スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原岳

12月12日(土)曇り時々晴れ

藤原岳    標高:1,140m    (三重県いなべ市・滋賀県東近江市)

藤原岳
 
藤原岳2 藤原岳3

コース:聖宝寺道(裏登山道)→藤原山荘→藤原岳→藤原山荘→天狗岩→藤原山荘→大貝戸道(表登山道)

歩いた時間:6時間48分(7:34~14:22) 走行時間:4時間41分
歩いた距離:12.4㎞(上り:5.6㎞ 下り:5.6㎞ 平坦1.2㎞)

鈴鹿セブンマウンテンのひとつ、藤原岳に登って行きました。
ちなみに鈴鹿セブンマウンテンは、北から藤原岳、竜ケ岳、釈迦ケ岳、雨乞岳、御在所岳、鎌ケ岳、入道ケ岳となっています。

実はこの日は、名鉄バスハイキングで、三重県の朝熊ヶ岳・金剛證寺へ岳参りに行く予定でしたが、数日前に連絡があり、コースは土砂崩れの為、一部通れなくなり、コースが半分程の距離になってしまうという事でしたので、今回の参加はキャンセルしました。
数日前から「てんきとくらす」をチェックしながら、代替案でどこに行こうか考えていて、当初藤原岳、御池岳あたりは、山指数C(風または雨が強く、登山に適していません)でしたが、前日にチェックしたら、山指数A(登山に適しています)になっていました。
今回の山行、鈴鹿山系最高峰の御池岳にも考えたのですが、今回は日本三百名山、花の百名山の藤原岳へ行く事にしました。

CIMG5161.jpg

今回は山と高原地図を参考に、裏登山道の聖宝寺道から登って、表登山道の大貝戸道で降りる事しました。

登山口近くの駐車場に駐車します。
1回300円の駐車場が数多くありました。
綺麗なトイレも完備されています。

CIMG5162.jpg

CIMG5163.jpg

てくてく歩いて、裏登山道の登山口のある鳴谷神社の鳥居をくぐります。

CIMG5164.jpg CIMG5165.jpg

狛犬の場所にはお猿さんが居ました。

CIMG5166.jpg

無事登山出来る事をお祈りします。

CIMG5169.jpg

境内脇の長い階段を上がって行きます。
聖宝寺へ続く道です。

CIMG5168.jpg

CIMG5173_20151213124357430.jpg

長い階段を上がって行くと、聖宝寺に到着です。
結構寒いかと思ってダウンを着ていましたが、階段の途中で脱ぎました。

CIMG5178_20151213124731f94.jpg

境内の前を通過し、登山道に向かって行きます。
紅葉が綺麗でした。

CIMG5182.jpg

登山届けの提出場がありました。

CIMG5181.jpg

CIMG5186_20151213124736233.jpg

しばらく歩いて行くと砂防ダムがありました。
脇の階段を利用して砂防ダムを越えて行きます。

CIMG5192.jpg

ダムの裏側に降りて来ました。

CIMG5194.jpg

CIMG5196.jpg

沢を渡って、先ほどの砂防ダムを見下ろします。

CIMG5197.jpg

可愛らしい熊の看板。

CIMG5199.jpg

本格的な登山道が始まります。
山肌に取り付いている細い登山道。
滑落したら先ほどの沢に落ちてしまいます。

CIMG5201_20151213125113b4b.jpg

2合目通過。
順調に登って来ています。

CIMG5202.jpg

CIMG5203.jpg

途中急に登山道が無くなり涸れ沢に出た。
どっちに進んだら良いのか。。。
どうやら先に赤テープがあるので、涸れ沢登り⁇

CIMG5204.jpg

登って進むのも大変な道でしたので、引き返そうかとも思ったのですが、もう少し進んでみる事に。

CIMG5206.jpg

しばらく進むと右手に登山道があった。
下山してから調べてみたら、元々は谷を渡る道があったのですが、流されてしまったみたいだ。
リサーチ不足でしたが、雨の降ってなかったので良かった。

