スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿向山から竜王山への縦走

5月28日(土)曇り

綿向山から竜王山への縦走 

綿向山(滋賀県蒲生郡日野町)  標高:1,110m
竜王山(滋賀県蒲生郡日野町)  標高:826m

ログ 高低差

コース:御幸橋駐車場→表参道登山口→表参道コース→綿向山山頂→竜王・綿向縦走コース→竜王山山頂→竜王山登山口→御幸橋駐車場

歩いた時間:4時間34分(7:08~11:42)走行時間:3時間35分
歩いた距離:11.0㎞(上り:6.3㎞ 下り:4.7㎞ 平坦:107m)

綿向山から竜王山へ縦走して来ました(^O^)/
久々の山歩き。
最近クマ出没のニュースも多く、死亡事故も発生している。
去年の秋はドングリが豊富だったみたいで、熊の個体数が増えているそうで、かなりビビります。
あまりマイナーな山は怖いかなとか、色々悩んで、ハイカーの多い山、王道の伊吹山にしようかなとも思ったのだが、今回は鈴鹿山系の綿向山にしました。
結局鈴鹿セブンマウンテンでもないし、ちょっとマイナーな山かな(*´▽`*)
てんきとくらすを見てみると綿向山の山指数はAで、登山に適している天候のようだ。

P5280001.jpg 

7時位に登山者用御幸橋駐車場に到着しました。
他に車が1台あるだけでガラガラ状態でした。

P5280007.jpg 

綿向山の登山口に向かって、川沿いの道を歩いて行きます。
ダラダラとした上り坂です。

P5280010.jpg 

P5280011.jpg 

P5280012.jpg 

天然記念物・綿向山麓の接触変質地帯。

P5280015.jpg 

道沿いを、清らかな川が流れています。
ヒルがちょっと心配。

P5280017.jpg 

P5280020.jpg P5280019.jpg

登山口のヒミズ谷出会小屋に到着。
こちらから表参道コースと水無山北尾根コースに向かう事出来ますが、私がチョイスしたのは表参道コース。
綿向山は山岳信仰の山で、表参道はかなり整備されていて、歩きやすいらしい。
竜王山へ縦走したいので、ここは楽な方の道へ。。。(^^♪
山と高原地図によると、山頂までのコースタイムは2時間。
1時間30分程で登れるかな。
登山届を提出して、いざ出発です。

P5280022.jpg 

橋を渡って、先ほどの川を越え、進んで行きます。
この橋の体重制限は200㎏だそうです。

P5280025.jpg 

奥の方に滝が見えた。

P5280036.jpg 

3合目のあざみ小舎。
まだ休憩には早いので、そのまま通過します。

P5280039.jpg 

やはり表参道は綺麗に整備されていて、しかも緩やかな上りなので、非常に歩きやすい。
緩やかな分、山頂までの距離はありますけどね。

P5280044.jpg 

五合目小屋に到着。
夢咲の鐘を鳴らして進みます。

P5280047.jpg 

P5280053.jpg 

この辺りは開けていて、見晴らしが良かった。
向こうに見えているのが竜王山かな?

P5280054.jpg 

この辺りからブナの原生林が現れました。
緑が美しい(#^^#)

P5280059.jpg P5280060.jpg

P5280061.jpg P5280062.jpg

7合目の行者堂。

P5280063.jpg 

こっちの道は行けないようになっていたけど、冬道かな?

P5280065.jpg 

緑の美しい道を進んで行きます。

P5280068.jpg 

MTB・トレラン禁止の貼紙を何度も見掛けました。
これだけ道が整備されているとMTBも入り込んでくるんでしょうね。

P5280072.jpg 

緑が美しいです。

P5280075.jpg 

P5280078.jpg 

P5280076.jpg 

初めてのデェンジャラスゾーン。
細い登山道の右手は深い谷になっていました。
やはり先ほどの通行止めになっていたのが冬道のようです。

P5280082.jpg 

8合目付近で水無山北尾根コースと合流しました。

P5280084.jpg 

やはり水無山北尾根コースは難路みたいです。

P5280094.jpg 

9合目付近から山の雰囲気が変わり、笹が目に付くようになってきます。

P5280101.jpg P5280102.jpg 

階段を登って行くと…

P5280103.jpg 

P5280105.jpg 

大嵩神社。
馬見岡綿向神社の奥社で20年に1度建て替えられている。
今年の4月23日に遷宮祭で建て替えられたばかりの社です。

P5280116.jpg 

綿向山山頂。
大きなケルンがありました。
登山口から1時間20分程で登って来れました。

P5280120.jpg 

眺めは正面に雨乞岳が見えていますが、イマイチな眺望。
山指数Aでも、見晴らしが良いとは限らないのですね。。。(^-^;

