪れて堪能したい場所だと思います。1200年ブームが終わったら来年は観光客も落ち着くかなぁ。

2日目は参加コースが違いましたね。
レポで楽しませていただきます^o^

でこさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

今回はお天気に恵まれ、とても良かったです。
でも日曜は寒かったですね。

今回歩いた町石道コースは、確かにハードですが、40㎞とか歩かれているでこさんなら大丈夫だと思います。
とても良いコースなので、是非今度歩いてみてくださいね(#^^#)

ちゅうさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

初めての高野山、とても良かったです。
一番圧巻だったのが、やはり奥之院。
根本大塔は、想像していたよりも、凄く大きく、美しかったので感動でした。
紅葉も美しかったです。

今回歩いた町石道。
大変でしたが、気に入りました。
余裕が無くて、しっかり見れませんでしたので、次回は、もっとじっくりと町石をたどりながら歩いてみたいです。
高野山は、うちから遠くて参加は大変でしたが、とても価値ある今回の高野山遠征でした。
また絶対に歩きに行きたいなぁと思います。
2日目は短いコースだったので、サクッとアップしたいと思います。
ちゅうさんのレポも楽しみにしています。

Old Walkerさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

高野山は2日とも晴れで良かったです。
しかし2日目は、かなり風が冷たく寒かったです。

町石道コースは、アップダウンが意外とあって、ハードですが、古から歩かれている道。
余裕が無くて、あまりしっかり見れてませんが、素晴らしかったです。

高野山は少し遠いですが、行くだけの価値はあると思います。
私も、また参加したいなぁと思います。

お疲れ様でした

二日ともお天気に恵まれてよかったですね。やはりかなりハ-ドなコ-スですね。このコ-ス500選なんで歩いてみたいですが、かなりきつそうですね。

お疲れさまでした

花火さんこんばんは。

初めての高野山満喫されましたか。
今年は1200年際のため混雑していましたが例年ならゆっくりと
見て回れますよ。
但し紅葉の時期はもっと混雑しますが・・・。
町石を一つずつ確認しながら登るのも楽しいですよ。
又ゆっくりと世界遺産の道を登ってみてください。
2日目のレポも楽しみにしています。

No title

2日とも良い天気で良かったですね。でも、900mくらい登る結構ハードなコースのようで、お疲れ様でした。

高野山には、まだ行ったことがないので、できれば来年にはツーデーに参加してみたいと思っています。
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。