CIMG5210.jpg

とりあえずほっとして進みますが、その後すぐ、何気に踏み跡のある道を進んで行きますが、途中道が無くなり、足場が悪く、谷に落ちそうになった。
何とか木につかまり大丈夫でしたが、どうやら途中で道を間違えたみたいで、谷に落ちないよう、慎重に戻ります。

CIMG5214.jpg

登山道が見つけられなかったら、分かる所まで戻って、下山しようと思っていましたが、何とか正規の登山道に合流して、登って行きます。

CIMG5215.jpg

CIMG5218.jpg

6合目付近から雰囲気が変わり、見晴らしが良くなった。

CIMG5220.jpg

CIMG5221.jpg

CIMG5222.jpg

このような道は登山道を見失いやすいので、注意しながら進んで行きました。

CIMG5223.jpg

7合目。

CIMG5224.jpg

CIMG5226_201512131308278ea.jpg

表登山道との合流点に到着。
アクシデントもあったし、結構急坂が多かったので、すでにバテバテ。

CIMG5227_20151213130828d65.jpg

とりあえず山荘を目指して頑張るぞ‼

CIMG5231_201512131316458d7.jpg

CIMG5232.jpg

CIMG5236_2015121313165087d.jpg

やっと9合目。

CIMG5239.jpg

CIMG5241.jpg

藤原山荘に到着です。
9合目から長かった~
しばし休憩します。
綺麗なトイレも完備されていました。

CIMG5242.jpg

目指す山頂はあちらです。

CIMG5244.jpg

一旦下って登り返します。

CIMG5249.jpg

展望台、標高1,120m。

CIMG5253.jpg

CIMG5256_201512131324042b1.jpg

CIMG5262.jpg

眺望は360度ぐるりと見渡せます。
写真だと、あまり鮮明には写っていませんが、伊勢湾なども見えました。

CIMG5268_2015121313240789c.jpg

藤原山荘に戻ります。

CIMG5269.jpg

奥に見えているのが天狗岩?

CIMG5270.jpg

藤原山荘まで戻って来ました。
ここから30分程の天狗岩に行ってみる事にしました。

CIMG5278.jpg

カレンフェルトの台地を進んで行きます。
このような道はガスっていると、道をロストしやすいので怖いです。

CIMG5281.jpg

伊吹山方面が綺麗に見えていました。

CIMG5282_20151213132753bfc.jpg

CIMG5283.jpg

登山道が分かり辛く、数回登山道から外れながら、進んで行きました。
晴れていたし、スマホに山と高原地図が入っていて、現在地が分かるので、何とかなりましたが、悪天候時には、歩きたくないなぁと思いました。

CIMG5287_201512131336059e1.jpg

やはり見えていたのが天狗岩でした。

CIMG5293.jpg

天狗岩、標高1,165mに到着。

CIMG5292.jpg

奥に見えているのが先ほど居た藤原岳山頂。

CIMG5296_201512131336096f6.jpg

道を間違えないように藤原山荘に戻ります。

CIMG5298.jpg

藤原山荘から下山開始します。

CIMG5300.jpg

石が多く、慎重に下って行きました。

CIMG5302.jpg

表登山道と裏登山道との分岐。

CIMG5303.jpg

表登山道に進みます。

CIMG5306.jpg

同じような杉林中をつづら折れに下って行きます。

CIMG5314.jpg

CIMG5315.jpg

5合目付近で少し山の表情が変わりますが、単調な道です。

CIMG5321_20151213134440dc2.jpg

CIMG5327_20151213134442e9c.jpg

ひたすら下って行きますが、4合目付近は歩き辛かったし、ずっとかなりな勾配。
山頂まで登っておきながら言うのも何ですが、表登山道で登って来るとしても、かなり大変だなと感じました。