P5280121 (2) 

晴れていれば、鈴鹿の山々、伊勢湾や北アルプス、南アルプスの山が見えるみたいです。
今回は残念ですが、こればかりは自然が相手ですから、仕方が無いですね。

P5280122.jpg 

山頂でしばし休憩し、それほど疲れていませんし、時間も早いので、竜王山へ向かいます。

P5280124.jpg 

P5280126.jpg 

見晴らしがよくて気持ちの良い道(^^♪

P5280130.jpg 

P5280132.jpg 

ブナの珍変木。
ここをくぐると幸せを呼ぶと言われているそうです。
くぐってきましたよ(*^^)v

P5280137.jpg 

鈴鹿山系の山らしい笹の草原を進んで行きます。

P5280139.jpg 

イハイガ岳、雨乞岳への分岐。
こっちの道は難易度が高そうですね。

P5280144.jpg 

私が向かうのはこっち。

P5280145.jpg 

竜王山へ向かいます。
こっちも難路って書いてありますが、大丈夫かな?

P5280149.jpg 

P5280161.jpg 

急坂が続きます。
慎重に降りて行きます。
降りるのが大変な坂ですが、逆から来て、この急坂を登り続けるのも、気分が萎えそうですね。

P5280159.jpg

周りに生えている木の様子が変わった。
この辺りにはシャクナゲが生えているようです。
木がぐにゃって曲がっていますので、雪や風が激しいのでしょうか?

P5280163.jpg 

当然ですが、下りだけでなく、上りもあります。

P5280171.jpg 

この先見晴らし良さそう。

P5280173.jpg 

見えている山が、何なのかは良く分からなかった。
イハイガ岳かな?

P5280174.jpg 

随分歩いていたつもりだったが、竜王山まで、まだ50分掛るみたいだ。
ちょうど中間地点位か。

P5280176.jpg 

こんなやせ尾根も歩いた。
山の表情が変わって面白い。

P5280177.jpg 

随分急坂を下ってきたつもりだったが、まだ標高917m峰。
先は長いなぁ~

P5280178.jpg 

ここまで来たら、行くっきゃない。

P5280181.jpg 

看板の奥の岩の上にあがり景色を眺めます。

P5280183.jpg 

綿向山の5合目小屋から見えていた2本の鉄塔が随分近く見えています。
あの奥が竜王山?

P5280186.jpg 

綿向山方面。
右手の山の中腹辺りに5合目小屋が見えています。
ぐるっと尾根づたいに歩いて来たんですね~
先へ進みます。

P5280187.jpg 

面白い形の木がありました。

P5280189.jpg 

オンバノフトコロ。
この辺りを歩いている時に、小動物が横切っていった。
リスみたいだったけど、大きかったので、ムササビ?

P5280191.jpg 

先ほど見えていた鉄塔までやって来ました。

P5280192.jpg 

綿向山方面。

P5280196.jpg 

日野の街方面も見えています。

P5280205.jpg 

山頂は、もう少し先です。

P5280208.jpg 

P5280212.jpg 

山頂に到着しました。
縦走路のコースタイムは、1時間半で、標準コースタイム通りでした。
やはり下りは苦手なので、時間掛りましたね。
眺望はイマイチでしたので、下山します。

P5280215.jpg 

急階段を下り、西明寺方面に向かいます。

P5280216.jpg 

長い階段でした。
階段が無かったら、登るのも下るのも大変そうです。

P5280217.jpg 

P5280218.jpg 

開けた辺りが千畳平。
奈良時代に大安楽寺があったとされているそうです。

P5280221.jpg 

P5280227.jpg 

山頂から30分で登山口に降りて来ました。
またまた標準コースタイム通り。
ここからは林道を歩き、御幸橋駐車場を目指します。

P5280234.jpg 

P5280236.jpg 

P5280239.jpg 

ブラブラ、撮影しながら歩いていきます。

P5280238.jpg 

見えているのが、多分竜王山。

P5280242.jpg 

先ほどの2本の鉄塔も見えていました。

P5280245.jpg 

川を渡り、駐車場に到着しました。
到着したら、雨がぼつぼつと降ってきたので、いいタイミングでした。
朝はガラガラ状態だった駐車場も、ほぼ満車状態。
20台ほど車が駐車されていました。

