スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山の三馬場めぐり

6月25日(土)雨
先日行った大日ヶ岳の帰りに寄った白山長滝神社で冊子を頂いた。

P6250219.jpg 

白山の三馬場めぐり
平成29年の白山開山1,300年の奉祝事業のひとつみたいです。

白山は養老元(717)年に僧泰澄によって開山されました。
開山以来、白山への人々の信仰は仰ぎ見ることから、登拝へと変わり、山頂を目指す修験の道「禅定道」が作られていきました。
天長8(832)年ごろには白山に向かう登拝の拠点「馬場」と呼ばれるようになり、加賀の白山比咩神社、越前の平泉寺白山神社、美濃の長滝白山神社の三つの馬場とともに禅定道が発展していきました。

先日長滝白山神社に行ったので、残りの加賀の白山比咩神社、越前の平泉寺白山神社を巡ろうと思います。

P6250009.jpg 

北陸自動車道で、まずは越前の平泉寺白山神社を目指します。
途中の杉津PAに立ち寄りました。
若狭湾を見下ろす景勝地にありますが、生憎の天気。

P6250002.jpg 

こちらは恋人の聖地だそうです。

P6250012.jpg 

あじさいが綺麗に咲いていました。

P6250019.jpg 

目的にに近づいて来ましたが、九頭竜川がここ数日の雨で大変な事になっていました。
濁った水が勢いよく流れていました。

P6250022.jpg 

福井と言えば恐竜ですね。

P6250033.jpg 

平泉寺白山神社に到着。
なかなか立派な神社のようです。

P6250128.jpg 

P6250037.jpg 

P6250041.jpg 

立派な参道を歩いて行きます。
荘厳な雰囲気に圧倒されます。

P6250044.jpg 

P6250043.jpg 

P6250056.jpg 

P6250058.jpg 

御手洗池。

P6250050.jpg 

泰澄大師お手植えの御神木。

P6250060.jpg 

幹は途中から三本に別れ、白山三社をかたどっています。

P6250057.jpg 

P6250061.jpg 

テクテク歩き、本殿に向かいます。
鳥居をくぐるといくつもの社が点在しています。

P6250065.jpg 

一面のコケの緑が美しく、素晴らしい。

P6250081.jpg 

P6250083.jpg 

本殿にてお参りをします。

P6250089.jpg 

P6250097.jpg 

さらに登って奥の三之宮に向かいます。

P6250099.jpg 

P6250100.jpg 

P6250101.jpg 

三之宮の奥には白山禅定道平泉寺登拝口がありました。
ここから白山へ続いているのですね。

P6250086.jpg 

平泉寺の発掘現場にも行ってみました。

P6250106.jpg 

P6250104.jpg 

晴れていれば、こんな景色が見れるようです。
道が荒れていて、普通の靴では行けそうになかったので、折り返します。

P6250108.jpg 

拝殿。

P6250119.jpg 

社務所のお庭も素晴らしかったです。

天正2(1574)年に一向一揆によって全山焼失して、一部再建されているのですが、いまでもこの規模で残っているのですから、当時は凄い勢力を持っていたと思われます。

想像以上に素晴らしい神社で、圧倒されっぱなしでした。
おごそかなオーラに呑み込まれそうでした。
コケの庭は、ホントに素晴らしく、ここまで素晴らしいお庭は、今まで見たことがないです。
はるばる岐阜から来て、良かったです。

次の目的地は加賀の白山比咩神社です。

P6250137.jpg 

P6250139.jpg 

途中勝山城に立ち寄りました。

P6250141.jpg P6250142.jpg 

お城の売店でお約束のジェラートを食べました。

P6250145.jpg 

山間の道を進みます。
眼下に見えているのは勝山の街かな?

P6250148.jpg 

石川県に入ったけど、石川県も恐竜?