CIMG5328.jpg

やっと建物が見えました。

CIMG5331_201512131344454fa.jpg

表登山口のある神武神社に到着しました。

CIMG5335.jpg

CIMG5336.jpg

神武神社から、朝登り始めた鳴谷神社に戻ります。

CIMG5340_20151213135048445.jpg

遊歩道を歩いて行きました。

CIMG5344_20151213135049958.jpg

鳴谷神社に到着。
一時はどうなる事かと思ったのですが、無事下山出来ましたヽ(^。^)ノ

CIMG5347.jpg

帰りに立ち寄った表登山道最寄りの西藤原駅。
駅舎が可愛いですよね。

CIMG5352.jpg

CIMG5345.jpg

CIMG5353.jpg

なかなか味わい深い駅でしたよ。

今回はバスツアーをキャンセルしたので、急遽決めた山行でした。
リサーチ不足で、ちょっと危険な目に遭いましたので、初めての山は、やはりしっかりリサーチと、天候の良い日に行こうと思いました。天候が悪い日だったら、危なかったと思います。
藤原岳は、結構急勾配で、霊仙山に登った時よりも、かなり疲れました。
体力不足を実感しました(^^ゞ
本日若干筋肉痛で、歩きに行く予定でしたが止めて、家でゆるゆるモードで過ごしています。

藤原岳は360度の眺望と雄大なカレンフェルトの台地が素晴らしかったです。
この山はお花がいっぱい見れる山らしいので、緑が綺麗な時期に、また登ってみたいと思いました。
次はお隣の鈴鹿山系最高峰の御池岳にも登ってみたいですが、そろそろ雪の時期。
行けるのは来年、雪が無くなってからかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

hakoさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪
返事が遅くなって、ごめんなさい。

藤原岳は、人気の山なので、登山道は整備されていると思いましたが、裏登山道は、ちょっと荒れていて、怖かったです。
やはり1000m超えると、登ったって感じになりますよね。
hakoさんも登られた事があるのですか~
登ってしまえば、カルスト台地の広い山頂を歩くのは楽しいですよね。
眺めも良いですし。
ガスってしまうと、簡単に迷いそうで怖いですが・・・
山は、やはり町中と違って、気を付けないといけないけど、やはり苦しさの後の達成感や素晴らしい景色などを求めて、登ってしまいます。
来年もぼちぼち無理せず、登っていきたいです。

年末年始は熊野古道ですか。
アクティブですね。
私は日曜に熊野古道の伊勢路を歩く予定をしていて、来年1月には那智方面に行こうと計画しています。
3月まではツーデー参加は無いので、色んな所に行きたいなぁと考えています。

では2日、京都でお会い出来そうですね。
私も大雪が降らなければ、京都に参加します。

No title

花火さん、こんばんは。
藤原岳登頂素晴らしい!なんたって山じゃなくて岳ですから!大変そうな気がします。私も20代前半に元ワンゲル部の後輩に連れられて登りました。とにかくきつかった記憶がおぼろげにあります。
写真を拝見して、こんなとこだったんだと再発見です。
山は怖いけど自然の道がやっぱりいいですよね(^_^)
年末は30日から1日まで中辺路に行きますよ。そのまま京都に移動しようと無防な計画中です☆

でこさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

久々に1000m級の山に登ってきましたが、今回の山は結構勾配がきつく、大変でした。
私もアップダウン苦手ですよ~
のろいですが、自然の中歩くのが好きなので、キツいですが、山に向かってしまいます。

涼歩さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

いなべのイヤーラウンドコースは、藤原岳の裾野がコースだったのですね。
もう一回レポ読み直してみたら、西藤原駅などが出ていました。
この山は人気の山みたいですね。
フクジュソウが見たいですが、雪山の時期でしょうから、難しいかなと思います。
山歩きは、すっかりはまっていますが、体力とスキルが無いので、無理せず安全第一登山です。
鈴鹿七座は、難易度が高い山が多いので、踏破は難しいような気がします。
とりあえずは京都トレイルの完歩目指します。

私は1月2月はウォーキングは休止状態です。
1月は京都の初歩きと大阪環状線ウオークの予定をしています。
おおさか初歩きにも行きたいですが、今年は年末年始休みが短いので、参加しません。

いぶすき、楽しみですね。
暖かいでしょうし、景色も素晴らしいので、楽しく歩けると思いますよ。
アフターも色々楽しめそうです。
今からレポートは楽しみです。
まずは瀬戸のフリーウォークですね。
毎年開催してくれると良いですね。