今回の綿向山から竜王山への縦走は、山頂からの景色は、あまり見えませんでしたが、コース自体は凄く整備されていて、変化に富んでいて、中々面白いトレイルでした。
また見晴らしが良さそうな時に登ってみたいなぁと思いました。

帰りは、まだ時間も早いので、下道で帰ります。

P5280248.jpg 

P5280249.jpg 

近江ちゃんぽんの本店でちゃんぽんを食べました。
琵琶湖周辺に来ると食べたくなるんですよね~
美味しかった(#^^#)

P5280267.jpg 

琵琶湖沿いにあるクラブハリエのカフェにも立ち寄りました。
長浜ツーデーの時に、このお店の前を通過して、立ち寄ってみたかったんです。

P5280258.jpg P5280259.jpg

コーヒーとスイーツをテイクアウト。

P5280263.jpg 

テラス席で、ウインドサーフィンやモータボートで楽しんでいる人達を眺めつつ、お茶しました。

充実した1日でした(#^^#)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

hiroyuki23 さんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

春のツーデーも残る所長良川だけで、久々のフリーの土日でしたので、鈴鹿山系の山に行って来ました。
熊のニュースは、かなりビビります。
小谷山でも熊が目撃されているようです。
実際小谷山で爪痕も見ましたしね。
鈴鹿の山は9合目あたりから大きな木が無いので、見晴らしがよく、なかなか良いなぁと思いました。
ただ鈴鹿山系の山はヒルが怖いですが。。。

やはり自然の中を歩いていると癒されますね。
生駒山は浪速さんの例会で行きましたが、なかなか良かったので、また行ってみたいです。

近江ちゃんぽんは、あっさりしてて美味しいですね。
琵琶湖周辺に行くと近江ちゃんぽんが食べたくなります。
野菜たっぷり食べれるのもヘルシーですよね。

クラブハリエのお店も行ってみたかったので、今回行けて良かったです。

登っていますね

花火さん こんばんは

精力的に、山を登っていますね
クマは怖いですが、近畿周辺では
個体数は少ないのでしょうか?
遭遇したくないですが

やはり、緑の中を歩くのが一番ですね
見習って、私も生駒周辺でも登るかな

近江ちゃんぽんは、ちゃんぽんと
名付いてますが長崎とは違い
あっさりしてて美味しいですよね
野菜の多いラーメンと思っています

hakoさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

やはりアスファルトの道よりも地道が良いですよね。
ブナの森は緑が明るくて、大好きです。
これから夏になってくると、やはり街歩きはキツイ。
これからは山が良いです。

今回登った綿向山は、鈴鹿山系の山でも一番滋賀県側に出ている山だと思います。
一見クマは居なさそうですが、ドングリのなる木が多くあったので、たぶんひっそり居るのではと思います。
会いたくはないですが。。。。
鈴鹿の山は、頂上近くは笹が茂っていて、高い木が無く、見晴らしの良い山が多いような気がします。
やはり頂上あたりの気候はきびしくて、なかなか大きな木が育たない環境なのかも知れませんね。

登る山は、近くに住んでいそうな人のブログなどを参考にして決めています。
関西にもダイトレとか六甲とか京都トレイルとか、良いお山がいっぱいありますよね。
この間行かれていた大台ケ原はいつか行ってみたいです。

いよいよ長良川ですね。
2日とも山登りがありますが、hakoさんなら、スイスイ歩かれそうですね。
またお会いできるのを楽しみにしています。

No title

花火さん、こんにちは。
山歩き、緑と土の風景はやっぱりいいですね。
最近アスファルトを歩いていると、足裏が嫌がるのがわかります。

鈴鹿山系は滋賀にまでつながってると、知りませんでした。
よく整備された山道ですが、この辺りクマもいるのかなぁ。樹木の曲り具合もすごいし、案外厳しい環境なのかもしれませんね。
それにしても、登る山はどうやって探すんですか?
いつも魅力的なところに行かれてて羨ましい!

次は長良川ですね。
岐阜を満喫しようと思います。とっても楽しみです(^ ^)
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。