P6250151.jpg 

白山比咩神社に到着しました。
こちらの神社は加賀の一ノ宮で、多くの人が参拝していました。

P6250155.jpg 

本殿にお参りします。

P6250188.jpg 

P6250189.jpg 

白山奥宮遥拝所。
白山の頂上に思いを馳せながらお参りします。
「いつか白山に登拝したい。」

P6250159.jpg 

上の駐車場に停めてしまったので、パワースポットの表参道を歩いてこなかったので、歩いてみます。

P6250157.jpg 

大きなケヤキの木。

P6250169.jpg 

琵琶滝。
参道には古い木々があり、とても神聖な感じでした。

P6250176.jpg 

表参道を下って来ました。

P6250179.jpg 

再び表参道を上って行きます。
階段の数は108段だそうで、煩悩の数と一緒だそうです。

P6250226.jpg 

こちらで三馬場の牛王宝印が揃いました。

P6250228.jpg P6250229.jpgP6250231.jpg

記念品のクリアファイルを頂きました。
来年は開山1,300年の年だから、白山に登れると良いな。

目的を達成したので、帰りは白山ホワイトロードを通って、白川郷方面に抜け、東海北陸自動車道で帰る予定です。

P6250191.jpg 

途中でそば定食を食べ、お店を出ると、雨が降りだした。
雨が降らない間に、回れて良かった。

P6250200.jpg 

手取川ダムの脇を通過し、白山ホワイトロードを目指しますが、雨がどんどんひどくなってきて、白山ホワイトロードの通行料は半額になったとは言え、片道1,600円。
行っても時間は掛るし、何も見えないだろうし、という事で、途中でUターン。
行きと同じ北陸自動車道で帰りましたので、明るいうちに家に到着出来ました。
白山ホワイトロードは、次回への宿題ですね。

結構端折レポになってしまいましたが、今回白山の三馬場をめぐって、祈りの道・禅定道を歩いて、白山に登ってみたくなりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Old Walkerさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

この日はお天気に恵まれず、白山の馬場めぐりをしました。
勝山の平泉寺白山神社は、想像以上に素晴らしく、厳かな雰囲気に呑み込まれそうでした。
一面の苔は、ホント素晴らしかったです。

白山に登られた事があるのですね。
今登られている方のレポを見ても、雪渓の上を歩かれていました。
昔の方が雪が多かったかも知れませんね。

今回白山の三馬場を巡って、ますます白山に登ってみたくなりました。
日帰りでも出来そうですが、なんとか来年あたりに計画して、1泊2日で登ってみたいです。

No title

平泉寺白山神社、緑の美しい静かな神社ですね。 特に、苔が素晴らしいですね。

白山は、50年ほど前(大昔ですが)の夏に、一度登ったことがあります。 そういえばと思って、アルバムを探したら、かなり大きな雪渓を歩いている写真がありました。 今は、随分違っているのでしょうね。

minadukiさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます♪

雨、多いですね。
仕事の日に、梅雨の晴れ間で良いお天気の日があると、なんとなく恨めしくなります。
今回は雨予報でしたので、白山の三馬場めぐりをしました。

平泉寺白山神社は、想像以上に素晴らしい神社で、あのコケの庭は、大原の三千院以上だと思いました。
今でもこの規模なので、最盛期は、ものすごい勢力があったようですね。

前回大日ヶ岳かた白山を見て、私が登れるような山じゃないと思っていましたが、登ってみたくなりました。
色んな人のレポートを見てみると、お花がいっぱいで、素晴らしい景色ですね。
福井県側から登れば、頑張れば日帰り出来そうですが、出来れば1泊してみたいです。
ご来光に合わせて万歳三唱ですか、是非参加してみたいですね。
白山からの御来光みたら、人生観が変わりそうですね。
今年は多分無理ですが、来年あたり登拝してみたいです。
いろんな情報、ありがとうございました。

憧れの白山

花火さん、おはようございます。
お天気のはっきりしないこの時期はお出かけには辛いですねf^_^;

平泉寺白山神社、本当に立派な神社ですね〜お庭が素晴らしい!
厳かな雰囲気が伝わって来ます。


白山登山ぜひ実現して下さい!
これからの時期は高山植物が咲き乱れて、急登の辛さも癒されますよ笑
せっかくなので、お泊まりして御来光も拝んで来て下さい。
白山では毎朝宮司さん?が登頂し、御来光に合わせて万歳三唱するという行事があります。
私はあいにく御来光を拝めなかったのですがf^_^;

あとお池巡りもオススメです!
万年雪と池と空の青さのグラデーションが神秘的で、ここが2,000メートルの山の上だという事を忘れてしまいます。
ぜひ行ってみて下さい。
プロフィール

花火

Author:花火
FC2ブログへようこそ!

ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。