通好みさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

今回は急遽決めた山でしたので、あまり下調べせず行って、ちょっと失敗でした。
最近は山を歩いてばかりなので、たまに平地を歩くと変な感じです。
やはり自然いっぱいの中、歩くのが良いですね。

マサさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

私も浪速の例会参加しようと思っていたのですが、前日の登山疲れで行けませんでした(^-^;
山は標高だけは、キツさは分からないですよね。
かなり大変だったようで、これで眺望も良ければ良いのですが…
でも紅葉は綺麗でしたね。
無理してでも行けばよかったなって後悔しました。

No title

凄いですねえ~階段に急こう配に細い道。とてもyとても私には歩けません。山は苦手なんで~ツ-デ-でコ-スにはいってれば歩きますが~景色は最高にいいですね。

藤原岳 登山!

以前 裾野をYRWで歩き 「藤原岳」が判るようになりました
その時、「フクジュソウ」で 人気の山というのも知りました

我家は 裾野のアップダウンでじゅうぶんですが
花火さんは かなり「登山」にハマってきたのではないですか
目指すは「鈴鹿七座 踏破!」 ・・ 京都トレッキングの次の目標?

1月は 「いぶすき」 以外が決まりません
10日前後が所用で動けないので
今春雪で見送った 3日の大阪を候補にしているのですが ・・
これを逃すと、「いぶすき」が 初歩きになりそうです
 連続参加中のHWA:名城線一周W も、この日で参加できない ・・

No title

このところ山づいていますね~~
やっぱり、山は平地に比べたらとっても気持ちがいいですよね

No title

昨日は自分も浪速の例会で山登りでした。山登りといっても標高400mそこそこやんか…と甘く考えていたのですが、山頂へは急でしかも狭い道を登らないとダメで、下りがかなり怖かったです。
頂上からの眺めは全く期待できません、とリーダーの通好みさんが言うのですが、そんなことはないやろ!と行ってみると…確かに何の感動もない眺めでした。眺めがよくない山登りって?と思ったのですが、その代わりにきれいな紅葉がたくさん見れてラッキーでした。

Old Walkerさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

藤原岳は結構人気がある山みたいです。
裏登山道を歩いている人は見掛けませんでしたが、表登山道と合流したら、こんな時期にも関わらず、結構ハイカーさん見掛けました。鈴鹿山系の山を縦走している方もいらっしゃるみたいで、皆さんしっかりした装備の方が多かったです。
裏登山道は、分かり辛い所がありましたが、表登山道は整備されていて、大丈夫でした。
山頂からの眺めも、360度見渡せて、とても気持ち良かったです。
花の咲く時期は、かなりのハイカーで賑わうみたいですよ。
可憐なフクジュソウ見てみたいなと思いました。

こんばんは

ちょっと険しい山のようですね。 迷いやすい登山道、人も少なくて、熊も出るという、怖そうで数人で行くとしても私には無理ですね。 でも、眺めは良さそうで、気候の良い時期に十分な準備をして行ってみるのも良いかも....

ともくさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪
藤原岳は、人気の山なので、結構整備されていると思ったのですが、特に裏登山道は、未熟者の私は、登山道を見失いやすく、ちょっと危なかったです。裏登山道は、一部寸断されているとは、ビックリでしたし、谷に落ちそうになったのも、ドキドキでした。
基本安全第一ですので、今回は戻る事も考えていましたよ。
1,000m級の山でも十分遭難できますからね。
山には油断禁物だと忘れないようにしたいです。
ちょっと大変でしたが、やはり登った後の達成感は大きいですよね。

やはり辛い事があるとトラウマになってしまいますよね。
焦らずに、のんびり、気持ちが落ち着くまで、気長に待てば良いと思います。
山は逃げませんからね(*^^)v

本格的な登山ですね

花火さん、こんばんは。
これは本格的な登山ですね。
細い登山道に涸れ沢、私には無理そうです。。
登り切った後の達成感は凄かったと思います。
でも山は危険がいっぱいなので、十分な準備と
危険を感じたら引き返すことも考えてくださいね。

私は山に行きたい、けど行けない、ジレンマです。
当面は平地歩きが続きそうです。
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。